日本の選挙とは?

日本の選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/05 14:39 UTC 版)

日本の選挙(にっぽんのせんきょ)では、日本における公職選挙制度について述べる。




  1. ^ a b c d e f g h i j k 選挙の種類”. 総務省. 2018年3月4日閲覧。
  2. ^ なお、日本国憲法第7条第4号に「国会議員の総選挙」という記述があるが、ここでいう「総選挙」には参議院議員通常選挙を含む(憲法草案では一院制を想定していたため「国会議員の総選挙」としており、両院制への改正案が出た後も「国会議員の総選挙」という記述はそのままだったためとされる)
  3. ^ 政令指定都市以外で選挙区を設置しているのは北海道伊達市(定数18 伊達選挙区:17、大滝選挙区:1)のみ。2013年まで岐阜県揖斐川町と愛媛県久万高原町で選挙区を設けていたがいずれも2017年の選挙で廃止された)
  4. ^ “民進党規約” (プレスリリース), 民進党, (2016年3月27日), https://www.minshin.or.jp/about-dp/byelaw 2016年3月27日閲覧。 
  5. ^ 無所属なのに党役員ってどういうこと? こんな脱法行為を是とする民進党に立憲主義を掲げる資格があるのか 産経新聞 2016年4月12日
  6. ^ 同名の政党は立候補したが、組織的には別団体なので立候補していないものとした。
  7. ^ a b c “選挙権年齢「18歳以上」に 改正公選法が成立”. 47NEWS. (2015年6月17日). オリジナル2015年6月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150617032536/http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061701001110.html 2015年6月18日閲覧。 
  8. ^ “成年被後見人に選挙権 今夏の参院選から適用”. 日本経済新聞. (2013年5月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO55547850Y3A520C1CC1000/ 2016年9月6日閲覧。 
  9. ^ 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律施行令(平成十九年政令第百二十二号)”. e-Gov. 総務省行政管理局 (2007年). 2017年10月14日閲覧。 “当該政令は『国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律施行令(昭和四十六年政令第三十七号)』の全てを改正するもの”
  10. ^ 選挙執行委託費 (PDF) - 財務省《2017年10月14日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  11. ^ 第1会場評価結果・議事概要 - 内閣府行政刷新会議事務局《当該ページ内にある「11月17日」の「選挙関連経費」欄に掲載のリンクから参照;2017年10月14日閲覧。現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 選挙の歴史”. 福井県選挙管理委員会事務局. 2016年12月18日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 地方自治制度の歴史”. 総務省. 2016年12月18日閲覧。


「日本の選挙」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の選挙」の関連用語

日本の選挙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

天鵞絨点突

田植綱

モッツァレラ・ディ・ブファラ

坑口

金華猪

消防活動二輪車

薩摩硫黄島

小鴨川第三号堰堤





日本の選挙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の選挙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS