孤立とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 孤立 > 孤立の意味・解説 

こ‐りつ【孤立】

読み方:こりつ

[名](スル)

一つまたは一人だけ他から離れてつながり助けのないこと。「敵に包囲されて—する」「—無援

対立するものがないこと。「—義務


孤立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 14:57 UTC 版)

孤立(こりつ)とは




「孤立」の続きの解説一覧

孤立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 09:02 UTC 版)

日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事における「孤立」の解説

1945年5月日本軍ラングーン撤退すると、日本軍内部でも連合軍アンダマン・ニコバル諸島攻略せず、直接マレー半島シンガポールに向かう可能性が高いと考えられるようになった同月マレー半島防衛兵力を増強するため、アンダマン島とナンコーリ島の歩兵約2個大隊半をマレー半島移送することが計画された。 輸送にあたる重巡洋艦羽黒」と駆逐艦神風」は5月14日出撃したが、16日イギリス駆逐艦ソーマレズ」、「ヴェルラム」、「ヴィジラント」、「ヴィーナス」、「ヴィラーゴ」によって発見され、「羽黒」が撃沈されて失敗終わったペナン沖海戦)。一方雑役船第二黒潮」と護衛の第57駆潜艇13日にナンコーリ島に到着兵員(400名から500名ほど)を乗せて14日夜に2隻は出港途中空襲受けたりスコールで第57駆潜艇が「第二黒潮」を見失い捜索しても見つからないため先行して到着するといったトラブルがあったが、被害のないまま16日ペナン到着した。 「第二黒潮」と護衛の第57駆潜艇6月にも派遣されたが、12日イギリス駆逐艦ヌビアン」と「エスキモー」、「パラディン」、「ペン」、「ターター」に発見され、2隻とも撃沈された。この結果6月14日兵力転用中止とされた。 アンダマン・ニコバル諸島日本軍遊軍化し、完全に孤立することとなった

※この「孤立」の解説は、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の解説の一部です。
「孤立」を含む「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の記事については、「日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領」の概要を参照ください。


孤立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:54 UTC 版)

ギフテッド」の記事における「孤立」の解説

ギフテッドには異常なほどの熱情並外れた集中力OE前述)に起因する一般人とは一風変わった行動見られる。そのため同世代の子供達と精神年齢興味異なり話が合わないといった理由で、気の合う友達がみつからなかったり、他の子供から疎外されることもある。外界からの刺激を嫌うためや、人生をより真摯に受け止めるがゆえに内向性持ち、また頻繁に内省するために、ギフテッド自身一人でいることを選ぶ場合もある。 特にギフテッド仲間社会的ネットワーク持たない者にとって、孤立は一番の問題である。他人に好かれ認められようと、ギフテッドの子はしばし自分能力隠そうとする。低達成となったり、家族信頼できる人といる時に使う高尚な言葉とは異なり同級生といる時は簡単な言葉を使うようにするといった、本当の自分とは異なる姿を演じる。これは女性ギフテッド際立って見られる傾向である。女性ギフテッドを見つけることは男性より困難である。それは女性男性よりも集団化する能力長けており、高知能、高能力であることを隠す意識が強いとみられている。また社会的地位における男女格差問題背景にある。 一般社会において人は「ふつう」でなければならないという多大な心理的負担がある。ギフテッドタレンテッド人間は、変わり者という烙印押されたり、 いじめの対象になったりし、自己嫌悪自己卑下する可能性もある。この孤立問題解決するために、ギフテッド教育専門家共通した興味能力基づいたギフテッド達でグループ作ることを薦めている。グループ参加する時期早いほど、孤立を避けられる欧米にはギフテッド教育を施す私立校がある。アメリカ合衆国の場合公立進学校含めた他の私立からギフテッド専門私立校転校する子供も多い。専門私立校公立のギフテッド・プログラムとは異な選考基準設けるところもある。卒業生アイビー・リーグなどの名門大学に進む学校も多いが、ギフテッド専門校は進学校ではなくあくまでもギフテッドである生徒ニーズきめ細か応えることができる学校である。そこでは、ギフテッドの子供が、本来の自分のままでいながらにその才能最大限に咲かせられることを最優先にしている。ギフテッド専門校に通ってようやく話が通じ仲良し友達ができた、「普通の人」を演じる必要がなくなった、というような広義の意味でのクオリティ・オブ・ライフ人生の質)の向上に力を入れている。

※この「孤立」の解説は、「ギフテッド」の解説の一部です。
「孤立」を含む「ギフテッド」の記事については、「ギフテッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「孤立」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

孤立

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:17 UTC 版)

名詞

(こりつ)

  1. 他との繋がり無く単独存在すること。
  2. 対立するものが存在しないこと。

発音(?)

こ↗りつ

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
孤立-する

「孤立」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



孤立と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「孤立」の関連用語

孤立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



孤立のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの孤立 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本軍によるアンダマン・ニコバル諸島の占領 (改訂履歴)、ギフテッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの孤立 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS