視覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 視覚の意味・解説 

し かく [0] 【視覚】

外界からの光を刺激として生じる感覚ヒトでは光が目の網膜刺激し、そこに生じた神経興奮大脳視覚野伝えられたときに生じる。明暗覚・色覚形態覚・運動覚を含む。視感。 〔「和蘭字彙」(1855~58年)にオランダ語 gezigt の訳語として載る


視覚

作者グレッグ・イーガン

収載図書TAP
出版社河出書房新社
刊行年月2008.12
シリーズ名奇想コレクション


視覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/23 01:58 UTC 版)

視覚(しかく、英語: vision[1][2])とは、受容器とする感覚のこと[3]


  1. ^ 文部省学術用語集 心理学編』日本心理学会日本学術振興会、1986年。ISBN 4-8181-8602-3
  2. ^ 文部省『学術用語集 動物学編』日本動物学会丸善、1988年、増訂版。ISBN 4-621-03256-9
  3. ^ a b c 広辞苑』新村 出、岩波書店、1998年、第5版、1141頁。ISBN 978-4000801119
  4. ^ 日本認知科学会編『認知科学辞典』共立出版 ISBN 4-320-09445-X p.54 北﨑充晃「ヴェクション」
  5. ^ コンピュータビジョンでは、光センサーからの光情報の入力をもとにした処理が行われる。
  6. ^ 『広辞苑』新村 出、岩波書店、1998年、第5版、2582頁。ISBN 978-4000801119
  7. ^ (科学の扉)光もたらす人工視覚/網膜を刺激 脳に画像情報■「顔判別」めざす朝日新聞』朝刊2018年11月26日(扉面)2019年9月23日閲覧
  8. ^ a b c 岡部正隆、伊藤啓「なぜ赤オプシン遺伝子と緑オプシン遺伝子が並んで配置しているのか」『細胞工学』第21巻第7号、2002年7月。
  9. ^ a b c d e 三上章允 (2004年9月18日). “霊長類の色覚と進化 (PDF)”. 公開講座「遺伝子から社会まで」. 京都大学霊長類研究所. 2013年9月20日閲覧。
  10. ^ Surridge, A. K., and D. Osorio (2003). “Evolution and selection of trichromatic vision in primates”. Trends in Ecol. And Evol. 18 (4): 198–205. doi:10.1016/S0169-5347(03)00012-0. 
  11. ^ 河村正二「新世界ザルRed-Green視物質遺伝子と色覚の進化」『霊長類研究』Vol. 16 (2000) No. 2 pp111-124.doi:10.2354/psj.16.111
  12. ^ 松下裕香, 太田博樹, WELKER Barbara. ほか、「恒常的3色型色覚とされてきたホエザル属における種内L-Mオプシン多型の発見、『霊長類研究 Supplement』 第27回日本霊長類学会大会、セッションID:B-7、2011, doi:10.14907/primate.27.0.36.0
  13. ^ 岡部正隆、伊藤啓「女性で赤緑色盲が少ない理由」『細胞工学』第21巻第7号、2002年7月。





視覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「視覚」の関連用語

視覚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



視覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの視覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS