流体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流体 > 流体の意味・解説 

りゅう‐たい〔リウ‐〕【流体】

読み方:りゅうたい

気体液体との総称外力に対して容易に形を変える性質をもつもの。流動体

「流体」に似た言葉

りゅうたい 流体 fluid


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 07:08 UTC 版)

流体(りゅうたい、: fluid)とは静止状態においてせん断応力が発生しない連続体の総称である[1]




  1. ^ a b c d 今井功 『流体力学(前編)』 裳華房、1973年11月25日発行。ISBN 4-7853-2314-0 
  2. ^ 山田英巳; 濱川洋充; 田坂裕司 『流れ学 流体力学と流体機械の基礎』 森北出版、2016年、5頁。 
  3. ^ 湯川秀樹他『新装版 現代物理学の基礎 古典物理学I』 岩波書店、2011年8月26日第1刷発行、ISBN 978-4-00-029801-8
  4. ^ 小峯龍男 『よくわかる最新流体工学の基本』 秀和システム、2006年4月6日第1版第1刷発行。ISBN 4798012831 
  5. ^ 谷一郎 『流れ学』 岩波全書、1967年5月30日発行。ISBN 4000214314 
  6. ^ a b c d 巽友正 『新物理学シリーズ21 流体力学』 培風館、1982年4月15日初版発行。ISBN 4-563-02421-X 
  7. ^ 山田英巳; 濱川洋充; 田坂裕司 『流れ学 流体力学と流体機械の基礎』 森北出版、2016年、6頁。 
  8. ^ a b c 神部勉 『流体力学』 裳華房、1995年9月20日発行。ISBN 478532063X 
  9. ^ シュッツ; 江里口良次・二間瀬敏史訳 『相対論入門』 丸善、2010年11月30日発行。ISBN 978-4-621-08309-3 
  10. ^ 後野正雄 流れの科学講義ノート
  11. ^ 大橋秀雄 『流体力学 1』 コロナ社、1982年12月10日発行。ISBN 433904010X 


「流体」の続きの解説一覧

流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 10:05 UTC 版)

静水圧平衡」の記事における「流体」の解説

静水圧平衡流体静力学や流体の平衡原理密接に関連している。静水圧平衡水中物質重さ計る際に重要な役割果たしており、これがアルキメデスによる比重発見つながった一般に地球大気における水平スケールが約100km以上の現象や、海洋大部分では、良い精度静水圧平衡成り立っていると見なすことができる。

※この「流体」の解説は、「静水圧平衡」の解説の一部です。
「流体」を含む「静水圧平衡」の記事については、「静水圧平衡」の概要を参照ください。


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:12 UTC 版)

物質の状態」の記事における「流体」の解説

詳細は「流体」を参照 流体は、その形が自由に変わり流動できる状態である。三態に入る概念ではないが、固体対立する態であり、液体気体は流体である。流体の変形運動について流体力学取り扱われる前述のプラズマも流体である。 粘弾性体ある程度弾性流動性併せ持つ態である。弾性流体ともいい、その力学レオロジー取り扱われる

※この「流体」の解説は、「物質の状態」の解説の一部です。
「流体」を含む「物質の状態」の記事については、「物質の状態」の概要を参照ください。


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 02:06 UTC 版)

状態方程式 (宇宙論)」の記事における「流体」の解説

膨張する宇宙では、より大きな値の状態方程式の流体は、より小さい状態方程式それよりもすみやかに消失する。これは平坦な宇宙ビッグバンモノポール問題に帰結する。すなわち曲率は w = − 1 / 3 {\displaystyle \!w=-1/3} を、モノポールw = 0 {\displaystyle \!w=0} を持つ。そして、それらがビッグバン初期の時点で存在したならば、それらは現在も観測されるはずだが、これは現在未解決であるこれらの問題は w ≈ − 1 {\displaystyle \!w\approx -1} を持つインフレーション宇宙論により解決されるダークエネルギー状態方程式計測することは観測的宇宙論最大の仕事の1つである。 w {\displaystyle \!w} を正確に測定することで、宇宙定数が w ≠ − 1 {\displaystyle \!w\neq -1} を持つクインテッセンス区別できるうになる期待されている。

※この「流体」の解説は、「状態方程式 (宇宙論)」の解説の一部です。
「流体」を含む「状態方程式 (宇宙論)」の記事については、「状態方程式 (宇宙論)」の概要を参照ください。


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 21:03 UTC 版)

仕事 (物理学)」の記事における「流体」の解説

油圧システムのような流体による仕事の伝達機構考える。二つピストン-シリンダ接続した内部に流体が封入されている系において、ピストン移動して流体が一方シリンダから他方シリンダ移動するとき、適当な条件の下で仕事変化しない不変量である。まず、流体の圧縮無視できる場合には、ピストンの移動距離シリンダ断面積逆比例する。 Δ L = Δ V S {\displaystyle \Delta L={\frac {\Delta V}{S}}} また、流体の流れ無視できて静止流体とみなせる場合には、パスカルの原理によりあらゆる点において圧力静圧)は一定である。従っピストンにかかる力はシリンダ断面積比例するF = p S {\displaystyle F=pS} 従って、仕事シリンダ断面積依らない。 W = F Δ L = p Δ V {\displaystyle W=F\,\Delta L=p\,\Delta V}

※この「流体」の解説は、「仕事 (物理学)」の解説の一部です。
「流体」を含む「仕事 (物理学)」の記事については、「仕事 (物理学)」の概要を参照ください。


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 22:16 UTC 版)

連続体力学」の記事における「流体」の解説

静止状態任意の点の全ての断面において接線応力が0になる連続体を流体という 。 静止状態にある流体の任意の点xに対し、 xにおける法線n方向法線応力は-pnの形に書け、しかもpはxのみに依存し法線nに依存しない事が簡単に証明できる応力-pn静水圧という。 pが正のとき静水圧圧力であり、負のとき静水圧張力である。流体が気体もしくは熱平衡状態にある液体であれば pは常に正である事が知られているが、準熱平衡状態にある液体ではpが負になる事もありうる。これを負圧といい、樹木による樹液吸い上げ地面凍上観測される現象である。 運動状態においても接線応力生じない流体を完全流体という。オイラー時代には流体はどれも完全流体としてモデル化されていたが、接線応力無いという事は、運動している流体の中に棒をさしても一切抵抗受けないという事なので直観に反する(ダランベールのパラドックス)。 こうした事情から、流体であっても運動している際に抵抗を受けるものとしてモデル化されるようになった運動している流体の応力が σ i j = G i j + ∑ k l G i j k l ′ E ˙ k l {\displaystyle \sigma _{ij}=G_{ij}+\sum _{kl}G'_{ijkl}{\dot {E}}_{kl}} (F1) と歪み速度テンソル一次式記述できる流体をニュートン流体そうでない流体を非ニュートン流体という。 流体の定義から静止状態では接線応力が0なので、Gij静水圧pを用いて G i j = − p δ i j {\displaystyle G_{ij}=-p\delta _{ij}} (F2) と書ける。さらに流体が等方性満たせば、弾性体の時と同様議論により G i j k l = ζ δ i j δ k l + η ( δ i k δ j l + δ i l δ j k ) {\displaystyle G_{ijkl}=\zeta \delta _{ij}\delta _{kl}+\eta (\delta _{ik}\delta _{jl}+\delta _{il}\delta _{jk})} (F3) が成立する。 (F1)、 (F2)、 (F3)より、 σ i j = ( − p + ζ ∑ k E ˙ k k ) δ i j + 2 η E ˙ i j {\displaystyle \sigma _{ij}=(-p+\zeta \sum _{k}{\dot {E}}_{kk})\delta _{ij}+2\eta {\dot {E}}_{ij}} (F4) である。ηをずれ粘性率(shear viscousity)あるいは単に粘性率といい、ζを第二粘性率という。 定義より体積歪み速度i E ˙ i i {\displaystyle \sum _{i}{\dot {E}}_{ii}} は ∑ i σ i i = 3 ( − p + χ ∑ i E ˙ i i ) χ := ζ + 2 3 η {\displaystyle {\begin{array}{ll}\sum _{i}\sigma _{ii}&=3(-p+\chi \sum _{i}{\dot {E}}_{ii})\\\chi &:=\zeta +{2 \over 3}\eta \end{array}}} (F5) を満たす。 χを体積粘性率(bulk viscousity)という。 η=ζ=0であれば運動している場合でも接線応力が0である事になるので、これは流体が完全流体である事を意味するこのため完全流体の事を非粘性流体ともいう。

※この「流体」の解説は、「連続体力学」の解説の一部です。
「流体」を含む「連続体力学」の記事については、「連続体力学」の概要を参照ください。


流体(りゅうたい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:41 UTC 版)

境界線上のホライゾン」の記事における「流体(りゅうたい)」の解説

空間構成要素。どんな矛盾許容する。流体が物質エネルギーの“性質”に変化密集し万物在る。無も「無」という性質の流体の密集で、世界に流体がない場所無いとされる。

※この「流体(りゅうたい)」の解説は、「境界線上のホライゾン」の解説の一部です。
「流体(りゅうたい)」を含む「境界線上のホライゾン」の記事については、「境界線上のホライゾン」の概要を参照ください。


流体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 09:20 UTC 版)

開口率」の記事における「流体」の解説

流体への特性表現する場合には、ある面積に対する流路面積比率を示す工学での「面積当り開口部割合」と同じである

※この「流体」の解説は、「開口率」の解説の一部です。
「流体」を含む「開口率」の記事については、「開口率」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「流体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

流体

出典:『Wiktionary』 (2019/07/11 05:19 UTC 版)

名詞

りゅうたい

  1. 液体気体総称

派生語

翻訳


「流体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



流体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「流体」の関連用語

流体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



流体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの流体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの静水圧平衡 (改訂履歴)、物質の状態 (改訂履歴)、状態方程式 (宇宙論) (改訂履歴)、仕事 (物理学) (改訂履歴)、連続体力学 (改訂履歴)、境界線上のホライゾン (改訂履歴)、開口率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの流体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS