人権とは? わかりやすく解説

じん‐けん【人権】


特定非営利活動法人人権

行政入力情報

団体名称 特定非営利活動法人人権
所轄 福岡県
主たる事務所所在地 宗像市徳重2丁目1番10号
従たる事務所所在地
代表者氏名 宮本 秀臣
法人設立認証年月日 2021/02/22 
定款記載された目的
この法人は、広く一般市民に対して、人権を中心として、福祉環境まちづくり・子どもの健全育成に関する事業行いすべての人々健やかに助け合いながら暮らせる社会実現と、地域環境保全福祉増進寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

人権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:00 UTC 版)

人権(じんけん、: human rights)とは、単に人間であるということに基づく普遍的権利であり[1]、「人間の生存にとって欠くことのできない権利および自由」とされる[2]。「対国家権力」または「革命権」から由来している[1][3]ブルジョア革命(資本主義革命)によって確立された権利であり、「近代憲法の不可欠の原理」とされる[4]


注釈

  1. ^ 「かように <人権> の理解は一様ではないが、西洋近代の個人主義思想を多かれ少なかれ基本に置いている点では共通」と樋口陽一は説明した。人権を尊重しない政権や、アラブやアフリカ、アジアなどでは、文化の相違などとして反発することがある。だが、一般的に言えば文化の多元性を尊重しつつも、人権価値の普遍性を擁護するという立場が欧米ではコンセンサスを得つつある。[9]

出典

  1. ^ a b Britannica Japan Co., Ltd. 2018a, p. 「基本的人権」.
  2. ^ 平凡社 2022, p. 「基本的人権」.
  3. ^ 鈴木 1997, p. 94.
  4. ^ a b c 平凡社 2018, p. 「基本的人権」.
  5. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2018b, p. 「国際人権法」.
  6. ^ 田中 2018, p. 「自由主義」.
  7. ^ a b c d e f g 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、176頁。ISBN 4-417-00936-8
  8. ^ a b 『岩波 哲学思想事典』岩波書店 1998年 p.813 樋口陽一 執筆「人権」
  9. ^ 『岩波 哲学思想事典』岩波書店 1998年 p.813 樋口陽一 執筆「人権」
  10. ^ a b c d 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、69頁。ISBN 4-641-11278-9
  11. ^ 広辞苑 第六版 p10165
  12. ^ 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, 精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典. “人権とは” (日本語). コトバンク. 2022年2月17日閲覧。
  13. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,知恵蔵,百科事典マイペディア,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “基本的人権とは” (日本語). コトバンク. 2022年2月17日閲覧。 “成文化されたのはイギリスの 1215年のマグナ・カルタにまでさかのぼるといわれるが,生れながらにして当然に人間としての権利を有するという天賦人権思想に立って国法上初めて確認章典したのは,1776年6月 12日のバージニア権利章典である。”
  14. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、177頁。ISBN 4-417-00936-8
  15. ^ a b c 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、71頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  16. ^ 宮沢俊義、芦部信喜『全訂日本国憲法』日本評論社、1978年、195-196頁。
  17. ^ a b c 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、3頁。ISBN 4-842-04047-5
  18. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、3-4頁。ISBN 4-842-04047-5
  19. ^ a b c d 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、4頁。ISBN 4-842-04047-5
  20. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、4-5頁。ISBN 4-842-04047-5
  21. ^ a b c 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、5頁。ISBN 4-842-04047-5
  22. ^ a b c 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、6頁。ISBN 4-842-04047-5
  23. ^ a b c d e f 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、8頁。ISBN 4-842-04047-5
  24. ^ a b c d e f g 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9頁。ISBN 4-842-04047-5
  25. ^ a b c 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、72頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  26. ^ a b c d 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9頁。ISBN 4-842-04047-5
  27. ^ a b 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、73頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  28. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、14頁。ISBN 4-842-04047-5
  29. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、74頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  30. ^ a b 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、15頁。ISBN 4-842-04047-5
  31. ^ a b c 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、16頁。ISBN 4-842-04047-5
  32. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、17頁。ISBN 4-842-04047-5
  33. ^ アムネスティ・インターナショナル『国連の人権条約が持っている個人通報制度一覧』
  34. ^ 奥平康弘「人権体系及び内容の変容」『ジあわなよふろュリスト』第638巻、有斐閣、1977年、 243-244頁。
  35. ^ 宮沢俊義『法律学全集(4)憲法II新版』有斐閣、1958年、90-94頁。
  36. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、178-179頁。ISBN 4-417-00936-8
  37. ^ a b c d e f 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、178頁。ISBN 4-417-00936-8
  38. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、179頁。ISBN 4-417-00936-8
  39. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1997年、353頁。ISBN 4-417-00936-8
  40. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1997年、354頁。ISBN 4-417-00936-8
  41. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、140頁。ISBN 4-417-01040-4
  42. ^ a b 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、151頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  43. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、141頁。ISBN 4-417-01040-4
  44. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、141-142頁。ISBN 4-417-01040-4
  45. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、151-152頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  46. ^ a b c d 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、152頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  47. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、180頁。ISBN 4-417-00936-8
  48. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、143頁。ISBN 4-417-01040-4
  49. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、150頁。ISBN 4-417-01040-4
  50. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、150-151頁。ISBN 4-417-01040-4
  51. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、144頁。ISBN 4-417-01040-4
  52. ^ 大須賀明「社会権の法理」『公法研究』第34巻、有斐閣、1972年、 119頁。
  53. ^ 大須賀明『生存権論』日本評論社、1984年、71頁。
  54. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、231頁。ISBN 4-417-00936-8
  55. ^ a b c d e 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181頁。ISBN 4-417-00936-8
  56. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、126頁。ISBN 4-417-01040-4
  57. ^ 柳瀬良幹『人権の歴史』明治書院、1949年、60-61頁。
  58. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、237頁。ISBN 4-417-01040-4
  59. ^ 橋本公亘『日本国憲法改訂版』有斐閣、1988年、233頁。
  60. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、182頁。ISBN 4-417-00936-8
  61. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、75頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  62. ^ 野中俊彦、高橋和之、中村睦男、高見勝利『憲法』I、有斐閣、2001年、第3版、216-217頁。ISBN 4641128936
  63. ^ 神道信者である事が義務付けられ、皇室典範により結婚・独立には皇室会議の同意が必要で家制度家長制度が存在する。選挙権ももちろんない
  64. ^ a b 西尾『皇太子さまへのご忠言』ワック 2008年(ISBN 4898311245)、「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」『WiLL』2008年5月-8月号
  65. ^ WiLL』2008年7月号
  66. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、185頁。ISBN 4-417-00936-8
  67. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、77頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  68. ^ 野中俊彦、高橋和之、中村睦男、高見勝利『憲法』I、有斐閣、2001年、第3版、211頁。ISBN 4641128936
  69. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、78-79頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  70. ^ a b 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、79頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  71. ^ a b 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、81頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  72. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、193頁。ISBN 4-417-00936-8
  73. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、193-194頁。ISBN 4-417-00936-8
  74. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、194頁。ISBN 4-417-00936-8
  75. ^ 荒井彰「僕の学校は監獄だった!」『実録!ムショの本…パクられた私たちの刑務所体験』宝島社別冊宝島〉(原著1992年8月24日)、初版、p. 66。ISBN 97847966916112009年11月27日閲覧。
  76. ^ a b c d 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、191頁。ISBN 4-417-00936-8
  77. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、192頁。ISBN 4-417-00936-8
  78. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181-182頁。ISBN 4-417-00936-8
  79. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、82頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  80. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、83頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  81. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9-10頁。ISBN 4-842-04047-5
  82. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、10頁。ISBN 4-842-04047-5
  83. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、70頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  84. ^ a b c d 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、7頁。ISBN 4-842-04047-5
  85. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、8-9頁。ISBN 4-842-04047-5
  86. ^ a b 人権の意味とは?【ゲーム用語集】|eスポ” (日本語). eスポ. 株式会社レジャー. 2022年2月16日閲覧。 “人権とは、主にオンラインゲームにおいて、所持することが前提となるような重要な武器やキャラクターのことです。 取得することで劇的に戦力が強化される、あるいは所持プレイヤーと未所持プレイヤーの間に圧倒的な差が付いてしまうようなものを指します。 そのゲームを快適にプレイする上でほぼ必須となる場合が多く、このような装備やキャラは「人権武器」「人権キャラ」などと呼ばれます。 本来の「人権」の意味は「人間が生まれながらに持っている人間らしく生きるための権利」のことです。 ゲーム用語としての「人権」にも「その装備やキャラを所持して初めて、そのゲームのプレイヤーとして権利が得られる」「プレイヤーなら誰でも持つべき」と言うような意味が込められています。 人権はゲーム内に登場する強い装備全てに使われる用語ではなく、主にソーシャルゲームやスマートフォンゲームにおいて、ガチャから排出される有料アイテムや、取得に極めて時間がかかるようなレア装備に対して用いられる事が多くなっています。”
  87. ^ 人権/ 人権キャラ/ 同人用語の基礎知識”. 《ぱら☆あみ》的 同人用語の基礎知識 ウェブサイト. 窪田光純. 2022年2月16日閲覧。 “「人権」 あるいは 「人権キャラ」 や 「人権アイテム・装備」 とは、ゲーム においてプレイヤーなら持っているのが当たり前かのような、プレイする上で必須といえるくらい重要な キャラ や武器・装備品といった意味の言葉です。ただし誰でもすぐに手に入るような基本的・最低限のキャラや装備品との意味ではなく、ゲームの 難易度 を直接左右するような強いキャラ、優秀な アイテム のことを通常は指します。 なぜこのような言い回しになるのかと云えば、「これを持っていないと人間扱いされない」 すなわち 「ゲーム内において人権がないかのような状態」 になるからです。例えば複数人で共同してプレイする ネトゲ や、他者と獲得ポイントによるランク競争をしがちなソシャゲなどでは、未所持だと他プレイヤーから 「相手にされない」 可能性がありますし、本人も 「平等な競争ができない」 と感じるような状態に追い込まれてしまうでしょう。 とくに強い モンスター などを仲間と共同で狩るようなゲームでは、必須のようなキャラや装備を持っていないプレイヤーは足手まとい・雑魚扱いされがちな厳しい状況もありますし、ゲーム内のフレンドにもなってくれなかったりします (フレンドに対して応援キャラを 設定 するようなゲームではとくに顕著)。 それでも応援しようと頑張って駆け付けても、人権キャラや装備がなく勝ちにくくなったり周回効率が悪くなるプレイヤーは断られたり回線切断で蹴られたりもします。 まして対戦型のゲームとなれば、こちらだけが一方的に不利な状況となってしまうでしょう。”
  88. ^ 同人用語の基礎知識 が 同人用語辞典 として書籍に(秀和システム)”. 《ぱら☆あみ》的 同人用語の基礎知識 ウェブサイト. 窪田光純. 2022年2月16日閲覧。
  89. ^ 「人権(じんけん)キャラ」の意味とは?使い方から語源まで例文付きで解説 – スッキリ” (日本語). 株式会社WIDEPINE. 2022年2月16日閲覧。 “「人権」とは、本来は「人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利」のことです。誰もが持っているはずの権利である「人権」を得るのに必要なキャラクターだ、と形容することで、いかにそのキャラクターが必要かを比喩(ひゆ)的に表している言葉です。さらに、「このキャラクターを持っていない人はそのゲームを楽しむ権利すらない」という意味合いも込められています。”
  90. ^ 【パズドラ】ヘイスト?マイティ?指奪い?人権?実はよく知らないパズドラの専門用語を解説してみた!”. アプリゲット. スパイシーソフト. 2022年2月16日閲覧。 “ランク上げや高速周回に全く興味がないプレイヤーにとってはこの2体は人権モンスターとは言えませんし、何が人権かは線引きがちょっと難しいこともありますね。ヘビーユーザーがよく使う印象のある言葉ですが、高圧的な印象をあたえてしまう言葉なので、初心者の方や、ライトユーザーにはあまり使わない方が良いかなというのが筆者の個人的な見解です。”
  91. ^ 【パズドラ】龍楽士ガチャの当たりキャラと評価┃引くべきキャラは? | AppMedia” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト! (2021年11月12日). 2022年2月16日閲覧。 “・便利なスキルに火力強化ができるランダン人権装備"”
  92. ^ 【パズドラ】夏休みガチャ2021の当たりと評価┃引くべきキャラは? | AppMedia” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト!. AppMedia株式会社 (2021年8月8日). 2022年2月16日閲覧。 “・火属性周回パーティの人権装備 ・特にヴァルキリークレールはアシスト進化が闇列周回パの人権クラスとも言える性能になっているのでモンポに余裕があるなら是非ゲットしておきましょう。”
  93. ^ 【パズドラ】史上最強の人権キャラといえばコイツ!? 『範馬勇次郎』の強さ・使い道を徹底評価!” (日本語). Appbank. 2022年2月16日閲覧。 “唯一無二。THE・人権とも言える「固定1000万ダメージ」をスキルに所持。 周回にてこれ以上ない程の活躍をしてくれるうえ、何体いても基本的に困ることの無いキャラですので、周回に効率を求める方は交換などを利用して可能な限り入手しておきましょう。”
  94. ^ 【パズドラ】コイツだけは『人権』と言わせてください…。『アースクェイク』の強さ・使い道を徹底評価!” (日本語). AppBank. 2022年2月16日閲覧。 “周回性能が高すぎる覚醒には「ダンジョンボーナス」を所持し、周回の火力補助役としてメインとなる「列強化」も3個保有。更にこれまた周回でコンボ吸収を突破する際に使用される事の多い「コンボドロップ」まで付いて、超覚醒込みで「スキルブースト」を4個所持可能。まさに周回の化身。代用不可の人権にすらなり得る1体です。必ず確保しておいて欲しいですね……。”
  95. ^ 2022年の『FGO』プレイヤーはどのサーヴァントが欲しいのか!?「福袋2022」の人気傾向で実態に迫る(インサイド)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月16日閲覧。 “人権鯖唯一持っていないスカディママが欲しかった!!!!”
  96. ^ 【パズドラ】妖怪ウォッチ★5の人権キャラ!? このキャラは売らないように!” (日本語). AppBank. 2022年2月16日閲覧。
  97. ^ 【意味知ってる?】ネット用語クイズ「人権キャラ」” (日本語). ねとらぼ. 2022年2月16日閲覧。 “【人権キャラ】ビデオゲームにおいて、攻略に必須級、もしくは非常に高い性能のキャラクターを指す言葉。キャラ以外にも「人権武器」「人権ジョブ」などバリエーションがある。特にプレイヤー同士の協力・対戦や「ガチャ」のシステムを採用しているオンラインゲームで使われる。”
  98. ^ 【FGO】ゴッホと沖田オルタは引くべき? | AppMedia” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト!. Appmedia株式会社 (2021年9月29日). 2022年2月16日閲覧。 “絶対に引きたいガチャではない ゴッホも沖田オルタもいわゆる人権と呼ばれるラインのサーヴァントではない。推しの人は見逃せないがガチャ期間は長いので、他のガチャの様子を見てから挑戦しても良いだろう。”
  99. ^ 「Apex Legends」あるある漫画 「アイテム横取りの恨み」「ダメージを出した方が偉い?」” (日本語). GAMEクロス. 朝日新聞社. 2022年2月17日閲覧。 “ダメージを出した方が偉い……のか? Apexの人権 〜キル数とダメージ〜(1/2) 【Apexではよりダメージを出した者に人権が与えられるんだぞ!!】 協力対戦ゲームって目に見える数値だけがその試合の貢献度ではないので。”
  100. ^ 【現役エンジニアが語る自作PCの世界~後編~】各パーツのおすすめ選び方 | マイナビエンジニアブログ”. engineerblog.mynavi.jp. マイナビ. 2022年2月17日閲覧。 “メモリ:よく机の広さに例えられる、PCの性能を大きく左右するパーツです。どれほど高性能なCPUを搭載していても、このパーツが悪ければその性能を十分に発揮しきれません。社内で話題になった際は、「○○ 以上は人権」のような言い方で、搭載する性能の境界を指して人権などと呼ばれることもあります。それほど重要なパーツになります。”
  101. ^ 「ビジネスPCに投資しないなんてあり得ない」 澤円氏が説く“高性能モデルを選ぶ意義”とは” (日本語). ITmedia NEWS (2021年6月22日). 2022年2月16日閲覧。 “「例えば『メモリ16GB以下は人権がない』と説明しても話が通じない。そもそもメモリとCPUの違いが分からないこともある。そういった話にスムーズに入れる人が経営に直接タッチしているといいのだが……」(澤氏)”
  102. ^ 株式会社インプレス (2021年4月12日). “新年度、会社支給のPCは人権スペックを備えているのか「Cinebench」で調べてみよう/筆者のスコアは“1137”で問題外。Twitterで参考になるスコアを共有して!【やじうまの杜】” (日本語). 窓の杜. 2022年2月16日閲覧。 “新年度が始まり、入社や部署の移動で新たなパソコンを支給された方も多いかと思います。業務で使うパソコンは仕事の効率に直結するので、スペックは気になるところ。巷では“人権スペック”なる言葉もよく聞かれます。パソコンの性能で会社からかけられた期待もわかるかもしれません。”
  103. ^ エンジニアの人権が認められるパソコンのスペックはどれくらい?” (日本語). Next Gate. メディアテクノロジー株式会社 (2018年10月13日). 2022年2月16日閲覧。 “エンジニアの人権が認められるパソコンのスペックは、そのエンジニアがよく利用する言語などによっても微妙に異なります。またパソコンは次々と新しいものがリリースされるため、1年経つと必要なスペックはかなり変化します。”



人権

出典:『Wiktionary』 (2021/08/31 11:04 UTC 版)

名詞

じんけん

  1. (法律) 人間人間であるがゆえに有する権利

発音(?)

じ↗んけん

関連語

翻訳


「人権」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人権」の関連用語

人権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS