ノルアドレナリンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ノルアドレナリンの意味・解説 

ノルアドレナリン【noradrenaline】


ノルアドレナリン

分子式C8H11NO3
その他の名称アドレノール、レボフェード、アルテレノール、ノルアドレナリン、ノルエピネフリン、レバルテレノール、l-ノルアドレナリン、l-ノルエピネフリン(-)-ノルアドレナリン、(-)-ノルエピネフリン、Adrenor、Levophed、Arterenol、Levarterenol、NoradrenalineNorepinephrine、l-Noradrenaline、l-Norepinephrine、(-)-Noradrenaline(-)-Norepinephrine、[R,(-)]-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzyl alcohol、(αR)-α-Aminomethyl-3,4-dihydroxybenzenemethanol、Nor-adrenaline、4-[(1R)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、4-[(R)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、PNE(-)-アルテレノール、(-)-Arterenol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-aminoethyl]-1,2-benzenediol、(1R)-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-aminoethanol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-aminoethyl]pyrocatechol、(R)-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]ピロカテコール、4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール(-)-4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、[R,(-)]-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、(αR)-α-アミノメチル-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-アミノエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(1R)-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-アミノエタノール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-アミノエチル]ピロカテコール、4-[(1R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール(R)-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


L‐ノルアドレナリン

分子式C8H11NO3
その他の名称(+)-ノルアドレナリン、(+)-ノルエピネフリン、(+)-Noradrenaline、(+)-Norepinephrine、(+)-4-[(S)-2-Amino-1-hydroxyethyl]pyrocatechol、(+)-4-[(S)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、L-(+)-ノルアドレナリン、L-ノルエピネフリン、L-ノルアドレナリン、L-アルテレノール、L-(+)-Norepinephrine、L-(+)-Noradrenaline、L-Norepinephrine、L-Noradrenaline、L-Arterenol、L-(+)-ノルエピネフリン、d-ノルエピネフリン、d-Norepinephrine、(αS)-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(+)-4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]ピロカテコール、(+)-4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(αS)-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


ノルアドレナリン

同義/類義語:ノルエピネフリン
英訳・(英)同義/類義語:noradrenaline, norepinephrine

動物ホルモンで、構造的には糧コールアミンホルモンで、アドレナリンよりもメチル基一個少ない。交感神経末端から分泌され神経伝達物質としての機能も持つ。

ノルアドレナリン【のるあどれなりん】


ノルアドレナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:36 UTC 版)

ノルアドレナリン: Noradrenalin: noradrenaline)は、化学式C8H11NO3カテコールアミンにしてフェネチルアミンである。米国ではノルエピネフリン(norepinephrine)と称される。


  1. ^ HARVARD MEDICAL SCHOOL (2016年10月). “Need to remember something? Exercise four hours later”. 2017年9月2日閲覧。


「ノルアドレナリン」の続きの解説一覧

ノルアドレナリン(NA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/30 09:15 UTC 版)

昇圧剤」の記事における「ノルアドレナリン(NA)」の解説

内因性カテコラミンであり、強力なα作用とβ1作用をもつ。ノルアドレナリンの商品名広く流通している血圧上昇する際に末梢循環悪化するものの、主要部位の血流保たれる。ただし、心収縮不全の場合は不整脈起こしやすく、後負荷増大するため、心疾患では使いにくい。0.03~0.3γで維持されることが多い。5%ブドウ糖液溶解させることが多い。アドレナリン次項)、ノルアドレナリンともに1アンプルあたり1mgで供給されているため、1ml/hrで0.1γとする場合希釈法は、どちらの場合でも下記の表の通りとなる。 体重ノルアドレナリン5%ブドウ糖液希釈後のトータル量40kg 6mg 25ml 50kg 9mg 30ml 60kg 9mg 25ml 70kg 13mg 30ml 体重測定できない場合には、ノルアドレナリン6アンプル(6mg)を5%ブドウ糖液溶解して48mlとし、2ml/hrで管理するという方法知られているこの場合体重50kgにて0.083γとなる。

※この「ノルアドレナリン(NA)」の解説は、「昇圧剤」の解説の一部です。
「ノルアドレナリン(NA)」を含む「昇圧剤」の記事については、「昇圧剤」の概要を参照ください。


ノルアドレナリン(NA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/29 15:23 UTC 版)

ゲートコントロールセオリー」の記事における「ノルアドレナリン(NA)」の解説

脊髄投与すると、侵害受容ニューロン発火抑制するまた、吻側延髄腹側部から脊髄投射するノルアドレナリン作動性細胞群の直接投射存在し吻側延髄腹側部ニューロン下行ノルアドレナリン作動性ニューロン活動関与するとされる

※この「ノルアドレナリン(NA)」の解説は、「ゲートコントロールセオリー」の解説の一部です。
「ノルアドレナリン(NA)」を含む「ゲートコントロールセオリー」の記事については、「ゲートコントロールセオリー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノルアドレナリン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ノルアドレナリン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ノルアドレナリンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ノルアドレナリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノルアドレナリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノルアドレナリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの昇圧剤 (改訂履歴)、ゲートコントロールセオリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS