登録商標とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 商標 > 登録商標の意味・解説 

とうろく‐しょうひょう〔‐シヤウヘウ〕【登録商標】

読み方:とうろくしょうひょう

registered trademark特許庁登録の手続きをすませた商標。→商標


登録商標(とうろくしょうひょう)


”登録商標”とは、商標登録されている商標をいう(商標法第2条第2項)。商標登録する場合は、特許庁商標登録出願行なう出願する際には、その商標どのような商品サービスに使うかを明示する指定商品又は指定サービス)。商標登録出願されると、特許庁審査が行なわれ、この審査パスした商標登録され、登録商標となる。

商標登録されると商標権与えられ、その登録商標を指定商品又は指定サービス独占的に使うことができる(商標法第25条)。登録商標と全く同じもの他社真似ればもちろん、登録商標と似た商標類似商標)を真似て商標権侵害として、他社使用法的に禁止できる。ただし、商標権の効力範囲指定商品(又は指定サービス)や類似する商品(又はサービス)に限定されるので、登録商標と全く同じもの他社使っていても、指定商品(又は指定サービス)と全く関係のないもの(非類似)に使っているのであれば商標権侵害とは言えない。


登録商標

知的財産のほかの用語一覧
特許・知的財産:  私的録音録画補償金制度  知的財産権  著作権  登録商標  特許権  同人マーク
著作権保護:  ACCS

商標

(登録商標 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/03/18 07:10 UTC 版)

商標(しょうひょう、: trademark)とは、商品役務の提供者(事業者)が、提供元(出所)を他者と区別するために使用する標識をいう[1]


  1. ^ ブランド用語集. “商標”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年8月26日閲覧。
  2. ^ Q&A サービスマークとは何ですか。”. 日本弁理士会関西会. 2021年8月26日閲覧。
  3. ^ 商標とは”. 特許庁ウェブサイト. 2021年7月13日閲覧。
  4. ^ 判例の商標的使用論の例”. 特許庁ウェブサイト. 2021年7月13日閲覧。
  5. ^ 「着メロ」商標権2550万円 都の公売で落札 asahi.com2010年3月9日。
  6. ^ 三菱重工の「ロゴマーク」差し押さえ 元挺身隊訴訟の原告」『日本経済新聞』、2019年3月28日。2021年7月13日閲覧。
  7. ^ 「ドイツ有名商品 販売は違法 商標権侵害が問題化」『日本経済新聞』昭和25年12月12日3面


「商標」の続きの解説一覧

登録商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 23:26 UTC 版)

キャベツウニ」の記事における「登録商標」の解説

キャベツウニ」は神奈川県によって商標登録されている登録番号:6306673、登録日:2020年10月21日)。登録したのは、キャベツウニ認知度向上と販売促進狙ったものであるこのほか、「磯焼け救援隊キャベツウニ」(登録番号:6361932)と「菜食キャベツウニ」(同:6361933)を神奈川県商標登録している(登録日:2021年3月10日)。 「キャベツウニ」の商標は、神奈川県許諾得れば神奈川県民であるか否かを問わず漁業者または水産関係団体であれば無償利用できる。これは「開放商標戦略」、すなわち、商標独占するために商標登録したのではなく、低品質のものや無関係のものが流通するのを防ぐため、独占制御コントール)の獲得目的として商標登録したと考えられる

※この「登録商標」の解説は、「キャベツウニ」の解説の一部です。
「登録商標」を含む「キャベツウニ」の記事については、「キャベツウニ」の概要を参照ください。


登録商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 01:04 UTC 版)

「アルゴリズム」記事における「登録商標」の解説

アルゴリズム自体保護されるでは無いが、商標基準満たしていればアルゴリズム名称を商標として登録することはできる。ただしアルゴリズム名称はその性質上から通常一般名詞として通用するものであり、一般名詞と同じ語について商標基準満たして商標として登録しても、一般名詞一般名詞としての(すなわちごく当然の使用妨げるという通念反するような権利の濫用できないような商標法上の制限があるため通常の商品名などを登録した場合違い権利制限される

※この「登録商標」の解説は、「アルゴリズム」の解説の一部です。
「登録商標」を含む「アルゴリズム」の記事については、「アルゴリズム」の概要を参照ください。


登録商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 05:38 UTC 版)

クリップスピンク」の記事における「登録商標」の解説

クリップスピンク西オーストラリア州農業食料局(DAFWA)に所有権ライセンスがあり、複数の国において育成者権を持つ。オーストラリアにおけるリンゴナシ栽培産業の主要団体である「りんご・なしオーストラリア」(Apple and Pear Australia Limited, APAL)がピンクレディー商標に関する知的財産管理している。この商標80越え地域登録されている。 ピンクレディー生産者流通業者苗木生産者の間によるクラブによって生産と流通コントロールする制度形成し安定した高価格クラブメンバー間による適切な分配可能にしている。ピンクレディーシステムをまねたブランドはいくつかあるが、中でもニュージーランドジャズサイフレッシュブランド名)は成功している。

※この「登録商標」の解説は、「クリップスピンク」の解説の一部です。
「登録商標」を含む「クリップスピンク」の記事については、「クリップスピンク」の概要を参照ください。


登録商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/16 23:33 UTC 版)

シャトルジャパン」の記事における「登録商標」の解説

いずれも株式会社シャトルワン名義よる。後のシャトルジャパンぶっかけ/BUKKAKE - 登録番号: 第4545137号 LOLI/ロリ - 登録番号: 第4674987号

※この「登録商標」の解説は、「シャトルジャパン」の解説の一部です。
「登録商標」を含む「シャトルジャパン」の記事については、「シャトルジャパン」の概要を参照ください。


登録商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 06:43 UTC 版)

肥後守」の記事における「登録商標」の解説

2021年現在肥後守ひごのかみ)は兵庫県三木市にある永尾かね駒製作所の登録商標であり、同社およびOEM生産しているフォールディングナイフ商品名となっている。なお同社およびOEM生産外でこの種フォールディングナイフとしての性能満たしていないということはない。良い作りのものも数多く存在しており、愛好家収集対象となっている。 元々は三木市三木洋製造業者組合組合員だけが使用することの出来る名称であったが、組合員である製造業者減り現在では永尾かね駒製作所のみとなっている。

※この「登録商標」の解説は、「肥後守」の解説の一部です。
「登録商標」を含む「肥後守」の記事については、「肥後守」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「登録商標」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「登録商標」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



登録商標と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「登録商標」の関連用語

登録商標のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登録商標のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2023 FURUTANI PATENT OFFICE
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ登録商標の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの商標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャベツウニ (改訂履歴)、アルゴリズム (改訂履歴)、クリップスピンク (改訂履歴)、シャトルジャパン (改訂履歴)、肥後守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS