答えとは?

いらえ〔いらへ〕【応え/答え】

こたえること。返事

「中からすぐ—があった」〈山本有三・波〉


こたえ〔こたへ〕【答(え)】

《「応え」と同語源》

呼びかけ問いに対して言葉で応じること。返事返答。「呼んでも答えがない」「口答え(くちごたえ)」

問題設問などを解いて出される結果解答。「答えを出す」


こたえ こたへ 【答・応・報】

〔名〕 (動詞「こたえる(答)」の連用形名詞化

① こたえること。質問呼びかけに応じること。返答返事答申

書紀720舒明即位前(寛文版訓)「時に群臣、嘿(もた)して答(コタヘ)無し

源氏100114頃)夕顔「めせば御こたへして起きたれば」

② むくい。応報返報

書紀720垂仁五年一〇月(寛文版訓)「故、今日の夢(みゆめ)みたまふは、必ず是の事の応(コタヘ)ならむ」

山彦などの反響

古今(905‐914)恋一・五二一「つれもなき人をこふとて山びこのこたへするまでなげきつる哉〈よみ人しらず〉」

④ ききめ。効果

評判記色道大鏡(1678)五「是よりいましめをくはふるといへども、其恐れかろく、又こたへうすし」

(5) あいさつ断わり

歌舞伎隅田川続俤法界坊)(1784)口明「悪い事があるなら、請人の役、マア一番にわしに答がありさうなもの」

(6) ある行動に対して起こる反応確かな感触手ごたえ

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「日比此人をば確乎とした所応(コタヘ)の無い、卒といふ時には働けさうにも考へぬけれど」

(7) 問題を解いて得る結果解答。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書1889)〕

良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「思ひも寄らぬ問題に、我ながら答案(コタヘ)が付かぬのである


いらえ いらへ 【応・答】

〔名〕 (動詞「いらう(応)」の連用形名詞化) こたえ。返答

伊勢物語(10C前)六二「いとはづかし思ひていらへもせでゐたるを」

源氏100114頃)桐壺「よろづの事を泣く泣く契りのたまはすれど御いらへも聞え給はず」


答え

読み方:いらえ、こたえ

ア行下一段活用動詞「答える」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


答え

読み方:こたえ

【文語】ヤ行下二段活用動詞答ゆ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

答え


例題は,二群の判別なので,答えを求め手順若干簡単になる。
以下は実際計算例であり,その説明は「マハラノビスの距離に基づく判別係数の求め方」の後半にある。
なお,二群の判別場合には「相関比を最大にすることによる判別係数の求め方」によっても「同等の解」が求まる。「同等の解」というのは,全く同じ数値の解ではないが一方の解(係数定数項両方)が,もう一方の解の定数になっているということである。
  1. 変数平均値の差のベクトルは,
      d= ( 3.5 - 7.5, 6.5 - 4.5 ) ' = ( - 4, 2 ) '
  2. 各群の変動共変行列は,
      答え
  3. プールした分散・共分散行列 Vは,各群の変動共変行列の和を「全データ個数−2」で割ったものである
      答え
  4. よって,解くべき連立方程式は,
      答え
  5. これを解いて,a1 = - 0.88561,a2 = 0.71788 となるので,判別式 DF0 は,
      DF0 = - 0.88561 X1 + 0.71788 X2 + c となる。
  6. c は任意決めてよいが,各変数の「平均値平均値」を判別式代入して得られる数値符号を変えたものにすると,DF正負で群を判別できるので便利である。
    今の場合は,平均値平均値は,5.5,5.5 なので,DF0 = - 0.92251 となり,c = 0.92251 とする。
    すなわち最終的判別関数は,DF = - 0.88561 X1 + 0.71788 X2 + 0.92251。
  7. 判別結果表 1,図 1 のようになる。
    表 1判別値および判別結果
    ケース X1 X2 判別 判別
    1 1 5 10 3.67326 1
    1 2 0 7 5.94767 1
    1 3 4 7 2.40523 1
    1 4 8 6 -1.85508 2
    1 5 2 5 2.74069 1
    1 6 2 4 2.02281 1
    2 1 10 8 -2.19054 2
    2 2 7 7 -0.25159 2
    2 3 9 5 -3.45857 2
    2 4 5 3 -1.35190 2
    2 5 9 2 -5.61221 2
    2 6 5 2 -2.06978 2

    答え
    図 1.判別


答え

作者高橋毅

収載図書木っ端
出版社文芸社
刊行年月2008.10


答え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 04:42 UTC 版)

答え』(こたえ)は、2010年7月7日発売の井上愛のファーストシングル




「答え」の続きの解説一覧

答え

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:58 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. こたえ参照
  2. 〔稀〕 いらえ参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「答え」の関連用語

答えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



答えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2022 統計学用語辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの答え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの答え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS