栄養とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 健康 > 栄養 > 栄養の意味・解説 

えい‐よう〔‐ヤウ〕【栄養/営養】

生物体が体外から物質取り入れ成長活動役立たせること。無機物のみを取り入れ独立栄養と、有機物取り入れ従属栄養分けられる。

栄養となる個々物質栄養素また、それを含む食物。「—を取る」


えい‐よう ‥ヤウ 【栄養・営養】

〔名〕 生物体外から物質をとり入れて、生命を保ち、体を発育生長させる働き。あるいは生命を保ち、体を健全にすること。また、そのために必要な成分や、それを含む食物

和蘭医事問答(1770)下「血は栄一身候が職にて」

随筆梅園拾葉(1781)下「其の営養といふものは飲食胃に入り蓄ふるに、肝上より覆ひ、脾下より捧げ、胃をさしはさみて鼓動をなし飲食の精をとり」

[語誌](1)「栄養」は親に孝行尽くすことの意で、もともと中国古典漢籍見える語だが、一三世紀中国医書脾胃論」では身体滋養する意味に用いられ、以降多くは「営養」と表記されるようになる。この意味が中国から日本医書にも伝わり、蘭学訳書にも「営養」「栄養」が併用された。
(2)大正九年一九二〇)、内務省栄養研究所設けられ、書名にも「栄養」が現われ、「栄養」への転換が行なわれた。


栄養素

同義/類義語:栄養分, 栄養
英訳・(英)同義/類義語:nourishment, nutrient

生物生命活動維持するために必要な物質。

栄養

【仮名】えいよう
原文nutrition

食物および他の栄養物質を体に取り入れること。栄養は3つの工程分けられる。初めは、食物飲み物消費する。二番目は体が食べ物飲み物栄養素分解する。三番目は栄養素血流通って体の他の部分にまわり、"燃料"および他の目的のために使われる。体に十分な栄養を与えるために、人は主要な栄養素を含む食物を食べ飲み物を飲まなくてはならない

栄養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 20:18 UTC 版)

栄養(えいよう)とは、生物が体外(外界)から物質を摂取し、それを体を構成したり(維持したり)生活活動を行ったりするのに役立たせる現象。以前は「営養」と表記されることも多かった。


  1. ^ a b デジタル大辞泉【栄養】
  2. ^ 大辞林【栄養】
  3. ^ 『見てわかる!栄養の図解事典』p.10
  4. ^ PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  5. ^ PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  6. ^ PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  7. ^ PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  8. ^ PDQがん用語辞書(2010年11月閲覧)
  9. ^ 解体学語箋”. www.wul.waseda.ac.jp. 2019年7月4日閲覧。
  10. ^ 佐伯芳子 『栄養学者佐伯矩伝』 玄同社、1986年。ISBN 978-4-905935-19-3。22頁。
  11. ^ 渡邊昌「食と健康「温故知新」佐伯芳子『食生活』100(10)、2006.10.1、pp6-8
  12. ^ 田中静雄、竹田亮祐 (1978). “須藤憲三先生”. Diabetes journal : 糖尿病と代謝 6, 35. 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『見てわかる!栄養の図解事典』p.10-18
  14. ^ デジタル大辞泉


「栄養」の続きの解説一覧

栄養

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:10 UTC 版)

異表記・別形

名詞

 えいよう

  1. 生物生命維持活動するのに必要成分などを体外から取り入れる働きまた、その成分

発音

え↗ーよー

関連語

翻訳




栄養と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「栄養」の関連用語

栄養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



栄養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栄養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの栄養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS