まもるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > まもるの意味・解説 

ま‐も・る【守る/護る】

読み方:まもる

[動ラ五(四)《「目(ま)守(も)る」の意》

侵されたり、害が及ばないように防ぐ。「犯罪から青少年を—・ろう」「身を—・る術」

決めたことや規則に従う。「約束を—・る」「教えを—・る」

相手攻撃備え守備する。「ゴールを—・る」「外野を—・る」

目を離さずに見る。みまもる

庄兵衛喜助の顔を—・りつつ」〈鴎外高瀬舟

様子見定める

近江(あふみ)の海波恐(かしこ)みと風—・り年はや経なむ漕ぐとはなしに」〈万・一三九〇〉

[可能] まもれる


まもる

行政入力情報

団体名 まもる
所轄 愛媛県
主たる事務所所在地 松山市一番町1丁目14番地7
従たる事務所所在地
代表者氏名 小川 純
法人設立認証年月日 2017/01/24 
定款記載され目的
この法人は、社会的弱者陥りやすい高齢者低所得者障がい者病弱者一人親世帯女性・こども・罪を犯したに対して自立して生きるためのあらゆるサポートを行うとともに自律心自分で立てた規範に従って自分のこと自分でやっていく)を育む事業を行うことで、彼等尊厳を持って安心して暮らせるよう支援し社会とのつながり回復安全な地域社会実現を図ることで、個人及び公共の福祉増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

読み方
まもる

まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/17 09:12 UTC 版)

まもるマモルは、日本男性名前の一つ。動詞の「まもる」(大切なものが失われないよう、侵されないように防ぐ)から派生。漢字表記は「守」「護」「」など。




「まもる」の続きの解説一覧

まもる(護る)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 07:33 UTC 版)

ホワイト・ライオン伝説 ピラミッドの彼方に」の記事における「まもる(護る)」の解説

精霊専用コマンド主人公敵の攻撃から庇うパワー消費しない

※この「まもる(護る)」の解説は、「ホワイト・ライオン伝説 ピラミッドの彼方に」の解説の一部です。
「まもる(護る)」を含む「ホワイト・ライオン伝説 ピラミッドの彼方に」の記事については、「ホワイト・ライオン伝説 ピラミッドの彼方に」の概要を参照ください。


まもる(守る)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/18 00:16 UTC 版)

ポケットモンスターの技一覧 (は-わ)」の記事における「まもる(守る)」の解説

ノーマルタイプ。必ず先攻となる。そのターンは技を受けない連続で使うと、その度に成功率下がる。

※この「まもる(守る)」の解説は、「ポケットモンスターの技一覧 (は-わ)」の解説の一部です。
「まもる(守る)」を含む「ポケットモンスターの技一覧 (は-わ)」の記事については、「ポケットモンスターの技一覧 (は-わ)」の概要を参照ください。


まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 09:01 UTC 版)

電脳ボーイ」の記事における「まもる」の解説

一騎クラスメート親友ゲームについて知識広く一騎ゲームの紹介操作説明をするブレイン役である。ゲームの腕はそこまでではないが、一騎ファン女の子のために猛特訓積んだこともあった。

※この「まもる」の解説は、「電脳ボーイ」の解説の一部です。
「まもる」を含む「電脳ボーイ」の記事については、「電脳ボーイ」の概要を参照ください。


まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 21:49 UTC 版)

新・熱血硬派くにおたちの挽歌」の記事における「まもる」の解説

たかやま息子でくにおとは友人関係。くにおの無実信じ体を張って庇う

※この「まもる」の解説は、「新・熱血硬派くにおたちの挽歌」の解説の一部です。
「まもる」を含む「新・熱血硬派くにおたちの挽歌」の記事については、「新・熱血硬派くにおたちの挽歌」の概要を参照ください。


まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 22:38 UTC 版)

くにおくんシリーズ」の記事における「まもる」の解説

たかやま息子で、くにおの友人。くにおの無実信じ身を挺して父の足止めをする。

※この「まもる」の解説は、「くにおくんシリーズ」の解説の一部です。
「まもる」を含む「くにおくんシリーズ」の記事については、「くにおくんシリーズ」の概要を参照ください。


まもる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 08:01 UTC 版)

硬派銀次郎」の記事における「まもる」の解説

銀次郎の甥(兄の子)。母が資産家の娘で、父が妻の実家反対押し切って結婚したために、まもるが生まれると母は外祖父によって強的に実家に連れ戻された。

※この「まもる」の解説は、「硬派銀次郎」の解説の一部です。
「まもる」を含む「硬派銀次郎」の記事については、「硬派銀次郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「まもる」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

まもる

出典:『Wiktionary』 (2021/11/26 15:03 UTC 版)

語源

古典日本語まもる」 < 「ま」(目) + 「もる」(守る)

発音

動詞

まもる

  1. 及ばないように防ぐ
  2. 維持する。大事にとっておく
  3. きまり規則従う
  4. 攻撃備える守備要員として守備につく敵の攻撃ふせぐ、しのぎきる。
  5. (古用) 見守る
  6. (古用) 状況様子見定める
  7. (古用) 大事にする。世話をする。

活用

翻訳

類義語

語源

「ま」(目) + 「もる」(守る)

発音

三拍動詞二類(?)

動詞

まもる

  1. はなさずる。つめる。
  2. 様子などを)うかがう。
  3. 守護する。大事にする。

活用

まも-る 動詞活用日本語活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
まも

派生語

諸言語への影響







※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「まもる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

まもるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



まもるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのまもる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホワイト・ライオン伝説 ピラミッドの彼方に (改訂履歴)、ポケットモンスターの技一覧 (は-わ) (改訂履歴)、電脳ボーイ (改訂履歴)、新・熱血硬派くにおたちの挽歌 (改訂履歴)、くにおくんシリーズ (改訂履歴)、硬派銀次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのまもる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS