良心とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 倫理学 > 良心の意味・解説 

りょう‐しん〔リヤウ‐〕【良心】


良心

作者城昌幸

収載図書怪奇探偵小説傑作選―みすてりい 4 城昌幸
出版社筑摩書房
刊行年月2001.5
シリーズ名ちくま文庫


良心

作者谷口雅宣

収載図書神を演じ人々
出版社日本教文社
刊行年月2003.11


良心

作者鈴木良

収載図書性格な正確診断機鈴木良短編集
出版社日本文学館
刊行年月2004.2


良心―ニュートラル

作者周防ツカサ

収載図書ユメ視る猫とカノジョの行方
出版社メディアワークス
刊行年月2006.1
シリーズ名電撃文庫


良心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 06:20 UTC 版)

良心(りょうしん)とは、自身に内在する価値観規範意識)に照らして、ことの可否ないし善悪を測るの働きのことである。英語では conscience と表記され、その語源には日本語のような「良」を意味する部分はない[1]。従って、英語では、good conscience[2](日本語では、"良い良心"にあたる)や、 evil conscience(日本語では、"邪悪な良心"にあたる)という表現が存在する。罪悪感が入り混じった複雑な感情の動きを良心の呵責と称されることがある。


  1. ^ Webster`s New World College Dictionary, 3rd edition, 1997, p.296.
  2. ^ The Holy Bible, New International Version, 1984, Acts 23:1, 1 Timothy 1:5, 1 Peter 3:21.
  3. ^ 独知(ドクチ)とは - コトバンク
  4. ^ 良心(りょうしん)とは - コトバンク
  5. ^ GHQ草案 1946年2月13日 日本国憲法の誕生 - 国立国会図書館


「良心」の続きの解説一覧

良心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:18 UTC 版)

夜桜さんちの大作戦」の記事における「良心」の解説

つぼみのもう一つ人格現在の女の人格が思い出せなくなった記憶保有している。現在の人格眠っている間に皮下自身の血を注入されたことで血桜苦し太陽の頭に語り掛け血桜抑え込ませると同時に夢の中入り込み自分殺してほしいこと、その為過去自分について記載されている「つぼみの書」の錠の開け方と現在の自分を知る皮下対面するための銀級のスパイ免許証必要であることを告げた

※この「良心」の解説は、「夜桜さんちの大作戦」の解説の一部です。
「良心」を含む「夜桜さんちの大作戦」の記事については、「夜桜さんちの大作戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「良心」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

良心

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 13:59 UTC 版)

名詞

 りょうしん

  1. 他人から見て積極的評価ができる心配り又は心映え
  2. 人が内心において、倫理的な理非判断する基準価値観倫理観

由来

発音(?)

りょ↘ーしん

翻訳


「良心」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



良心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「良心」の関連用語

良心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



良心のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの良心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの夜桜さんちの大作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの良心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS