プレドニゾンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > プレドニゾンの意味・解説 

プレドニゾン

分子式C21H26O5
慣用名 コリソンデルタEアンコトン、セルビソン、デルタソン、デルチソン、ビコルトン、パラコルト、メチコルテン、レクトデルト、デコルチシル、プレドニソン、ホスタコルチン、ジ-アドレソン、ウルトラコルテン、デルタコルチソン、Δ1-コルチソン、デルタ-コルテラン、メタコルタンドラシン、Delta E、Ancotone、Colisone、Paracort、Bicortone、Deltasone、Deltisone、NSC-10023、Rectodelt、Decortisyl、Di-Adreson、Meticorten、Prednisone、Hostacortin、Ultracorten、Δ1-Cortisone、Delta-Cortelan、Deltacortisone、Metacortandracin、17α,21-Dihydroxypregna-1,4-diene-3,11,20-trione、17,21-Dihydroxypregna-1,4-diene-3,11,20-trione、プレドニゾン
体系名:17α,21-ジヒドロキシ-1,4-プレグナジエン-3,11,20-トリオン、17α,21-ジヒドロキシプレグナ-1,4-ジエン-3,11,20-トリオン、17,21-ジヒドロキシプレグナ-1,4-ジエン-3,11,20-トリオン


プレドニゾン

【仮名】ぷれどにぞん
原文prednisone

種類のがんとその他の病態治療に用いられる薬物。プレドニゾンにはさらに生体の免疫反応阻害する作用もある。ステロイド薬一種である。

プレドニゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/25 22:52 UTC 版)

プレドニゾン(Prednisone)は免疫抑制作用を持つ合成副腎皮質ホルモン剤である。一部の炎症性疾患(中等度のアレルギー反応等)の治療に用いられる他、高用量での治療に用いられることも有るが、副作用が多い。免疫系を抑制する為、患者は易感染性となる。




  1. ^ Medline drug information for prednisone
  2. ^ Prednisone”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2011年4月3日閲覧。
  3. ^ [U.S.] National Library of Medicine, Medical Subject Headings. Antineoplastic Agents, Hormonal (2009). Retrieved 9-11-2010
  4. ^ RIEMER, AD (April 1958). “Application of the newer corticosteroids to augment diuresis in congestive heart failure.”. The American journal of cardiology 1 (4): 488–96. doi:10.1016/0002-9149(58)90120-6. PMID 13520608. 
  5. ^ NEWMAN, DA (15 February 1959). “Reversal of intractable cardiac edema with prednisone.”. New York state journal of medicine 59 (4): 625–33. PMID 13632954. 
  6. ^ Zhang, H; Liu, C; Ji, Z; Liu, G; Zhao, Q; Ao, YG; Wang, L; Deng, B; Zhen, Y; Tian, L; Ji, L; Liu, K (September 2008). “Prednisone adding to usual care treatment for refractory decompensated congestive heart failure.”. International heart journal 49 (5): 587–95. doi:10.1536/ihj.49.587. PMID 18971570. 
  7. ^ Liu, C; Liu, G; Zhou, C; Ji, Z; Zhen, Y; Liu, K (September 2007). “Potent diuretic effects of prednisone in heart failure patients with refractory diuretic resistance.”. The Canadian journal of cardiology 23 (11): 865–8. doi:10.1016/s0828-282x(07)70840-1. PMC 2651362. PMID 17876376. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2651362. 
  8. ^ Liu, C; Chen, H; Zhou, C; Ji, Z; Liu, G; Gao, Y; Tian, L; Yao, L; Zheng, Y; Zhao, Q; Liu, K (October 2006). “Potent potentiating diuretic effects of prednisone in congestive heart failure.”. Journal of cardiovascular pharmacology 48 (4): 173–6. doi:10.1097/01.fjc.0000245242.57088.5b. PMID 17086096. 
  9. ^ Massari, F; Mastropasqua, F; Iacoviello, M; Nuzzolese, V; Torres, D; Parrinello, G (March 2012). “The glucocorticoid in acute decompensated heart failure: Dr Jekyll or Mr Hyde?”. The American journal of emergency medicine 30 (3): 517.e5-10. doi:10.1016/j.ajem.2011.01.023. PMID 21406321. 
  10. ^ Liu, C; Chen, Y; Kang, Y; Ni, Z; Xiu, H; Guan, J; Liu, K (October 2011). “Glucocorticoids improve renal responsiveness to atrial natriuretic peptide by up-regulating natriuretic peptide receptor-A expression in the renal inner medullary collecting duct in decompensated heart failure.”. The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 339 (1): 203–9. doi:10.1124/jpet.111.184796. PMID 21737535. 
  11. ^ http://www.gihealth.com/html/education/drugs/prednisone.html gihealth.com
  12. ^ Prednisone Information from Drugs.com
  13. ^ Prednisone: MedlinePlus Drug Information
  14. ^ a b http://www.mayoclinic.com/health/steroids/HQ01431 Mayo Clinic
  15. ^ Therapeutic and Adverse Effects of Glucocorticoids”. Bello CS, Garrett SD. U.S. Pharmacist Continuing Education Program no. 430-000-99-028-H01, August 1999. 2014年11月13日閲覧。
  16. ^ http://www.medicinescomplete.com/mc/bnf/current/PHP4341-withdrawal-of-corticosteroids.htm
  17. ^ Wainwright, M. “The secret of success: Arthur Nobile's discovery of the steroids prednisone and prednisolone in the 1950s revolutionised the treatment of arthritis”. Chemistry in Britain. 2011年6月15日閲覧。
  18. ^ National Inventors Hall of Fame”. 2014年11月13日閲覧。
  19. ^ New Jersey Inventors Hall of Fame”. 2014年11月13日閲覧。
  20. ^ Merck Index, 14th Edition, p.1327. Published by Merck & Co. Inc.
  21. ^ H.L. Herzog et al. Science, Vol. 121, p 176 (1955).
  22. ^ H.L. Herzog et alTemplate:Check quotation" Science, Vol. 121, p 176 (1955).
  23. ^ Drugs@FDA: FDA Approved Drug Products


「プレドニゾン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プレドニゾン」の関連用語

プレドニゾンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダブル蝶結び

非爆薬震源

Jaguar X-TYPE

生成り

カンバタケ

リーナス・トーバルズ

回転式搾乳室

eKスポーツ





プレドニゾンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレドニゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS