物語とは?

もの‐がたり【物語】

[名](スル)

さまざまの事柄について話すこと。語り合うこと。また、その内容。「世にも恐ろしい物語」

特定の事柄一部始終古くから語り伝えられた話をすること。また、その話。「湖にまつわる物語」

文学形態の一。作者見聞想像をもとに、人物事件について語る形式叙述した散文文学作品狭義には、平安時代の「竹取物語」「宇津保物語」などの作り物語、「伊勢物語」「大和物語」などの歌物語経て、「源氏物語」へと展開し、鎌倉時代における擬古物語に至るまでのものをいう広義には歴史物語説話物語・軍記物語を含む。ものがたりぶみ

歌舞伎人形浄瑠璃演出の一。また、その局面時代物で、立ち役が過去思い出述懐身振りを交えて語るもの。


イベール:物語

英語表記/番号出版情報
イベール:物語Histoires作曲年: 1922年  出版年: 1922年  初版出版地/出版社Leduc 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 金の亀を使う女 La meneuse de tortues d'or3分30 No Image
2 小さな白いろば Le petit âne blanc2分00 No Image
3 年老い乞食 Le vieux mendiant3分00 No Image
4 おてんば娘 A giddy girl1分30 No Image
5 悲しみの家で Dans la maison triste2分00 No Image
6 廃墟宮殿 Le palais abandonné2分00 No Image
7 の下で Bojo la mesa2分00 No Image
8 水晶の籠 La cage de cristal1分30 No Image
9 水売り女 La marchande d'eau fraîche2分00 No Image
10 バルキス女王行列 Le cortège de Balkis2分00 No Image

作品解説

2008年4月 執筆者: 和田 真由子

イベール代表的ピアノ曲作曲完成したのは1922年で、同じころかきあげられた管弦楽曲寄港地》とあわせてイベールの名は、より広く世に知られるところとなった。
 《物語》は10曲の短い小品から成るイベールこの頃中近東西欧国々旅行したが、そこで感じ印象や、その土地々で聞き知った昔話が、非常に洗練された形で音楽表現されている。これらは一貫して弾かれることもあれば、単品としてとりあげられる曲も多い。テクニック的にも音楽的にも親しみやすいので、個人的な楽しみに演奏するのもよいだろう。
 それぞれのタイトルは曲の最後に添えられていることから、標題音楽としてとらわれ過ぎないように、という作曲者意図よみとれる

I金の亀を使う女 La meneuse de tortues d'or:やさしく、物憂げにはじまる《物語》の第一曲。歩むような左手にのせて、透明感満ち右手音色大気静かに震わせる

II小さな白いろば Le petit ane blanc演奏会などでも、単品とりあげられることが多い。スペイン舞台。ろばのひづめの音を思わせる16分音符スタッカート終始一貫して続く。極めて陽気に奏される中間部、弱拍に置かれたおどけたようなアクセント聞く者の興奮をあおる。人気の高さもうなずける、楽しい一曲

III年老い乞食 Le vieux mendiant繰り返される左手和音は、悲しみうちひしがれるうな重々しさに包まれてあてもなくさまようように響く。最後ppp消え入るように。

IV風変わりな娘 A giddy girlイギリスの優しい恋歌様式で。前曲とは対照的に、登場するのはおてんば娘。中間部で見せ陰りのある一面で、織りなす和声響きはやはり少し風変わりか。

V悲しみの家Dans la maison triste:子供が死んでしまった悲しみに包まれた家。ゆっくりと、そして嘆くように。4分の拍子わりきることのできない心の揺れ、どこに向かえばいいのかわからないやるせない気持ち音の中に感じられる。

VI廃墟宮殿 Le palais abandonne:森の中で道に迷った恋人たち。彼らがそこで目にしたのは、廃墟宮殿であった。かつては存在したであろう神々しい宮殿。しかし今ここに、それはない過去面影現在のあり様が、響きの上でも見事に表現されている。

VIIの下で Bojo la mesaヴァレンシアカフェにて踊り手女性が、の上スペイン舞踊「サパテアド」を踊っている。一人酔っ払いの下に寝転がっており、それを闘牛士踏みつけている。暴れもがく酔っ払い悠々と踊り眺め闘牛士。そんな様子が描かれている

VIII水晶の籠 La cage de cristal水晶牢屋閉じ込められたお姫様装飾音を効かせた愛らしい音色にのせて、彼女の心どこまでも遠くへ。けれどもやはり囚われの身中間部ではどこか悲しげに、同じ音型が繰り返される。

IX水売りLa marchande d'eau fraiche:水売りの女が、ラバ引き連れ市場へやってくる右手左手交互に奏する冒頭部分ラバ足音を想わせる伴奏奏でられている一方で、それは個性的旋律一部にもなっている。

Xバルキス女王行列 Le cortege de Balkis:アジア舞台女王様が率いる賑やかな行列。煌びやかな雰囲気の中で物憂げ女王表情が目立っている。女王様見ようとしたひとりの子供を、警護男たち追いかけている。後半細やかなテンポ設定も、曲の物語性をより一層ひきたてている。


物語

英語表記/番号出版情報
グレチャニノフ:物語Historiettes Op.118
ストロング:物語Erzählungen Op.31出版年: 1887年 

物語

作者立原道造

収載図書立原道造 鮎の歌
出版社みすず書房
刊行年月2004.3
シリーズ名大人本棚

収載図書立原道造全集 1 詩1、短歌俳句、物語1、戯曲
出版社筑摩書房
刊行年月2006.11


物語

作者北見

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


物語

作者青井英代

収載図書亀の法廷青井英代短編小説集
出版社幻堂出版不在漂泊
刊行年月2007.12
シリーズ名Mabo novel


物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 13:26 UTC 版)

物語(ものがたり)とは、主に人や事件などの一部始終について散文あるいは韻文で語られたものや書かれたもののことを指す[1][2]




  1. ^ 大辞泉【物語】
  2. ^ 大辞泉の説明では「作者の見聞や想像をもとに、人物・事件について語る形式で叙述した散文の文学作品。」
  3. ^ storyの意味 - goo辞書 英和和英” (日本語). goo辞書. 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ Yuan, Ye; Major-Girardin, Judy; Brown, Steven (2018-09). “Storytelling Is Intrinsically Mentalistic: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study of Narrative Production across Modalities”. Journal of Cognitive Neuroscience 30 (9): 1298–1314. doi:10.1162/jocn_a_01294. ISSN 1530-8898. PMID 29916789. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29916789/. 
  5. ^ MD, Robert H. Shmerling (2021年6月17日). “Careful! Scary health news can be harmful to your health” (英語). Harvard Health. 2021年6月19日閲覧。


「物語」の続きの解説一覧

物語

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:21 UTC 版)

和語の漢字表記


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「物語」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物語」の関連用語

物語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS