備えとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 備え > 備えの意味・解説 

そなえ〔そなへ〕【備え/具え】

ある事態が起こった場合などに対す準備用意。「万全の—で試験にのぞむ」

防備態勢陣立て。「国境の—を固める」


そなえ そなへ 【備・具・供】

1⃣ 〔名〕 (動詞「そなえる(備)」の連用形名詞化

① 物、状態、条件などをととのえること。また、それらを具備した状況設備準備

大日経義釈延久承保点(1074)一三今人武を習はず、又其の備(ソナヘ)无し」

太平記14C後)一二生母追孝為に三牲の備(ソナヘ)を調へて」

② 特に、攻撃などに対し防備警戒すること。また、その人

(イ) 警固に当たる人。

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)九「度する所の僧は、王の侍衛の具(ソナヘ)なり」

(ロ) 警固態勢。軍の構え陣立てや軍の隊列

大かうさまくんきのうち(1605頃)「さて新九郎よしたつそなゑの中より、むしゃ一きすすみいづる」

(ハ) 他からの働きかけに対応する心の準備用意

明暗(1916)〈夏目漱石一三五「此所でも津田の備(ソナ)へは手薄であった」

③ (供) 神仏貴人などにそなえるもの。

(イ) そなえる食べ物品物おそなえ

今鏡(1170)九「閻魔の庁参りたりつるに、いひ知らぬそなゑを奉れによりて

(ロ) そなえ餠のこと。おそなえ鏡餠

雑俳柳多留‐初(1765)「無いやつのくせにそなへをでっかくし」

2⃣ 〔接尾ひとまとまりになる器具物事、または、神へのそなえ物を数えるのに用いる。ぐ。

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「鼓吹一(ひと)部(ソナヘ)」


備え

読み方:そなえ

ア行下一段活用動詞「備える」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(備え から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 05:33 UTC 版)

(そなえ)は、戦国時代から江戸時代において戦時に編成された部隊


  1. ^ 但し、江戸時代に入ってからは弓組を含まない備も編成されるようになった
  2. ^ 本稿冒頭にある徳川美術館蔵の図屏風と同様の構図
  3. ^ 但し、関ヶ原本戦に酒井左衛門尉家次は参加していないので酒井雅楽頭重忠もしくは旗奉行酒井重勝と誤った可能性がある


「備」の続きの解説一覧



備えと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「備え」の関連用語

備えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



備えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの備 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS