アインシュタインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 理論物理学者 > アインシュタインの意味・解説 

アインシュタイン

アインシュタインの画像 アインシュタインの画像
グループ名アインシュタイン
グループ名フリガナいんしゅたいん
グループメンバー名いなだ なおき/河井 ゆずる
URLhttps://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3262
プロフィール2010年11月結成された、稲田 直樹河井 ゆずるから成るお笑いコンビ主な出演作は、SUNアキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー』、ABC『今ちゃんの実は…』、テレビ朝日アメトーーク!』など、他多数
代表作品1年2019
代表作品1朝日放送今ちゃんの「実は…」』準レギュラー
代表作品2年20162020
代表作品2サンテレビアキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー
代表作品3年2019
代表作品3毎日放送痛快!明石家電視台
職種お笑い

» タレントデータバンクはこちら

アインシュタイン

名前 Einstein

アルベルト・アインシュタイン

(アインシュタイン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 07:45 UTC 版)

アルベルト・アインシュタイン[† 1]: Albert Einstein[† 2][† 3][1][2]1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者である。




注釈

  1. ^ 日本語における表記には、他に「アルバート・アインシュタイン」(現代ドイツ語の発音由来)、「アルバート・アインタイン」(英語の発音由来)がある。
  2. ^ ドイツ語発音: [ˈɑlbɛrt ˈaɪnˌʃtaɪn] ルベルト・インシュタイン、ルバート・インシュタイン
  3. ^ 英語発音: [ˈælbə(r)t ˈaɪnˌstaɪn] ルバ(ー)ト・インスタイン、ルバ(ー)インスタイン
  4. ^ マックス・ボルン宛の1926年12月4日付の手紙
    原文: Die Quantenmechanik ist sehr achtunggebietend. Aber eine innere Stimme sagt mir, daß das noch nicht der wahre Jakob ist. Die Theorie liefert viel, aber dem Geheimnis des Alten bringt sie uns kaum näher. Jedenfalls bin ich überzeugt, daß der Alte nicht würfelt.
    (直訳:量子力学はとても印象的です。しかし内なる声が私に、その理論はまだ真のヤコブになっていないと言っています。量子力学はとても有益なものではありますが、かの古人の秘密にはほとんど迫っていません。いずれにせよ私には、かの古人はサイコロを振らないという確信があるのです)
  5. ^ そのことで、単なる記号処理的な頭脳の働きでなく、全体を把握する能力を養ったという意見もある。
  6. ^ 言語に障害があったアインシュタインに、この視覚教育はよく合っていた。そして、昔培った視覚能力をそのアーラウでさらに高めた。それがのちの研究者としての人生に大きく関わることになる。
  7. ^ よって、おそらくアルベルトは誕生した自分の娘を一度も目にしなかっただろう、と推定される。なお、誕生した娘の名前も、その後どうなったかも、公式の記録が残っていない。娘に起きたことが明確に手紙に書かれているわけではないが、二人の手紙の微妙な文言から推察されるのは、子供が放棄されたかあるいは猩紅熱で亡くなったなどといったことが起きたのだろう、ということくらいである。
  8. ^ : Conrad Habicht
  9. ^ : Elsa Löwenthal
  10. ^ この発言については彼の有名な言葉の一つである「生きるには二つの方法しかない。何事も奇跡ではないかのように生きるか、あらゆることが奇跡であるかのように生きるかだ」が示すように、平和と戦争の両方に深く重く関わった彼だからこそ言える発言であるという声もある。[要出典]
  11. ^ 核分裂反応の観測によって実証されたことから、このような誤解が流布されているが、実際の所はすべてのエネルギー発生の現象において成り立つ公式である。
  12. ^ 同賞が授与されたのは公式的には、光電効果の法則等についての貢献に関して。相対性理論についてではない。
  13. ^ 1922年度の同賞受賞者・ニールス・ボーアと同時発表。授賞式典には参加できず、受賞者講演は1923年7月に行った
  14. ^ 当時の六大都市人口順):東京・大阪・神戸・京都・名古屋・横浜
    当時存在していた帝国大学(設立順):東京・京都・東北・九州・北海道
    当時存在していた帝大以外の旧制大学:慶應・早稲田など24校(内地22校、外地2校)
  15. ^ 大博劇場での講演の際、福岡県立福岡中学(現在の福岡県立福岡高等学校)が黒板を提供した。5時間の講演の後、教諭が演壇に消し忘れの黒板を発見しニスを塗り保存して福岡中学の物理の講義室に飾っていた。現在、その黒板の写真は高校の玄関内に掲げられているが、黒板自体の所在は不明。

出典

  1. ^ Einstein (Dictionary.com)
  2. ^ Albert Einstein (Oxford Learner's Dictionaries)
  3. ^ Albert Einstein – Biography”. Nobel Foundation. 2007年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。
  4. ^ a b c d 西原稔、安生健『アインシュタインとヴァイオリン』ヤマハミュージックメディア、2013年、21頁。
  5. ^ Stachel (2002), pp. 59–61.
  6. ^ C・ロヴェッリ『すごい物理学講義』河出文庫、2019年、P.85。
  7. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編者、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』IV 世界大戦ー現代 原書房 2005年 15ページ
  8. ^ a b 西原稔、安生健『アインシュタインとヴァイオリン』ヤマハミュージックメディア、2013年、22頁。
  9. ^ 『数学と理科の法則・定理集』アントレックス、2009年、148-149頁
  10. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編者、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』IV 世界大戦ー現代 原書房 2005年 18ページ
  11. ^ http://english4success.ru/Upload/books/1640.pdf [リンク切れ] Walter Isaacson(2007). "[EINSTEIN HIS LIFE AND UNIVERSE]". New York City. Simon & Schuster, Inc. p.1104-1107. 2016年8月18日閲覧
  12. ^ ビー・ウィルソン『キッチンの歴史:料理道具が変えた人類の食文化』真田真由子訳 河出書房新社 2014年 ISBN 9784309022604 pp.285-288.
  13. ^ 田中祐三. “魚雷の改良とアインシュタイン”. 戦時下に喪われた日本の商船. 2012年5月1日閲覧。
  14. ^ Albert Einstein (1879-1955) International Vegetarian Union (IVU)
  15. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、73頁。
  16. ^ ナンシー・アンドリアセン『心を探る脳科学』《NHK未来への提言》日本放送出版協会 p.91 ISBN 978-4140812228
  17. ^ レオン・レーダーマンクリストファー・ヒル対称性 レーダーマンが語る量子から宇宙まで小林茂樹訳、白揚社、2008年4月15日、[要ページ番号]ISBN 978-4-8269-0144-4
  18. ^ ブライアン・グリーン『エレガントな宇宙 超ひも理論がすべてを解明する』林一・林大訳、草思社、2001年12月25日、[要ページ番号]ISBN 4-7942-1109-0
  19. ^ Calaprice, Alice (2005). The new quotable Einstein. Princeton University Press. p. 173. ISBN 0-691-12075-7 
  20. ^ The culture of Einstein”. MSNBC (2005年4月19日). 2012年10月6日閲覧。
  21. ^ [1] Brainy Quote
  22. ^ 水崎拓『図解入門よくわかる相対性理論の基本』56頁
  23. ^ a b c d ケン・ウィルバー『量子の公案 現代物理学のリーダーたちの神秘観』田中三彦、吉福伸逸訳、工作舎、1987年、180-199頁。ISBN 4-87502-137-2
  24. ^ Foster, Brian (January 2005), “Einstein and his love of music”, PhysicsWorld 18 (1): 34
  25. ^ 西原稔・安生健『アインシュタインとヴァイオリン 音楽のなかの科学』ヤマハミュージックメディア、2014年、22ページ。ISBN 978-4-636-89993-1
  26. ^ Wolff, Barbara (2005), “Einstein und die Musik”, in Renn, Jürgen, Albert Einstein - Ingenieur des Universums. 100 Autoren für Einstein, pp. 254-255, ISBN 3-527-40579-8
  27. ^ R. Douglas Fields (2004-4). “The Other Half of the Brain”. Scientific American (290): 55-61. http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=the-other-half-of-the-bra. 
  28. ^ NHKスペシャル アインシュタイン 消えた“天才脳”を追え - NHK
  29. ^ “点描・百年史 アインシュタイン博士と東北大学”. 東北大学百年史編纂室ニュース (東北大学). (1998年8月31日). http://www2.archives.tohoku.ac.jp/hensan/news/kiji2.htm#アインシュタイン博士と東北大学 2012年5月1日閲覧。 
  30. ^ a b c 西原稔、安生健『アインシュタインとヴァイオリン』ヤマハミュージックメディア、2013年、25頁。
  31. ^ a b c 西原稔、安生健『アインシュタインとヴァイオリン』ヤマハミュージックメディア、2013年、26頁。
  32. ^ 人力車”. 94才のホームページ. 2012年5月1日閲覧。
  33. ^ アインシュタインと慶應義塾”. 慶應義塾 (2005年10月18日). 2012年5月1日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i 田賀井篤平. “田中舘愛橘とアインシュタイン”. 東京大学総合研究博物館. 2012年5月1日閲覧。
  35. ^ 『大正の能楽』倉田喜弘、国立能楽堂、1998年、398-399頁。
  36. ^ 坂元雪鳥『坂元雪鳥能評全集』上、畝傍書房、1943年、464頁。
  37. ^ アインシュタインと物理学科教授陣 / 大正11年(1922)12月(東北大学史料館)
  38. ^ The Collected Papers of Albert Einstein, Volume 13: The Berlin Years: Writings & Correspondence January 1922-March 1923, p.548.
  39. ^ “「仙台ホテル」159年の歴史に幕”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年12月30日). http://www.yomiuri.co.jp/tabi/news/20091230-OYT8T00271.htm 2012年5月1日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ “日本滞在43日、ゆかりの品々も”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2006年4月6日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/einstein/20060407ei02.htm 2012年5月1日閲覧。 
  41. ^ 『仙台学』vol.3 特集◎異邦人たちの仙台、荒蝦夷、2006年7月、 [要ページ番号]
  42. ^ 九州大学物理学教室企画・主催 (2005年9月10日). “世界物理年2005記念イベント 子どももおとなも楽しめるアインシュタインの宇宙”. 九州大学物理学教室. 2012年5月1日閲覧。
  43. ^ Einstein's travel diaries reveal 'shocking' xenophobia”. The Guardian. 2018年6月14日閲覧。
  44. ^ 「5章 核兵器は“絶対悪”という信念」『湯川秀樹 日本の「知性」、日本の「心」を世界に示した科学者宝島社別冊宝島 1444号 シリーズ偉大な日本人〉、2007年6月15日。ISBN 978-4-7966-5905-5
  45. ^ NHKスペシャルアインシュタインロマン」第5回「E=mc² 隠された設計図」(1991年11月24日放映)による
  46. ^ The New Grove Dictionary of Music and Musicians, ed. Stanley Sadie. 20 vol. London, Macmillan Publishers Ltd., 1980. ISBN 1-56159-174-2 における "Alfred Einstein"の記事。
  47. ^ The Concise Edition of Baker's Biographical Dictionary of Musicians, 8th ed. Revised by Nicolas Slonimsky. New York, Schirmer Books, 1993. ISBN 0-02-872416-X
  48. ^ TIME 100 Persons Of The Century (English). タイム (タイム・ワーナー). (1999年6月14日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,991227,00.html 2012年5月1日閲覧。 
  49. ^ “アインシュタインの「幸福論」、約2億円で落札 帝国ホテルでチップ代わりに” (Japanese). BBCニュース・オンライン(BBC News Japan). (2017年10月25日). http://www.bbc.com/japanese/41745019 2018年5月28日閲覧。 



アインシュタイン

出典:『Wiktionary』 (2017/01/18 14:06 UTC 版)

名詞

アインシュタイン

  1. 化学光子物質量単位国際単位系;SI)。記号はE。

語源

翻訳




アインシュタインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アインシュタイン」の関連用語

アインシュタインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アインシュタインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルベルト・アインシュタイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアインシュタイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS