構築とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 構築 > 構築の意味・解説 

こう‐ちく【構築】

[名](スル)組み立てて築くこと。「城を—する」「理論を—する」


構築

作者章矢秘

収載図書神居小夜童心
出版社文芸社
刊行年月2008.2


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/25 03:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「構築」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「構築」を含むページの一覧/「構築」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「構築」が役に立つかも知れません。


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 05:06 UTC 版)

ある想定され顧客がある新規サービス製品を必要としていると仮説立て新規事業アイデアを練る。 続いて上記のアイデアを元にした製品をなるべくコストをかけずに開発するこの時開発されるサービス製品試作品MVPMinimum viable product)、実用最小限の製品と呼ぶ

※この「構築」の解説は、「リーンスタートアップ」の解説の一部です。» 「リーンスタートアップ」の概要を見る


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 00:16 UTC 版)

クレプトグラフィー的攻撃は、暗号システム感染し攻撃者のためのバックドアを開くトロイの木馬として構築することも、暗号システム製造元によって実装するともできる。この攻撃は、必ずしも暗号システム出力全体明らかにする必要はない。より複雑な攻撃手法では、バックドア存在する態で感染していない出力安全でないデータ交互に生成する可能性がある

※この「構築」の解説は、「クレプトグラフィー」の解説の一部です。» 「クレプトグラフィー」の概要を見る


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/04 01:16 UTC 版)

辞書符号(Lexicographic code): V 上のベクトル辞書式順序並べ替える(すなわち、ベクトル24ビット2進数整数見て順に並べる)。w1 = 0 を起点とし、整数として小さいほうから順に w2, w3, ..., w12定義していく。このとき、既定元の全ての線型合成比較して少なくとも8箇所座標異なるものを選んでいく。W は w1, ..., w12スパンとして定義される平方剰余符号: 平方非剰余 (mod 23) の集合 N を考える。これは巡回群 Z/23Z の11要素部分集合である。この部分集合変換 t+N を考える。各変換要素 ∞ を追加することで12要素集合 St作る。そして V の基底要素を 0, 1, 2, ..., 22, ∞ でラベル付けすると、W は St の各元と全基底ベクトルから成る元のスパンとして定義できる。完全符号は、∞ を除けばよい。 巡回符号: 完全 G23 符号は x 23 − 1 {\displaystyle x^{23}-1} の因数分解からも構築できる。つまり符号は式 x 11 + x 10 + x 6 + x 5 + x 4 + x 2 + 1 / x 23 − 1 {\displaystyle x^{11}+x^{10}+x^{6}+x^{5}+x^{4}+x^{2}+1/x^{23}-1} から生成されるR. T. Curtis の "Miracle Octad Generator": 4×6 の配列で、拡張2元ゴレイ符号759個のハミング重み8の符号語 "Octad" を描く。24種類部分集合対称差利用して(つまり、2進の加算によって)全符号語を得る。 数学ゲーム Mogul の勝ちパターン: Mogul24硬貨並べて遊ぶゲーム初期状態は全硬貨が表。ターン毎に1枚から7硬貨裏返すが、そのうちの左端硬貨は表から裏への裏返しでなければならない裏返せなくなった方が負けである。表を1、裏を0と解釈すれば拡張2元ゴレイ符号符号語となるようなパターンにすれば必勝する。

※この「構築」の解説は、「ゴレイ符号」の解説の一部です。» 「ゴレイ符号」の概要を見る


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 15:19 UTC 版)

数直線上に n 個の区間があるとき、これらを表すデータ構造構築し別の点や区間オーバーラップする全ての区間効率的に検索したいとする。 まず、全ての区間含まれる範囲特定しその中央の x_center で分割する(x_center で分割するのは、木構造をなるべく平衡にするため)。これによって区間3種類に分類される。x_center の左側にある区間群を S_left、x_center の右側にある区間群を S_right、x_center にオーバーラップする区間群を S_center とする。 S_left と S_right に属す区間群は同様の方式再帰的分割していき、左右に区間が全く残らない状態にする。 S_center に属す区間群(中央点にオーバーラップしている区間群)は、区間木内のノードリンクされ別のデータ構造に格納される。このデータ構造2つリストから構成されていて、1つ区間群を始点ソートしたリスト、もう1つ区間群を終点ソートしたリストである。 結果として構築される2分木ノードには、以下のようなデータが格納される。 中央点の位置 区間全体中央点の左側にある区間群に対応したノードへのポインタ 区間全体中央点の右側にある区間群に対応したノードへのポインタ 中心点オーバーラップする全区間を始点ソートしたリスト 中心点オーバーラップする全区間を終点ソートしたリスト

※この「構築」の解説は、「区間木」の解説の一部です。» 「区間木」の概要を見る


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 05:12 UTC 版)

まず電子陽電子についてのスピンの向き選択する上で議論したパウリ代数の例と同様スピンの向き3次元単位ベクトル ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} で定義するペスキンシュレーダー教科書での取り決めと同様に、方向 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} のスピン対応するスピン演算子は、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} と ( i γ 2 γ 3 , i γ 3 γ 1 , i γ 1 γ 2 ) = − ( γ 1 , γ 2 , γ 3 ) i γ 1 γ 2 γ 3 {\displaystyle (i\gamma ^{2}\gamma ^{3},\;\;i\gamma ^{3}\gamma ^{1},\;\;i\gamma ^{1}\gamma ^{2})=-(\gamma ^{1},\;\gamma ^{2},\;\gamma ^{3})i\gamma ^{1}\gamma ^{2}\gamma ^{3}} との内積として定義する: σ ( a , b , c ) = i a γ 2 γ 3 + i b γ 3 γ 1 + i c γ 1 γ 2 {\displaystyle \sigma _{(a,b,c)}=ia\gamma ^{2}\gamma ^{3}+ib\gamma ^{3}\gamma ^{1}+ic\gamma ^{1}\gamma ^{2}} 注目すべきは、上の1の累乗根有ることで、すなわち、二乗すると1になる。続けて、この演算子から、ディラック代数の、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} の方に合わせたスピンを持つ部分代数を、映し出す射影作用素を、導くことができる: P ( a , b , c ) = 1 + σ ( a , b , c ) 2 {\displaystyle P_{(a,b,c)}={\frac {1+\sigma _{(a,b,c)}}{2}}} この段階で、電荷+1 (陽電子) に取るか -1 (電子) に取るか選択する必要があるペスキンシュレーダー教科書での取り決めに従うと、電荷演算子は Q = − γ 0 {\displaystyle Q=-\gamma ^{0}} となる。即ち、電子の状態は、この演算子についての固有値 -1 を取り一方陽電子の状態は固有値 +1 を取ることになる。 注目すべきは、 Q {\displaystyle Q} もまた1の累乗根となることである。その上、 Q {\displaystyle Q} は σ ( a , b , c ) {\displaystyle \sigma _{(a,b,c)}} と交換関係がある。これらはディラック代数に対する交換するオブザーバブルの完全集合形成する。この例で続けて、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} の方向のスピンを持つ電子表現求める。

※この「構築」の解説は、「ディラック・スピノル」の解説の一部です。» 「ディラック・スピノル」の概要を見る


構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 05:12 UTC 版)

まず電子陽電子についてのスピンの向き選択する上で議論したパウリ代数の例と同様スピンの向き3次元単位ベクトル ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} で定義するペスキンシュレーダー教科書での取り決めと同様に、方向 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} のスピン対応するスピン演算子は、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} と ( i γ 2 γ 3 , i γ 3 γ 1 , i γ 1 γ 2 ) = − ( γ 1 , γ 2 , γ 3 ) i γ 1 γ 2 γ 3 {\displaystyle (i\gamma ^{2}\gamma ^{3},\;\;i\gamma ^{3}\gamma ^{1},\;\;i\gamma ^{1}\gamma ^{2})=-(\gamma ^{1},\;\gamma ^{2},\;\gamma ^{3})i\gamma ^{1}\gamma ^{2}\gamma ^{3}} との内積として定義する: σ ( a , b , c ) = i a γ 2 γ 3 + i b γ 3 γ 1 + i c γ 1 γ 2 {\displaystyle \sigma _{(a,b,c)}=ia\gamma ^{2}\gamma ^{3}+ib\gamma ^{3}\gamma ^{1}+ic\gamma ^{1}\gamma ^{2}} 注目すべきは、上の1の累乗根有ることで、すなわち、二乗すると1になる。続けて、この演算子から、ディラック代数の、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} の方に合わせたスピンを持つ部分代数を、映し出す射影作用素を、導くことができる: P ( a , b , c ) = 1 + σ ( a , b , c ) 2 {\displaystyle P_{(a,b,c)}={\frac {1+\sigma _{(a,b,c)}}{2}}} この段階で、電荷+1 (陽電子) に取るか -1 (電子) に取るか選択する必要があるペスキンシュレーダー教科書での取り決めに従うと、電荷演算子は Q = − γ 0 {\displaystyle Q=-\gamma ^{0}} となる。即ち、電子の状態は、この演算子についての固有値 -1 を取り一方陽電子の状態は固有値 +1 を取ることになる。 注目すべきは、 Q {\displaystyle Q} もまた1の累乗根となることである。その上、 Q {\displaystyle Q} は σ ( a , b , c ) {\displaystyle \sigma _{(a,b,c)}} と交換関係がある。これらはディラック代数に対する交換するオブザーバブルの完全集合形成する。この例で続けて、 ( a , b , c ) {\displaystyle (a,b,c)} の方向のスピンを持つ電子表現求める。

※この「構築」の解説は、「ディラック・スピノル」の解説の一部です。» 「ディラック・スピノル」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

構築

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:30 UTC 版)

名詞

 こうちく

  1. 組み立て作ること。築くこと。

発音(?)

こ↗ーちく

動詞

活用

サ行変格活用
構築-する

「構築」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



構築と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「構築」に関係したコラム

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

構築のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



構築のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの構築 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリーンスタートアップ (改訂履歴)、クレプトグラフィー (改訂履歴)、ゴレイ符号 (改訂履歴)、区間木 (改訂履歴)、ディラック・スピノル (改訂履歴)、ディラック・スピノル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの構築 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS