DNAとは? わかりやすく解説

DNA

読み方:ディー エヌ エー
別表記:デオキシリボ核酸deoxyribonucleic acid

デオキシリボ核酸(DNA)」とは生体の遺伝情報保持している物質である。

【DNAの語源
デオキシリボ核酸は英語の名称である「deoxyribonucleic acid」の直接的な和訳である。略称としてよく用いられる「DNA」は、Deoxyribo-Nucleic Acid頭文字である。Deoxyribo(デオキシリボ)-Nucleic()-Acid(酸)という構図であり、つまり「DNA」と「デオキシリボ核酸」は同義である。

【DNAの説明
デオキシリボ核酸は、五炭糖デオキシリボース)とリン酸、および4種塩基(アデニン・グァニン・シトシン・チミン)で構成され高分子である。2本螺旋状の線が塩基結合された「二重らせん構造であることがよく知られている

【DNAの類語
遺伝子」は、遺伝情報伝達する要素という意味合い言葉である。具体的な物質を指す意味合いにおいては遺伝子デオキシリボ核酸(DNA)」といえるが、DNAを含むすべて遺伝物質遺伝情報総称として遺伝子と呼ぶことも多々あり、必ずしも全ての文脈で「遺伝子=DNA」という理解当てはまとは限らない

【DNAの関連語
DNA鑑定とは、生体のDNAのパターン解析することで固体同定を行う技術および同定法のことである。「DNA型鑑定」とも呼ばれる。DNAは個人ごと・固体ごとに微妙な違いがあり、個人固体のDNAは生涯不変であるため、極めて高精度個人識別実現できる

ディー‐エヌ‐エー【DNA】

読み方:でぃーえぬえー

deoxyribonucleic acid

デオキシリボ核酸

俗に遺伝子のこと。また、先祖から子孫連綿と伝わるもの。「父の—を受け継ぐ」「歴代モデルの—を引き継いだ新車」「ジャーナリスト精神の—を継承する


ディー‐エヌ‐エー【DNA】

読み方:でぃーえぬえー

Defense Nuclear Agency米国国防総省核兵器局。1971年支援局(DASA)を改組して設立1996年国防総省特殊兵器局(DSWA)に改組1998年より国防脅威削減局DTRA)。


DNA

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


デオキシリボ核酸 (DNA)

構造

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


デオキシリボ核酸

【英】: Deoxyribonucleic Acid, DNA
DNAのこと。


その生物がもつ遺伝情報規定する化学物質で、DNAは2本の鎖が逆方向に合わさってできた二重らせん構造とっている。
DNAとヒストンタンパク質などが巻きついて太くなった構造染色体という。

DNAの単位ヌクレオチド呼ばれ塩基、糖(D-デオキシリボース)、リン酸でできている。塩基には、アデニン(A)グアニン(G)シトシン(C)チミン(T)4種類があり、この4種類並び方で、遺伝情報規定している。
DNAのこと。


その生物がもつ遺伝情報規定する化学物質で、DNAは2本の鎖が逆方向に合わさってできた二重らせん構造とっている。
DNAとヒストンタンパク質などが巻きついて太くなった構造染色体という。

DNAの単位ヌクレオチド呼ばれ塩基、糖(D-デオキシリボース)、リン酸でできている。塩基には、アデニン(A)グアニン(G)シトシン(C)チミン(T)4種類があり、この4種類並び方で、遺伝情報規定している。
デオキシリボ核酸
拡大表示

遺伝

タンパク質

染色体

塩基

アデニン

グアニン

シトシン

チミン


DNA(デオキシリボ核酸) ( Deoxyribonucleic Acid )


D・N・A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 23:34 UTC 版)

D・N・A』(ディー・エヌ・エー)は、日本ヴィジュアル系ロックバンドJanne Da Arc2000年3月8日motorodから発売したメジャー1枚目のオリジナルアルバムである。




「D・N・A」の続きの解説一覧

D.N.A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/17 01:23 UTC 版)

D.N.A』(ディー.エン.エー)は、miCKunの1枚目のアルバム。2011年1月12日発売。発売元は、ユニバーサルミュージック






「D.N.A」の続きの解説一覧

デオキシリボ核酸

(DNA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 01:21 UTC 版)

デオキシリボ核酸(デオキシリボかくさん、: deoxyribonucleic acidDNA)は、核酸の一種で、二重らせん構造。地球上の多くの生物において遺伝情報の継承発現を担う高分子生体物質である[1]


注釈

  1. ^ 通常のコケは配偶体で半数体である。

出典

  1. ^ a b c d 田村(2010)、p.41、I細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-2 核酸の鎖状分子形成
  2. ^ a b c 田村(2010)、p.38-40、I細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-1 核酸を構成するヌクレオチド
  3. ^ a b c d e 田村(2010)、p.42-45、I細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-4 核酸の性質
  4. ^ Mystery of DNA decay unravelled”. web.archive.org (2020年10月17日). 2020年10月17日閲覧。
  5. ^ a b c 武村(2012)、p.14-24、第1章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-1 DNAとセントラルドグマ
  6. ^ 矢沢サイエンスオフィス 『大科学論争』学習研究社〈最新科学論シリーズ〉、1998年、50頁。ISBN 4-05-601993-2 
  7. ^ 荻原清文 『好きになる免疫学』講談社、2004年、152頁。ISBN 4-06-153435-1 
  8. ^ 武村(2012)、p.54-66、第2章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-3 DNAは衣服をまとい装飾品で飾りたてる
  9. ^ 武村(2012)、p.34-44、第1章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-3 DNAは衣服をまとい装飾品で飾りたてる
  10. ^ a b c 武村(2012)、p.45-52、第1章 エピジェネティクスを理解するための基礎知識、1-4 遺伝子の転写と高次クロマチン構造
  11. ^ 武村(2012)、p.90-94、第3章 DNAに生じる塩基配列以外の変化、3-1 塩基の成り立ちとメチル化
  12. ^ 田村(2010)、p.173、IV細胞の増殖、20.減数分裂、20-1 減数分裂の概要
  13. ^ 田村(2010)、p.41、I細胞生物学の基礎、5.情報高分子(2):ヌクレオチドと核酸、5-3 DNAの二重鎖と塩基対の相補性
  14. ^ reviewed in Right 2004; myong et al., 2006
  15. ^ reviewed in Documentation 2006; leime et al., 2007
  16. ^ 環境DNAとは『日本経済新聞』朝刊2018年4月2日(科学技術面)「水中のDNAで生息調査」用語解説
  17. ^ 【平成時代 DNAの30年】読み解く(5)魚の種類1杯の水で『読売新聞』朝刊2018年2月2日
  18. ^ Michel Rose (2022年2月12日). “Macron refused Russian COVID test in Putin trip over DNA theft fears”. REUTERS. https://www.reuters.com/world/europe/putin-kept-macron-distance-snubbing-covid-demands-sources-2022-02-10/ 



DNA(ディーエヌエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:53 UTC 版)

メタルファイト ベイブレード ZEROG」の記事における「DNA(ディーエヌエー)」の解説

破山 キラ(はやま キラ) 声 - 細谷佳正 使用ベイブレード - バーサーカーベギラドスSR200BWD(ベヒーモス)、ゴレイムベギラドスSR200BWD、グラディエーターバハムディアSP230GF(バハムート)、ペガシスバハムディアSP230R2F、ベギラドスゴレイムDF145BS WBBA対抗するために立ち上げられ組織「DNA」の一員で、岩山の上にあたる少年。DNAの中で最強の実力を誇るブレーダーである。髪を3色に色分けし眼帯着け露出の多い衣装に身を包んでいる。冷酷非道な人物であり、ゼロ敗れた岩山制裁加えバトル挑んだ忍を撃破するWBBAコンピューターハッキングをして翼とまどかを通じてゼロ宣戦布告し、また翼が極秘企画していた全国大会ネオ・バトルブレーダーズ」の情報まで掴んでいる。ゼロとのバトルではゴレイムベギラドスに圧倒的に有利な広面積の変則形スタジアム勝負挑みゼロ卑怯者罵られるものの作戦の内だと一蹴しゼロ撃破するネオ・バトルブレーダーズでは予選エイト撃破し決勝トーナメント進出し1回戦第2試合カイト勝利するアルゴたちから全幅の信頼寄せられているものの、彼自身アルゴたちに忠誠誓ってはおらず、ベギラドスのスタミナだけでゼロたちに勝てる思い込んでいるアルゴたちを心の底では軽蔑している。後にスタミナのみを特化したベギラドスに限界感じアルゴたちには内緒でメルシー作らせていたバハムディアに乗り換え準決勝第2試合で忍を撃破する決戦前にアルゴたちに見切り付け、彼らに代わってベイブレード界の支配宣言するが、決勝戦ゼロ敗北するその後ゼロ声をかけられるも、素っ気ない態度見せて会場後にした。 その後、バイフーが銀河から奪ってきたペガシスとバハムディアをシンクロームしてペガシスバハムディアを完成他のメンバーと共に第二次メンバー選抜大会襲撃すべく姿を現しゼロとの再戦際に圧倒的な力見せつけリベンジ果たす。 DNA本部では空中スタジアムゼロにシンクロームバトルで挑み自分のプライドのために戦うが敗北試合後にスタジアムフロートシステム故障し落下しかけるが、ゼロ岩山助けられる。そして岩山からベギラドスゴレイムを受け取りゼロ銀河と共に大道寺を倒す。DNA壊滅後改心し他の元DNAのブレーダーたちと共にブリッジ・トゥ・ザ・フューチャー」を結成してゼロたち日本代チーム相手日本代表の座を賭けて戦う。 ベギラドスの開発段階での名称はペギラドスで、彼の名前の由来ペギー葉山キラーまた、名前の意味は「殺し破壊する」。服装デザインHBKから。初期デザインキラ岩山2人ともレスラー風だったため、差別化するためにキラ中性的ボンデージデザインされた。(漫画版) 新生ダークネビュラ一員で、岩山と共にネオバトルブレーダーズ出場する2回戦バトルロイヤルカイト破り準決勝バトル中に誕生したバハムディアの力で忍を破った直後にスタジアム破壊して全て消し去ろうとするが、止め入ったゼロそのままバトルを始める。かつてその服装ベイ強さから周囲から疎まれていたために全てのベイブレーダー憎んでおり、その恨みゼロにぶつけようとするが、仲間とのバトルを通じて強くなったゼロの究極必殺転技に敗れる。敗北後大道寺にも見捨てられ自暴自棄になるが、ゼロ仲間だと認められ涙を流す1年後大会で準決勝ゼロ再戦果たしている。 眼帯にはベイ回転数相手ブレーダー心拍数などが分かる機能付いている。元々ベギラドスだけのブレーダーでバハムディア使い別に登場予定だったが、キラベイ進化させたことで出番なくなった。 彼が使用するバーサーカーベギラドスはスタミナタイプベイで、大きなクリスタルウィールとクロムウィールに付けられた鉄球と鎖外重心となって強力な遠心力生み出す漫画版では最凶攻撃力を誇るベイ呼ばれ超硬質の素材でできたウィールにより触れたものを切り刻む。またベギラドスは「卵」であり、熱いベイバトル温まること中から真の姿であるバハムディアが誕生する。 ゴレイムベギラドスはクロムウィールが完全な円形となり、驚異的なスタミナ防御力発揮するだけでなく、ウィール凹凸完全に無くすことで相手攻撃完全に受け流すことができる。 グラディエーターバハムディアはベイブレード史上最大級のクロムウィールの大きさ誇り、クリスタルウィールの4本の剣によって攻撃防御同時にこなすことができる。また、スパイク230トラックに付いた鉤爪状のスパイクブレーキをかけることによってスタジアムアウトによる自滅を防ぐことが可能。さらに桁外れ回転力によって地震のような超振動起こすこともできる。 ペガシスバハムディアはバハムディアとペガシスの力を一つにしたベイであり、今までベイには無い圧倒的な力を持つ。 必殺転技は「アイアンブレイブ」、「ガイアハンマー」、「グラディエーターデモリッション」、「ファイナルアルティメットデモリッション」、「ライジングガイアハンマー」。 絶滅転技は「ジ・エンド」(漫画版)、「ファイナル ジ・エンド」(漫画版)岩山 美男いわやま よしお) 声 - 大畑伸太郎 使用ベイブレード - バンディッドゴレイムDF145BS(ゴーレム)、ベギラドスゴレイムDF145BS 自らを「ディフェンス最強の男」と称する屈強な腕と大きな顔巨漢上司であるキラ慕っているカイト最強のディフェンスタイプ使い手であるという噂を聞きつけ打倒カイトのためにベイパークへと訪れた相手ベイボロボロになるまでバトル止めない主義であり、彼によって多くのブレーダーたちがベイ傷つけられることとなる。 カイト探してベイパーク荒らし回っていた所へ駆けつけたエイトバトルをし、エイトのオロジャを傷付け勝利するその後エイト敵討ち挑んだカイト破り、悪矢にも圧倒的な力撃破するが、特訓積んだゼロ敗北するネオ・バトルブレーダーズでは予選大会でリベンジ果たそうとする悪矢を撃破し決勝トーナメントに進むが、1回戦第1試合忍に敗北する他のDNAメンバー違いキラグレイシーズ裏切った後も最後まで彼に付き従っている。 その後精鋭部隊と共にゼロたちのベイパーク襲撃し日本代表第二次メンバー選抜大会襲撃するゼロ戦い敗北ゼロたちのDNA本部突入時にはキラから譲り受けたベギラドスウィールをシンクロームさせたベギラドスゴレイムを使用し変則形スタジアムゼロ勝負挑んで追い詰めるが、途中でゼロ交代した左京とのシンクロームバトルで敗れる。その後空中スタジアムから落下しかけたゼロキラ救い大道寺との決着際はキラにベギラドスゴレイムを受け渡す。(漫画版) キラと共にネオバトルブレーダーズ出場する2回戦バトルロイヤル木倉ゲンまとめて倒すが、ゼロ必殺転技を破られ敗北する。 彼が使用するバンディッドゴレイムは典型的なディフェンスタイプベイで、鎧に覆われた台形ウィール相手攻撃弾き返し攻撃時にはそのウィールの厚みと重さ強力な破壊力生み出すまた、ダウンフォース145トラックによって驚異的なダウンフォース生み出し相手ベイ吸い込むともできる漫画版では最硬の防御力を持つベイ呼ばれ、ベギラドスと同じ超硬質の素材でできたウィールにより触れたものを粉々にする。 ベギラドスゴレイムは、ゴレイムベギラドスと同様ウィール凹凸無くすことでもともと高い防御力をさらに高めている。 必殺転技は「大爆掌」(漫画版)亀垣十郎(かめがき げんじゅうろう) 声 - 木村良平 使用ベイブレード - バンディッドゲンブルF230TB(玄武) アニメオリジナルキャラクター。アルゴネオ・バトルブレーダーズ送り込んだDNAの刺客1人。星柄をあしらった衣装着ていて、楊枝くわえている。武士道精神溢れ会話際に語尾に「ござる」を付けて話す。 予選大会で撃破するが、キラ優勝させるためなら自分捨て駒になって構わない公言したことで、「ベイバトル舐めている」と左京怒りを買い、たったの一撃敗北決勝トーナメントには進出できなかった。 その後各地ベイパーク襲撃し日本代表第二次メンバー選抜大会襲撃する再戦敗北ゼロたちのDNA本部突入時にはガラス覆われたバトルフィールド忍の戦法封じ追い詰めるが、機転によりガラス破壊され敗北する。 彼が使用するバンディッドゲンブルはフリー回転するフリー230トラック相手攻撃受け流し、またツインボールボトムによってZEROGスタジアム急激な揺れにも振り回されない安定度を誇る。 必殺転技は「甲破轟転撃」。 スパイクボーン 声 - 最上嗣生 使用ベイブレード - シーフジラーゴWA130HF(麒麟) アニメオリジナルキャラクター。アルゴネオ・バトルブレーダーズ送り込んだDNAの刺客1人で、顔に大きな十字傷を持つ。非常に好戦的な性格しておりボクシング似たスタイルバトルを行う。DNAが育てたブレーダーの中では最も狂暴で一度暴れ出したらどちらか完全にノックダウンするまで打ち合うことをやめない勝敗度外視してまでゼロのイフレイドに損傷負わせるというアルゴからの命を受け、ゼロノ助がバトルをしようとした所へ突然乱入し無理矢理ゼロ勝負挑む敗北決勝トーナメントには進出できなかった。 その後各地ベイパーク襲撃し日本代表第二次メンバー選抜大会襲撃する忍の一撃吹き飛ばされアローの技に巻き込まれるゼロたちのDNA本部突入時にはアローと共に特殊な電磁波エイト追い詰めるが、合流した左京ノ助に敗れる。 彼が使用するシーフジラーゴはアタックタイプベイで、強力な連打攻撃を得意とする。クロムウィールに刻まれ2匹麒麟ナイフのような鋭い刃で、1度アタック多くのダメージ相手刻み込みアタックされるたびに相手確実にダメージ蓄積させていくことが可能。 キャプテン・アロー 声 - 成瀬誠 使用ベイブレード - アーチャーワイヴァング145WB(ワイバーン) アニメオリジナルキャラクター。アルゴネオ・バトルブレーダーズ送り込んだDNAの刺客1人で、顔に仮面をつけた少年。自らを愛と友情戦士称する正義のヒーローかぶれで、DNAのブレーダーの中でも最もお調子者呼ばれる。「正義と言いつつも、卑怯な手段臆面もなく使う。 予選大会突破し1回戦第3試合左京対戦。キョウヤの獅子暴風壁似た技を使うが、左京に「風の中に隠れなければ何もできない臆病者」と罵られたったの一撃敗北するその後各地ベイパーク襲撃し日本代表第二次メンバー選抜大会襲撃し参加者などのベイを技で吹き飛ばすスパイクのジラーゴの巻添え喰らうゼロたちのDNA本部突入時にはスパイクと共に特殊な電磁波エイト追い詰めるが、合流した左京ノ助に敗れる。 彼が使用するアーチャーワイヴァングは、翼のようなクロムウィールで空気巻き込みトルネード発生させることができる。 必殺転技は「アロートルネード」、「トルネードアタック」。 アルゴ・グレイシー 声 - 楠大典 前作から再登場。DNAの創始者で、兄弟結成されたチームグレイシーズの長男。かつて弟たちと共にベイブレード世界大会出場するが、翼たち日チーム敗れる。その後ネメシスクライシス事件でのどさくさに紛れてハデスインクが所有していた資産データ掻き集め、それを元手自分たちを陥れた翼たちへの復讐のために兄弟でDNAを結成するまた、かつてダークネビュラ運用していたスーパーコンピューターメルシー」の鹵獲行いデータ分析のために有効活用している。厳重なセキュリティ施されたWBBAコンピューターキラたちが容易にハッキングできたのは、このメルシー驚異的な分析能力恩恵あったからである。 しかしネオ・バトルブレーダーズ決勝大会にて、キラの裏切りに粛清をかけるも返り討ち遭い決勝戦の間は弟たちと共に小部屋閉じ込められるその後DNAのリーダーとなったキラ言うこと渋々聞くようになり、自分たちの待遇改善引き換えにゼロたちのDNA本部突入を防ぐことに加担する。 しかし大道寺暴走によって本部崩れ始めたため、兄弟と共に早々と脱出した本人たちは戦略的撤退ということにしている)。 長森佳容によると、年齢20半ば手前。 アイアン・グレイシー 声 - 遠藤大輔 DNAの幹部1人で、グレイシーズ次男7年前とは違い眼鏡着用している。 セレン・グレイシー 声 - 鹿野優以 DNAの幹部1人で、グレイシーズ長女アルゴアイアンの妹でエンソの姉。 エンソ・グレイシー 声 - 伊東みやこ DNAの幹部1人で、グレイシーズ三男7年と比べて背が伸びたが、口癖変わらずすごいねー」である。 メルシー 声 - 平田広明 DNAの頭脳となるコンピューター。ハデスインクのシステム完璧に使いこなすことからグレイシーズ復活させ、彼らから重宝される後にハデスインクのコンピューターネットワーク移植され大道寺精神同調しており、グレイシーズ従順なしもべのふりをしつつダークネビュラ復活旗手となるブレーダー育成最強のベイ開発秘密裏に進めていたことが明かされる

※この「DNA(ディーエヌエー)」の解説は、「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の解説の一部です。
「DNA(ディーエヌエー)」を含む「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の記事については、「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の概要を参照ください。


DNA(ディーエヌエー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:53 UTC 版)

メタルファイト ベイブレード ZEROG」の記事における「DNA(ディーエヌエー)」の解説

WBBA敵対している組織グレイシーズが翼たちに復讐するために立ち上げた組織で、ボスおよび創設者長男のアルゴ・グレイシー。ネオ・バトルブレーダーズ利用してベイブレード界を乗っ取ろうしており大会には今まで育ててきたブレーダー刺客として送り込んでいる。

※この「DNA(ディーエヌエー)」の解説は、「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の解説の一部です。
「DNA(ディーエヌエー)」を含む「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の記事については、「メタルファイト ベイブレード ZEROG」の概要を参照ください。


DNA(デジモンアクセルより初登場)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:37 UTC 版)

デジタルモンスター」の記事における「DNA(デジモンアクセルより初登場)」の解説

DNA(DIGIMON NATURAL ABILITY)は、デジモン存在する因子のようなもので、竜・獣暗黒聖・水機械の8つ存在する。これらはデジモン摂取する電気にも含まれており、デジモン進化影響与えている。通電センサー用いることにより人体外部媒体流れ電気からもDNAを取り入れることが可能となっている。

※この「DNA(デジモンアクセルより初登場)」の解説は、「デジタルモンスター」の解説の一部です。
「DNA(デジモンアクセルより初登場)」を含む「デジタルモンスター」の記事については、「デジタルモンスター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DNA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DNA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

DNAのお隣キーワード

DN7

DNA

DNA1980

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DNAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
e-血液.come-血液.com
Copyright 2022(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
大腸.com大腸.com
Copyright (C) 大腸.com. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD・N・A (改訂履歴)、D.N.A (改訂履歴)、デオキシリボ核酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメタルファイト ベイブレード ZEROG (改訂履歴)、デジタルモンスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS