フランクリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > フランクリンの意味・解説 

フランクリン 【Franklin】 ○

Benjamin F.〕 (1706~1790アメリカの政治家・哲学者科学者独立際し大陸会議代表や独立宣言起草委員務める。また,電気に関する「凧(たこ)実験」と避雷針発明は有名。「自叙伝」は広く読まれた。
Rosalind Elsie F.〕 (1920~1958イギリス生物物理学者DNAX 線回折により二重螺旋(らせん)構造発見業績をあげた。

フランクリン (Franklin, Benjamin)

フランクリンという人は

ベンジャミン・フランクリン ベンジャミン・フランクリン

アメリカ 1706~1790

電気凧による実験

避雷針発明

アメリカ独立宣言起草者の一人でもあり世界史的にはこちらで有名である。

貧し石鹸職人ニュー・イングランドアメリカ新大陸)の移民の子としてボストン17兄弟15番目に生まれる。 初等中学校通っていた12歳のフランクリンは兄の印刷所見習いに出されるが、どうも兄とは気が合わず20歳独立して、 1729年にペンシルバニア・ガゼット紙を買収する。経営者編集者として活躍しこの新聞を有名にした。

自然科学研究興味をもち、1743年アメリカ学会設立には主役的な貢献をする。 電気興味をもつのは1746年スコットランドからきていたスペンス氏の実験見てからである。 ロンドン王立協会会員友人コリンソンからガラス管実験心得書を送ってもらい、彼の輝かしい経歴スタートする。 が、経営人任せになる。

フランクリンの主な経歴

1750年デュフェイ電気二流体論反対電気一流体論提唱する。 実験装置を自らの理論改良して静電起電機作成し、ライデン瓶用いて電気二流体論検証していく。 デュフェイのいう樹脂電気帯電した板状物質と、ガラス電気帯電した板状物質重ね合わせる帯電がなくなることを発見し、 このことから2種類の電気があるのではなく片方には電気余分にあり、片方では電気が不足しているのではないか両者接触することにより不足分が補われるのではないか考え1種類の電気平均化していると唱えた。

こんな実験をしている。二人の人がそれぞれ絶縁した台の上乗り、布でこすったガラス管から電気をもらう。 一人ガラス管もう一人は布から電気をもらい、二人指先を近づけていくと片方から相手のほうへ火花飛び両方電気中和された。

ガラス電気とは電気過剰な状態、樹脂電気とは電気が不足している状態、過剰と不足が接触すると電気流体となり、平均化する流体流れ止める接触しない状態での平均化しようとする力が吸引力反発力であり、この力が大きいときに火花電撃が起きるとし、ガラス電気陽電気樹脂電気陰電気とした。 これがフランクリンの電気一流体論である。しかし、一流体論確定にはまだならず、デュフェイシーマー二流体論とフランクリンの一流体論論争となる。

リヒマン教授感電 リヒマン教授感電

1752年、有名な凧による実験をする。 電気現象であることはフランクリン以前にもイギリスホークスビーなどが推測はしていた。 これを実験によって解明したのがフランクリンの凧あげ実験である。 ライデン瓶発生する火花小さな考えたフランクリンは、金属棒をつけた凧をあげ湿った麻ひもを凧糸とし、糸の終端に鍵状の金属をつけ建物くくりつけた。 凧が雷雲中に消えていき、ふいに凧糸が、まるで糸の繊維同士反発しているかのように膨れた。 鉤状金属に指を近づけるとライデン瓶のときと同じようにパチパチ感電した。鉤状金属ライデン瓶接続し、蓄えることに成功する電気であることの確認法に体感法をとったというのが現在では考えられないが、こういう実験のもとに今の技術があることは言うまでもない。 フランクリンは助かったが、後日ロシアで同じ実験をしたリヒマン教授感電死している。 フランクリンの実験真夏雷雨中行われた。ライデン瓶蓄えられる日によって陽電気の日もあれば陰電気の日もあったという。 18世紀にそんなことまでと、まあビックリである。

1753年避雷針発明する。ライデン瓶実験先端尖ったものを近づけると遠距離でも放電することに気づいていたフランクリンは、実は1749年頃に避雷針を作っている。 実用されるのは1752年実験電気であるという実証がなされた後ということで、避雷針当時、フランクリンの棒と呼ばれた。 どこの町でも高い位置にある教会にまず設置され、避雷針教会目印になっていった

1753年コプリ・メダル受賞

ベンジャミン・フランクリン

フランクリンの研究成果コリンソン通じてイギリス学会に送られたが、 当時アメリカイギリス本国にとっては未開の地という認識であったため、軽く笑われて終わってしまったという。 フランクリンの名が世に出たのは、フランスのダリバールらが同じ実験成功して後のことである。 当時アメリカ大陸でのイギリスフランス両国対立考えると、フランス人によってイギリス学会はフランクリンを認めたことになるのが面白い。 ロンドン王立協会会員名を連ねることになる。


フランクリン

名前 FranklynFranklin

フランクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 19:38 UTC 版)

フランクリンFranklin)は英語圏の姓、男性名、地名。




「フランクリン」の続きの解説一覧





フランクリンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フランクリンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フランクリン」の関連用語

フランクリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ピカール

マルコーニ

ワット

ニュートン

ゲーリッケ

ファラデー

グラム

ドブロウォルスキー





フランクリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2017 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランクリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS