喪失とは? わかりやすく解説

そう‐しつ〔サウ‐〕【喪失】

読み方:そうしつ

[名](スル)うしなうこと。多く抽象的な事柄についていう。「資格を―する」「権威―」「記憶―」

[補説] 書名別項。→喪失


そうしつ【喪失】


喪失

作者眉村卓

収載図書怪しい人びと
出版社新潮社
刊行年月1992.3
シリーズ名新潮文庫


喪失

作者三浦綾子

収載図書三浦綾子全集 第8巻
出版社主婦の友社
刊行年月1992.5


喪失

作者中村真一郎

収載図書中村真一郎小説集第10巻
出版社新潮社
刊行年月1992.12


喪失

作者森野夏子

収載図書哀愁の物語森野夏子作品集
出版社文芸社
刊行年月2001.10


喪失

作者松本清張

収載図書青春の彷徨松本清張短編全集 6 3
出版社光文社
刊行年月2002.12
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書或る「小倉日記」伝 64改版
出版社新潮社
刊行年月2004.5
シリーズ名新潮文庫


喪失

作者ノア

収載図書NOW I'M HERE
出版社新風舎
刊行年月2004.6


喪失

作者大賀

収載図書冬の蝶
出版社文芸社
刊行年月2006.6


喪失

作者森村誠一

収載図書喪失
出版社徳間書店
刊行年月2007.1


喪失

作者三矢裕子

収載図書運河
出版社日本文学館
刊行年月2007.5
シリーズ名ノベル倶楽部


喪失

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 10:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「喪失」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「喪失」を含むページの一覧/「喪失」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「喪失」が役に立つかもしれません。

関連項目



喪失(神風特別攻撃隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 05:04 UTC 版)

セント・ロー (護衛空母)」の記事における「喪失(神風特別攻撃隊)」の解説

10時47分に任務部隊は第1神風特別攻撃隊敷島隊」の攻撃受けた40分にも及ぶ日本の特攻機による攻撃で「ファンショー・ベイ」を除く全ての護衛空母被害を受け、「セント・ロー」は撃沈された。 10時51分に一機零式艦上戦闘機が「セント・ロー」の飛行甲板突入した通説では関行男海軍大尉とされているが、実際には同艦突入したのは編隊4番機であり、隊長として先頭にいたはずの関大尉ではあり得ない10時49分、「カリニン・ベイ」に突入した機が関大尉機とみられる)、と言われている。同機搭載していた爆弾飛行甲板貫通して爆発右舷格納庫甲板火災生じさせた。火災ガソリン引火し格納庫内の航空機搭載魚雷および爆弾誘爆したもの含め6度爆発生じた。「セント・ロー」は炎に包まれ30分後に沈没した歴史家セス・パリドン(Seth Paridon)は、「セント・ロー」の元乗員オービル・ベットハード(Orville Bethard)のインタビューをもとに、「セント・ロー」の喪失について次のような記事作成している。「ベットハードの見た日本機は突入する直前爆弾投下し飛行甲板貫通して格納庫甲板爆発した突入した機体も同じ位置爆発し無防備となっていた格納庫艦載機弾薬誘爆を始めた。魚雷庫が吹き飛ばされ、ベットハード達は避難したセント・ロー激し爆発揺れたが、乗員達は艦を救おう消火活動努めた2度目爆発が艦全体揺らしほんの数秒でさらに激し爆発続き飛行甲板一部めくれ上がった。その次の大爆発飛行甲板をさらに破壊しエレベータ吹き飛ばしセント・ロー命運決した。艦を放棄する命令受けたベットハードは艦の右舷から海に滑り落ち、彼が泳いで離れた頃にさらなる爆発起きて海水艦内流れ込んだ。炎に包まれセント・ロー艦尾から沈み始め左舷ゆっくりと持ち上がり、ついに転覆して沈没したセント・ロー特攻攻撃沈んだ最初のとなったが、残念ながら犠牲となる最後の船ではなかった。」 「セント・ロー」の889人の乗組員の内143名が死亡または行方不明となり、生存者駆逐艦「ヒーアマン」、護衛駆逐艦ジョン・C・バトラー(USS John C. Butler, DE-339)」「レイモンド (USS Raymond, DE-341)」「デニス (USS Dennis, DE-405)」の4隻によって救助され、特に「デニス」は434名を救出し周囲驚かせた。

※この「喪失(神風特別攻撃隊)」の解説は、「セント・ロー (護衛空母)」の解説の一部です。
「喪失(神風特別攻撃隊)」を含む「セント・ロー (護衛空母)」の記事については、「セント・ロー (護衛空母)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「喪失」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

喪失

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 10:13 UTC 版)

名詞

 そうしつ

  1. 失うこと。

発音(?)

そ↗ーしつ

動詞

活用

サ行変格活用
喪失-する

「喪失」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喪失」の関連用語

喪失のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喪失のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喪失 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセント・ロー (護衛空母) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの喪失 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS