マンハッタン計画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > マンハッタン計画の意味・解説 

マンハッタンけいかく -くわく 【マンハッタン計画】


マンハッタン計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 04:46 UTC 版)

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、: Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国原子爆弾開発に焦ったアメリカイギリスカナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日長崎8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。




  1. ^ Norris, Robert S (2002). Racing for the Bomb: General Leslie R. Groves, the Manhattan Project's Indispensable Man. Steerforth. pp. p.170. ISBN 978-1-58642-039-0. 
  2. ^ アシモフ, アイザック『原子核エネルギーの話』住田健二訳、東海大学出版会(原著1991年8月20日)、第5版、pp.151-155。ISBN 4486008715
  3. ^ ローズ(上)p.555
  4. ^ ローズ(上), p.559
  5. ^ ローズ(上), p.559
  6. ^ ローズ(上), p.579-581
  7. ^ a b Johnson & Jackson 1981, pp. 168–169
  8. ^ Hewlett & Anderson 1962, pp. 116–117.
  9. ^ Groves 1962, pp. 25–26.
  10. ^ ローズ(下), p.155
  11. ^ Jones 1985, p. 78.
  12. ^ Johnson & Jackson 1981, pp. 39–43.
  13. ^ Fine & Remington 1972, pp. 663–664.
  14. ^ Oak Ridge National Laboratory Review, Vol. 25, Nos. 3 and 4, 2002”. ornl.gov. 2009年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月9日閲覧。
  15. ^ Jones 1985, pp. 327–328.
  16. ^ Johnson & Jackson 1981, p. 49.
  17. ^ Johnson & Jackson 1981, pp. 14–17.
  18. ^ Jones 1985, p. 88.
  19. ^ a b Jones 1985, pp. 443–446.
  20. ^ ローズ(下), p171
  21. ^ ワシントン州ハンフォード (アメリカ合衆国環境保護庁) (英語)
  22. ^ ローズ(下), p172-173
  23. ^ 山極ら p700
  24. ^ a b Schwartz 1998.
  25. ^ Nichols 1987, pp. 34–35.
  26. ^ 『NHKスペシャル マネー資本主義』(2009)による。
  27. ^ 2013年8月6日付朝日新聞の別刷り特集より
  28. ^ Secret Cities The Architecture and Planning of the Manhattan ProjectNational Building Museum


「マンハッタン計画」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マンハッタン計画」の関連用語

マンハッタン計画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マンハッタン計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンハッタン計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS