倫理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 倫理 > 倫理の意味・解説 

りん‐り【倫理】

読み方:りんり

人として守り行うべき道善悪正邪判断において普遍的な規準なるもの道徳モラル。「—にもとる行為」「—観」「政治—」

倫理学」の略。


倫理

作者リディア・デイヴィス

収載図書ほとんど記憶のない女
出版社白水社
刊行年月2005.11


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 16:24 UTC 版)

倫理(りんり、: ethics、エシクスまたはエシックス)




「倫理」の続きの解説一覧

倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:36 UTC 版)

菜食主義」の記事における「倫理」の解説

動物福祉」も参照 一般的に、倫理による菜食主義は、動物を殺すこと自体反対する場合と畜動物取り扱い問題があるとして反対する場合分かれるピーター・シンガーのように、倫理学説か倫理的菜食主義をとるものもいる。1975年に、プリンストン大学教授だったシンガーは『動物解放』において、畜産動物虐待が行われている数が多い主張した工業化されすぎた畜産システムは、省スペース高効率求めるため、過密態での飼育、病気放置豚の尾やの嘴切断が行われる。 シンガーの『実践の倫理』や『私たちはどう生きるべきか』によれば動物知能なければ殺していいという考えでは、知能の低い人間を殺すこと正当化してしまうと主張しこうした20世紀後半功利主義立場からは痛覚を持つ脊椎動物には苦痛与えず痛覚のない貝類は許容している。『実践の倫理』では工場畜産認めないとしても必ずしも菜食主義はならず放牧動物であれば苦痛を与えるような生育環境はないため、放牧許容する場合があるこうした議論論じられている。 一方で哲学者McMahanのような人物は、精神障害者健常者同等の人持たない述べた。しかし昔は精神障害者残虐に取り扱われてきたが、人権議論法律の整備とともにほとんどの人精神障害者生きる権利治療を受ける権利がある考えている道徳哲学が日月歩で進む中で、精神障害者以上の知能を持つ動物生きる権利を奪うことは、道理反し、欲と慣れによる一方的かつ差別的な振る舞いだと考えているビーガンベジタリアン主な違いは、ミルクチーズバターヨーグルトなどの乳製品と卵の両方避けることである。倫理的なビーガンは、その生産動物苦しみ早死に引き起こす考え乳製品や卵を食べない乳牛から牛乳生産するためには、子牛出産直後に母親から離され屠殺されるか代用乳育てられる不要な雄の子牛は、出生時屠殺されるか種牛とされる乳牛牛乳出し続けるためにほぼ一生を通じて人工授精妊娠と出産繰り返す。約5年後牛乳生産量が落ちると、牛肉とその皮のために屠殺される。乳牛自然な平均寿命は約20年。卵については、バタリケージまたはフリーレンジでの卵の生産のために、不要な雄の雛は殺される。 その他、畜産家が愛情込めて育てたのに最後には殺すこと動物への裏切りとして批判する者もいる。

※この「倫理」の解説は、「菜食主義」の解説の一部です。
「倫理」を含む「菜食主義」の記事については、「菜食主義」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:47 UTC 版)

デイヴィッド・ヒューム」の記事における「倫理」の解説

ヒューム倫理学は、一般的にはシャフツベリー始ま道徳判断する感覚道徳感覚moral sense)があるとするモラルセンス学派含められる同時にヒューム立場感情主義呼ばれる。その倫理に関する主張は、以下四つおおまかに分けられる理性それだけでは、倫理的行為動機として機能せず(「理性感情奴隷である」)、倫理的判断は理性によらないその中有名な議論としてヒュームの法則)。 倫理は情念から生まれる──ヒュームは、倫理は情念から生まれるとした。人間という種は集団で生活する中で共感という作用を通じて他の人感情共有することができる。詳しくいえば、まずある人間の心で情念生じるが、それが外部に声や身振りを通じて表れるそうした外部へ信号受けとった人は、その信号から相手心の情念推論するその結果信号送り手受け手の間で共感生じる。こうした共感を通じて倫理が生じるのであり、人間倫理性はこうした感情的な基盤を持っていると考えた一方理性については、それだけでは倫理的行為を行う動機とはならない考えたが、この点ヒュームは、ソクラテス=プラトン始まりそれまでヒューム自身以後も)長期にわたりヨーロッパ哲学支配した主知主義理性主義倫理学とは、結果的に対立した見解とっている。主知主義においては倫理性理性から来るものであり、感情欲望などは理性に従い調和している必要がある考えられていた(例えプラトン正義を理性主導による欲望気概理性調和としている)。 ヒュームそもそもの道徳の成立原因を利に求め自分の利を確保するために統治機構や倫理を人工的に作ったと言う(このことから彼は功利主義先駆者目されることもある)。 ある種の徳、不徳自然であり、正義人工的なものだとした。ヒュームは徳を「自然な徳目 natural virtue」と「人工的な徳目 artificial virtue」とに分け前者には寛容など、後者には正義などを含めた

※この「倫理」の解説は、「デイヴィッド・ヒューム」の解説の一部です。
「倫理」を含む「デイヴィッド・ヒューム」の記事については、「デイヴィッド・ヒューム」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 07:06 UTC 版)

マレー・ロスバード」の記事における「倫理」の解説

ロスバード1982年著作「自由の倫理学」(The Ethics of Liberty)では全ての人間に適用される唯一の共通原則である道徳規範として完全な自治自己所有)の権利主張し著作普遍的倫理」(universal ethic)ではそれは人間生来の最善である自然法であると主張した

※この「倫理」の解説は、「マレー・ロスバード」の解説の一部です。
「倫理」を含む「マレー・ロスバード」の記事については、「マレー・ロスバード」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 06:46 UTC 版)

セレマ」の記事における「倫理」の解説

セレマ個人的哲学であり、通常の意味での倫理という概念持たないクロウリー『法の書』(II,28) に対する新し注釈の中でこう書いている。 「これが正しい」という基準などない。倫理とは戯言である。それぞれの星は独自の軌道を行くべきである。「道徳原理」などクソ食らえそんなものどこにもないのだ。 『法の書』個人行為いくつかの規範明確にしている。最も重要なのは「汝の意志することを行え」で、それは法の「すべて」として提示されており、それを越え法はないまた、それは「権利」-“たった一つの”権利-であり、“剥奪しえない”ものであるセレマ解釈者中には、この権利には他の人干渉されずに彼ら自身の意志を行うままにさせておくという義務含まれているものと考える人もいるが、そのような考え『法の書』には記載されていないクロウリーセレマの法の観点から見た個人行為について彼の個人的な見解提示したいくつかの付加的な文書書いた。そのいくつかは、他の人との干渉問題に取り組んでいるLiber OzDutyLiber II)。

※この「倫理」の解説は、「セレマ」の解説の一部です。
「倫理」を含む「セレマ」の記事については、「セレマ」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 16:41 UTC 版)

トランスヒューマニズム」の記事における「倫理」の解説

トランスヒューマニストは、未来学様々な倫理分野活用することで、生物学的限界克服する可能性理解し評価するための学際的アプローチ行っている[要出典]。自然システム保全道徳的価値を置く多くの哲学者社会批評家、そして活動家とは異なりトランスヒューマニストは特に自然という概念そのもの精々問題のある不明瞭なもので、最悪の場合進歩邪魔であるとさえみなしている。これと合わせてDan Aginなど多くの著名なトランスヒューマニズム支持者は、トランスヒューマニズム批評家政治的右派左派共同の「バイオコンサバティズム(英語版)」または「バイオ・ラッダイト(英語版)」と呼んでおり、後者の用語は、19世紀人間の肉労働者機械置き換えることに反対した反産業化運動暗示している。 反トランスヒューマニズム信念は、トランスヒューマニズム人生多くの領域、特に社会的な面において不公平な人間強化引き起こす可能性があるというものである。これはステロイド使用比較できるスポーツでは、ステロイド使用するアスリートの方がそうでないアスリートよりも有利である。同じシナリオは、人々職場教育現場で彼らに利点与え特定の神経インプラントを持つ際に発生する。さらに、M.J. McNameeS.D. Edwardsによると、社会特定の特権階級によってもたらされる改善が、人類異な二つの種へと分断してしまうということ恐れ多くの人がいる。人類異な二つの種へ分断されるという着想は、一方他方と比べて物理的および経済的に大きな利点を持つため、最良の場合であっても煩わしいものである一方他方繁殖できない可能性があり、また身体的健康と能力が低いことにより、他方よりも道徳的地位が低いみなされることがある

※この「倫理」の解説は、「トランスヒューマニズム」の解説の一部です。
「倫理」を含む「トランスヒューマニズム」の記事については、「トランスヒューマニズム」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 14:33 UTC 版)

異種移植」の記事における「倫理」の解説

主要な宗教のどれも、救命救出のために遺伝的に改変されブタ臓器使用することには反対していない。ブタ摂取禁止しているユダヤ教イスラーム社会では問題となるかもしれない一般にヒトへの、ブタウシ組織使用への抵抗ほとんどない

※この「倫理」の解説は、「異種移植」の解説の一部です。
「倫理」を含む「異種移植」の記事については、「異種移植」の概要を参照ください。


倫理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 06:27 UTC 版)

ダニエル・エイメン」の記事における「倫理」の解説

証明の主張基づいたSPECTスキャン販売医療倫理について疑問持ち上がっている。神経科学教授のマーサ・ファラー(英語版)は、そのような使用は「利益生む証明されていない」と呼びかけており、また「多く子供である何万人もが、多くの専門家助言に反してSPECTスキャン被ばくさらされ数千ドル支払ってきた」と述べている。心理学教授アービング・カーシュは、エイメン理論広め利益を得る前に査読され名高い雑誌にて科学的に実証することが倫理的に行われるべきであり、さもなければ怪しげなセールスマン成り下がっていると述べている。2011年論文神経科学者のアンジャン・チャタジー(英語版)は、エイメン・クリニックのウェブサイトに、結婚生活問題のある夫婦と、衝動的な攻撃性を持つ子供の事例見つけ、その例について標準治療英語版に反しており、通常の臨床診断十分されているだろうし、診断目的で脳機能イメージングをする理由がないことを記している多くの患者は、SPECTスキャン証明されていない主張に基づいていることを理解していない

※この「倫理」の解説は、「ダニエル・エイメン」の解説の一部です。
「倫理」を含む「ダニエル・エイメン」の記事については、「ダニエル・エイメン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「倫理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

倫理

出典:『Wiktionary』 (2021/10/26 13:17 UTC 版)

名詞

りんり

  1. 人として守るべき事柄
  2. 学校教育(wp)日本高等学校科目

発音(?)

り↘んり

類義語

関連語

翻訳


「倫理」の例文・使い方・用例・文例




倫理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

倫理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



倫理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの倫理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの菜食主義 (改訂履歴)、デイヴィッド・ヒューム (改訂履歴)、マレー・ロスバード (改訂履歴)、セレマ (改訂履歴)、トランスヒューマニズム (改訂履歴)、異種移植 (改訂履歴)、ダニエル・エイメン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの倫理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS