血流とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流れ > 血流の意味・解説 

けつ‐りゅう〔‐リウ〕【血流】

読み方:けつりゅう

血管内の血液流れ


血流

作者乃南アサ

収載図書
出版社文芸春秋
刊行年月1999.9

収載図書
出版社文藝春秋
刊行年月2002.11
シリーズ名文春文庫


血流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 01:28 UTC 版)

血流(けつりゅう、: blood flow)とは、血液流れのこと。血行(けっこう)とも呼ばれる。


  1. ^ 菅原基晃、前田信治『血液のレオロジーと血流』コロナ社、2003年。
  2. ^ Gerard J. Tortora, Bryan Derrickson (2012). “The Cardiovascular System: The Blood”. Principles of Anatomy & Physiology, 13th. John Wiley & Sons, Inc.. pp. 729–732. ISBN 978-0470-56510-0. 
  3. ^ [誰?]血流は理論上は血管抵抗と圧力勾配を用いて計算することができる。[要出典]」「数学的に言えば、血流はダーシーの法則(いわば血流版のオームの法則のようなもの)とハーゲン・ポアズイユの式によって表現することができる。[要出典]
  4. ^ Gerard J. Tortora, Bryan Derrickson (2012). “The Cardiovascular System: Blood Vessels and Hemodynamics”. Principles of Anatomy & Physiology, 13th. John Wiley & Sons, Inc.. p. 816. ISBN 978-0470-56510-0. 
  5. ^ Elaine N. Marieb, Katja Hoehn. (2013). “The Cardiovascular System:Blood Vessels”. Human anatomy & physiology, 9th ed.. Pearson Education,Inc.. p. 712. ISBN 978-0-321-74326-8. 
  6. ^ Gerard J. Tortora, Bryan Derrickson (2012). “The Cardiovascular System: Blood Vessels and Hemodynamics”. Principles of Anatomy & Physiology, 13th. John Wiley & Sons, Inc.. p. 816. ISBN 978-0470-56510-0. 
  7. ^ Stücker, M.; Bailer, V.; Reuther, T; Hoffman, K.; Kellam, K.; Altmeyer, P (1996). “Capillary Blood Cell Velocity in Human Skin Capillaries Located Perpendicularly to the Skin Surface: Measured by a New Laser Doppler Anemometer”. Microvasc Research 52 (2): 188–192. doi:10.1063/1.1754319. PMID 8901447. 
  8. ^ Gerard J. Tortora, Bryan Derrickson (2012). “The Cardiovascular System: Blood Vessels and Hemodynamics”. Principles of Anatomy & Physiology (13th ed.). John Wiley & Sons, Inc.. p. 817. ISBN 978-0470-56510-0. 
  9. ^ H. Darcy, Les Fontaines Publiques de la Ville de Dijon, Dalmont, Paris (1856).
  10. ^ Kirby, B.J. (2010). Micro- and Nanoscale Fluid Mechanics: Transport in Microfluidic Devices.. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-11903-0. http://www.kirbyresearch.com/textbook. 
  11. ^ Bruus, H. (2007). Theoretical Microfluidics. 
  12. ^ 板谷慶一、宮地鑑「超音波VFM」『検査と技術』第41巻第12号、医学書院、2013年11月1日、 1126-32頁。
  13. ^ 竹中克;戸出浩之;石津智子編 『心エコーハンドブック 心不全』 金芳堂、2016年。 


「血流」の続きの解説一覧

血流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 06:15 UTC 版)

腎臓」の記事における「血流」の解説

ヒトの両腎臓体重の約0.3%を占め一方心拍出量20-25%を受け入れる。腎血流量は800-1200ml/分である。ごくわずか部分腎臓自体ガス交換栄養老廃物交換用いられるが、ほとんどは糸球体での濾過目的とする。腎臓流入するほぼすべての血液は、大動脈から直接分岐した腎動脈由来し流出する血液下大静脈到る腎静脈を経る。大動脈から腎小体経て下大静脈到る経路を下に示す。このうち、腎特有の機能関係するのは、輸入細動脈腎小体糸球体)、輸出細動脈尿細管周囲毛細血管尿細管周囲静脈である。 大動脈-腎動脈-腎区動脈-動脈-弓状動脈-小葉動脈-輸入細動脈-糸球体腎小体)-輸出細動脈-尿細管周囲毛細血管-尿細管周囲静脈-小葉静脈-弓状静脈-静脈-腎静脈-下大静脈 糸球体通過する血液濾過関係する力は3種類、すなわち血圧浸透圧糸球体嚢圧である。この中で最も強いのが血圧であり、これに血漿膠質浸透圧糸球体嚢圧が対抗する差し引き、10mmHgの有効濾過圧が働く。これにより、200個の糸球体合わせて1日当たり約150リットル血液糸球体ろ過される。

※この「血流」の解説は、「腎臓」の解説の一部です。
「血流」を含む「腎臓」の記事については、「腎臓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

血流

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 13:29 UTC 版)

発音(?)

け↗つりゅー

名詞

けつりゅう

  1. (生理学) 血管内の血液流れ

翻訳


「血流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



血流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「血流」の関連用語

血流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血流のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの血流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの腎臓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの血流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS