発明家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 発明家の意味・解説 

発明家

作者ジョルジュ・ローデンバッハ

収載図書街の狩人
出版社沖積舎
刊行年月1987.10


発明家

作者ペーター・ビクセル

収載図書テーブルはテーブル
出版社未知谷
刊行年月2003.4


発明家


発明家

作者ヒロタカズマ

収載図書未来からの伝言エポカ世界 新
出版社J・P・S
刊行年月2005.11


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 02:05 UTC 版)

発明家(はつめいか、inventor)は、一般に発明を行う個人を指す。また、狭義では、その中でも特に、組織に属さず個人で発明を行う者(いわゆる個人発明家)を指す場合や、後世に多大な影響を与えた重要な発明を行った者を指す場合もある。




「発明家」の続きの解説一覧

発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/17 15:03 UTC 版)

ペンギン草紙」の記事における「発明家」の解説

本名不明古地図屋で見つけたパジンゴ博士設計図から鯨油精製する機械作り工場売り込んでいた。

※この「発明家」の解説は、「ペンギン草紙」の解説の一部です。
「発明家」を含む「ペンギン草紙」の記事については、「ペンギン草紙」の概要を参照ください。


発明家(ライオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 17:44 UTC 版)

トリックスター (オンラインゲーム)」の記事における「発明家(ライオン)」の解説

に関しスキル中心に覚える。

※この「発明家(ライオン)」の解説は、「トリックスター (オンラインゲーム)」の解説の一部です。
「発明家(ライオン)」を含む「トリックスター (オンラインゲーム)」の記事については、「トリックスター (オンラインゲーム)」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 01:51 UTC 版)

福岡県出身の人物一覧」の記事における「発明家」の解説

和泉要助人力車発明者田中久重(「東洋エジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれる発明家。田中製作所(現・東芝創業者):久留米市 矢頭良一自動算盤手回し計算機)の発明者ライト兄弟よりも早く飛行機研究着手した人物):豊前市

※この「発明家」の解説は、「福岡県出身の人物一覧」の解説の一部です。
「発明家」を含む「福岡県出身の人物一覧」の記事については、「福岡県出身の人物一覧」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/19 20:09 UTC 版)

ヒューゴー・ガーンズバック」の記事における「発明家」の解説

高性能新型バッテリー発明し、これを商品化するために1904年2月アメリカに移住し、後に帰化して英語風にヒューゴー・ガーンズバック(Hugo Gernsback)に改名した1904年秋、ガーンズバック新型バッテリー売込み中に欧州では当たり前の電気部品米国では品薄なことに気付きニューヨークにThe Electro Importing Company設立して輸入電気部品通信販売手掛けるようになった1905年ガーンズバックドイツ時代無線実験経験をもとに世界初となる一般大衆向け無線電信機「テリムコ」の開発商品化成功した。「テリムコ」は今でいうところの短波から超短波帯火花送信機コヒーラ受信機が組になった商品で、同年11月雑誌広告出し全米通信販売をはじめた。先進諸国では電信法電波法より政府が電波管理していたが、唯一アメリカだけは電波使用国民自由に任せていた。そのため無線機操作資格許可証不要であり、テリムコ無線電信機は「大衆無線機」として大ヒットとなった

※この「発明家」の解説は、「ヒューゴー・ガーンズバック」の解説の一部です。
「発明家」を含む「ヒューゴー・ガーンズバック」の記事については、「ヒューゴー・ガーンズバック」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 23:30 UTC 版)

お仕事式人生ゲーム めざせ職業王」の記事における「発明家」の解説

給料は低いが、日々新たな発明品作り、その売り上げ次第で臨時収入が入る。資金援助という名目最初から大金を持っているが、同時にローン組まれており、少しずつ返さなければならないまた、カードマスでは通常より強力なカードを「発明」して入手することが出来る

※この「発明家」の解説は、「お仕事式人生ゲーム めざせ職業王」の解説の一部です。
「発明家」を含む「お仕事式人生ゲーム めざせ職業王」の記事については、「お仕事式人生ゲーム めざせ職業王」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 10:28 UTC 版)

ウィリアム・シュワード・バロース1世」の記事における「発明家」の解説

1882年彼は銀行行員として働き始めた勤務時間大半預金元帳確認だった。その頃から、バロース加算機(英語版)を作成して問題を解決することに興味持ち始めた銀行には初期の加算器が既に存在していたが、経験の浅い行員操作すると、誤った時にはとんでもな答え出してしまうことがあった。事務員仕事バロース希望するものではなかった。彼は機械いじりに対する自然な愛と才能を持っており、彼にとって事務としての生活は退屈で単調なのだった銀行での7年間で彼は健康を損ない退職余儀なくされた。 1880年代初め(1880-1882年)に、バロース医師から温暖な気候地域に移るよう勧められミズーリ州セントルイス移り、発明家ジョセフ・ボイヤー(英語版)のボイヤーマシン社で職を得た新し環境は、彼にとって魅力的で、彼が心に抱いていたアイデア実現するのを早めることとなった。ボイヤーマシン社の工具により、彼は加算器最初の概念具体的な形にする機会を得た。 ここで彼は事務作業単調さ緩和するために設計された"calculating machine"(計算機)を発明した1885年特許出願)。1890年までに、この機械銀行業界で有名になり、採用広まった彼は1886年にアメリカン・アリスモメータ・カンパニー(American Arithmometer Company)を設立した彼の死後の1904年パートナーのジョセフ・ボイヤーは、社名をバロース・アッシング・マシン・カンパニー(Burroughs Adding Machine Company)に改称した同社1953年バロースとなり、1986年スペリー買収合併してユニシスとなった彼は死の直前フランクリン研究所英語版)からジョン・スコット賞英語版)を授与された。死後全米発明家殿堂殿堂入りした。 バロースは、1892年電気目覚まし時計特許取得した彼はアラバマ州モービル郡のシトロネル(英語版)で死去しミズーリ州セントルイスのベルフォンテーヌ墓地埋葬された。

※この「発明家」の解説は、「ウィリアム・シュワード・バロース1世」の解説の一部です。
「発明家」を含む「ウィリアム・シュワード・バロース1世」の記事については、「ウィリアム・シュワード・バロース1世」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 01:47 UTC 版)

クルル (ケロロ軍曹)」の記事における「発明家」の解説

幼年体でケロン軍少佐として在籍した過去を持つ天才児だった。 アニメでは発明道具紹介するときはドラえもん口調になったり、歌うような抑揚紹介したりすることがある

※この「発明家」の解説は、「クルル (ケロロ軍曹)」の解説の一部です。
「発明家」を含む「クルル (ケロロ軍曹)」の記事については、「クルル (ケロロ軍曹)」の概要を参照ください。


発明家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 09:00 UTC 版)

フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ」の記事における「発明家」の解説

その後彼は色々な機械装置発明し画家としての名声同じくらい有名となったそれらの一つは実験的な劇場で演じられ全く新しい効果利用した演劇で、舞台背景後から光を当てて月と星表現し金属ガーゼ透明な青い板および銀のばらばらな糸によって作る幻想的な水の流れ表現するなど、当時人々驚き目で見られた。

※この「発明家」の解説は、「フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ」の解説の一部です。
「発明家」を含む「フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ」の記事については、「フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発明家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「発明家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



発明家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発明家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発明家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発明家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペンギン草紙 (改訂履歴)、トリックスター (オンラインゲーム) (改訂履歴)、福岡県出身の人物一覧 (改訂履歴)、ヒューゴー・ガーンズバック (改訂履歴)、お仕事式人生ゲーム めざせ職業王 (改訂履歴)、ウィリアム・シュワード・バロース1世 (改訂履歴)、クルル (ケロロ軍曹) (改訂履歴)、フィリップ・ジェイムズ・ド・ラウザーバーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS