第38回とは? わかりやすく解説

第38回(平成16年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/24 00:44 UTC 版)

仏教伝道文化賞」の記事における「第38回(平成16年)」の解説

文化賞 五木寛之:B項 - 仏教著書メディア講演多くの人伝える。 嶋野榮道:C項 - アメリカで禅を弘め功績

※この「第38回(平成16年)」の解説は、「仏教伝道文化賞」の解説の一部です。
「第38回(平成16年)」を含む「仏教伝道文化賞」の記事については、「仏教伝道文化賞」の概要を参照ください。


第38回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 22:40 UTC 版)

世界遺産委員会」の記事における「第38回」の解説

詳細は「第38回世界遺産委員会を参照 第38回世界遺産委員会は、2014年6月15日から25日にかけてドーハカタール)で開催された。文化遺産21件、自然遺産4件、複合遺産1件が新規に登録され世界遺産総数は1,007となった。1,000目の世界遺産として公式にアナウンスされたのは、オカバンゴ・デルタボツワナ)である。新規にミャンマー世界遺産保有国となった危機遺産リストからはキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群除去されたものの、セルース猟獣保護区タンザニア)、ポトシ市街ボリビア)、オリーブワインの地パレスチナ - エルサレム地方南部バティルの文化的景観パレスチナ緊急案件としてこの回に登録)が追加されたため、総数46となった

※この「第38回」の解説は、「世界遺産委員会」の解説の一部です。
「第38回」を含む「世界遺産委員会」の記事については、「世界遺産委員会」の概要を参照ください。


第38回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 05:42 UTC 版)

新春かくし芸大会の放送一覧」の記事における「第38回」の解説

放送日 - 2001年1月1日 司会 - 堺正章総合司会)、内村光良中立)、南原清隆(ヤングチームキャプテン)、笑福亭鶴瓶(アダルトチームキャプテン) 審査員 - 植木等森光子山本寛斎家田荘子木村大作 オープニングサルティンバンコで超超超バンジー!! - モーニング娘。 ヤングチーム郷土芸能銭太鼓ドーン! - ホンジャマカU-turn千秋ドロンズやるせなすホーム・チームジョビジョバポプラ並木シャカビームOver Drive18KINゴリけんEE JUMP矢作美樹METAMO中沢純子佐藤江梨子Folder5須藤温子Z-1乙葉坂井ひろみ松田樹里野仲美貴加藤明日美Ace File南奈央田部けい子 あみと恭子AKチャート - 鈴木あみ深田恭子 ダンボールエンジェル - 観月ありさ神田うの河相我聞ふかわりょうビビるアンバランス 女神降臨の鼓 - 優香ネプチューンダンディ坂野大隅いちろうダブルブッキング火災報知器パラシュート部隊朝倉由紀乃飯野あかね、飯野あゆみ、井口麻美臼井静小野寺麻郁、橋爪しのぶ松本範子 Stick Juggler - 中山秀征佐藤藍子内山理名セイン・カミュ アダルトチーム東京サルサ - 山田邦子マルシア原千晶清水アキラモト冬樹大沢健TIMオセロピーピングトム安西ひろこアクシャン乾貴美子安藤亮司周防玲子川村亜紀金子さやか おじさまメルヘンワールド アラビアン・ダンスサイト - 谷啓藤村俊二岡田眞澄高木ブーガッツ石松大塚範一飯島直子 スガティンバンコ2001 - 橋田壽賀子泉ピン子松本明子えなりかずき トリオ・ザ・漫才2 - 鈴木紗理奈筧利夫真中瞳 堺正章 流星之舞 - 堺正章演目内容が危険を伴うものであり、本番当日総合司会務めながら行うと事故起こす可能性があることから当該パートのみ事前収録とした。 応援ハラぱら応援団 - 酒井彩名平山綾堀越のり野村恵里西端さおりダチョウ倶楽部飯島愛バカリズムホメゴロシ 飛び入り応援 - キャイ〜ン有坂来瞳

※この「第38回」の解説は、「新春かくし芸大会の放送一覧」の解説の一部です。
「第38回」を含む「新春かくし芸大会の放送一覧」の記事については、「新春かくし芸大会の放送一覧」の概要を参照ください。


第38回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 22:17 UTC 版)

ABCお笑いグランプリ」の記事における「第38回」の解説

2017年7月9日朝日放送テレビAスタジオ決勝開催するとともに14:25 - 17:25時間帯生中継実施関西ローカル)。 成績グループ名所事務所ジャンル決勝出場回数出番Final得点優勝 霜降り明星 よしもとCA 大阪 漫才 初出場 C-3番/2番 6682位 マルセイユ よしもとCA 大阪 漫才 初出場 A-4番/3番 6583位 ロングコートダディ よしもとCA 大阪 コント 初出場 B-1番/1番 6251st敗退 からし蓮根 よしもとCA 大阪 漫才 初出場 A-1番 - ラフレクラン よしもとCA 東京 コント 初出場 A-2番 - ゆりやんレトリィバァ よしもとCA 大阪 初出場 A-3番 - ジャイアントジャイアン 浅井企画 漫才 初出場 B-2番 - 田藤本 よしもとCA東京 初出場 B-3番 - THE GREATEST HITS よしもとCA 東京 コント 初出場 B-4番 - 紺野ぶるま 松竹芸能 初出場 C-1番 - ツートライブ よしもとCA 大阪 漫才 初出場 C-2番 - ハナコ ワタナベエンターテインメント コント 初出場 C-4番 - ファーストステージ得点ブロックグループ名合計リンゴ兵動陣内小沢柴田友近藤本A マルセイユ 56 52位101位101位) 1(4位101位101位101位) B ロングコートダディ 53 101位) 5(2位) 3(3位) 5(2位101位101位101位) C 霜降り明星 65 52位101位101位101位101位101位101位備考556組がエントリー58組が一次予選通過し6月20日開催され最終予選出場決勝進出者12組は、2016年7月2日正午番組公式TwitterInstagramLINE LIVE発表された第34回以降初めて、全組が決勝初進となった現時点では唯一)。 ファーストステージ開始前には過去の受賞者代表して矢野・兵動第14回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞)・笑い飯第24回ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞)・ジャルジャル第34回ABCお笑いグランプリ優勝)がネタ披露した

※この「第38回」の解説は、「ABCお笑いグランプリ」の解説の一部です。
「第38回」を含む「ABCお笑いグランプリ」の記事については、「ABCお笑いグランプリ」の概要を参照ください。


第38回(2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 03:46 UTC 版)

美術の祭典・東京展」の記事における「第38回(2012年)」の解説

1月17日22日に、第一回美術祭典 関西展」を兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー開催以降例年開催9月9日から9月16日まで再び東京都立美術館にて美術の祭典 東京展開催東京プロジェクト in KANAGAWA をGallery SHIMIZU(横浜市中区)で開催以降例年開催

※この「第38回(2012年)」の解説は、「美術の祭典・東京展」の解説の一部です。
「第38回(2012年)」を含む「美術の祭典・東京展」の記事については、「美術の祭典・東京展」の概要を参照ください。


第38回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:43 UTC 版)

全国高等学校クイズ選手権のクイズ形式」の記事における「第38回」の解説

4年続いたアメリカ横断、そして5年続いた海外路線終了。「地頭力」をメイン据えて考える力を問うクイズ多く出題されるようになった全国一地区大会 スマホクイズ 会場:STVホール(北海道)、新潟ユニゾンプラザ多目的ホール(北陸新潟)、仙台PIT(東北)、片柳アリーナ日本工学院専門学校(関東)、DIAMOND HALL(中部)、Zepp なんば大阪(近畿)、広島コンベンションホール(中国)、festhalle(四国岡山)、電気ビルみらいホール(九州北部)、ホテル熊本テルサホール(九州南部)、沖縄セルラーパーク那覇(沖縄) 各地域会場からスマートフォン使い一斉にクイズ行い代表校決定した全国大会 1回戦から4回戦までは東京ビッグサイトで、準決勝からは麹町スタジオで開催収録3日間にわたって行われた(ただし4回戦準決勝間に1日休養日が挟まれた)。1回戦50チーム15チーム) プロジェクションマッピングクイズ:"直感力×想像力"を問うプロジェクションマッピング問題出題〇×問題正解する10点。 フェイクピクチャークイズ:"真実見抜く力"を問う画像にある間違いを1問ごと15以内早押しクイズボタン押しての持つスピーカーにつながるマイク付きメガホン解答1番早く正解したチーム30点、2番以降は10点お手付きは-20点世界地頭クイズ:"発想力×推理力"を問う世界中にある「粋なアイデア」をフリップ書いて答える。正解する20点。 ハイパードローンクイズ:"分析力×空間認識力"を問うドローン撮影した場所のある都道府県を1問ごと30秒以内の持つスピーカーにつながるマイク付きメガホン解答1番早く正解したチーム30点、2番以降は10点お手付きは-20点暗号解読クイズ:"ひらめき力×直感力"を問う筆記クイズ正解したチーム30点。 全23出題し終わった段階得点上位15チーム勝ち抜け2回戦15チーム→9チーム→7チーム)アルティメットタイヤレース "観察力×発想力×体力"を問う。30m先のゴールに10kgのタイヤ10本、20kgのタイヤ12本の計340kgを運ぶ(女子がいるチームにはハンデとして各1本ずつ30kg少なくなる)。方法どのような形でもよく、セット内に用意されたマット・ポール・ロープ・パレットなども使ってよい(セット外に置かれたスタッフ機材出演者など3人以外の手を借りるのは禁止であり、行った場合やり直しとなる)。 各チームごとに問題出題され10分間の作戦タイムの後挑戦するタイム上位8チームに加え下位7チームの中で別室様子を見る専門家が「独創的なアイデア」と判断した1チームがナイスアイデア賞として進出また、宿泊先ホテルにて「一晩おいとくどうなる?ほっときクイズ」を実施様々な物を一晩ほっておくとどうなるか3択解答正解翌朝発表され正解数の少な下位2チーム敗退3回戦(7チーム→5チーム)コンプリートパネル "空間認識力×先を読む力"を問う。5×5の25パネル使ったパズル最初にくじ引きで引いた形にパネル赤と白点灯3人パネルを踏むとパネルの色が赤・白交互に変わるようになる移動できる動き前後左右1マスずつで前いたマスに戻るバック禁止1つマスいられる時間20秒。また、スタート左下1番パネルからとなっている。できる限り早く全てのマスを白マスにするタイムレース方式となっており、クリアタイム上位5チーム4回戦進出4回戦(5チーム→5チーム)ファインド・ザ・ルール "法則性見抜く推理力×戦略性"を問うクイズ最初に2つヒント出されたあと、目の前の床に書かれ選択肢(1問目2つ、2~4問目3つ)の中から法則に合う選択肢選び1人がそのパネル乗る正解ならそのまま不正解なら落とし穴となっており落下してしまう。落下した場合は残る選択肢から正解導き出すまで当てなければ次へ進めない誰か1人でも4問目正解ゴールすれば準決勝進出ルール3人無傷で4問目到達した時点で勝ち抜け決定だが、思い出作りとして3人それぞれのパネル同時に乗るチームもいた)。3人とも落下してしまった場合敗退となるが、全チームゴール到達したため、敗退チーム無しで準決勝進出した準決勝(5チーム→3チーム)バースト・ザ・バルーン "創造力×ひらめき力"を問うクイズ。床に紐でつながって浮か200個の風船できる限り早く割る。事前に文房具店45分間の買い出し行い60分間工作タイム自作道具制作する。1チームずつ挑戦しかかった時間に加え紐が切れて浮いてしまった風船1個につきペナルティタイム2秒を加算し時間記録となる。タイム早い3チーム決勝進出。なお、1チーム消防法によりスタジオで使用できない接着剤はがしスプレー使用するしたため風が吹く屋外麹町スタジオ内の敷地)で行うことを了承し挑戦した決勝 ビヨンド・ザ・ウォール 発泡スチロール製の高さ5m厚さ80cmの壁をメンバー1人乗り越えいち早くゴールテープを切ることができた高校優勝。 各チームには道具として竹の棒5mベニヤ板・ノコギリ・ハサミ・ガムテープ・太さの違うロープ各30m×3本・水500mlと1Lのみが与えられる。各チーム15分作戦タイムのあと一斉にスタートするまた、危険防止のためスタッフ・スタントマンが各チーム1人ずつつく。 壁を削る・穴をあけるなど破壊することも可能だ手間がかかり、また壁の頂点丸み帯びているため足をかけることは難しくなっている。また、近くの棒は安全対策用のためのものであり、それらや支柱鉄骨利用して登ることはできない決勝戦終了後最速登ることができる模範解答実演された。

※この「第38回」の解説は、「全国高等学校クイズ選手権のクイズ形式」の解説の一部です。
「第38回」を含む「全国高等学校クイズ選手権のクイズ形式」の記事については、「全国高等学校クイズ選手権のクイズ形式」の概要を参照ください。


第38回

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 07:18 UTC 版)

欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回)」の記事における「第38回」の解説

日本のお正月新春爆笑仮装コンテスト! 欽ちゃんの第38回全日本仮装大賞 放送日 - 1993年1月1日(金)18:30 - 20:54生放送 会場 - 東京・後楽園ホール ナレーター(仮装) - 堀敏彦(メキシコポンチョ) 欽ちゃん仮装 - 火消し審査員(太字審査員長) - 仮装(テーマ世界民族衣装」)岡田眞澄 - 韓国のパクチョゴリ 酒井法子 - インドサリー 鹿取義隆 - スペインマタドール 鈴木京香 - フィリピン晴れ着 青島幸男 - 日本の紋付羽織袴 藤田弓子 - 日本の芸者 石田純一 - トルコ武装中山秀征 - アラブの大富豪 山本晋也 - スコットランドキルト 国分敦 ※報知新聞 - ロシアルバシカ 作品について 応募総数 - 13821組 出場 - 51組 合格 - 43満点 - 3組 合格率 - 84.31% 満点率 - 5.88% 合格点 - 20点満点15点以上 最高点 - 20点 最低点 - 9点 平均点 - 16.06点 第38回の作品一覧No.作品点数備考1白黒写真 15点 2カエル演奏会 16点 3ヘイ!お待ち 19点 準優勝 4たんぽぽ 18点 5アリ地獄 10点 6スピードレントゲン 15点 7ぼくらのゴジラ 17点 14点から繰り上げ合格 8ピロピロ笛 15点 9アニメの目 15点 14点から繰り上げ合格 10ジャングル探検 15点 11砂時計 15点 12雪山 10点 13ぼし食べたら 17点 14インディアンファミリー 14点 ハワイからの出場 13点からトーク中に+115不思議なボール 16点 16朝顔 15点 14点から繰り上げ合格 17くっつくかな? 20点 アイデア18人造人間逆襲 14点 19サンドバッグ 9点 20火の用心 16点 21各地名産 15点 22信号機 15点 23がんばれ!ライン引き 16点 24入浴剤 19点 25雲仙霧氷 18点 26ズワイガニ 14点 27タンチョウヅル 20点 優勝 28おばあちゃん 17点 29魚釣り 16点 30オセロ 18点 技術賞 31クモ 15点 32ユニセフから 18点 33ニワトリ 18点 演技34ウナギつかみ取り 17点 35よくある話 13点 36透明人間追え! 18点 37メロン 17点 38夜道 19点 第3位 39ビデオ再生 19点 ユーモア40宇宙授業 20点 ファンタジー41レスキューロボ 18点 42ブギウギガールズ 17点 ハワイからの出場 43七輪 17点 44洗濯機 19点 努力45ドロボー 16点 46木枯らし 16点 47静電気 9点 8点からトーク中に+148火の鳥 18点 49高層建築現場 15点 50トーテムポール 16点 515時から男のネクタイ 15点 優勝 - 27タンチョウヅル タンチョウヅルが卵から孵化して成長していき、最後夕景バック飛び立つ感動作。 準優勝 - 3番 ヘイ!お待ち 3人兄弟リズム併せて様々な寿司ネタ表現第3位 - 38番 夜道 夜道物音に驚く人の横顔を、男性1人全身使ってコミカル表現技術賞 - 30番 オセロ オセロ盤の各マスピース扮した少年らが配置し白塗りの顔をオセロ白・頭髪の毛を黒のピース見立て展開に応じて穴から出し(ピース打たれる前は穴を塞いでマスになっている)、オセロ遊び展開する努力賞 - 44番 洗濯機 洗濯機の中の洗濯物動き歌舞伎見立てて表現ファンタジー賞 - 40番 宇宙授業 スペースシャトル内部からの中継映像リアルに表現演技賞 - 33番 ニワトリ 複数家族手足使って養鶏場にいる大勢ニワトリ表現ユーモア賞 - 39番 ビデオ再生 ドミノ倒し動きを、再生巻き戻しスローモーション早送り表現アイデア賞 - 17番 くっつくかな? 大量の空き缶ゴミ箱から棒磁石引き寄せられてくっつく。 その他備考歌手酒井法子台湾から帰国後、審査員初出演得点音を改定今までより低め音階に。第50回まで使用。 テロップサイズと書式を変更(ただし第39回テロップ元に戻っている)。 全演目終了後合格作品ダイジェスト中に結果発表時の得点ボード20点満点するために加点した得点音がそのままOAされた(演目外で得点音が鳴った例は第14回がある)。

※この「第38回」の解説は、「欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回)」の解説の一部です。
「第38回」を含む「欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回)」の記事については、「欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第38回」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第38回」の関連用語

第38回のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第38回のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの仏教伝道文化賞 (改訂履歴)、世界遺産委員会 (改訂履歴)、新春かくし芸大会の放送一覧 (改訂履歴)、ABCお笑いグランプリ (改訂履歴)、美術の祭典・東京展 (改訂履歴)、全国高等学校クイズ選手権のクイズ形式 (改訂履歴)、欽ちゃんの仮装大賞の作品一覧 (31回-40回) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS