氷とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 天気予報用語 > の意味・解説 

ひょう【氷】

[音]ヒョウ(呉)(漢) [訓]こおり ひ こおる

学習漢字3年

[一]ヒョウ

こおり。「氷塊氷解氷山氷釈海氷堅氷砕氷製氷薄氷霧氷流氷

こおる。「氷結氷点

氷のように冷たく清い。「氷肌(ひょうき)・氷心

[二]〈こおり(ごおり)〉「氷水氷砂糖薄氷初氷

[三]〈ひ〉「氷雨(ひさめ)・氷室(ひむろ)」

[補説] 「冰」は本字

名のり]きよ

難読氷柱(つらら)


ひ【氷/×冰】

水のこおったもの。こおり。

「―を、物のに置きて割るとて」〈源・蜻蛉

(ひょう)。

いとかく地の底とほるばかりの―降り」〈源・明石〉


こおり〔こほり〕【氷/凍り】

固体状態になったもの。1気圧のもとではセ氏0度以下で固体化する比重0.917。《 冬》「歯豁(あらは)に筆の―を噛む夜哉/蕪村

冷たいものや鋭いもののたとえ。「―の刃(やいば)」「―のような心」

氷水(こおりすい)」の略。「―いちご」

氷襲(こおりがさね)」の略。


つらら【氷柱/氷】

水のしずくが凍って、軒下や山の岩などに棒状垂れ下がったもの。垂氷(たるひ)。《 冬》「みちのくの町はいぶせき―かな/青邨」

こおり。

書き流すあとは―にとぢてけり何を忘れぬ形見とか見む」〈更級

[補説] 書名別項。→氷柱

氷柱の画像

分野
に関する用語
用例
初氷海氷流氷

英訳・(英)同義/類義語:ice

水の結晶

作者マリアン・サーム

収載図書描かれた女性たち―現代女性作家短篇小説集
出版社スイッチ・コーポレイション書籍出版
刊行年月1989.6
シリーズ名SWITCH LIBRARY


作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書薔薇野獣
出版社東京創元社
刊行年月2003.10


作者石田千

収載図書部屋にて
出版社角川書店
刊行年月2007.6


作者北井恵子

収載図書ひたすら妙にこわい話寄せられた「体験
出版社光文社
刊行年月2007.7
シリーズ名光文社文庫


氷(こほり)

読み方:こおり

  1. ミズ転の隠語なり。

分類 花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヒ(hi

が0度以下になり凍ったもの

季節

分類 地理


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 03:48 UTC 版)

(冰、こおり)とは、固体の状態にあるのこと。


  1. ^ a b Yamane, Ryo; Komatsu, Kazuki; Gouchi, Jun; Uwatoko, Yoshiya; Machida, Shinichi; Hattori, Takanori; Ito, Hayate; Kagi, Hiroyuki (2021-2-18). “Experimental evidence for the existence of a second partially-ordered phase of ice VI”. Nature Communications 12 (1): 1129. doi:10.1038/s41467-021-21351-9. ISSN 2041-1723. 
  2. ^ a b “低温高圧下で新しい氷の相(氷XIX)を発見” (プレスリリース), 東京大学大学院理学系研究科・理学部, (2021年2月19日), https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/7238/ 2021年2月22日閲覧。 
  3. ^ Weber, Bart; Nagata, Yuki; Ketzetzi, Stefania; Tang, Fujie; Smit, Wilbert J.; Bakker, Huib J.; Backus, Ellen H. G.; Bonn, Mischa et al. (2018-06-07). “Molecular Insight into the Slipperiness of Ice”. The Journal of Physical Chemistry Letters 9 (11): 2838–2842. doi:10.1021/acs.jpclett.8b01188. https://doi.org/10.1021/acs.jpclett.8b01188. 
  4. ^ チコちゃんに叱られる!「拡大版SP!イチョウ並木・氷の謎・イラスト一挙公開!」”. TVでた蔵 (2019年12月27日). 2019年12月30日閲覧。
  5. ^ a b 製氷機を発明した人を動かした、熱い意志”. WIRED Japan. 2016年2月5日閲覧。
  6. ^ a b 溶けゆく氷を使っていた大正・昭和の冷蔵庫 変わるキッチン(第15回)~冷やす(後篇)”. 2016年2月5日閲覧。
  7. ^ 星野リゾート トマム(北海道占冠村)が厳冬期に設営する。「クールな夢 見られそう」朝日新聞』夕刊2019年1月22日(1面)2019年1月24日閲覧。
  8. ^ "Unique ice pier provides harbor for ships," Antarctic Sun. 8 January 2006; McMurdo Station, Antarctica.
  9. ^ Makkonen, L. (1994) "Ice and Construction". E & FN Spon, London. ISBN 0-203-62726-1
  10. ^ Stephanie Dalley (1 January 2002). Mari and Karana: Two Old Babylonian Cities. Gorgias Press LLC. p. 91. ISBN 978-1-931956-02-4. https://books.google.com/books?id=_oTh51M5XF4C&pg=PA91 
  11. ^ a b “コンビニ「氷特需」 コーヒー用カップ入り増産、札幌の工場フル稼働”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年8月7日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/555554.html 
  12. ^ International Equations for the Pressure along the Melting and along the Sublimation Curve of Ordinary Water Substance W. Wagner, A. Saul and A. Pruss (1994), J. Phys. Chem. Ref. Data, 23, 515.
  13. ^ Review of the vapour pressures of ice and supercooled water for atmospheric applications. D. M. Murphy and T. Koop (2005) Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society, 131, 1539.
  14. ^ National Snow and Data Ice Center, "The Life of a Glacier"
  15. ^ Chang, Kenneth (2004年12月9日). “Astronomers Contemplate Icy Volcanoes in Far Places”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2004/12/09/science/09ice.html 2012年7月30日閲覧。 
  16. ^ Tschauner, O.; Huang, S.; Greenberg, E.; Prakapenka, V. B.; Ma, C.; Rossman, G. R.; Shen, A. H.; Zhang, D. et al. (2018-03-09). “Ice-VII inclusions in diamonds: Evidence for aqueous fluid in Earth’s deep mantle” (英語). Science 359 (6380): 1136–1139. doi:10.1126/science.aao3030. ISSN 0036-8075. PMID 29590042. https://science.sciencemag.org/content/359/6380/1136. 



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 09:09 UTC 版)

(ひょう)は、漢姓の一つ。


注釈

  1. ^ a b 日本では「」が公的な字体として指定されているので、異体字として扱われるが、中国・台湾などでは、「」が公的な字体で、はその略字であり、異体字ということになる。実際、ウィクショナリーでも、「」が「氷」よりも古い字形(古字)であることが説明されている。が本来「」の象形文字であり、「」は会意文字なのである。事実、後述の#朝鮮の姓にあるように、朝鮮総督府による1930年の国勢調査で初めてこの姓が明確に記録されたとき、「冰」ではなく「」の字体が用いられている[2]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 袁義達・邱家儒(2010) 中国姓氏大辞典, 365頁「冰 bīng」。
  2. ^ 朝鮮総督府 『朝鮮の姓』(1930), p55,56,57,59,72 ほか。
  3. ^ a b 빙 [冰]” [冰] (朝鮮語). NAVER 지식백과 (ネイバー知識百科). ネイバー. 2019年9月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 金鎮禹 『韓国人の歴史』, (2009), p.368
  5. ^ a b 『韓国人の姓氏と族譜』, (2004), p.318


「冰」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/08/21 06:03 UTC 版)

発音

名詞

  1. (こおり) 、凝固して固体になったもの。

熟語


出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 07:00 UTC 版)

発音

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「氷」の関連用語

氷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



氷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの氷 (改訂履歴)、冰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS