護衛とは? わかりやすく解説

ご‐えい〔‐ヱイ〕【護衛】

読み方:ごえい

[名](スル)身辺に付き添って守ることまた、その役。「首相を—する」「—兵」


護衛

作者乾荘次郎

収載図書孤愁の鬼
出版社広済堂出版
刊行年月2004.2
シリーズ名広済堂文庫


護衛―body guards


護衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 03:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「護衛」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「護衛」を含むページの一覧/「護衛」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「護衛」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



護衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:59 UTC 版)

インドの首相」の記事における「護衛」の解説

別保グループ英語版)が着席している首相家族護衛する

※この「護衛」の解説は、「インドの首相」の解説の一部です。
「護衛」を含む「インドの首相」の記事については、「インドの首相」の概要を参照ください。


護衛 (Escort)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:54 UTC 版)

Alliance of Valiant Arms」の記事における「護衛 (Escort)」の解説

攻撃側EU軍)は、戦車護衛し制限時間内目標ポイントまで進攻する勝利となる。防衛側NRF軍)は、制限時間終了まで目標ポイント到達されるの阻止することで勝利となる。制限時間15分間1ラウンド終了する攻守交代する攻守交替時に1ラウンド目の状況により、以下のように状況変化する先攻制限時間内戦車目標地点まで進めるのに成功した場合後攻制限時間15分-先攻目標地点達した時の残り時間となる。 先攻制限時間内戦車目標地点まで進攻できなかった場合後攻制限時間15分以内先攻進攻地点まで戦車進めれば勝利となる。 戦車進軍するにはEU軍の兵士そばにいることが必要。誰もいない場合戦車進軍停止する戦車一定のルートを通るため、ルート変更不可能である戦車通常武器では破壊できず、マップ上の箱から取得できるRPG-7でしか破壊することができないRPG-7両軍ともに取得できる。戦車RPG-7の2発直撃で進軍不能となり、EU軍の修理が必要となる。また、直撃でなく爆風あたっていた場合は3発必要な場合がある。破壊された戦車修理が必要となり、EU軍が一人若しくは二人で行う。二人で修理することで修理速度上がる。護衛で使用できる戦車兵装は、上にある機関銃のみであり、主砲使用できない機関銃使用できるのはEU軍兵士のみ。戦車乗ることで使用できるが、上半身固定され見通しの良い戦車上に晒すことになるため注意が必要また、RPG-7命中する乗っている兵士死亡する戦車破壊されたま一定時間が経過すると、攻撃側偵察機偵察し、敵の場所を一定時間表示させるサポートがある。 護衛戦マップSTORM BLITZ RISING DUST RISING DUST(NIGHT OPS) BURNING TEMPLE SCORPION STORM BLITZNIGHT OPSBLACKHAWK WHITE OUT CASABLANCA FURY

※この「護衛 (Escort)」の解説は、「Alliance of Valiant Arms」の解説の一部です。
「護衛 (Escort)」を含む「Alliance of Valiant Arms」の記事については、「Alliance of Valiant Arms」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「護衛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

護衛

出典:『Wiktionary』 (2021/07/31 23:16 UTC 版)

名詞・サ変動詞

 ごえい

  1. 付き添って守ること。また、それに就いている人。

複合語

翻訳

活用

サ行変格活用
護衛-する

「護衛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

護衛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



護衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの護衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドの首相 (改訂履歴)、Alliance of Valiant Arms (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの護衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS