新党日本とは?

新党日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 06:48 UTC 版)

新党日本(しんとうにっぽん、英語: New Party Nippon)は、かつて存在した日本政治団体。略称は日本NPN




  1. ^ 2013年(平成25年)11月6日総務省告示第410号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出事項の異動の届出があったので公表する件」
  2. ^ a b c 2009年度 新党日本マニフェスト 日本「改国」宣言』(PDF) 新党日本(原著2009年8月)。2010年12月28日閲覧。「「社会的公正」と「経済的自由」を同時に達成し、混迷する日本にダイナミズム=躍動感を取り戻す」
  3. ^ 新党日本 尼崎支部 2016年7月3日閲覧
  4. ^ “略称「日本」で混乱、田中康夫氏が不快感” (日本語). 読売新聞. (2010年4月13日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100413-OYT1T01027.htm 2010年11月20日閲覧。 
  5. ^ 週刊文春2016年6月16日号
  6. ^ a b “政治資金収支報告書 平成27年12月25日公表(平成21・26~27年分 解散分)” (日本語). 総務省. (2015年12月25日). http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/SD20151225/060.pdf 2016年7月3日閲覧。 
  7. ^ 新党日本 » 縮原発・脱原発 瓦礫利権の闇” (日本語). 新党日本. 2012年3月26日閲覧。
  8. ^ 新党日本 » TPPの謎?” (日本語). 新党日本. 2012年3月26日閲覧。
  9. ^ 新党日本 » 震災15年 ベーシックインカムこそがニッポン社会を救う” (日本語). 新党日本. 2013年2月16日閲覧。
  10. ^ 新党日本 » 「脱ダム」アーカイブ・参考資料” (日本語). 新党日本. 2013年2月16日閲覧。
  11. ^ a b “新党日本 » ベーシックインカムについて” (日本語). 新党日本. (2010年8月21日). http://www.nippon-dream.com/?page_id=175 2011年2月1日閲覧。 
  12. ^ “衆議院予算委員会速記録” (日本語). (2010年2月26日). http://nippon-dream.com/archives/PDF/20100226_yosan.pdf 2011年2月1日閲覧。 
  13. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2007年7月11日付
  14. ^ 新党日本を御支援下さる皆さまへ” (日本語). 新党日本. 2010年11月20日閲覧。
  15. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2008年8月1日付
  16. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2008年9月16日付
  17. ^ “田中氏の衆院くら替え決定 新党日本公認で兵庫8区”. 47NEWS (共同通信社). (2009年7月21日). http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072101001101.html 2009年7月23日閲覧。 
  18. ^ “衆院選、撤退せず=新党日本・有田氏”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年8月22日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009082200338 2009年8月22日閲覧。 
  19. ^ 平成19年7月29日執行の参議院比例代表選出議員選挙における当選人の繰上補充の選挙会において決定された事項 (PDF)” (日本語). 総務省. 2010年11月20日閲覧。
  20. ^ 新党日本「第45回衆議院議員総選挙を経て」” (日本語). 新党日本. 2010年11月20日閲覧。
  21. ^ “田中康夫氏ら、民主会派入り” (日本語). 読売新聞. (2009年9月14日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090914-OYT1T01189.htm 2009年9月14日閲覧。 
  22. ^ “有田氏、民主から出馬=新党日本を離党へ-参院比例”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年11月18日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009111800806 2009年11月19日閲覧。 
  23. ^ 有田芳生の『酔醒漫録』2009年11月19日付
  24. ^ “新党日本所属議員に関するお知らせ” (プレスリリース), 新党日本, http://www.nippon-dream.com/archives/2010_syozoku.htm 2010年2月5日閲覧。 
  25. ^ “新党日本から週刊「新潮」への回答文書” (プレスリリース), 新党日本, http://www.nippon-dream.com/archives/PDF/shincho_kaitou.pdf 2010年11月20日閲覧。 
  26. ^ 新党日本所属議員交付金申請は1人 (PDF)”. 2010年1月23日付読売新聞4面. 2010年11月20日閲覧。
  27. ^ “国民新、新党日本が衆院統一会派=民主への発言力確保狙う” (プレスリリース), 時事通信社, (2010年6月8日), http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010060800395 2010年6月8日閲覧。 [リンク切れ]
  28. ^ 東北地方太平洋沖地震対策本部設置”. 国民新党Webサイト (2011年3月11日). 2011年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月1日閲覧。
  29. ^ 「東日本大震災」に対する新党日本の認識と行動に関して新党日本公式サイト 2011年3月18日 2011年9月1日閲覧
  30. ^ 新党日本では、皆様からの震災復興支援金を受け付けております。新党日本公式サイト 2011年9月1日閲覧
  31. ^ 11/05/30 「田中康夫・亀井静香両代表が増税なき復興対策を主張!」◆JanJanBlog2011年9月1日閲覧
  32. ^ 増税反対へ超党派議連 将来の政界再編をにらみ? 2011.8.31産経ニュース2011年9月1日閲覧
  33. ^ 統一会派解消のお知らせ2012年4月6日閲覧
  34. ^ 比例党名「日本」は無効! 投票の際には気をつけてスポーツニッポン 2012年11月25日閲覧
  35. ^ “国会議員ゼロに=新党日本【12衆院選】”. 時事ドットコム. (2012年12月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012121700365 2012年12月17日閲覧。 
  36. ^ 年末年始の御挨拶 新党日本公式サイト2013年1月
  37. ^ 2013年(平成25年)9月12日総務省告示第348号「政治資金規正法の規定により政党でなくなった旨を公表する件」
  38. ^ 新党日本、非政党に 朝日新聞2013年7月
  39. ^ 沖縄県知事選挙における推薦について” (日本語). 新党日本. 2010年11月20日閲覧。
  40. ^ 2 国会議員会派別議員数の推移(召集日ベース) Archived 2008年10月3日, at the Wayback Machine.(衆議院、2000年~2006年)
  41. ^ (2) 参議院(2000年~2006年)


「新党日本」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新党日本」の関連用語

新党日本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新党日本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新党日本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS