工業所有権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 有権 > 工業所有権の意味・解説 

こう ぎょうしょゆうけん -げふしよいう- [6] 【工業所有権】

産業財産さんぎようざいさん

工業所有権(こうぎょうしょゆうけん)


”工業所有権”とは、特許権実用新案権意匠権商標権総称である。Industrial Propertyが”工業所有権”と翻訳されたものである商標権を含んでいることから、狭義工業だけでなく産業に関係した無体財産権というニュアンスであろう最近は、工業所有権に代えて、産業財産権呼ばれることも多い。工業所有権に、著作権などを加えたものの総称を、知的財産権(Intellectual Property)と呼ぶ。

執筆弁理士 古谷栄男)

工業所有権

= 産業財産権

読み方さんぎょうざいさんけん
【英】 industrial property

特許権実用新案権意匠権商標権総称不正競争に関する権利および植物新品に関する権利をこれに含める場合もある。従前は「工業所有権」とも称されていた(現在も条約公定訳では「工業所有権」が用いられている)。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

工業所有権


工業所有権

読み方こうぎょうしょゆうけん
別名:産業財産権
【英】industrial property

工業所有権とは、人間知的活動によって得られる知的財産保護する権利一種で、特許権実用新案権意匠権商標権などを総称したものである。

工業所有権は、知的活動から創造された成果財産権として保護し、その成果から利益を得られるようにすることで、産業発展させることを目的として設けられた制度である。工業だけではなく農業鉱業商業などの産業における知的財産権対象としている。

工業所有権はそれぞれ特許法」「実用新案法」「意匠法」「商標法」などによって守られている。「特許法」とは、 技術製品などの発明者に対して一定期間特許権」を付与し、その発明を「特許権」として保護利用するものである。他3つに関しても同様、無体財産権保護利用するための法律となっている。(各法律で、「無体財産」の定義が異なる)。

その他、「不正競争防止に関する権利」や、「原産地表示に関する権利」、「集積回路配置に関する権利」、「農産種苗法定め権利」が工業所有権に含まれることもある。工業所有権に「著作権」や「肖像権」などを加えたものを総称して「知的財産権」と呼ぶ。


工業所有権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/04 17:50 UTC 版)

工業所有権こうぎょうしょゆうけん)とは、特許権実用新案権意匠権商標権などの総称である。産業財産権さんぎょうざいさんけん)。知的財産権(あるいは無体財産権)の領域のひとつであり、主として企業活動に関するものを含む。




「工業所有権」の続きの解説一覧



工業所有権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工業所有権」の関連用語

工業所有権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



工業所有権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2019 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ工業所有権の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの工業所有権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS