総大将とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 大将 > 総大将の意味・解説 

そう‐だいしょう〔‐ダイシヤウ〕【総大将】

読み方:そうだいしょう

全軍指揮する大将


総大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 09:34 UTC 版)

総大将(そうだいしょう)とは、一軍以上編成する軍団において全軍を指揮する大将のこと。特に、一軍以上の軍団からなり複数の大将がいるとき、最高位にある者を差別化する場合、総大将ということが多い。総大将は主将総帥ともいう。英語ではCaptain generalと訳される。




「総大将」の続きの解説一覧

総大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 04:28 UTC 版)

ら〜マニア」の記事における「総大将」の解説

ぱいぱい』というラーメン屋店主強面だが、非常に優しい。『ぱいぱい』では、人間化したパイたん働いている

※この「総大将」の解説は、「ら〜マニア」の解説の一部です。
「総大将」を含む「ら〜マニア」の記事については、「ら〜マニア」の概要を参照ください。


総大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 14:25 UTC 版)

SDガンダムフォースの登場人物」の記事における「総大将」の解説

武里天丸ぶりてんまる) 声 - 丸山詠二 分類武者頑駄無武里天丸軍の総大将で、かつては爆心の鎧を身にまとい、気力激しく消耗する必殺技、爆界天昇使いながらも一月羽織っていたという伝説武人でもあるその昔天宮一の大国治めていた稀代の武者であり、さらに片手で持つには巨大な武具、太音ヶ士磨大丹頂をも片手背負っていた。 しかし今では頑固な老人騎馬王丸裏切られたり、信じていた爆熱丸が敵前逃亡したこと(実際は事故)によって少々人間不信気味になっている。だが今でも正確な射撃の腕衰えておらず、太音ヶ士磨大丹頂騎馬王丸の居る天地城天守閣部分一撃命中炎上させてしまった普段は目を細めているが、太音ヶ士磨大丹頂使用する際は片目半開きにする。ガンパンツァーとは何故か気が合う。 爆熱丸の話を聞いて当初は信用せーん!」と言って聞く耳持たなかったが、爆熱丸が爆心の鎧を装備可能になった際は信用する!」と彼を認めていた。

※この「総大将」の解説は、「SDガンダムフォースの登場人物」の解説の一部です。
「総大将」を含む「SDガンダムフォースの登場人物」の記事については、「SDガンダムフォースの登場人物」の概要を参照ください。


総大将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 14:25 UTC 版)

SDガンダムフォースの登場人物」の記事における「総大将」の解説

騎馬王丸(きばおうまる) 声 - 田中正彦 どの軍にも負けない軍を築き上げて長き戦によって混乱する天宮を力で統一し戦乱終らせる為にダークアクシズ手を組んだ天宮きっての大武将。ダークアクシズ最高幹部一人でもある。将棋好きで将棋指せるものなら子供でも対等に話そうとする度量広さをもつ。また、天地城には将棋に関する置物オブジェクト多く飾られている。その将棋の腕は卓越しており、彼の知略戦場でも敵の脅威となっていた。座右の銘は「天下掌握」。一人称「俺」だが、稀に「わし」を使うことも。 他者引き寄せる高いカリスマ性を持つ大胆不敵かつ豪快な性格で、部下からの信頼も厚いが、戦のためにはどんな犠牲払おうとし、失態重な部下見限って追放し親族でも容赦見せないという非情な一面もあり、機動武者大神将敵対する分かると、すぐさま反撃体制にはいるなど、知将としての実力大いに持つが、自身切りかかってきた爆熱丸に元気丸を盾にしたり、虚武羅丸に戦闘力を持っていないシュウトリリ姫の抹殺命ずるなど多少卑劣な手段をとることも辞さないまた、阿修羅丸が外道として歩むことになったことに憤激する爆熱丸に対し俺の後ろにできるもの」だと吐き捨てるなど武士道に関して拘り見せていない。なお、天宮存在する馬のほとんどを殺したのは彼である。最高幹部の中で比較良識派で、プロフェッサーガーベラのことをあまり快く感じていない他、野望のためならば仲間国家平然と裏切デスサイズ嫌悪している。また、シュウトに対しては「戦で戦い終わらせるのは間違っている」という説得終始自身の信念貫いて一蹴しつつも彼の優しさある程度共感している。 機動武者大神将の力を手に入れて大将軍になるため、元気丸手に入れよう画策していた。元気丸彼の息子だったが、本人その事実を聞かされるまで知らなかった初戦ではダークアクシズ乗り込んできた爆熱丸と戦いミノフス境界では王将号を駆ってガンダムサイ小破させ、着いてきたシュウトリリ姫を半ば人質にする形でS.D.Gを天宮へと誘ったその後天地城武里天軍との決戦臨み遂に元気丸と共に武者大神将に乗り込む拒絶されてしまった。最後爆心丸と互いの道を賭け戦うも敗北、しかしその命は息子元気丸救われる最終決戦では傷ついた身体ながらも自軍率いて戦い元気丸身を挺して守っていた。戦後ラクロア武力による支配以外の政治を学ぶために留学するその後ラクロア寺子屋開いたという。また、ガーベラ(マドナッグ)が自決デスサイズディード)が生死不明になったこともありダークアクシズ幹部の中で唯一の生存者でもある

※この「総大将」の解説は、「SDガンダムフォースの登場人物」の解説の一部です。
「総大将」を含む「SDガンダムフォースの登場人物」の記事については、「SDガンダムフォースの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「総大将」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「総大将」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



総大将と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「総大将」の関連用語

総大将のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



総大将のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの総大将 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのら〜マニア (改訂履歴)、SDガンダムフォースの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS