家屋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 家屋 > 家屋の意味・解説 

か‐おく〔‐ヲク〕【家屋】

読み方:かおく

人が住むための建物。いえ。

[補説] 地方税法では、住家店舗工場倉庫その他の建物をいう。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 15:05 UTC 版)

家屋(かおく)は、が居住する建築物のこと。家(いえ)、住宅(じゅうたく)。


  1. ^ 空き家率、過去最高の13.5%=山梨、長野が上位―総務省 時事通信 2014年7月29日
  2. ^ 「放置空き家」対策法成立 立ち入り調査可能に”. 日本経済新聞社 (2014年11月21日). 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ 京都新聞2020年2月26日朝刊
  4. ^ 以下、ダニに関する記述は江原編著(1990),p.60-68による。
  5. ^ 八木沼(1969)p.78


「家屋」の続きの解説一覧

家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:53 UTC 版)

フエ」の記事における「家屋」の解説

フエ伝統的な家屋の建築様式正方形住居ロイRoi)、ロイ発展させたルオン(Ruong)、町屋フォPho)の3種類に分けられるロイベトナム中部住宅原型となった建築様式だと推測されており、庶民の家屋だけでなく皇族女性住居にも採用された宮殿伝統的な家屋の架構基本的に同一の構造あるため宮殿は「大きな家屋」に例えられることもある。 庭園邸宅ルオンはニャーヴオン(園宅)とも呼ばれかつては貴族皇族高級官僚住居されていた小さいながら豪華な作りがニャーヴオンの特徴で家屋に付随する庭園面積広く庭園母屋南側設置されている。庭園には衝立、池、築山蓮池鉢植え井戸などが設けられている。庭園随所植えられ樹木と花は木陰作り視覚楽しませるだけでなく、祖先への供え物ともなっている。庭園琵琶(ティバ)や筝(チャイン)などの伝統的な楽器演奏の場武術稽古の場になっているが、家主よってカフェカラオケ改築された例もある。

※この「家屋」の解説は、「フエ」の解説の一部です。
「家屋」を含む「フエ」の記事については、「フエ」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/09 04:30 UTC 版)

ブリーロン」の記事における「家屋」の解説

マルクト10番地: この漆喰塗石造建築は、聖アガータ戴き1792年の銘が刻まれ玄関有している、この建物精確な建造年は判っていないが、外壁はおそらく古い時代ものである1953年修復されファサードは、1969年撤去されたが、最終的に再び設置された。これにより完全に針葉樹製作され木組みファサード見ることができる現存する玄関修復されて、組み込まれたものであるマルクト14番地(ヘーフェナー邸): マンサード屋根頂き古典主義様式玄関を持つこのスレート張り木組み建築1803年から1804年建造された。内装の古い部分現存している。 ニーデレ通り 29/31番地: この木組みのディーレンハウスは、1792年の銘を持つ。門の記され銘文には、市街南部106軒が焼失した1791年壊滅的な火災について記されている。 シュールガッセ14番地: 1431年建造されたこの石造3階建て建物は、1659年1720年木組み建築部分増築された。上階部分には古い彩色痕跡が遺っている。初めはおそらく貴族の館として建設されたこの建物は、市内最も古い建物みなされている。ここにはかつて、ザウアーラント歴史研究パイオニアとされるヨハン・ズイベルト・ザイベルツが住んでいた。 シュール通り24番地: 1733年建造の細い木組み建築 シュタインヴェーク3番地(ソヴィニー邸): このマンサード屋根戴く3階建て漆喰塗建築は、1752年企業家アダム・エーバーハルト・ウルリヒのために、おそらくヨハン・マティアス・キッツによって建設された。調度室内部分当時ものである裏庭にはスレート屋根バロック様式四阿がある。大きな石造り事務棟馬車庫が敷地内にあるその後市長のヨーゼフ・パウル・ソヴィニーがこの家に住んだ現在の名称は、彼にちなんだものである。 シュタインヴェーク7番地: おそらく18世紀半ば建設された シュタインヴェーク26番地: シュルテンハウス。1767年建設され木組みのディーレンハウスで、1962年から1965年大規模な改築なされた。 シュールガッセ14番シュール通り24番地 シュタインヴェーク7番

※この「家屋」の解説は、「ブリーロン」の解説の一部です。
「家屋」を含む「ブリーロン」の記事については、「ブリーロン」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:33 UTC 版)

ベンジャミン・ラトローブ」の記事における「家屋」の解説

ラトローブイギリス開業したとき、その最初のプロジェクトハマーウッド公園やアッシュダウン・ハウスの設計と共に既存の家屋を改築することだった。その経歴初期の改築には、タントン・ホール、シェフィールド公園、フリムリーおよびテストン・ホールがあったが、これらの家屋はその後改築されており、現在の形からラトローブ仕事同定するのは難しい。ラトローブデザイン当時典型的なものよりも単純化されており、ロバート・アダム影響があった。そのデザイン盛り込まれたものは、アッシュダウン・ハウスで使われているようにしばしばギリシャ・イオニア式を含めているか、ハマーウッド公園玄関ポーティコに見られるようにドーリア式円柱使っていた。 ラトローブアメリカ移民してからも家屋のデザイン続け、その大半ギリシャ復古様式使ったケンタッキー州レキシントンのポープ・ヴィラはアメリカ合衆国現存するわずか3つのラトローブ家屋の1つである。ラトローブの最も前衛的なデザインとしてその特徴あるデザイン国家的重要性がある。またセッジリー邸宅設計するときは、アメリカ合衆国ゴシック復古調建築紹介したラトローブデザイン多く見られる主題は、ほぼ四角の中央にある吹き抜けホールであり、明かり取り丸屋根備えている。これは長く狭い平面持った当時流行の家屋とは対照をなすものである

※この「家屋」の解説は、「ベンジャミン・ラトローブ」の解説の一部です。
「家屋」を含む「ベンジャミン・ラトローブ」の記事については、「ベンジャミン・ラトローブ」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 08:14 UTC 版)

デイズシリーズ」の記事における「家屋」の解説

伊藤家(いとうけ) 誠が母の伊藤萌子と2人暮ら高層マンション一室最寄の駅は、湾岸線東原巳駅。煉瓦柄の外壁囲まれる玄関ドアの中、複数人横並び立てホール経て複数ソファー置かれたリビング、それとは別に炊事食事行えるダイニングキッチン、誠と世界が共に足を伸ばして入れバスタブ有して2人と言による3人での混浴可能なバスルーム、そして学習机引けを取らない大画面TV複数人はみ出さずに重なり合えるベッド置いてなお余裕有する誠の自室といった、広い間取りを持つ。萌子夜勤留守にすることが多いためもあり、誠とヒロインたちセックスには頻繁に用いられるが、ルート媒体によっては惨劇舞台にもなる。 近所に加藤家存在する西園寺家さいおんじけ) 世界が母の踊子2人暮ら3階建てアパート一室最寄の駅は、湾岸新線手原坂下駅玄関から直結し台所バスタブ足を伸ばして入れないバスルームなど、全体間取りこそ伊藤家桂家より狭いものの、学習机ベッド置いてなおガラステーブルを置ける広さ有する世界自室は、誠とのセックス用いられる近所に清浦家存在しており、西園寺家家族ぐるみ交流行っている清浦家(きようらけ) 刹那が母の清浦舞と2人暮らマンションの一室最寄の駅は、湾岸新線手原坂下駅。舞が踊子より商業的に成功していることを踏まえ西園寺家より広く高い家屋として設定されている。『SHINY DAYS』では、自宅飛び出した足利いのり同居することとなる。 近所に西園寺家存在しており、清浦家家族ぐるみ交流行っている桂家(かつらけ) 言葉が父(名前は不明)・母の真奈美・妹の心と4人で暮ら一軒家最寄の駅は、湾岸線・原巳浜駅広大な全景屋内高価な装飾家具類、庭園面した全面ガラス張りバスルームなど、自宅判明している登場人物の中では最も広く豪華な間取りを持つ。また、それらと同じく学習机豪華な円形ベッド置いてお室内に十二分余裕有する言葉の自室は、誠・光・泰介とのスワッピング用いられる近所に黒田家甘露寺家存在する黒田家くろだけ) 光が両親3人暮ら自宅最寄の駅は、湾岸線・原巳浜駅洋菓子チェーンおおはら」を家業とする家屋の全容不明であるが、光の自室学習机ベッド置いてなおテーブル椅子置ける広さ有するまた、おおはら」のレモンカスタードケーキは酸味利いており、人気商品他のオーバーフロー作品おいても人気商品であり、設定本編挙がることがある近所に桂家甘露寺家存在する足利家あしかがけ) 勇気が姉の足利知恵留守がち両親と4人で暮らマンションの一室。家屋の全容不明であるが、知恵取り巻き石橋伊隠や吉良洋佳を連れて勇気自室喫煙を行うほか、知恵招かれた路夏が勇気知り合う

※この「家屋」の解説は、「デイズシリーズ」の解説の一部です。
「家屋」を含む「デイズシリーズ」の記事については、「デイズシリーズ」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:54 UTC 版)

京都丹波高原国定公園」の記事における「家屋」の解説

京都丹波高原国定公園では美山茅葺き集落重要な構成要素となっているが、国定公園指定地内の民家地域集落毎に多様な建築様式見ることができる基本構造切妻造で、以前は茅葺き主流であったが、現在では屋根傾斜などはそのままにトタン葺き大半を占める久多・花脊・広河原では典型的な平入様式であるのに対し右京区国定公園境界に跨る嵯峨越畑地区では摂丹型と呼ばれる構造になるが、綾部市上林古屋では北摂地方現大阪府能勢町)に起源があるとされる能勢型となる。また、国定公園接す北区北山界隈では北山型という独自の形式となる。 なお、美山町樫原にはこれらの家屋様式原形とされ、現存する日本最古農家家屋として重要文化財指定石田家住宅がある。 これらの家屋に共通するのは北山杉地産地消している点で、屋根材チガヤ)も桂川由良川河川敷自生する環境財利用している。 また、家屋の壁や庇、外塀ベンガラによって赤く塗った光景見られ上掲指定地画像内の画像芹生の里」参照)、これには魔除けの意味があり、下記地場産業の節触れるが、土壁材の黄土ともどもベンガラ地元産である。 一方綾部では妻側妻飾り防火の意味込めたの文字を掲げ風習がある。

※この「家屋」の解説は、「京都丹波高原国定公園」の解説の一部です。
「家屋」を含む「京都丹波高原国定公園」の記事については、「京都丹波高原国定公園」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 09:26 UTC 版)

アルベロベッロのトゥルッリ」の記事における「家屋」の解説

トルッロ」も参照 石灰漆喰)で仕上げた円筒形長方形の家の上に、キノコのような形をした灰色とんがり屋根載っているのがトゥルッロ(「トルッロ」などの表記ゆれがある)の外見的な特徴である。「トゥルッロ」が「部屋一つ屋根一つ」といった意味を持つ通り一つ部屋の上に一つ屋根がある。内部に玄関廊下はなく、ドア開けると直接部屋となる。構造面では、モルタルなどの接合剤使わず石灰岩切石積み上げているのが特徴である(乾式工法 (Dry stone) )特徴的な屋根灰色切石スラブ)を積み上げたものである屋根はしばし石灰神話的宗教的シンボル描かれる石灰岩質のこの地方で、トゥルッロ農民たちの厳しい生活環境に応じて入手しやすい材料作られた簡易な構造ながら、白い漆喰外気遮断しつつ室内明るさを保つのに役立ち内壁外壁間に詰められ土砂天水濾過しながら地下水に導くなど、気候風土適した工夫盛り込み発展している。 大規模なトゥルッロ中には二階建てのものもあり、二階の床と階段は木で作られている。

※この「家屋」の解説は、「アルベロベッロのトゥルッリ」の解説の一部です。
「家屋」を含む「アルベロベッロのトゥルッリ」の記事については、「アルベロベッロのトゥルッリ」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 03:02 UTC 版)

平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害」の記事における「家屋」の解説

以下、家屋被害2015年1月作成広島県広報資料よるもので示す。なお上記と同じく資料によって若干異なることに注意地区名全壊半壊一部損壊床上浸水床下浸水広島市安佐南区100 84 92 968 2,035 3,279 安佐北区32 38 72 330 758 1,230 中区0 0 1 0 0 1 西区1 0 7 2 18 28 安芸区0 0 1 0 0 1 佐伯区0 0 1 0 0 1 安芸高田市0 0 0 1 14 15 三次市0 0 1 0 0 1 福山市0 0 0 0 3 3133 122 175 1,301 2,828 4,559 建物被害多く木造建築である。逆に八木ヶ丘団地裏土石流最初に到達した龍華寺最大の土石流現場となった県営緑丘住宅など、鉄筋コンクリート建築では土石流直撃して倒壊しなかった例がいくつかある。ただし県営緑丘住宅では2人亡くなっている。 9月28日までに4,696件の罹災証明書発行したまた、被害再調査依頼住民ら行われ、28日までに134件中95件の判定見直しが行われた。

※この「家屋」の解説は、「平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害」の解説の一部です。
「家屋」を含む「平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害」の記事については、「平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 08:51 UTC 版)

庄屋」の記事における「家屋」の解説

一般農家より大きく、現在に残っている庄屋大庄屋屋敷は、主屋長屋門などに歴史的価値あるものが多い。※説明中の重要文化財」は国の重要文化財を指す。 門脇家住宅鳥取県西伯郡大山町門脇家住宅母屋重要文化財学習院大学名誉教授門脇卓爾実家庄司家住宅鳥取県境港市庄司家住宅女優司葉子は分家出身。 深田家住宅鳥取県米子市深田氏庭園国の名勝隠岐配流された後醍醐天皇迎えるため造った庭園三森家住宅栃木県那須郡那須町三森家住宅重要文化財那須与一縁がある大鐘家住宅「花庄屋」静岡県牧之原市遠江大鐘屋敷重要文化財中家住宅大阪府熊取町中家住宅重要文化財永富家住宅兵庫県たつの市永富家住宅重要文化財。元鹿島建設会長鹿島守之助生家三木家住宅兵庫県神崎郡福崎町三木家住宅重要文化財目黒家住宅新潟県魚沼市目黒家住宅重要文化財上時国家住宅かみときくにけじゅうたく)(石川県輪島市上時国家住宅重要文化財主屋ほか2棟平安時代末期貴族平時忠の子時国末裔とされる旧仙洞御料庄屋 西尾家住宅大阪府吹田市西尾家住宅重要文化財貴志康一母方実家旧笹川家住宅新潟県新潟市南区旧笹川家住宅重要文化財旧黒澤家住宅群馬県上野村旧黒澤家住宅重要文化財西江邸岡山県高梁市吹屋ふるさと村西江家住宅) 国の登録有形文化財中井家住宅奈良県御所市御所町中井家住宅) 国の登録有形文化財今野家住宅宮城県多賀城市今野家住宅) 県の指定有形文化財石巻市北上町橋浦から東北歴史博物館隣接した土地移築された。

※この「家屋」の解説は、「庄屋」の解説の一部です。
「家屋」を含む「庄屋」の記事については、「庄屋」の概要を参照ください。


家屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:33 UTC 版)

アメリカ合衆国の社会」の記事における「家屋」の解説

第二次世界大戦直後アメリカ人都市郊外田舎よりは人口密度があるが都会ほどでもない地域住み始めた。この動きは、自動車広大な土地利用できること、多くのた長舗装道路便利になったこと、都会中心では暴力行為増えたこと、また郊外では家屋費が安くなったことなど多くの要因結びついたのだったホワイト・フライト)。新し一戸建て家屋は通常2階建てで単一の土地開発会社開発した大きな家建設契約一部だった。その結果生じた低い人口密度の状態は軽蔑的にスプロール現象」とも呼ばれた。しかし、これも変化している。ヤッピー(若い都会派プロフェッショナル)や中上階層エンプティ・ネスト・シンドローム子供独立後、親が陥る憂鬱症)のベビーブーマー都会通常集合住宅戻り始めてホワイト・フライト都市部から郊外への白人移動)の逆行起こったニューヨーク市マンハッタン区ローワー・イースト・サイドシカゴのサウスループがその例である。その結果多くの貧し都市居住者追い出すこになったジェントリフィケーション)。住宅価額全国平均に近い都市は、都市圏世帯当た収入中間値80%から120%相当する中間的収入層の地区失ってきた。ここへきて、専門職層とか中上流層とも言われる中流階層裕福な者達が金のかかる郊外大きな家探求止めた。この傾向中流階級その中で特権階級間に厳し区別生じさせたいわゆる中流階級スクィズのせいである。しかし、カリフォルニア州のような土地価格の高い地域では、より裕福な中流階級世帯実際の中流階級置き換わり元の中中階級地区中上階級地区転換する傾向起こっている。 田園地帯では、人々仕事娯楽求めて都会流れにつれてその人口減少が加速してきた。田園部からの大脱出1940年代起こった近年では全人口の2%足らずしか農場住んでいない(ただし、田園部に住んで通勤する者もいる)。電力電話、また時にはケーブル網やインターネットサービスがほとんどどんな遠隔地でも利用できるようになった子供達都会と同様高校までは学校に通い農業夏季放課後のみ手伝うようになっているアメリカ人のほぼ半分郊外呼ばれる所に住んでいる郊外核家族は「アメリカンドリーム」の一部、すなわち結婚して子供もうけた夫婦郊外家を持つこととし認識されてきた。この元型マスメディア宗教的慣習および政府の政策によって補強されアングロサクソン文化伝統に基づいている。郊外に住むことにおける最も大きな違いは家屋が家族だけで専有されることである。郊外商業小売り地区工業地域および時として公立学校とも分離され一戸建て地域になっている。しかし、多くの郊外小規模ながら他の要素を受け容れて、その社会多くに人を惹き付けるようになっている郊外小さな町におけるよりも多くのアパート連棟の家屋を含むかも知れない住宅とは別に郊外に住むことから来る大きな差異多くの異なサブカルチャー密度多様さであり、また家屋に混じった商店製造建物存在である。都会住人大量交通手段で動く傾向にあり、子供達両親運転する車よりも歩いたり自転車使ったりする傾向にある。

※この「家屋」の解説は、「アメリカ合衆国の社会」の解説の一部です。
「家屋」を含む「アメリカ合衆国の社会」の記事については、「アメリカ合衆国の社会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家屋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家屋

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 01:10 UTC 版)

名詞

かおく

  1. 居住するための建物
  2. 税法上では工場倉庫なども含み、「建物全般」とほぼ同じ意味となる。

発音(?)

か↘おく

関連語

翻訳

居住するための建物

「家屋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家屋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

家屋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフエ (改訂履歴)、ブリーロン (改訂履歴)、ベンジャミン・ラトローブ (改訂履歴)、デイズシリーズ (改訂履歴)、京都丹波高原国定公園 (改訂履歴)、アルベロベッロのトゥルッリ (改訂履歴)、平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害 (改訂履歴)、庄屋 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家屋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS