市民的及び政治的権利に関する国際規約とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 市民的及び政治的権利に関する国際規約の意味・解説 

市民的及び政治的権利に関する国際規約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:35 UTC 版)

市民的及び政治的権利に関する国際規約(しみんてきおよびせいじてきけんりにかんするこくさいきやく、International Covenant on Civil and Political RightsICCPR)は、1966年12月16日、国際連合総会によって採択された、自由権を中心とする人権の国際的な保障に関する多数国間条約である。同月19日にニューヨークで署名のため開放され、1976年3月23日に効力を発生した。


  1. ^ 宮崎 (1988: 260)。
  2. ^ Treaty Collection.
  3. ^ Treaty Collection: Second Optional Protocol to the International Covenant on Civil and Political Rights, aiming at the abolition of the death penalty”. United Nations. 2011年2月23日閲覧。
  4. ^ 中谷ほか (2006: 218)。
  5. ^ 中谷ほか (2006: 219)。
  6. ^ 法施行機関職員行動規範」、国際連合(1976年)- ウィキソース。
  7. ^ 中谷ほか (2006: 221-22)。
  8. ^ 中谷ほか (2006: 222)。
  9. ^ 阿部ほか (2009: 90)。
  10. ^ 中谷ほか (2006: 223)。
  11. ^ Treaty Collection: Optional Protocol to the International Covenant on Civil and Political Rights”. United Nations. 2012年2月20日閲覧。
  12. ^ Treaty Collection.
  13. ^ 宮崎 (1988: 260)。
  14. ^ 宮崎 (1988: 261)。
  15. ^ 中日新聞2014年7月25日朝刊3面
  16. ^ シリア渡航計画で旅券返納命令は「適法」 東京地裁判決』、2017年4月19日。朝日新聞


「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「市民的及び政治的権利に関する国際規約」の関連用語

市民的及び政治的権利に関する国際規約のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民的及び政治的権利に関する国際規約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市民的及び政治的権利に関する国際規約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS