比熱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 比熱 > 比熱の意味・解説 

ひねつ 比熱 specific heat

ものには比較少量の熱で温度著しく変わるものもあれば、水のようになかなか 変わらないものもある。このことを表すのに比熱という量を用いる。 つまり物質kg温度だけ上昇するのに要する熱量である。 Kcal/kgで表す。

比熱

【英】specificheat

単位質量通常1kg)の物質温度単位温度通常1K上昇させるのに必要な熱量(J)。
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

比熱

単位質量物質温度単位温度だけ上げるのに必要な熱量。[kJ/(kg・K)]

比熱(ひねつ)

ある物質1kgを温度1上昇させるのに必要なキロカロリー数を、その物質の比熱という。

比熱容量

(比熱 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 02:52 UTC 版)

比熱容量(ひねつようりょう、英語:specific heat capacity)とは、圧力または体積一定の条件で、単位質量物質を単位温度上げるのに必要な熱量のこと。単位は J kg−1 K−1 もしくは J g−1 K−1 が用いられる。の比熱容量(18℃)は、1 cal g−1 K−1 = 4.184×103 J kg−1 K−1 である[1]


  1. ^ calという単位は、現在、標準単位系ではなく、栄養学などの分野で歴史的遺物として取り扱われるものであり、J を用いることが推奨される。
  2. ^ 和達三樹; 十河清; 出口哲生 『ゼロからの熱力学と統計力学』 岩波書店、2005年、170頁。ISBN 4-00-006700-1 


「比熱容量」の続きの解説一覧



比熱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「比熱」の関連用語

比熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



比熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2020 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比熱容量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS