バナナとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > バナナ > バナナの意味・解説 

banana

別表記:バナナ

「banana」とは・「banana」の意味

「banana」とは、英語でバナナという果物を指す言葉である。日本語では、「バナナ」とカタカナ表記されることが一般的である。また、「banana」は複数形ではなく単数形であり、複数形は「bananas」となる。なお、「バナナ共和国」や「バナナリパブリック」といった言葉は、バナナを主要な輸出品とする国や政治的不安定な国を指す隠喩である。さらに、「banana」は、歌や仮想通貨の名前としても使用されることがある

「banana」の語源

「banana」の語源は、西アフリカウォロフ語の「banani」とされている。この言葉は、アラビア語の「banan」に由来し、指を意味する言葉である。バナナの形状が指に似ていることから、この名前が付けられたと考えられている。また、ポルトガル語スペイン語では「banana」が「プランテン」というバナナの一種を指す言葉としても使われている。

「banana」の発音・読み方

「banana」の発音は、アメリカ英語では /bəˈnænə/、イギリス英語では /bəˈnɑːnə/ となる。日本語では、「バナナ」とカタカナ表記され発音もそれに近いものとなる。ただし、英語の発音では、アクセント第二音節置かれることに注意が必要である。

「banana」の使い方・例文

「banana」は、通常果物のバナナを指す名詞として使われる。以下に例文を示す。 1. I like eating bananas for breakfast.(朝食にバナナを食べるのが好きだ。
2. Bananas are rich in potassium and vitamin C.(バナナはカリウムビタミンCが豊富である。)
3. She slipped on a banana peel.(彼女はバナナの皮滑ってしまった。)
4. The banana republic was politically unstable.(そのバナナ共和国政治的に不安定だった。)
5. I bought a bunch of bananas at the supermarket.(スーパーマーケットでバナナの房を買った。)
6. The banana plant is not a tree but a herbaceous plant.(バナナの木は木ではなく草本植物である。)
7. Bananas are often used in smoothies and desserts.(バナナはスムージーデザートによく使われる。)
8. The bananas were still green and not ripe yet.(バナナはまだ緑で、熟していなかった。)
9. Banana chips are a popular snack in some countries.(バナナチップス一部の国では人気スナックである。)
10. The song ""Banana"" became a hit in the 1980s.(「バナナ」という歌は1980年代ヒットした。)

バナナ

別表記:実芭蕉ミバショウ甘蕉

バショウ科バショウ属植物のうち、果実食用にするものの総称。主に熱帯域栽培される大きく分けて生食用品種と、煮た焼いたりして食用にする料理用品種プランテン)があり、後者はバナナとは異なグループ見なされることもある。

バナナ【banana】

読み方:ばなな

バショウ科常緑多年草。高さはふつう2、3メートルバショウに似る。夏、(ほう)をもつ大きな穂を垂れ下部雌花上部雄花がつく。実は房状になり、黄色などに熟し食用部は子房発達したもので、ふつう種子はない。熱帯アジア原産実芭蕉甘蕉。《 夏》

バナナの画像
バナナの画像
バナナの

バナナ

読み方:ばなな
【英】:Banana

バナナをクラブ要領ジャグリングすることができる。もちろんただジャグリングするだけでなく、ジャグリングしながら歯で皮をむき、食べのである

バナナを床に置いておいて、うっかり滑って転ぶと言うのはコメディーお約束のようなもの。ちなみにバナナの上乗る本当に滑って転ぶので注意すること。


バナナ

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

Musa acuminata

●現在、食用にされている「バナナ」の原種で、マレー半島をはじめ東南アジア広く自生してます。単子葉植物地下にあり、幹のように見え部分は、葉柄重なり合った偽茎です。偽茎頂部から、先端大きなをつけた花茎をのばします。
バショウ科バショウ属常緑多年草で、学名Musa acuminata。英名は Banana
バショウのほかの用語一覧
ゴクラクチョウカ:  扇芭蕉擬き  極楽鳥花
タビビトノキ:  旅人の木
バショウ:  バナナ  バナナ・ウィリアムス  マニラ麻  ムサ・オルナータ

バナナ

名前 Banana

バナナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/30 01:02 UTC 版)

「バナナの木」と言われるように、高さ数mになるが、実際には草本であり、その意味では園芸学上果物ではなく野菜(果菜。詳しくは野菜#定義)に分類される。その高く伸びた茎のような部分は偽茎(仮茎)と呼ばれ、実際には、葉鞘が幾重にも重なりあっているものであり、いわばタマネギの球根を引き延ばしたようなものである。茎は地下にあって短く横に這う。茎のような先端からは、長楕円形の葉(葉身)が大きく伸びる。


注釈

  1. ^ Pocket Oxford Dictionaryによれば、plantainはa type of banana eaten as a vegetableとなっていて「野菜」。
  2. ^ 2011年秋頃より、キャベンディッシュ種に感染するパナマ病がフィリピンで発見されフィリピン主要紙上で数多く報道されている。
  3. ^ 巨大企業が手がけていて現地の人が食べないで輸出用に回る[58]
  4. ^ 類語:ココナッツ(白人に卑屈なヒスパニック)、アップル(白人に卑屈なアメリカ先住民)。
  5. ^ 脂肪分解酵素や果糖による代謝促進が肥満解消に効果があるとされている。
  6. ^ 発売後の1年半で関連本や文庫本も含めると120万部のベストセラーとなった。日本国外の5か国で翻訳出版される。(2009年11月11日の渋谷区立勤労福祉会館での著者による講演の告知より)
  7. ^ 書籍『朝バナナダイエット』の韓国語訳版はソウルの大手書店で部門別売り上げ一位になるほどの人気となっているほか、台湾でも繁体字版が出版されている。
  8. ^ 日本のテレビ番組では、2008年6月5日放送の『おもいッきりイイ!!テレビ』で取り上げられて以後、何度か紹介された。さらに同年9月19日放送の『ドリーム・プレス社』で森公美子が減量に成功したとの事で反響を呼んだ。

出典

  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年8月12日). “【教えて!goo】実は「草」。知ってびっくりバナナの実態(3/3ページ)”. 産経ニュース. 2023年4月15日閲覧。
  2. ^ Moser, Simone; Müller, Thomas; Ebert, Marc-Olivier; Jockusch, Steffen; Turro, Nicholas J.; Kräutler, Bernhard (2008). “Blue luminescence of ripening bananas”. Angewandte Chemie International Edition (Wiley Online Library) 47 (46): 8954-8957. doi:10.1002/anie.200803189. https://doi.org/10.1002/anie.200803189. 
  3. ^ “黒い斑点の周囲から青い蛍光=バナナに紫外線当たると放出-動物が成熟の目印に?”. Yahoo!ニュース. 時事通信社. (2009年9月21日). オリジナルの2009年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090927130234/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000028-jij-soci 2009年9月26日閲覧。 
  4. ^ シュガースポット|令和元年度 まちかどサイエンス|東北大学・探求型「科学者の卵養成講座」(グローバルサイエンスキャンパス協定事業)”. www.ige.tohoku.ac.jp. 2023年4月15日閲覧。
  5. ^ 伊藤聖子、葛西麻紀子、加藤陽治「バナナの追熟および加熱調理による糖組成の変化」『弘前大学教育学部紀要』第110巻、弘前大学教育学部、2013年10月、93-100頁、hdl:10129/5100ISSN 0439-1713CRID 1050001202544521344 
  6. ^ ローナ・ピアッティ=ファーネル、大山晶(訳)『バナナの歴史』原書房、2016年、ISBN 978-4-562-05327-8、30-31ページ
  7. ^ Edmond de Langhe & Pierre de Maret (2004). “Tracking the banana: its significance in early agriculture”. In Jon G. Hather. The Prehistory of Food: Appetites for Change. Routledge. p. 372. ISBN 978-0-203-20338-5. https://books.google.com/books?id=DMgKW9HleFoC&lpg=PP1&pg=PA372#v=onepage&q&f=false 
  8. ^ バナナという作物(「バナナの足」研究会)
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 203.
  10. ^ 小笠原の農作物 東京都小笠原支庁(2019年2月23日閲覧)。
  11. ^ a b 「バナナの世界史」p14 ダン・コッペル著 黒川由美訳 太田出版 2012年1月27日第1版第1刷
  12. ^ a b The World Banana Economy 1985-2002
  13. ^ Anne Dauwers, "Uganda hosts banana trial", Nature 447, 1042 (2007). doi:10.1038/4471042a
  14. ^ Tracing antiquity of banana cultivation in Papua New Guinea”. The Australia & Pacific Science Foundation. 2011年8月25日閲覧。
  15. ^ ピーター・ベルウッド『農耕起源の人類史』長田俊樹、佐藤洋一郎 監訳 京都大学学術出版会 2008年、ISBN 9784876987221 pp.218-225.
  16. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 pp139-140
  17. ^ 『新書アフリカ史』第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p68
  18. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店 2004年9月10日 第2版第1刷 p138
  19. ^ a b c FAOSTAT: ProdSTAT: Crops (国際連合食糧農業機関統計: 農産物)”. 国際連合食糧農業機関 (2016年). 2018年7月8日閲覧。
  20. ^ 用途別 主な食品添加物 防かび剤又は防ばい剤 - 「食品衛生の窓」東京都福祉保健局
  21. ^ “バナナの食べ頃と保存法 冷蔵庫での保存は厳禁”. 朝日新聞. (2011年2月22日). オリジナルの2011年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110223104315/http://www.asahi.com/health/hiketsu/TKY201102210146.html 2011年9月21日閲覧。 
  22. ^ 日本経済新聞』朝刊 2017年4月26日
  23. ^ Randy C. Ploetz, "Panama Disease:A Classic and Destructive Disease of Banana"
  24. ^ WBF Fighting Against Banana Threats” (英語). FAO (2014年2月27日). 2014年4月22日閲覧。
  25. ^ WBF Fighting Against Banana Threats” (英語). FAO (2014年2月27日). 2014年4月22日閲覧。
  26. ^ a b Daid Grimm, "A Bunch of Trouble", Science 322, 1046-1047 (2008) doi:10.1126/science.322.5904.1046
  27. ^ ScienceShot: Will the Genome Save the Banana?, by Kai Kupferschmidt on 11 July 2012, 1:00 PM, Science
  28. ^ The banana (Musa acuminata) genome and the evolution of monocotyledonous plants, Published online 11 July 2012, Nature
  29. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  30. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  31. ^ バナナは食べ物? いえ、お薬です”. 毎日新聞「医療プレミア」. 2023年4月15日閲覧。
  32. ^ Fahlbusch, Karl-Georg; Hammerschmidt, Franz-Josef; Panten, Johannes; Pickenhagen, Wilhelm; Schatkowski, Dietmar; Bauer, Kurt; Garbe, Dorothea & Surburg, Horst (2000). “Flavors and Fragrances”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry. 15. Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA. pp. 82. doi:10.1002/14356007.a11_141. ISBN 978-3-527-30673-2 
  33. ^ Mui, Winnie W. Y.; Durance, Timothy D. & Scaman, Christine H. (2002). “Flavor and Texture of Banana Chips Dried by Combinations of Hot Air, Vacuum, and Microwave Processing”. Journal of Agricultural and Food Chemistry 50 (7): 1883–1889. doi:10.1021/jf011218n. PMID 11902928.  "Isoamyl acetate (9.6%) imparts the characteristic aroma typical of fresh bananas (13, 17−20), while butyl acetate (8.1%) and isobutyl acetate (1.4%) are considered to be character impact compounds of banana flavor."
  34. ^ Salmon, B.; Martin, G. J.; Remaud, G. & Fourel, F. (November–December 1996). “Compositional and Isotopic Studies of Fruit Flavours. Part I. The Banana Aroma”. Flavour and Fragrance Journal 11 (6): 353–359. doi:10.1002/(SICI)1099-1026(199611)11:6<353::AID-FFJ596>3.0.CO;2-9. 
  35. ^ Fruit Ripening”. 2011年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月17日閲覧。
  36. ^ Ethylene Process”. 2010年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月17日閲覧。
  37. ^ 『ウガンダを知るための60章』pp189-190 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行
  38. ^ 『ウガンダを知るための60章』p117 吉田昌夫・白石壮一郎編著 明石書店 2012年1月10日初版第1刷発行
  39. ^ A・レウィントン『暮らしを支える植物の事典』(八坂書房) 208頁
  40. ^ Practical Answers, "Banana Beer"
  41. ^ ビーガンが食べる本場のフィッシュ&チップス 魚のかわりに揚げるのはある花:朝日新聞GLOBE+”. 朝日新聞GLOBE+ (2018年11月2日). 2023年6月2日閲覧。
  42. ^ The 10 best fish substitutes” (英語). www.medicalnewstoday.com (2021年6月24日). 2023年6月2日閲覧。
  43. ^ ムノン族の健康祈り儀式” (英語). ベトナムの声放送局 (2017年11月6日). 2023年4月15日閲覧。
  44. ^ 「泥の人」、洗礼者ヨハネ称えるフィリピンの儀式”. www.afpbb.com. 2023年4月15日閲覧。
  45. ^ Polistico, Edgie (2017). Philippine Food, Cooking, & Dining Dictionary. Anvil Publishing, Inc.. ISBN 9786214200870 
  46. ^ Hendrickx, Katrien (2007) (英語). The Origins of Banana-fibre Cloth in the Ryukyus, Japan. Leuven University Press. p. 188. ISBN 9789058676146. オリジナルのMarch 27, 2018時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180327155254/https://books.google.com/books?id=ULyu8dNqS1sC&pg=PA188#v=onepage&q=banana%20textile 
  47. ^ About infoDev: A World Bank Group Program to Promote Entrepreneurship and Innovation” (英語). World Bank. 2023年4月15日閲覧。
  48. ^ 日経クロストレンド. “アパレルSDGsの救世主はバナナ? 三井物産系が茎から繊維を開発”. 日経クロストレンド. 2023年4月15日閲覧。
  49. ^ Weeds ママの秘密 シーズン2 第3話「恋のギャンブル / Last Tango in Agrestic」では、靴下を用いてオナニーをしていた次男に対し、バナナの使用を指南するシーンがある。
  50. ^ Cecil Adams, Straight Dope, April 26, 2002
  51. ^ 「バナナの皮」は適切に処理すれば小麦のように料理に使用することができる”. GIGAZINE. 2023年4月15日閲覧。
  52. ^ Esmail, Dr Salah Hamed (2021年10月18日). “Banana peels as silage for ruminants” (英語). Dairy Global. 2023年4月15日閲覧。
  53. ^ Yousef, Elahi Mostafa (2019年). “バナナ廃棄物副産物の貯蔵前処理:化学組成と環境こぶ胃バイオガス及び発酵に及ぼす影響【JST・京大機械翻訳】”. Waste and Biomass Valorization. pp. 3363–3371. 2023年4月15日閲覧。
  54. ^ 捨てないで!「バナナの皮はおいしい」衝撃事実”. 東洋経済オンライン (2021年5月23日). 2023年4月27日閲覧。
  55. ^ バナナの皮の意外な再利用法、重金属で汚染された水の浄水に使えることが明らかに”. GIGAZINE. 2023年4月15日閲覧。
  56. ^ 世相風俗観察会『増補新版 現代世相風俗史年表 昭和20年(1945)-平成20年(2008)』河出書房新社、2003年11月7日、35頁。ISBN 9784309225043 
  57. ^ バナナとともに65年 - 日本バナナ輸入組合 (PDF) . JFTC-日本貿易会
  58. ^ 鶴見良行『バナナと日本人―フィリピン農園と食卓のあいだ』 岩波新書
  59. ^ バナナ輸入概況. 日本青果物輸出入安全推進協会[リンク切れ]
  60. ^ 読売新聞 栃木版 2023年5月12日 23面
  61. ^ 三戸 幸久、『サルとバナナ』、東海大学出版会、2004。ISBN 978-4-486-01553-6
  62. ^ a b 清水典之. “《“チャイニーズ・バットマン”ってどう?》シカゴで活躍する日本人コメディアンが「アジア人差別ネタ」を止めない理由”. 文春オンライン. 2021年5月3日閲覧。
  63. ^ 余録 「バナナ・リパブリック(共和国)」といえば… 毎日新聞
  64. ^ 黒木夏美『バナナの皮はなぜすべるのか?』(水声社2010年)がこのギャグを包括的に研究している。
  65. ^ 黒木, 夏美 (2010-04-01). バナナの皮はなぜすべるのか?. 水声社. ISBN 978-4-89176-777-8. https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891767774/hatena-blog-22/ 
  66. ^ 「バナナは滑る」証明 イグ・ノーベル賞に北里大・馬渕教授”. 『日本経済新聞』 (2014年9月19日). 2014年9月19日閲覧。
  67. ^ a b Banana Peel Update - Peels in Film, Song and Poetry
  68. ^ Save a Banana Day: Top 10 Banana References in Pop Culture ガーディアン 2014年3月26日
  69. ^ Collections Search | BFI | British Film Institute”. collections-search.bfi.org.uk. 2023年12月6日閲覧。
  70. ^ Sennett, Mack (1913-10-16), A Healthy Neighborhood, Keystone Film Company, https://www.imdb.com/title/tt0228372/ 2023年3月11日閲覧。 
  71. ^ The Funny Parts: A History of Film Comedy Routines and Gags, p. 7, - Google ブックス
  72. ^ (英語) A Healthy Neighborhood (Short 1913) - Plot - IMDb, https://www.imdb.com/title/tt0228372/plotsummary/ 2023年3月11日閲覧。 
  73. ^ The Pilgrim, https://tvtropes.org/pmwiki/pmwiki.php/Film/ThePilgrim 2024年3月23日閲覧。 
  74. ^ (日本語) THE FLIRT (1917) - Harold Lloyd, https://www.youtube.com/watch?v=MefnQkDQvrg 2023年7月18日閲覧。 
  75. ^ (日本語) ¡Ay, mi madre! ("For heaven's sake", 1926), https://www.youtube.com/watch?v=GdDvcEcHpTE 2023年7月18日閲覧。 
  76. ^ H.M. Walker; Stan Laurel; Clyde Bruckman; Oliver Hardy (1927-12-31) (English), The Battle of the Century, https://archive.org/details/the-battle-of-the-century_1927 2023年4月19日閲覧。 
  77. ^ It's a Mad Mad Mad Mad World (1963) - Plot”. IMDb.com, Inc.. 2024年3月23日閲覧。 “The women are in custody for their involvement, and Mrs. Marcus enters the ward, naturally places all the blame on the men, and promptly slips on a banana peel thrown by Benjy and hurts herself, having to be carried away shrieking on a gurney. All the men have a good laugh at this, including Culpepper.”
  78. ^ 『バナナの世界史』p100 ダン・コッペル著 黒川由美訳 太田出版 2012年1月27日第1版第1刷
  79. ^ (日本語) Buster Keaton, Edward Cline - The High Sign (1921) (Laurel & Hardy), https://www.youtube.com/watch?v=BIWIMq44m3U 2023年7月18日閲覧。 
  80. ^ マリオカート7 : アイテム:バナナ”. 任天堂. 2023年1月31日閲覧。
  81. ^ a b “バナナめくると萌えボイスで「ペロン」 「めくるめくバナナ」”. ITmedia News. (2008年10月7日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/07/news049.html 2011年2月16日閲覧。 
  82. ^ “「朝バナナダイエット」人気で市場悲鳴…バナナ難民も”. ZAKZAK. (2008年10月1日). http://www.zakzak.co.jp/top/200810/t2008100140_all.html 2011年2月16日閲覧。 
  83. ^ “社説:サッカーとバナナ 人種差別を根絶しよう”. 毎日新聞. (2014年8月26日). オリジナルの2014年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141004002454/http://mainichi.jp/opinion/news/20140826k0000m040168000c.html 2014年8月27日閲覧。 
  84. ^ バナナ食べたアウベス「“オレたちはみんなサル”は好きじゃない」 SANSPO.COM 2014年5月5日
  85. ^ アウベスの行動に賛辞相次ぐ、ネイマールやバロテッリがバナナを食べる写真を投稿 ゲキサカ 2014年4月29日
  86. ^ “横浜マのサポーター、バナナ振り人種差別か 入場禁止に”. 『朝日新聞』. (2014年8月24日). オリジナルの2014年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141104014720/http://www.asahi.com/articles/ASG8R7JQLG8RUTQP03G.html 2014年8月27日閲覧。 
  87. ^ サポがバナナ挑発…横浜に制裁金500万円 Jリーグ裁定委 スポニチ Annex、2014年8月30日
  88. ^ 甘いバナナの苦い現実”. 特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC) (2018年). 2020年10月19日閲覧。
  89. ^ 鶴見良行,『バナナと日本人』,1982年
  90. ^ バナナの「苦み」DVDに毎日新聞』朝刊2018年11月19日(くらしナビ面)2019年2月23日閲覧。



バナナ (banana)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 15:14 UTC 版)

ニガー」の記事における「バナナ (banana)」の解説

白人つるんで白人似た振る舞い身なりアジア人指して用いられるスラング果物のバナナ(外が黄色く中身が白い)から。

※この「バナナ (banana)」の解説は、「ニガー」の解説の一部です。
「バナナ (banana)」を含む「ニガー」の記事については、「ニガー」の概要を参照ください。


バナナ(MGS3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:59 UTC 版)

メタルギアシリーズの装備一覧」の記事における「バナナ(MGS3)」の解説

バナナの模様施され迷彩服猿蛇合戦の全ステージで最高タイムをだすと本編使えるうになる着用するとどんな食べ物でも食べ慣れた状態になりスタミナ回復量が上がるHDエディションでは猿蛇合戦自体未収録のため、使用不可能。MGS3Dでは最初の質問で「MGS PEACE WALKER好きだ!」を選択するクリア特典使用可能になる

※この「バナナ(MGS3)」の解説は、「メタルギアシリーズの装備一覧」の解説の一部です。
「バナナ(MGS3)」を含む「メタルギアシリーズの装備一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの装備一覧」の概要を参照ください。


バナナ(の皮)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:20 UTC 版)

マリオシリーズのアイテム一覧」の記事における「バナナ(の皮)」の解説

マリオカートシリーズ登場置いた投げたりして相手スピンさせることができる。

※この「バナナ(の皮)」の解説は、「マリオシリーズのアイテム一覧」の解説の一部です。
「バナナ(の皮)」を含む「マリオシリーズのアイテム一覧」の記事については、「マリオシリーズのアイテム一覧」の概要を参照ください。


バナナ(バナナ犬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:55 UTC 版)

お茶犬」の記事における「バナナ(バナナ)」の解説

8月7日生まれ

※この「バナナ(バナナ犬)」の解説は、「お茶犬」の解説の一部です。
「バナナ(バナナ犬)」を含む「お茶犬」の記事については、「お茶犬」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バナナ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バナナ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:53 UTC 版)

発音

東京式アクセント

京阪式アクセント

ば↗な↘な

名詞

バナナ甘蕉

  1. バショウ科バショウ属属する、食用品種群の総称

関連語

翻訳


「バナナ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




バナナと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バナナ」の関連用語

バナナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バナナのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2024 by JugglingDonuts
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバナナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニガー (改訂履歴)、メタルギアシリーズの装備一覧 (改訂履歴)、マリオシリーズのアイテム一覧 (改訂履歴)、お茶犬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバナナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS