ドキュメンタリー映画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ドキュメンタリー映画の意味・解説 

ドキュメンタリー‐えいが〔‐エイグワ〕【ドキュメンタリー映画】

読み方:どきゅめんたりーえいが

記録映画

「ドキュメンタリー映画」に似た言葉

ドキュメンタリー

(ドキュメンタリー映画 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 18:02 UTC 版)

ドキュメンタリー英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画テレビ番組ラジオ番組[1]


  1. ^ Lexico, documentary, NOUN
  2. ^ [1]A piece of written, printed, or electronic matter that provides information or evidence or that serves as an official record.
  3. ^ 丸山友美「ラジオ・ドキュメンタリー「録音構成」の成立:NHK『街頭録音』と『社会探訪』」『マス・コミュニケーション研究』第95巻、日本マス・コミュニケーション学会、2019年、 143-162頁、 doi:10.24460/mscom.95.0_143ISSN 1341-1306NAID 130007733954
  4. ^ ラジオドキュメンタリーって何だろう 2011.10.18 東京大学大学院情報学環・学際情報学府
  5. ^ a b 森達也 『ドキュメンタリーは嘘をつく』 草思社、2005年3月22日、85-95・160頁。ISBN 4794213891
  6. ^ 被写体となった群衆のなかにリュミエールらが仕込んだ関係者が含まれることは映画における史上最初の演出ともいわれる。
  7. ^ こうした映画では必ずしも現実をありのままに記録しているとは限らず、制作者や体制の思想に沿うように現実が歪曲して描かれる傾向が強い。
  8. ^ 森達也鈴木邦男宮台真司田原総一朗 著、篠田博之 編(日本語) 『映画靖国上映中止をめぐる大議論』(初版)有限会社創出版、東京都、2008年6月23日 (原著2008年4月14日)、58-60頁。ISBN 9784924718883。"「靖国」上映中止問題の〝ねじれ〟4月14日MIC/JCJ主催の集会での講演"。 
  9. ^ [2]Documentary genres
  10. ^ 辻典子本人が出演しているが、一部はフィクションである。



ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 07:16 UTC 版)

カシミール語映画」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

1952年公開のドキュメンタリー映画『Pamposh』はカシミール語映画として初めカンヌ国際映画祭上映された。代表的なドキュメンタリー映画としてアシュヴィン・クマール(英語版)の『Inshallah, Kashmir』の他にPapa 2』『Ocean of Tears』が挙げられている。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「カシミール語映画」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「カシミール語映画」の記事については、「カシミール語映画」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 07:12 UTC 版)

宇城秀紀」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

飄々拝啓大塚康生様~』 大塚康生ドキュメンタリーフィルム/劇場公開2019年8月3日2015年製作/66分/日本暫く芝山努×大塚康生〜』ドキュメンタリーフィルム/スピンオフSIGNS OF LIFEショートフィルム 『0.08gのひかり 〜線香花火300年受け継がれる和のこころ〜』ショートフィルム この項目は、まだ閲覧者調べものの参照としては役立たない人物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/PJ:人物伝)。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「宇城秀紀」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「宇城秀紀」の記事については、「宇城秀紀」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 17:39 UTC 版)

お悩み相談…はげまし隊 ハートプロジェクト」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

団体および代表の市ノ川仕事の日々描いたドキュメンタリー映画として『I want cheer you up LTD 』(監督:カスパー・アスルップ・シュレーデル(Kaspar Astrup Schröder))がある。3年半かけて撮影されデンマークのプラスピクチャーズによって制作2012年公開された上映時間80分。日本語で進むストーリーに、デンマーク語の字幕が添えられている。2013年にはオリジナルサウンドトラック発売された。 2013年、弟9回チューリヒ国際映画祭にてインターナショナル・コンペティション部門最優秀賞受賞同作第66回デンマーク映画批評家協会賞(Bodil賞/ Bodil-priserne)、第56回サンフランシスコ国際映画祭等、各地映画祭においてにおいても多数ノミネートされている。なお、日本国内での公開未定

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「お悩み相談…はげまし隊 ハートプロジェクト」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「お悩み相談…はげまし隊 ハートプロジェクト」の記事については、「お悩み相談…はげまし隊 ハートプロジェクト」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 05:23 UTC 版)

姜徳景」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

2015年7月公開されたドキュメンタリー映画『“記憶”と生きる』(土井敏邦監督第二部で、姜徳景最晩年2年間が記録された

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「姜徳景」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「姜徳景」の記事については、「姜徳景」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 08:57 UTC 版)

ジェイソン・ベッカー」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

2012年3月、『Jason Becker: Not Dead Yet』と題されたドキュメンタリー映画が公開された。この映画ベッカー本人家族友人関連するミュージシャンへインタヴューを含む、彼の生い立ちから現在までを網羅しバイオグラフィーである。同映画DVD化もされ地元映画祭賞を取るなど一定の評価得た2014年11月8日には、『ジェイソン・ベッカー NOT DEAD YET不死身の天才ギタリスト〜』というタイトル日本公開された。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「ジェイソン・ベッカー」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「ジェイソン・ベッカー」の記事については、「ジェイソン・ベッカー」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 15:07 UTC 版)

辰巳芳子」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』 - 2012年11月3日公開のドキュメンタリー映画。監督河邑厚徳

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「辰巳芳子」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「辰巳芳子」の記事については、「辰巳芳子」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 07:41 UTC 版)

幕が上がる」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

幕が上がるその前に彼女たちひと夏挑戦』(まくがあがる、そのまえに。かのじょたちのひとなつのちょうせん)というドキュメンタリー映画が『幕が上がる』の制作現場舞台裏に約400時間にわたって密着して製作され2015年3月11日から劇場公開された。 ももいろクローバーZメンバーたちが、映画原作者で劇作家・演出家平田オリザによるワークショップを通じて演じる”ことを学び撮影に臨む姿を追ったメイキングドキュメンタリー。 本編94分で「Blu-ray」「DVD」の2形態発売されDVDのみレンタルにも対応している発売日2015年8月5日

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「幕が上がる」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「幕が上がる」の記事については、「幕が上がる」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 05:41 UTC 版)

コックサッカー・ブルース」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

コックサッカー・ブルース』(Cocksucker Blues)は、ロバート・フランクによって監督されローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画。上述の曲のタイトル題名としたこの映画は、『メイン・ストリートのならず者リリース後行われた1972年北米ツアー記録している。 1972年ストーンズ北米ツアー1969年オルタモントの悲劇ファン黒人青年会場警備ヘルズ・エンジェルスによってナイフ刺され殴り殺された事件。)以来の彼らのツアーであったツアー実施前の予想通りエネルギッシュなステージ連日繰り広げられた。バックステージではメンバーによる放蕩淫らな快楽におぼれる姿が記録された本作フイルム装着した数台のカメラ周り据え付け誰でも撮影出来るようにして制作された。観客本作の中で楽屋繰り広げられるパーティ麻薬使用ローディーたちの悪ふざけグルーピーストーンズ乱痴気騒ぎ見ること出来る。 本作バンドの非合法活動の様子などが記録されているため裁判所命令より上映が禁止されているが、様々なブートレグ出回っている。 この映画についてミック・ジャガーは「ライブ模様をもっと多く収めてほしかったのに、監督ロバート・フランク勝手に編集したのが気に入らなかった」と語っている(2008年12月インタビューにおける発言)。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「コックサッカー・ブルース」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「コックサッカー・ブルース」の記事については、「コックサッカー・ブルース」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 05:56 UTC 版)

ジョン・ネイスン」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

The Japanese, A Film Trilogy: Full Moon Lunch(フルムーンランチ - 東京仕出し屋日常アメリカ映画祭でレッドリボン賞ワシントン国際映画祭でベスト・インターナショナル映画賞受賞), The Blind Swordsman(盲の剣士 - 座頭市シリーズ勝新太郎追ったもの), Farm Song(田んぼの歌 - 宮城県農家撮ったもの)(1979年The Colonel Goes to Japan1982年Daimyo1988年

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「ジョン・ネイスン」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「ジョン・ネイスン」の記事については、「ジョン・ネイスン」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 04:13 UTC 版)

ファイル検索および編集システム」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

アンドリーズ・ヴァン・ダムハイパーテキストブラウン大学での英語とコンピューターサイエンス教育実験ブラウン大学プロビデンスロードアイランド米国1974実行時間1516Hypertext - IMDb(英語)、インターネットアーカイブの全ムービー

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「ファイル検索および編集システム」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「ファイル検索および編集システム」の記事については、「ファイル検索および編集システム」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 13:01 UTC 版)

スクリーム (フランチャイズ)」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

ドキュメンタリー映画『StillScreaming:The Ultimate Scary Movie Retrospective』 は、この映画は、ライアン・テュレックが監督・脚本務めた。このドキュメンタリーでは、シリーズ最初の3作品について、ウェス・クレイヴンネーヴ・キャンベルその他のキャストインタビュー交えて語られている。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「スクリーム (フランチャイズ)」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「スクリーム (フランチャイズ)」の記事については、「スクリーム (フランチャイズ)」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 23:18 UTC 版)

大友良英」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

AA2005年 青山真治監督作品) KIKOE (2009年 ドキュメンタリー映画 岩井主税監督音の城♪音の海 - SOUND to MUSIC - (2009年 ドキュメンタリー映画 服部智行監督) WE DON'T CARE ABOUT MUSIC ANYWAY... (2009年 ドキュメンタリー映画 フランス映画あたらし日常2011年10月NHK井上剛監督 - 仙台短篇映画祭主催オムニバス映画明日』の一編として制作長いバージョンNHKでも放映された。 プロジェクト FUKUSHIMA!2012年 ドキュメンタリー映画 藤井光監督名付けようのない踊り(2022)

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「大友良英」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「大友良英」の記事については、「大友良英」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 08:26 UTC 版)

ラモーンズ」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

2003年公開された映画END OF THE CENTURY』はラモーンズ初めてのドキュメンタリー映画であり、バンドに関った多くの人々証言をもとにラモーンズ光と陰記録している。ジョニー・ラモーンはこの映画について「ぼくたちの重くて暗い側面表現している」と語った。 この映画2003年スラムダンス映画祭で約2,800作品中からコンペ部門28本に選出され、『ザ・デクライン』の監督ペネロープ・スフィーリス紹介によって上映され、ベスト・ドキュメンタリー賞にノミネートされた。同年5月のロサンゼルス・プレミア上映では、レッド・ホット・チリ・ペッパーズグリーン・デイなどの有名アーティスト多数出演したトロント国際映画祭ベルリン国際映画祭の上映は、メディアで大絶賛された。日本では2004年11月シネセゾン渋谷夜間のの上映を行ったが、昼間の上映追加するヒットとなったDVD化されたパッケージでは、メンバーおよび、ロブ・ゾンビエディ・ヴェダーデボラ・ハリーメタリカレッド・ホット・チリ・ペッパーズランシドインタビュー収録されている。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「ラモーンズ」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「ラモーンズ」の記事については、「ラモーンズ」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 10:13 UTC 版)

アレクセイ・ナワリヌイ」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

毒殺未遂事件から、ベリングキャット協力して暗殺犯一味特定追及空港での拘束中心にナワリヌイ同志たちを追ったドキュメンタリー映画『ナワリヌイ(Navalny)』が2022年公開された

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「アレクセイ・ナワリヌイ」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「アレクセイ・ナワリヌイ」の記事については、「アレクセイ・ナワリヌイ」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 03:12 UTC 版)

ジャン・ヴィゴ」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

ニースについて À propos de Nice1930年) - サイレント映画23分。 水泳選手ジャン・タリス Taris, roi de l'eau1931年) - トーキー。9分。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「ジャン・ヴィゴ」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「ジャン・ヴィゴ」の記事については、「ジャン・ヴィゴ」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 14:23 UTC 版)

100万回生きたねこ」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

2012年12月8日小谷忠典監督による、佐野洋子晩年記録した映画『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこが日公開された佐野は「顔を映さない」という条件出演している。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「100万回生きたねこ」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「100万回生きたねこ」の記事については、「100万回生きたねこ」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 11:27 UTC 版)

帝国南極横断探検隊」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

South (1919年) ― 映画中における原版画像は、探検隊写真家フランク・ハーレーによるもの

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「帝国南極横断探検隊」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「帝国南極横断探検隊」の記事については、「帝国南極横断探検隊」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:08 UTC 版)

慰安婦を描いた作品」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

題名公開監督その他戦場の女たち 1989年 関口典子 パプア・ニューギニア日本軍慰安婦描いた作品 チョンおばさんクニ 2000年 班忠義 韓国の日本軍慰安婦描いた作品 ガイサンシーとその姉妹たち 2007年 班忠義 中国日本軍慰安婦描いた作品 “記憶”と生きる 2015年 土井敏邦第一部ナヌムの家暮ら女性たち記憶。(第二部姜徳景晩年を追う。 沈黙 立ち上が慰安婦 2018年 壽南 在日韓国人2世監督によるドキュメンタリー映画。登場する慰安婦李玉先など。

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「慰安婦を描いた作品」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「慰安婦を描いた作品」の記事については、「慰安婦を描いた作品」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:08 UTC 版)

慰安婦を描いた作品」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

『キャンプ・アリラン (Camp Arirang)』(1995年韓国米国合作監督Diana S. Lee & Grace Yoon-Kung Lee) 『ナヌムの家』(1995年監督ピョン・ヨンジュ) - ナヌムの家についてのドキュメンタリー。 『ナヌムの家 II』(1997年監督ピョン・ヨンジュ) - 上記作品続編。 『息づかい』(1999年監督ピョン・ヨンジュ) - 上記作品続編

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「慰安婦を描いた作品」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「慰安婦を描いた作品」の記事については、「慰安婦を描いた作品」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:08 UTC 版)

慰安婦を描いた作品」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

破られ沈黙 - 韓国の日本軍慰安婦 (SILENCE BROKEN: KOREAN COMFORT WOMEN)』(1999年監督Dai Sil Kim-Gibson、アジアンアメリカンメディアセンター(英語版)メディアアーツ賞受賞、コダックフィルムメイカー賞受賞) - 日本軍慰安婦についてのドキュメンタリー。 『主戦場』(2018年監督ミキ・デザキ) - 日本アメリカ韓国肯定派否定派それぞれの立場論争中心にいる人びとに取材を敢行し、慰安婦問題検証したドキュメンタリー

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「慰安婦を描いた作品」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「慰安婦を描いた作品」の記事については、「慰安婦を描いた作品」の概要を参照ください。


ドキュメンタリー映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 09:57 UTC 版)

沈没家族」の記事における「ドキュメンタリー映画」の解説

映画沈没家族』は加納穂子の実子であり、沈没家族育った加納土(かのう つち、1994年 - )が手がけたドキュメンタリー作品である。2014年当時関係者による同窓会参加したことで沈没家族実態知りたくなったことをきっかけに翌年より武蔵大学卒業制作として映画沈没家族』を制作当時関係者生育した人物取材し家族の形を問う内容となっている。2017年完成の後、2019年4月には再編集施した沈没家族 劇場版』が公開されたキャスト 加納子 山克嘉 イノウエ 高橋ライチ めぐ 佐藤公彦 藤枝奈己絵 たまご ペペ長谷川 沈没家族皆さん うれP家のみなさん スタッフ 協力鯉沼愛実野崎実、武蔵大学一般社団法人PFFSPACE SHOWER MUSIC 卒業制作制作指導永田浩三 劇場版構成大澤一生 宣伝美術成瀬慧+中野宣伝contrail 配給:ノンデライコ 製作:おじゃりやれフィルム 受賞 PFFアワード2017 審査員特別賞 京都国際学生映画祭2017 観客賞実写部門グランプリ

※この「ドキュメンタリー映画」の解説は、「沈没家族」の解説の一部です。
「ドキュメンタリー映画」を含む「沈没家族」の記事については、「沈没家族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ドキュメンタリー映画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ドキュメンタリー映画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドキュメンタリー映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドキュメンタリー映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドキュメンタリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカシミール語映画 (改訂履歴)、宇城秀紀 (改訂履歴)、お悩み相談…はげまし隊 ハートプロジェクト (改訂履歴)、姜徳景 (改訂履歴)、ジェイソン・ベッカー (改訂履歴)、辰巳芳子 (改訂履歴)、幕が上がる (改訂履歴)、コックサッカー・ブルース (改訂履歴)、ジョン・ネイスン (改訂履歴)、ファイル検索および編集システム (改訂履歴)、スクリーム (フランチャイズ) (改訂履歴)、大友良英 (改訂履歴)、ラモーンズ (改訂履歴)、アレクセイ・ナワリヌイ (改訂履歴)、ジャン・ヴィゴ (改訂履歴)、100万回生きたねこ (改訂履歴)、帝国南極横断探検隊 (改訂履歴)、慰安婦を描いた作品 (改訂履歴)、沈没家族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS