イソフラボンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > イソフラボンの意味・解説 

イソフラボン

分子式C15H10O2
その他の名称:Isoflavone、3-Phenylchromone、3-Phenyl-4H-1-benzopyran-4-one
体系名:3-(フェニル)-4H-1-ベンゾピラン-4-オン3-フェニルクロモン、イソフラボン、3-フェニル-4H-1-ベンゾピラン-4-オン


イソフラボン

大豆胚芽多く含まれるポリフェノール一種です。体内女性ホルモンと同じような働きをするので「植物由来エストロゲン」といわれています。

イソフラボン

イソフラボンはポリフェノールのひとつで、大豆クズなどのマメ科植物多く含まれています。イソフラボンはその構造エストロゲン女性ホルモン)に似ていることから、女性ホルモンに似た働きを示すことがわかっており、乳がん前立腺がん更年期症状骨粗鬆症などといったホルモン依存性疾患効果があるといわれています。厚生労働省研究班による大規模コホート研究においても、イソフラボンを多く摂る人ほど、乳がん脳梗塞心筋梗塞、また前立腺がんリスク低下するという結果報告されています。また一方で食品安全委員会から、イソフラボンの過剰摂取対す注意喚起がありましたが、これは日常食生活大豆食品摂取していることを前提に、その上にサプリメント添加物摂取することに対してであり、大豆食品そのもの安全性問題視されていません。

daizein_s.jpg
イソフラボン(daidzein)
17_b_estradiol_s.jpg
エストロゲン
(17β-estradiol)

イソフラボン

【仮名】いそふらぼん
原文isoflavone

大豆などの植物から生成されるエストロゲンに似た物質大豆イソフラボンは、がん、閉経期に起こる顔面潮紅骨粗鬆症骨密度低下)の予防効果について研究が行われている。

イソフラボン

イソフラボンとは、大豆などのマメ科植物多く含まれる物質であり、特定の基本構造有する化合物総称です。大豆には、大豆イソフラボン配糖体*1 (ゲニスチンダイジングリシチンなど)が含まれており、これを食べると腸内分解され、非配糖体*2(ゲニステインダイゼイングリシテインなど)になります
*1: 糖と結合した構造
*2: 糖が結合ていない構造で、イソフラボンの非配糖体のことをイソフラボンアグ
リコンともいいます。
大豆イソフラボンは、植物ホルモンエストロゲン)のひとつといわれ、その化学構造女性ホルモンに似ていて、エストロゲン受容体結合することからエストロゲン作用に対し、促進的あるいは競合的に生体作用発揮することが、試験管内試験動物実験で示されています。

イソフラボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/21 17:06 UTC 版)

イソフラボン (isoflavone) は、フラボノイドの1種である。3-フェニルクロモン (3-phenylchromone) を指し、広義には後述のイソフラボン類に属する誘導体をイソフラボンと称する。狭義のイソフラボンは生物では検出されない。生物ではフラバノンの異性化反応によって 5,7,3'-トリヒドロキシフラボンが作られ、多くは配糖体として蓄えられる。




  1. ^ マメ科の学名FabaceaeLeguminosaeとも。マメ科を参照。
  2. ^ Boue, S., Wiese, T., Nehls, S., Burow, M., Elliott, S., Carter-Wientjes, C., Shih, B., McLachlan, J., Cleveland, T. (2003年). “Evaluation of the Estrogenic Effects of Legume Extracts Containing Phytoestrogens”. Journal of Agriculture and Food Science 53 (8): 2193–2199. doi:10.1021/jf0211145. 
  3. ^ Lin LZ, He XG, Lindenmaier M, Yang J, Cleary M, Qiu SX, Cordell GA (2000年). “LC-ESI-MS Study of the the Flavonoid Glycoside Malonates of Red Clover (Trifolium pratense)”. J. Agric. Food Chem. 2 (48): 354-365. doi:10.1021/jf991002. 
  4. ^ 赤木 功、西原 基樹、上田 重英、横山 明敏、佐伯 雄一 (2009年). “九州南部におけるダイズの晩播が子実中のイソフラボン含有量に及ぼす影響”. 日本作物学会紀事 78: 250-254. doi:10.1626/jcs.78.250. 
  5. ^ 陳瑞東「サプリメントの使い方・選び方:更年期障害:のぼせを中心に」、『薬局』第55巻第5号、2004年、 p.p.1848-4853、 ISSN 0044-00352010年5月22日閲覧。
  6. ^ 蔭山充、阪本知子ほか「女性病態医学講座:第10回:『女性病態医学』の根本理念はようよう医学にある」、『ペリネイタルケア』第20巻第6号、2001年、 p.66。
  7. ^ Fritz H, Seely D, Flower G, Skidmore B, Fernandes R, Vadeboncoeur S, Kennedy D, Cooley K, Wong R, Sagar S, Sabri E, Fergusson D. (2013年). “Soy, red clover, and isoflavones and breast cancer: a systematic review.”. PLoS One 8 (11): e81968.. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24312387. 
  8. ^ The structures of 7,4’-dihydroxy-isoflavan and its precursors is shown in Structural Elucidation of Hydroxylated Metabolites of the Isoflavan Equol by GC/MS and HPLC/MS by Corinna E. Rüfer, Hansruedi Glatt, and Sabine E. Kulling in Drug Metabolism and Disposition (2005, electronic publication)
  9. ^ Wang XL, Hur HG, Lee JH, Kim KT, Kim SI (2005年1月). “Enantioselective synthesis of S-equol from dihydrodaidzein by a newly isolated anaerobic human intestinal bacterium”. Appl. Environ. Microbiol. 71 (1): 214–9. doi:10.1128/AEM.71.1.214-219.2005. PMC 544246. PMID 15640190. http://aem.asm.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15640190. 
  10. ^ Frankenfeld CL, Atkinson C, Thomas WK (2005年12月). “High concordance of daidzein-metabolizing phenotypes in individuals measured 1 to 3 years apart”. Br. J. Nutr. 94 (6): 873–6. doi:10.1079/bjn20051565. PMID 16351761. http://journals.cambridge.org/abstract_S0007114505002618. 
  11. ^ Setchell, KD; Clerici, C; Lephart, ED; Cole, SJ; Heenan, C; Castellani, D; Wolfe, BE; Nechemias-Zimmer, L et al. (2005年5月). “S-equol, a potent ligand for estrogen receptor beta, is the exclusive enantiomeric form of the soy isoflavone metabolite produced by human intestinal bacterial flora”. en:The American Journal of Clinical Nutrition 81 (5): 1072–9. PMID 15883431. 
  12. ^ Bersaglieri, T.; Sabeti, P. C.; Patterson, N.; Vanderploeg, T.; Schaffner, S. F.; Drake, J. A.; Rhodes, M.; Reich, D. E. et al. (2004年). “Genetic Signatures of Strong Recent Positive Selection at the Lactase Gene”. The American Journal of Human Genetics 74 (6): 1111–1120. doi:10.1086/421051. PMC 1182075. PMID 15114531. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1182075/. 
  13. ^ 食品安全委員会 (2006年5月). “大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方”. pp. 35. 2011年3月10日閲覧。
  14. ^ a b c 石見佳子「大豆イソフラボンをめぐる最近の話題」、『臨床栄養』第110巻第10号、2007年、 14-15頁。
  15. ^ Iwasaki M, Inoue M, Otani T, Sasazuki S, Kurahashi N, Miura T, Yamamoto S, Tsugane S; Japan Public Health Center-based prospective study group (2008年). “Plasma isoflavone level and subsequent risk of breast cancer among Japanese women: a nested case-control study from the Japan Public Health Center-based prospective study group”. J. Clin. Oncol. 26 (10): 1677-1683. doi:10.1200/JCO.2007.13.9964. PMID 18316793. 
  16. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2008年). “血中イソフラボン濃度と乳がん罹患との関係について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  17. ^ Fiocchi A, Dahda L, Dupont C, Campoy C, Fierro V, Nieto A (2016年). “Cow's milk allergy: towards an update of DRACMA guidelines”. World Allergy Organ J 9 (1): 35. doi:10.1186/s40413-016-0125-0. PMC 5109783. PMID 27895813. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5109783/. 
  18. ^ Trock BJ, Hilakivi-Clarke L, Clarke R (2006年). “Meta-analysis of soy intake and breast cancer risk”. J. Natl. Cancer Inst. 98 (7): 459–71. doi:10.1093/jnci/djj102. PMID 16595782. 
  19. ^ Xie Q, Chen ML, Qin Y, et al. (2013年). “Isoflavone consumption and risk of breast cancer: a dose-response meta-analysis of observational studies”. Asia Pac J Clin Nutr 22 (1): 118–27. PMID 23353619. 
  20. ^ Tse G, Eslick GD (2016年). “Soy and isoflavone consumption and risk of gastrointestinal cancer: a systematic review and meta-analysis”. Eur J Nutr 55 (1): 63–73. doi:10.1007/s00394-014-0824-7. PMID 25547973. 
  21. ^ Zhang Q, Feng H, Qluwakemi B, Wang J, Yao S, Cheng G, Xu H, Qiu H, Zhu L, Yuan M (2017年). “Phytoestrogens and risk of prostate cancer: an updated meta-analysis of epidemiologic studies”. Int J Food Sci Nutr 68 (1): 28–42. doi:10.1080/09637486.2016.1216525. PMID 27687296. 
  22. ^ He J, Wang S, Zhou M, Yu W, Zhang Y, He X (2015年). “Phytoestrogens and risk of prostate cancer: a meta-analysis of observational studies”. World J Surg Oncol 13: 231. doi:10.1186/s12957-015-0648-9. PMC 4521376. PMID 26228387. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4521376/. 
  23. ^ Hua X, Yu L, You R, et al. (2016年). “Association among Dietary Flavonoids, Flavonoid Subclasses and Ovarian Cancer Risk: A Meta-Analysis”. PLoS ONE 11 (3): e0151134. doi:10.1371/journal.pone.0151134. PMC 4784737. PMID 26960146. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4784737/. 
  24. ^ Qu XL, Fang Y, Zhang M, Zhang YZ (2014年). “Phytoestrogen intake and risk of ovarian cancer: a meta- analysis of 10 observational studies”. Asian Pac. J. Cancer Prev. 15 (21): 9085–91. PMID 25422183. 
  25. ^ Jiang R, Botma A, Rudolph A, Hüsing A, Chang-Claude J (2016年). “Phyto-oestrogens and colorectal cancer risk: a systematic review and dose-response meta-analysis of observational studies”. Br. J. Nutr. 116 (12): 2115–2128. doi:10.1017/S0007114516004360. PMID 28091359. 
  26. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2003年). “大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  27. ^ Yamamoto S, Sobue T, Kobayashi M, Sasaki S, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study on Cancer Cardiovascular Diseases Group (2003年). “Soy, isoflavones, and breast cancer risk in Japan”. J. Natl. Cancer. Inst. 95 (12): 906-913. doi:10.1093/jnci/95.12.906. PMID 12813174. 
  28. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2007年). “イソフラボンと脳梗塞・心筋梗塞発症との関連について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  29. ^ Kokubo Y, Iso H, Ishihara J, Okada K, Inoue M, Tsugane S; JPHC Study Group (2007年). “Association of dietary intake of soy, beans, and isoflavones with risk of cerebral and myocardial infarctions in Japanese populations: the Japan Public Health Center-based (JPHC) study cohort I”. Circulation 116 (22): 2553-2562. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.106.683755. PMID 18025534. 
  30. ^ 国立がん研究センターがん予防・検診研究センター 予防研究部 (2007年). “大豆製品・イソフラボン摂取量と前立腺がんとの関連について”. JPHC Study 厚生労働省研究班による多目的コホート研究. 2011年3月10日閲覧。
  31. ^ Kurahashi N, Iwasaki M, Sasazuki S, Otani T, Inoue M, Tsugane S; Japan Public Health Center-Based Prospective Study Group (2007年). “Soy product and isoflavone consumption in relation to prostate cancer in Japanese men”. Cancer Epidemiol. Biomarkers Prev. 16 (3): 538-545. doi:10.1158/1055-9965.EPI-06-0517. PMID 17337648. 
  32. ^ 大西 淳子 (2010年1月4日). “JAMA誌から 大豆食品の摂取が乳癌サバイバーの死亡と再発リスクを低減”. 日経メディカル オンライン. 2011年3月10日閲覧。
  33. ^ イソフラボン摂取と肺がんとの関連について (「喫煙経験のない男性ではイソフラボン摂取が多いほど肺がんになりにくい」の節を参照のこと」)
  34. ^ Isoflavone intake and risk of lung cancer : a prospective cohort study in Japan.
  35. ^ 柳田 美子、山田 浩平、鯉川なつえ (2008年). “スポーツ系及び文科系女子大学生の納豆摂取状況が月経随伴症状に及ぼす影響”. 順天堂大学スポーツ健康科学研究 12: 29-39. NAID 110006658339. http://library.sakura.juntendo.ac.jp/bunken/kiyou/vol12/12-p029.pdf. 
  36. ^ 吉田 宗弘. “平成 20 年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業) 日本人の食事摂取基準を改定するためのエビデンスの構築に関する研究 -微量栄養素と多量栄養素摂取量のバランスの解明− 3.コンブ加工食品のヨウ素含量”. 2011年3月10日閲覧。
  37. ^ 山田洋介ヨウ素添加を義務付けている国(新刊JP)エキサイトニュース 2011年4月27日
  38. ^ イソフラボン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所) 2011年閲覧。
  39. ^ 家森 幸男世界の食事と生活習慣病、日本農芸化学会誌、Vol. 76 (2002) No. 5
  40. ^ Wei P, Liu M, Chen Y, Chen DC (2012年). “Systematic review of soy isoflavone supplements on osteoporosis in women”. Asian Pac J Trop Med 5 (3): 243–8. doi:10.1016/S1995-7645(12)60033-9. PMID 22305793. 
  41. ^ Ricci E, Cipriani S, Chiaffarino F, Malvezzi M, Parazzini F (2010年). “Soy isoflavones and bone mineral density in perimenopausal and postmenopausal Western women: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials”. J Womens Health (Larchmt) 19 (9): 1609–17. doi:10.1089/jwh.2010.2021. PMID 20673147. 
  42. ^ Li L, Xu L, Wu J, Dong L, Zhao S, Zheng Q (2016年). “Comparative efficacy of nonhormonal drugs on menopausal hot flashes”. Eur. J. Clin. Pharmacol. 72 (9): 1051–8. doi:10.1007/s00228-016-2090-5. PMID 27450233. 
  43. ^ Myers SP, Vigar V (2017年). “Effects of a standardised extract of Trifolium pratense (Promensil) at a dosage of 80mg in the treatment of menopausal hot flushes: A systematic review and meta-analysis”. Phytomedicine 24: 141–147. doi:10.1016/j.phymed.2016.12.003. PMID 28160855. 
  44. ^ Chen MN, Lin CC, Liu CF (2015年). “Efficacy of phytoestrogens for menopausal symptoms: a meta-analysis and systematic review”. Climacteric 18 (2): 260–9. doi:10.3109/13697137.2014.966241. PMC 4389700. PMID 25263312. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4389700/. 
  45. ^ Franco OH, Chowdhury R, Troup J, Voortman T, Kunutsor S, Kavousi M, Oliver-Williams C, Muka T (2016年). “Use of Plant-Based Therapies and Menopausal Symptoms: A Systematic Review and Meta-analysis”. JAMA 315 (23): 2554–63. doi:10.1001/jama.2016.8012. PMID 27327802. 
  46. ^ Liu J, Yuan F, Gao J, et al. (2016年). “Oral isoflavone supplementation on endometrial thickness: a meta-analysis of randomized placebo-controlled trials”. Oncotarget 7 (14): 17369–79. doi:10.18632/oncotarget.7959. PMC 4951218. PMID 26967050. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4951218/. 
  47. ^ Tokede OA, Onabanjo TA, Yansane A, Gaziano JM, Djoussé L (2015年). “Soya products and serum lipids: a meta-analysis of randomised controlled trials”. Br. J. Nutr. 114 (6): 831–43. doi:10.1017/S0007114515002603. PMID 26268987. 
  48. ^ Qin Y, Niu K, Zeng Y, et al. (2013年). “Isoflavones for hypercholesterolaemia in adults”. Cochrane Database Syst Rev (6): CD009518. doi:10.1002/14651858.CD009518.pub2. PMID 23744562. 





イソフラボンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イソフラボン」の関連用語

イソフラボンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イソフラボンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2019 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2019 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイソフラボン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS