発明者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 産学連携用語 > 発明者の意味・解説 

発明者

「発明者」とは、特許発明した人のことを指す。
「発明者」と「特許権者」は必ずしも一致しない先願主義を取る特許制度の下では、出願人特許権者となる。

発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/04 13:49 UTC 版)

発明者(はつめいしゃ)




「発明者」の続きの解説一覧

発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/05 14:54 UTC 版)

直流発電機」の記事における「発明者」の解説

アントニオ・パチノッティ - 1865年直流発電機発表したゼノブ・グラム - 1869年グラム発電機開発した

※この「発明者」の解説は、「直流発電機」の解説の一部です。
「発明者」を含む「直流発電機」の記事については、「直流発電機」の概要を参照ください。


発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/01 21:07 UTC 版)

ウェンデル・ブラウン」の記事における「発明者」の解説

2012年1月スイスダボス開催され世界経済フォーラムWorld Economic Forum)において、ブラウン開発した省エネルギー技術がテクノロジー・パイオニア・アワードにノミネートされた。同年5月スマートフォンアプリ技術開発CTIAスマートフォン新技術アワードCTIA Smartphone Emerging Technology Award)を受賞ブラウン開発した電気通信技術10億以上の通話使用され多数のボイスメールアカウントに使用されているコンピュータセキュリティ電気通信携帯電話アプリ仮想ネットワーク(バーチャルワーク)、電気自動車LED照明3Dカメラ再生可能燃料、及び音楽ネット配信などの分野での開発多数アメリカ合衆国特許国際特許取得2008年には、携帯電話使って食事の量を計算し健康維持促すアプリ、「WebDiet」を開発した。 WebDietアプリカロリー計算をして食事制限コーチング自動化した初めてのアプリとして知られている

※この「発明者」の解説は、「ウェンデル・ブラウン」の解説の一部です。
「発明者」を含む「ウェンデル・ブラウン」の記事については、「ウェンデル・ブラウン」の概要を参照ください。


発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 06:11 UTC 版)

レインボーテーブル」の記事における「発明者」の解説

レインボーテーブルの発明者は Philippe Oechslin であり、Windows のパスワードクラッカーである Ophcrack実装行っている後には、より多くの種類の文字ハッシュ関数LMハッシュ, MD5, SHA-1 など)に対応した en:RainbowCrack も開発されている。

※この「発明者」の解説は、「レインボーテーブル」の解説の一部です。
「発明者」を含む「レインボーテーブル」の記事については、「レインボーテーブル」の概要を参照ください。


発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 09:27 UTC 版)

ピンスクリーンアニメーション」の記事における「発明者」の解説

フランス人アレクサンドル・アレクセイエフ彼のクレア・パーカーによって技術開発された。 クレア・パーカーによると、ピンスクリーンによって作成され画像は、セルアニメーションフラットなコミック」の側面から脱出し代わりにキアロスクーロ影の効果利用して劇的で詩的なアニメーション映画作成することを可能にしましたピンの影から投影される目的のグレートーンを取得するには、いくつかの方法使用されます。[要説明] アレクサンドル・アレクセイエフ 1901年8月5日ロシアカザン出身 1932(最初のテスト)と1935年の間、パリで自分のスタジオでクレア・パーカーは、彼女自身の名前で登録されBrevet d'InventionNº792340・デ・ラ・ディレクションでPropriétéIndustrielle、MinistèreduCommerce et de L´Industrie、RépubliqueFrançaiseパリ1935年。 彼らはそれを使って50年で合計6本の非常に短い映画作りましたフィルムは、デバイス使いにくいために実行時間短く、白い表面上の影を使用して画像作成されるため、モノクロ性質ありますアレクサンドル・アレクセイエフパーカー製作したオリジナルのピンスクリーンには、100万以上のピンありました。現在、そのピンスクリーンは、パリ近郊国立映画映像センター動画センター保管してある。現在モントリオールカナダ国立映画庁にあるピンスクリーンには、240,000本のピンありますピン通常小さなツール一度ピングループ、または他の特殊な機器押されます。非常に薄いため、個々のピン操作することは非常に困難であり、実際には望ましくありません一度1つピン移動すると、ピン曲がってピンスクリーン台無しになるリスクあります。さらに、1つピンによって投影される影はごくわずかであり、ほとんど知覚できませんグループ操作され場合にのみ、ピンの影がキアロスクーロ効果生み出すのに十分な密度になりますピングループは、特別に作成されたものから、電球スプーンフォークさらにはロシアマトリョーシカ人形などのよりありふれたものまで、さまざまなツール押し出されます。フレーム一度1つずつ作成され、各フレーム前のフレーム増分変更です。各フレーム撮影した後、画像つなぎ合わせて、一時停止することなく画像作成しますピンを含むフレームアセンブリは非常にしっかりと構築され安全な方法取り付けられ映画の各画像入念に構成されているため、アニメーションカメラに毎日毎週安定した画像提供しますカナダ国立映画庁NFB of Canada)との関与 カナダ国立映画庁NFB of Canada)はピンスクリーンアニメーション直接的な開発関与していない。しかし、カナダ国立映画庁は、二人製作したピンスクリーン1つ購入。そして1972年8月7日アレクサンドルアレクセイエフパーカーゲストとして、NFB内のアニメーターグループピンスクリーンデモンストレーションしました。セシルスター(アレクサンドルアレクセイエフパーカー友人であり、米国での彼らの作品配給業者)が、アレクサンドルアレクセイエフ知識維持する機会を逃してならないことをノーマンマクラレン話しかける介入を最も強く主張したため、このデモンストレーション撮影され後にNFBによって発表されたピンスクリーンとして。この映画は、「ピンスクリーンテスト」(1961年とともにノーマンマクラレン:マスターズエディションDVDコレクションディスク7に収録されている。この映画では、キャロラインリーフを含む、ピンスクリーンボードを使った実験最後にいくつかのアニメーター見ることできます。 ピンスクリーンアニメーター 日本人には確認されていないジャック・ドゥルーアン 2005年引退するまで、国立映画庁のはピンスクリーンアニメーション関与し続けましたDrouinピンスクリーン作品には、1976年の映画Mindscape / Lepaysagisteが含まれいました。 ミシェル・レミュー は、2012年の映画「Hereand the Great Elsewhere 」で、NFB支援を受けてピンスクリーン使用しました2015年CNCは、1977年にアレクサンドルアレクセフとパーカー製作した最後のピンスクリーンであるエピネットを買収して復元しました。 新世代のピンスクリーンアーティストを鼓舞するイニシアチブの一環として、Lemieux指導の下、8人のアーティスト新しく復元されデバイストレーニングするよう招待されました。フランスアニメーター、ジャスティンヴィルステカーは、エピネットでの4週間集中滞在選ばれたアーティスト1人でした。このレジデンシーにより、Vuylstekerは2018年短編映画Embraced を完成させました。 その他 Ward Flemingは、これまでに世界中で5,000個以上を販売したおもちゃである、垂直3次元画像スクリーン特許取得しましたそれ以来より小さく、より安価なモデルが「ピンアート」と呼ばれる7インチおもちゃバージョンとして開発され科学博物館Web印刷されカタログ販売されることもあります。このデバイスは、ピンスクリーンボードの手法に触発されたとしても、ピンスクリーン呼ばれるべきではありません。AlexeïeffParkerによって作成され元のピンスクリーンいくつかの類似点ありますが、これらの類似点ピンスクリーンにはなりません。動きに強いヘッドレスピンではなく自由に動く釘でできています。ネイル密度分布によってある種画像形成しますが、元のピンスクリーンでは、画像影を落として作成されます。影を落とさなければピンスクリーンありません。 この形式アニメーションは非常に時間がかかり、実行困難であるため、最も人気のないアニメーション方法になります。その不人気追加理由は、その高価な性質です。個人的にはピン比較安価です。ただし、1つ画面完成させるために100万上が使用されることも珍しくなく、製造コスト急速に増加します。 おそらく、ピンスクリーン技法の最も有名な使用法は、カフカ小説審判」のオーソンウェルズ1962年の映画です。映画は短いが印象的なピンスクリーンセグメントで始まり、その要素俳優の上と後ろに投影され後のシーンで再び現れます

※この「発明者」の解説は、「ピンスクリーンアニメーション」の解説の一部です。
「発明者」を含む「ピンスクリーンアニメーション」の記事については、「ピンスクリーンアニメーション」の概要を参照ください。


発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 15:32 UTC 版)

インスタントコーヒー」の記事における「発明者」の解説

コーヒー即席食品化する場合抽出液粉末化するがもっと簡易である。しかし、その加工過程では嗜好品であるコーヒーにとって重要な味や香り損なわれやすい。加工後も味と香り維持する技術改良史が、インスタントコーヒー歴史と言える1771年イギリス溶かすインスタントコーヒー発明されたが、製品貯蔵可能期間が短く発展せず1853年にもアメリカで開発試みられたが、保存成功しなかった。 1889年にニュージーランドインバーカーギルのコーヒー香辛料販売業者デイビッド・ストラングが「ソリュブル・コーヒー・パウダー」(可溶性コーヒー粉末)の作成法特許取得し、「ストラング・コーヒー」として製品化したのが、記録確認できる最初のとされる1899年にアメリカイリノイ州シカゴ在住していた日本人科学者カトウ・サトリ博士が、緑茶即席化する研究途上揮発性オイル使用したコーヒー抽出液真空乾燥する技術発明し1901年ニューヨーク州バッファロー開催されたパンアメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」と名づけて発表した1903年カトウ特許取得した(USP735777)が、商品化には成功しなかった。 1906年アメリカ合衆国でジョージ・コンスタント・ルイス・ワシントン(英語版)がインスタントコーヒー製法特許取得し、「Red E Coffeeとしての製品化経て成功収めたが、ストラングカトウ製法ワシントン製法との関連不明である

※この「発明者」の解説は、「インスタントコーヒー」の解説の一部です。
「発明者」を含む「インスタントコーヒー」の記事については、「インスタントコーヒー」の概要を参照ください。


発明者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 04:37 UTC 版)

パルスオキシメーター」の記事における「発明者」の解説

日本光電工業株式会社青柳卓雄、岸道男田貫之助によって昭和49年1974年)に発明されものである1974年3月29日日本光電工業株式会社青柳卓雄らにより、パルスオキシメーター原理に関する特許光学式血液測定装置」が出願され、それに遅れること1ヶ月弱の1974年4月24日パルスオキシメーター開発独自に進めていたミノルタカメラ(現コニカミノルタ)より、「オキシメーター」の特許出願なされたこれらの発明は、後に全世界患者安全に計り知れないほど大きな進歩もたらした

※この「発明者」の解説は、「パルスオキシメーター」の解説の一部です。
「発明者」を含む「パルスオキシメーター」の記事については、「パルスオキシメーター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発明者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「発明者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発明者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発明者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発明者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの直流発電機 (改訂履歴)、ウェンデル・ブラウン (改訂履歴)、レインボーテーブル (改訂履歴)、ピンスクリーンアニメーション (改訂履歴)、インスタントコーヒー (改訂履歴)、パルスオキシメーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS