子供向けとは? わかりやすく解説

子供向け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 03:42 UTC 版)

エーリッヒ・ケストナー」の記事における「子供向け」の解説

エーミールと探偵たち1929年エーミールと三人のふたご1935年) - 「探偵たち後日譚点子ちゃんとアントン1931年) - ドイツ1953年1999年2度映画化されている。 五月三十五日1932年) - 木馬座が子供向け人形劇として上演していた。 飛ぶ教室1933年) - 飛ぶ教室 (映画)としてドイツ映画化ふたりのロッテ1949年) - ドイツ中心に何度も映画化されている。劇団四季が子供向けのミュージカルとして上演している。後にわたしとわたし ふたりのロッテ』としてアニメ化わたしが子どもだったころ 動物会議 サーカス小人 サーカス小人おじょうさん - 「サーカス小人後日譚

※この「子供向け」の解説は、「エーリッヒ・ケストナー」の解説の一部です。
「子供向け」を含む「エーリッヒ・ケストナー」の記事については、「エーリッヒ・ケストナー」の概要を参照ください。


子供向け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 01:48 UTC 版)

フレドリック・ブラウン」の記事における「子供向け」の解説

ミッキー宇宙旅行別題: ミッキーくんの宇宙旅行)(Mitkey Astromouse) 「星ねずみを基にした絵本

※この「子供向け」の解説は、「フレドリック・ブラウン」の解説の一部です。
「子供向け」を含む「フレドリック・ブラウン」の記事については、「フレドリック・ブラウン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「子供向け」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「子供向け」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子供向けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子供向けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエーリッヒ・ケストナー (改訂履歴)、フレドリック・ブラウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS