潜熱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 熱量 > 潜熱の意味・解説 

せん ねつ [1] 【潜熱】

物質の状態変化のとき、温度変化を伴わずに吸収または放出される熱量。一モルあるいは単位質量あたりの値で表す。例えば、融解熱気化熱など。 ⇔ 顕熱
内部にひそんでいる熱。


潜熱

英語 latent heat

液体が同じ温度気体に、固体が同じ温度液体に変わるときに必要な熱をいう。前者気化潜熱または蒸発潜熱呼び後者融解潜熱と呼ぶ。逆にが氷に、気体液体に変わるときは熱を捨てる。物質蒸発したり融けたりするときに、状態(相)の変化(液体気体固体液体)のためだけに必要な熱のことをいう。これに対する語は顕熱である。エンジンでは、吸気マニホールドのなかで燃料蒸発するとき熱を奪い、吸気温度下げる。燃料によってピストン冷却するときも、燃料液体から気体になるときに周囲から奪う熱の性質利用している。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

せんねつ 潜熱 latent heat

固体から液体へ、液体から気体へ(あるいはその逆)物体変化するとき、 温度上昇伴わないで状態が変化する際に費やされる熱をいう。 融解熱蒸発熱昇華熱などを総称して状態変化の潜熱という。

潜熱

物質固体から液体液体から気体への変化相転移というが、潜熱は物質温度を変えずに、状態を変化させるために費やされる熱を言う。打ち水涼しくなるのは、蒸発して水蒸気になる(相転移する)時に熱を奪うため。
単位は、J /g (従来単位では、kcal/kg)。1J/g=0.238889kcal/kg

潜熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/26 04:22 UTC 版)

潜熱(せんねつ、英語: latent heat)とは、物質の変化するときに必要とされる熱エネルギーの総量である。通常は融解に伴う融解熱と、蒸発に伴う蒸発熱気化熱)の2つをいう。潜熱の概念は1750年ジョゼフ・ブラックが導入した。 物質が固体から液体、もしくは液体から気体相転移するときには吸熱が起こり、逆の相転移のときには発熱が起こる。上昇気流で凝結する際に生じる




「潜熱」の続きの解説一覧



潜熱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「潜熱」の関連用語

潜熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



潜熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2019 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの潜熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS