人材とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 人材 > 人材の意味・解説 

じん‐ざい【人材】

読み方:じんざい

才能があり、役に立つ人。有能な人物人才。「—を求める」「—不足」


人材

作者眉村卓

収載図書頑張って太郎さん
出版社勁文社
刊行年月1992.2
シリーズ名ケイブンシャ文庫


人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 07:04 UTC 版)

人材(じんざい)とは、才能があり、役に立つ人物。すなわち社会に貢献する個人のこと。人才とも。




「人材」の続きの解説一覧

人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 09:40 UTC 版)

人質救出チーム」の記事における「人材」の解説

HRTへの応募には3年以上の現場勤務経験(FBI特別捜査官又は米軍特殊部隊等)と優秀な業績評価が必要となる。2週間選抜課程極めて過酷であり、例え1991年第8世代選抜課程では、36名が応募し14名が合格、7名が採用された。新隊員訓練所New Operator Training School, NOTS)では、2週間にわたる拳銃射撃術皮切りに、5ヶ月に渡る訓練を受ける2013年時点では32週間延長されていた)。これに加えて狙撃手は、アメリカ海兵隊前哨狙撃兵訓練所で2ヶ月に渡る訓練を受ける。またHRTでは、フランスGIGN倣って人命を守るために」というモットー導入しており、これにあわせて、専従医療要員および救急車のほか、全隊員が80時間以上の本格的な医療訓練を受けている。 訓練課程策定にあたってデルタフォースSEALsチーム6が全面的に協力しており、特にデルタフォース自らの訓練施設を4週間に渡ってFBI捜査官開放した。またSOARS培っていた他国同種部隊との伝手利用して西ドイツGSG-9フランス国家憲兵隊治安介入部隊GIGN)、イギリス陸軍特殊空挺部隊SAS)とも積極的に共同訓練行った

※この「人材」の解説は、「人質救出チーム」の解説の一部です。
「人材」を含む「人質救出チーム」の記事については、「人質救出チーム」の概要を参照ください。


人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 03:47 UTC 版)

三國志IV」の記事における「人材」の解説

人材の捜索および登用を行う能力。人材確保勢力拡大第一歩ゲームあるため非常に重要。捜索では武将代わりにアイテム発見することも(偽物発見することもある)。

※この「人材」の解説は、「三國志IV」の解説の一部です。
「人材」を含む「三國志IV」の記事については、「三國志IV」の概要を参照ください。


人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 10:08 UTC 版)

国家憲兵隊 (フランス)」の記事における「人材」の解説

機動憲兵隊県憲兵隊大佐下の階級章は肩章入っている線の色が黄色機動憲兵隊)、白色県憲兵隊)と異なる。 正規憲兵官は、将校(d'officiers)および下士官(sous-officiers)で構成される。また兵士としては、任期制(第1任期2年、更に3年延長可能)の憲兵助手当初はGA1998年以降はGAV)の制度がある。

※この「人材」の解説は、「国家憲兵隊 (フランス)」の解説の一部です。
「人材」を含む「国家憲兵隊 (フランス)」の記事については、「国家憲兵隊 (フランス)」の概要を参照ください。


人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 06:51 UTC 版)

国家憲兵隊治安介入部隊」の記事における「人材」の解説

隊員全員志願制で、国家憲兵隊5年以上の勤務実績あり、か勤務実績優等であったもののみが対象となる。選抜課程極めて過酷であり、このように厳格な条件クリアした隊員ですら、合格率平均7パーセント程度に留まっている。選抜課程合格した隊員は、10ヶ月訓練課程経て部隊配属されるGIGN射撃術力を入れていることで知られており、射撃訓練課程他国からの受講生も多い。GIGN隊員1日300発もの銃弾費やして射撃訓練行いスキル保っている。全員狙撃訓練を受け、高い精密射撃能力備えことから専任狙撃手指定されていないのも特徴である。またほとんどの隊員山岳行動戦闘潜水資格得ている。

※この「人材」の解説は、「国家憲兵隊治安介入部隊」の解説の一部です。
「人材」を含む「国家憲兵隊治安介入部隊」の記事については、「国家憲兵隊治安介入部隊」の概要を参照ください。


人材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 19:48 UTC 版)

コブラ (特殊部隊)」の記事における「人材」の解説

壁面懸垂下降する隊員 部屋への突入訓練展示 隊員は、オーストリア連邦警察から募集され選抜される志願者には医学・心理学体力テスト課される厳し選抜基準に合したものだけが、計1,200時間・6ヶ月に及ぶ基礎教育訓練経て実施部隊配属される本部隊は、あらゆる交通機関への高い突入能力知られており、このために、戦闘泳者パラシュート降下専門チーム設置された。特に、山岳国というオーストリア地勢もあって、登攀高所でのロープ使用した戦闘技術高く評価されており、アトラスネットワークでは、ビル襲撃作戦についての戦技研究担当している。

※この「人材」の解説は、「コブラ (特殊部隊)」の解説の一部です。
「人材」を含む「コブラ (特殊部隊)」の記事については、「コブラ (特殊部隊)」の概要を参照ください。


人材 (Staff)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 02:25 UTC 版)

マッキンゼーの7S」の記事における「人材 (Staff)」の解説

どのようなリーダーシップがとられているか、採用人材育成の方法はどのようになっているか、どのような人材が何人いるかなど。

※この「人材 (Staff)」の解説は、「マッキンゼーの7S」の解説の一部です。
「人材 (Staff)」を含む「マッキンゼーの7S」の記事については、「マッキンゼーの7S」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人材」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人材

出典:『Wiktionary』 (2021/09/02 14:33 UTC 版)

名詞

(じんざい)

  1. 求められる技量知識人格理念などを持った人間

翻訳


「人材」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人材と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

人材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人材のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの人質救出チーム (改訂履歴)、三國志IV (改訂履歴)、国家憲兵隊 (フランス) (改訂履歴)、国家憲兵隊治安介入部隊 (改訂履歴)、コブラ (特殊部隊) (改訂履歴)、マッキンゼーの7S (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人材 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS