脳機能イメージングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 表示装置 > イメージング > 脳機能イメージングの意味・解説 

脳機能イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/18 04:19 UTC 版)

脳機能イメージング(のうきのうイメージング)とは、生きている内の各部の生理学的な活性(機能)を様々な方法で測定し、それを画像化すること、あるいはそれに用いられる技術。脳で行われる様々な精神活動において、脳内の各部位がどのような機能を担っているのかを結びづける研究資料になる。また、正常の状態と比べることで、脳の病気の診断にも用いることができる。




「脳機能イメージング」の続きの解説一覧

脳機能イメージング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 16:43 UTC 版)

単一光子放射断層撮影」の記事における「脳機能イメージング」の解説

詳細は「脳機能イメージング」を参照 一般に脳機能イメージングでは99mテクネチウムエキサメタジム(99mTc-HMPAO、99mTc-ヘキサメチルプロピレンアミンオキシム)がガンマ線放射トレーサとして使用される99mTc準安定核異性体でありガンマ線放出する99mTcHMPAO結合してキレート化合物99mTc-HMPAOとなると血流乗って脳組織吸収される吸収量脳血流量に比例するため、ガンマ線量の測定により脳血流量を見積もることができる。脳血流は脳各部局所的な代謝エネルギー消費密接に関連することから、99mTc-HMPAOトレーサは(99mTc-エチレンジシステインと同様に)脳の局所的代謝を評価するために用いられる認知症研究における異な症例比較診断試みられている。複数研究のメタ分析によると、99mTc-HMPAOによるSPECT検査アルツハイマー病に対する感度は約74%である(知能検査などの臨床検査感度81%)。近年の報告ではSPECTによるアルツハイマー病診断正確さ88%とされている別のメタ分析によると、アルツハイマー病脳血管性認知症識別力においてはSPECT正確度91%)は臨床検査(同70%)よりも優れている報告されている。これは脳の局所的な代謝活動画像化するSPECT特性よるものである。多発性脳梗塞では皮質代謝活動まばらに失われるに対しアルツハイマー病 では後頭部以外の皮質機能均一または滑らかに失われるため、SPECT明確に両者識別できる。99mTc-HMPAOを用いたSPEC検査競合するのは、フルオロデオキシグルコースFDG)を用いたPETによる脳画像診断である。PETの場合、グルコース代謝から脳各部の状態を評価するが、局所的な脳の障害に関してSPECTと非常に良く似た情報得ら れる。しかし、SPECT長寿命扱いやすい放射性物質からトレーサ作れるという技術的理由と、トレーサ作るためのコスト撮影装置価格SPECTの方がかなり安価であるという経済的理由から、PETよりもSPECTの方圧倒的に広く使われている。99mTc比較容易にテクネチウム-99mジェネレータ製造することができ、病院検査センターに週ごとに配送され更新される一方でFDG用いPETでは、FDG合成のための高価な医療用サイクロトロン隣接するホット・ラボ放射性医薬品製造用の自動化され化学実験室)が必要でなおかつ18Fの半減期110分と短いため、直接かつ迅速に合成室から検査室FDG運ばなければならないまた、ダニエル・エイメンによればうつ病双極性障害ADHDなども脳機能イメージングで判断でき、今後の進展期待されている。精神疾患を脳機能イメージングで診断できることは抑うつ状態時の病気診断や、高齢者うつ病認知症区別役立つ。日本においては精神科脳神経内科脳神経外科区分と、保険制度のためこのような診療が行われることは少ない。また、ダニエル・エイメン米国でエイメンクリニックのラーニングコースを設けている。

※この「脳機能イメージング」の解説は、「単一光子放射断層撮影」の解説の一部です。
「脳機能イメージング」を含む「単一光子放射断層撮影」の記事については、「単一光子放射断層撮影」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脳機能イメージング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



脳機能イメージングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

脳機能イメージングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脳機能イメージングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脳機能イメージング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの単一光子放射断層撮影 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS