デルタとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 数学用語 > デルタの意味・解説 

デルタ [1] 【delta・ Δ ・ δ 】

〘数〙 変数あるいは関数変量を表す記号
大文字形状似ているところから〕 三角州。 「 -地帯」 「メコン--」

Δ,δ (デルタ)

〖delta〗
数学で,変数あるいは関数変量を表す記号

デルタ(Delta)

 原資レート変化対すオプション価格変化率。デルタが60%というのは、原資産のレートがごく小さ範囲変化するならオプション価格がその金額のおよそ60%変化することを意味する。デルタ値+40%のオプションは、市場レート1円上昇する(円安に向かう)と、そのオプション価格が約0.4円増加する。

画素配列(ストライプ/デルタ/ベイヤー)

液晶パネルにおける画素配列の手法のこと。現在は(1)ストライプ、(2)デルタ、(3)ベイヤーの3種類がある。ストライプは画素が垂直方向に直線に、デルタは斜め方向に直線に、ベイヤーは一松模様に画素が並んでいる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


【デルタ】(でるた)

  1. 編隊の名称の一つ
    3機以上の編隊三角形作る

    (6機の場合)上方向が針路方向で、上面から見た俯瞰図とする。
        ↑
        #1  
      #3  #2
    #6  #4  #5
    以下の写真全て隊形異なるが、全てデルタに分類される。

    f15j06.jpg
    Photo:MASDF
    (比較多く見られる6機のデルタ)

    f15j08.jpg
    Photo:MASDF
    (10機の場合)

    f15j07.jpg
    Photo:MASDF
    (変形的なデルタ)

  2. ダグラス社(後のマクダネル・ダグラス社。現在はボーイング社吸収)が製造した、人工衛星打ち上げ用の中型ロケット
    40年わたって改良続けられながら運用されており、現在の主力最新型デルタIVである。

    本機当初アメリカ空軍及び英国空軍運用していた単段式の中距離弾道ミサイル「PGM-17『ソー』」を二段ロケット改良した「ソー・ロケット」の二段目として製作された。
    愛称当初は「ソー・デルタ」であったが、NASAが非軍事目的転用するに当たり現在の名に改められた。

  3. NATO方式フォネティックコードで、アルファベットの「D」を指す言葉

  4. アメリカ陸軍特殊部隊デルタフォース」。
    命名由来上記3.による。

  5. (3.から転じて)旧ソ連海軍装備していた弾道ミサイル搭載原子力潜水艦戦略潜水艦)の1タイプNATO与えコードネーム
    ソヴィエト連邦ロシア側の名称はI型がプロイェクタ667B"ムレナ"、II型がプロイェクタ667BD"ムレナ-M"、III型がプロイェクタ667BDR"カルマール"、IV型がプロイェクタ667BDRM"デルフィン"である。

    プロイェクタ667型(NATOコードネームヤンキー”級)の後継として開発された艦で、初期型であるI型(667B型)は1972年から1977年にかけて18隻が就役した。

    II型(667BD型)はI型の改良型で、1973年から1975年にかけて4隻が就役した。
    ミサイル発射管16基になり、排水量と533mm魚雷搭載数が増加している。

    III型(667BDR型)はMIRV式のR-29R/RSM-50(SS-N-18)を搭載するタイプで、1976年から1981年にかけて14隻が就役し、北方艦隊に5隻、太平洋艦隊に9隻が配備された。
    現在は北方艦隊に3隻(特務原潜改装されたKS-129を含む)、太平洋艦隊には4隻が在籍しており、時々、宗谷海峡浮上航行する姿が海上自衛隊哨戒機によって目撃されている。

    IV型(667BDRM型)は1985年から1990年にかけて7隻が就役した。
    船体は667BDR型よりも大型化されているが、その分は静粛性の向上に充てられている。
    弾道ミサイルはR-29シリーズ最終型であるR-29RM/RSM-54(SS-N-23)を搭載する。

    兵装には魚雷発射管6基(533mm4基、406mm2基)とR-29(RSM-40、SS-N-8)SLBMIII型はMIRV式のR-29R(RSM-50、SS-N-18)、IV型はシリーズ最終型であるR-29RM(RSM-50、SS-N-23))装備する。

    START I発効に伴い初期型であるI型及びII型はすべて退役となり、III型も艦の寿命到来により退役進んでいるため、現在はIV型が主力となっており、弾道ミサイル発射実験のほか、人工衛星打ち上げも行っている。

    性能諸元

デルタ

名前 Delta

デルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/22 14:35 UTC 版)

デルタ (: Δ, δ, δέλτα, : Delta) はギリシャ文字の一種。転じて、以下のような用法を示す。




「デルタ」の続きの解説一覧



デルタと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デルタ」の関連用語

デルタのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デルタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2018MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2018 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデルタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS