エストラジオールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > エストラジオール > エストラジオールの意味・解説 

エストラジオール [6] 【estradiol】

卵胞ホルモン発情ホルモン)の代表的なもの。生体内エストロンおよびエストリオールになる。女性ホルモン剤として広く用いられる。エストラジオール- 17 β 。

エストラジオール

分子式C18H24O2
その他の名称:ジオギン、ギネルゴン、ジオギネツ、エステルゴン、エストラース、エストロビト、オバホルモン、オボシクリン、ランジオール、プリモホール、アクアジオール、エストラルジン、オバステロール、フェメストラル、マクロジオール、ギノエストリル、ジメンホルモン、プロホリオール、ペルラタノール、エストラジオール、ジヒドロテーリン、プロギノン-DH、ジヒドロメンホルモン、ジヒドロキシエストリン、17β-エストラジオール、Diogyn、Estrace、Lamdiol、Aquadiol、Gynergon、Primofol、Diogynets、Estradiol、Estrovite、Femestral、Macrodiol、NSC-20293、Oestergon、Ovahormon、Ovasterol、Ovocyclin、Profoliol、Estraldine、Gynoestryl、Perlatanol、Dimenformon、Progynon-DH、17β-Estradiol、Dihydrotheelin、Dihydroxyestrin、Dihydromenformon、1,3,5(10)-Estratriene-3,17β-diol、β-エストラジオール、シンジオール、エストログランドール、ノルジコール、ジヒドロホリキュラーホルモン、Nordicol、Estroglandol、アルトラド、ギノセドール、ホリシクリン、ジヒドロテエリン、コルパゲン、Syndiol、Ovastevol、プロギノン、オバステボール、β-Estradiol、Dihydroestrone、Dihydrofolliculin、Dihydrofollicular hormone、ジヒドロホリクリン、バルジオール、ジヒドロエストロン、Bardiol、Altrad、Femogen、Corpagen、フェモゲン、Ginosedol、Progynon、Follicyclin、Estra-1,3,5(10)-triene-3,17β-diol、RG-83933、エストラジオール-17β、Estradiol-17β、3,17β-Dihydroxyestra-1,3,5(10)-triene、(+)-エストラジオール、(+)-Estradiol、1,3,5[10]-エストラトリエン-3,17β-ジオール、1,3,5[10]-Estratriene-3,17β-diol、17-β-エストラジオール17-β-Estradiol、Estra-1,3,5(10)-triene-3β,17β-diol、(17β)-Estradiol、ディビゲル、Divigel、エストラダーム、Estraderm、エストラーナ、Estrana、フェミエスト、Femiest、ジュリナ、Julina、ル・エストロジェル、L'estrogel
体系名:エストラ-1(10),2,4-トリエン-3,17β-ジオール、(17β)-エストラジオール、エストラ-1,3,5(10)-トリエン-3,17β-ジオール、1,3,5(10)-エストラトリエン-3,17β-ジオール、3,17β-ジヒドロキシエストラ-1,3,5(10)-トリエンエストラ-1,3,5(10)-トリエン-3β,17β-ジオール


ent‐エストラジオール

分子式C18H24O2
その他の名称:(-)-エストラジオール、(-)-Estradiol、(8α,9β,13α,14β)-Estra-1,3,5(10)-triene-3,17α-diol、(8α,9β,13α,14β,17α)-Estradiol、ent-エストラジオール、ent-Estradiol、Ent-エストラジオール、Ent estradiol
体系名:(8α,9β,13α,14β)-エストラ-1,3,5(10)-トリエン-3,17α-ジオール、(8α,9β,13α,14β,17α)-エストラジオール


エストラジオール

一般にはエストラジオールの17β異性体とされ、芳香性18員環ステロイドの3β・17βに水酸基をもつ。エストラジオール17βは哺乳類エストロゲン作用が最も強い構造である。ヒトでは、最初に卵巣胎盤で作られる。また、エストラジオールは男性閉経後の女性脂肪組織でも作られる。17α異性体エストロゲンレセプターには弱くしか結合できないので、エストロゲン活性はほとんど示さない。様々なエストラジオールの異性体有機合成できる。

名前Estradiol
エストラジオール

(MeSH:68004958)

Link

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


エストラジオール

【仮名】えすとらじおーる
原文estradiol

エストロゲンというホルモンの型のひとつ。

エストラジオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 07:16 UTC 版)

エストラジオールEstradiol、E2)とはエストロゲンの一種。性質等は、エストロゲンに詳しい。






「エストラジオール」の続きの解説一覧





エストラジオールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エストラジオール」の関連用語

エストラジオールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

徒歩道

円田 陽一

ウォーター ハザード

木材チップ船

チーズ

招き猫について

黄淮海黒豚

ステップバイステップ自動交換機





エストラジオールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエストラジオール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS