日本政府とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 日本政府の意味・解説 

日本政府

読み方:にほんせいふ

日本における行政府行政機関)。内閣府中心とする国家としての行政機関を指すことが多い。

日本国政府

(日本政府 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/23 20:52 UTC 版)

日本国政府(にほんこくせいふ、にっぽんこくせいふ、: Government of Japan[2])は、日本政府


注釈

  1. ^ 日本国憲法の本文は、11章103条からなる。大別して、人権規定、統治規定、憲法保障の三つからなる。統治規定とは、国家の統治機構を定めた規定であり、「第1章 天皇」「第4章 国会」「第5章 内閣」「第6章 司法」「第8章 地方自治」など多岐にわたる。

出典



「日本国政府」の続きの解説一覧

日本政府(福島政府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/02 05:28 UTC 版)

天槍の下のバシレイス」の記事における「日本政府(福島政府)」の解説

安田(やすだ) 川中島とともに『塔』調査任務についていた大人びた風貌男の子。二班班長。『質量使い』だが『移動式生体レーダースキャナ』も担当していた。作戦中に幽霊剛粧』にやられて死亡中嶋なかじま川中島とともに『塔』調査任務についていた男の子。三班班長。『質量使い』。作戦中に死亡園町(そのまち) 川中島とともに『塔』調査任務についていた。四班班長作戦中に殿を務めるが、退却伝令届かずとともに死亡八巻 千鶴(やまき ちづる) 児童養護施設『永晴学園』の園長年齢30歳毎年育てた子供達を軍に拠出することに潜在的な罪悪感をもっており、敦戦死したことでその鬱憤頂点に達する教育者経営者板ばさみに常に揺れている須貝(すがい) 警視庁公安部警部補。駅の三〇四特殊観測隊合同葬ポスター何者か破られたことで捜査を始める。

※この「日本政府(福島政府)」の解説は、「天槍の下のバシレイス」の解説の一部です。
「日本政府(福島政府)」を含む「天槍の下のバシレイス」の記事については、「天槍の下のバシレイス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本政府」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

日本政府

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 12:49 UTC 版)

固有名詞

(にほんせいふ)

  1. (法律) 日本政府日本の行政府つまり内閣中央官庁を指す。日本国政府

関連語


「日本政府」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本政府」の関連用語

日本政府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本政府のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本国政府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天槍の下のバシレイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日本政府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS