法律の留保とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 法律の留保の意味・解説 

法律の留保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 12:48 UTC 版)

法律の留保(ほうりつのりゅうほ)は、法律による行政(独:Vorbehalt des Gesetzes)と法律の留保型人権保障(独:Gesetzesvorbehalt)の2つの意味がある。


  1. ^ a b 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、61頁。
  2. ^ 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、63頁。
  3. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181頁。ISBN 4-417-00936-8
  4. ^ 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、56頁。
  5. ^ 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、62頁。
  6. ^ a b 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、82頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  7. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181-182頁。ISBN 4-417-00936-8
  8. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、182頁。ISBN 4-417-00936-8
  9. ^ 畑博行、水上千之『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9-10頁。ISBN 4-842-04047-5
  10. ^ 小嶋和司、立石眞『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、83頁。ISBN 978-4-641-11278-0
  11. ^ 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、66頁。
  12. ^ 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、68頁。
  13. ^ a b 塩野宏『行政法I行政法総論第4版』有斐閣、2005年、67頁。


「法律の留保」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法律の留保」の関連用語

法律の留保のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法律の留保のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法律の留保 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS