劇映画とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 映画 > 劇映画の意味・解説 

げき‐えいが〔‐エイグワ〕【劇映画】

物語性をもち、俳優が演じるフィクション映画。→記録映画


劇映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/03 12:09 UTC 版)

劇映画(げきえいが、narrative film[1][2]fictional filmfiction film)とは、フィクション物語、または創作された話・出来事を語る映画のこと[3]物語映画(ものがたりえいが)とも呼ばれる[4][5]。虚構ではあるが、話や登場人物が本当らしくあれば、観客は語られている内容をリアルと思うかもしれない。ライティングやカメラの動き、脚本、俳優の演技も重要な要素である。


  1. ^ narrative filmとは”. weblio. ウェブリオ. 2020年2月2日閲覧。
  2. ^ narrative filmとは”.  英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年2月2日閲覧。
  3. ^ げき‐えいが〔‐エイグワ〕【劇映画】 の解説”. 2020年2月3日閲覧。
  4. ^ 難波阿丹. “映画のNarrative Discourseの機能に関する考察”. 東京大学大学院. 2020年2月3日閲覧。
  5. ^ 森村麻紀. “サイレント映画に明け暮れて”. CineMagaziNet!. 2020年2月3日閲覧。
  6. ^ Alison McMahan, Alice Guy Blaché, Lost Visionary of the Cinema (New York: Continuum, 2002) p. 13.
  7. ^ Rosalind Leveridge, “Fantastic voyages of the cinematic imagination: George Méliès’s Trip to the Moon” Early Popular Visual Culture (May 2012), 10 (2), pg. 197-199
  8. ^ Narrative Film: Introduction & History”. Study.com. 2020年2月2日閲覧。
  9. ^ Rosalind Leveridge, “Fantastic voyages of the cinematic imagination: George Méliès’s Trip to the Moon” Early Popular Visual Culture (May 2012), 10 (2), pg. 197-199
  10. ^ Barsam, Richard Meran and Dave Monahan. Looking at Movies: An Introduction to Film. New York: W.W. Norton &, 2010
  11. ^ 筈見恒夫『映画五十年史』鱒書房、1947年、9頁。
  12. ^ Kaplan, E. Ann. Women and Film: Both Sides of the Camera. New York: Methuen, 1988


「劇映画」の続きの解説一覧



劇映画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劇映画」の関連用語

劇映画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



劇映画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劇映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS