分類学とは? わかりやすく解説

ぶんるい‐がく【分類学】


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 16:23 UTC 版)

分類学(ぶんるいがく、英語: taxonomy)とは、生物分類することを目的とした生物学の一分野。生物を種々の特徴によって分類し、体系的にまとめ、生物多様性を理解する。


  1. ^ 高田編(2019),p.26



分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 13:29 UTC 版)

生物学史」の記事における「分類学」の解説

詳細は「分類学」を参照 近代生物学は、動植物鉱物などを記載分類する博物学自然史学)の一分野として始まった18世紀リンネ二名法用いた生物の分類確立し生物類縁関係に基づいて体系的に分類する方法確立したことがひとつの契機となる。生物多様性探究する流れ生物学誕生当初から存在していたと言える。ただし当時は動物学植物学個別にあり、生物学という分野存在しなかった。

※この「分類学」の解説は、「生物学史」の解説の一部です。
「分類学」を含む「生物学史」の記事については、「生物学史」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/26 04:39 UTC 版)

イグチ目」の記事における「分類学」の解説

イグチ目イグチ類をまとめたイグチ科の上分類作られた分類群であったしかしながら微細形態学分子系統的な証拠に基づいた近年の研究で、イグチ以外の多くの種がこの群に当てはまることがわかってきた。この群には幾つかの襞を持つキノコ含まれており、オウギタケ科ヒダハタケ科は襞を持っている。これらはイグチ類と同じような肉質を持っており、胞子生じ組織たやすく傘からはがすことができ、胞子シスチジア良く似た顕微学的特徴を持つ。分子系統発生学の証明では幾つかの物理形状的に異なる群もイグチ目移動しており、それにはニセショウロ科ショウロ科含まれる。 Boletinellaceae、クリイロイグチ科は系統学分析的に違う分類とされており、ニセショウロ科コツブタケ科、ツチグリ科、クチベニタケ科等と共にニセショウロ亜目(Sclerodermatineae)に分けられている。このため、ハンノキイグチ属とPhlebopusはイグチ類よりニセショウロ類近い関係があると考えられている。同じくヌメリイグチ属はイグチ目内でもハラタケ類やショウロとされるクギタケ属オウギタケ属ショウロ属などに近い関係にあると考えられる幾つかの分類方法では幾つかのイグチ科の種はイグチ科から分割されオニイグチ科(Strobilomycetaceae)に分類されている。

※この「分類学」の解説は、「イグチ目」の解説の一部です。
「分類学」を含む「イグチ目」の記事については、「イグチ目」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/26 22:39 UTC 版)

キンシャチ」の記事における「分類学」の解説

タマサボテン属(Echinocactus )に所属し近隣の属:Ferocactus属に分類される30近似種と共に一般的にタマサボテン球状サボテン英語圏では"barrel cactus"=サボテン)の仲間認識される。 本種が最初に記録されたのは1891年ドイツのベルリンサボテン栽培をしていた植物学者・園芸家Heinrich Hildmann(?-1895年)によって紹介された。 和名「キンシャチの由来は当時輸入元の中国名「金琥」の音読みからと推測されるが、これを裏付ける資料等は不明である地域によっては、一見同様に金色状のParodia leninghausii が本種と混同される場合もあるがそれはブラジルパラグアイ原産で、年を経たほど見分け容易になる

※この「分類学」の解説は、「キンシャチ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「キンシャチ」の記事については、「キンシャチ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 08:46 UTC 版)

剣竜類」の記事における「分類学」の解説

剣竜はもともとO・Cマーシュにより1887年爬虫類一つ目として命名された、今日では一般的には装甲を持つ恐竜である装盾類含まれる下目(あるいは単にクレード)として扱われる剣竜にはファヤンゴサウルス科 (Huayangosauridae) とステゴサウルス科 (Stegosauridae) が含まれるファヤンゴサウルス科は初期の剣竜の科であり、初期から中期ジュラ紀生息していた。一般的に後のステゴサウルス科より体が小さく短く高さのある頭骨を持っていた。通例中国産模式属ファヤンゴサウルスのみが含まれるしかしながらイングランドより非常に断片的にのみ知られるレグノサウルス (Regunosaurus) は下顎が非常に似ており、この科に含まれる可能性がある大多数剣竜類恐竜ステゴサウルス科属し後期ジュラ紀から前期白亜紀生息していた。最もよく知られた剣竜ステゴサウルス含んでいる。この科は広範に生息し北半球からアフリカ亘って生息していた。かつて、剣竜属するとされたドラヴィドサウルス (Dravidosaurus) はインド後期白亜紀地層から発見され最後の剣竜もみなされたが、現在では剣竜ではなく長頚類であるとされている

※この「分類学」の解説は、「剣竜類」の解説の一部です。
「分類学」を含む「剣竜類」の記事については、「剣竜類」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 07:36 UTC 版)

コマッコウ」の記事における「分類学」の解説

コマッコウ (Kogia breviceps) とオガワコマッコウ (Kogia sima) の分類については、長い間議論が行われてきた。以前はこれらは単一の種であるとされることが一般的であったが、1966年スミソニアン博物館生物学者により別々の種であるという結論出され今日では同属異な種として扱われることが一般的である。分類に関してコマッコウ科参照されたい。コマッコウは、1838年フランス動物学者Blainvilleによって、新種として報告されている。

※この「分類学」の解説は、「コマッコウ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「コマッコウ」の記事については、「コマッコウ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 07:36 UTC 版)

オガワコマッコウ」の記事における「分類学」の解説

オガワコマッコウ (Kogia sima) とコマッコウ (Kogia breviceps) の分類については、長い間議論が行われてきた。以前はこれらは単一の種であるとされることが一般的であったが、1966年スミソニアン博物館生物学者により別々の種であるという結論出され今日では同属異な種として扱われることが一般的である。分類に関してコマッコウ科参照されたい。 オガワコマッコウ学名は、Kogia sima ではなく、Kogia simus と表記されている場合もある。ラテン語のKogiaは女性名詞であることから、形容詞であるsimusも女性名詞用に変化させてsimaを使うのが、ラテン語としては正しい[CMS Whales and Dolphins]と考えられる

※この「分類学」の解説は、「オガワコマッコウ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「オガワコマッコウ」の記事については、「オガワコマッコウ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 03:05 UTC 版)

シロオオハラタケ」の記事における「分類学」の解説

それまでにいくつもの名前で記述されていたが、1762年、ヤコブ・クリスティアン・シェーファーによって定義された。種小名arvensisは「草原の」という意味

※この「分類学」の解説は、「シロオオハラタケ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「シロオオハラタケ」の記事については、「シロオオハラタケ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/10 04:06 UTC 版)

真菌学」の記事における「分類学」の解説

直接に実用性のない分野では、まだ十分な研究進んでいない部分が多い分野でもある分類に関しては、今でも新種がどんどん追加されている。特に、微小菌類といわれる小型の子実体作る子嚢菌類などは毎年どんどん新種が出る。また、菌類野外で発見難しく発見方法開発されると、新たな分類群山のように見つか場合がある。たとえば水生不完全菌1942年にはじめて発見され現在では一つ分野にまで成長している。 他方分類体系そのもの見直し進められている。菌類構造単純なものが多く外部形態頼った分類では十分な証拠得られない場合も多い。現在では生化学分子遺伝学などの情報利用できるので、それらを用いた見直しが行われている。

※この「分類学」の解説は、「真菌学」の解説の一部です。
「分類学」を含む「真菌学」の記事については、「真菌学」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/26 16:45 UTC 版)

クロノボリリュウ」の記事における「分類学」の解説

この最初に記載したのは博物学者のアダム・アフセリウスであり、1783年分類された。この種の名前であるlacunosaはラテン語形容詞であり、「穴のある」を意味している。属の名前であるHelvellaは元々イタリアハーブ一種であったが、アミガサダケ関連する言葉になった。Helvella sulcataはこの種とはいくらかの違いがあり、裂片僅かな違いがあるとされて別種されていたが、現在では以下に格下げされるか、全くのシノニムとして扱われている。この二つの型を明らかに線引きするような特徴見つからなかった。

※この「分類学」の解説は、「クロノボリリュウ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「クロノボリリュウ」の記事については、「クロノボリリュウ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/17 02:58 UTC 版)

ラカンドニア・スキスマティカ」の記事における「分類学」の解説

ラカンドニア・スキスマティカは、1985年9月Esteban Martínez により発見された。1989年MartínezClara Hilda Ramosによって初め記載されこの種だけでラカンドニア属およびラカンドニア科が設立されラカンドニア自体ホンゴウソウ目分類された 。 1991年に、Traudel Rübsamen-Weustenfeldは、ラカンドニア・スキスマティカホンゴウソウ属(Sciaphila)かPeltophyllum属に属す、あるいはそれ自身だけの単型属としてホンゴウソウ科含まれることを示唆した1998年の別研究では、ラカンドニア・スキスマティカそれ自身単型科として分離することを支持するデータ発表されたAPG IIでは、このラカンドニア属はホンゴウソウ科移され、この科はタコノキ目置かれた

※この「分類学」の解説は、「ラカンドニア・スキスマティカ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ラカンドニア・スキスマティカ」の記事については、「ラカンドニア・スキスマティカ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/13 07:47 UTC 版)

六界」の記事における「分類学」の解説

界 (分類学)#六界説 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「分類学」の解説は、「六界」の解説の一部です。
「分類学」を含む「六界」の記事については、「六界」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 13:29 UTC 版)

生物学史」の記事における「分類学」の解説

分類学は、従来様々な形質を検討しつつ、それぞれの群で最も重要であろう判断された少数の形質に基づいて分類をする、ということが行われた。しかし、これによる恣意性混入という問題があり、それ対す方法として、あらゆる形質判断利用して系統推測する分岐分類学の方法が提唱された。また、系統直接に推測する方法として遺伝子直接に調べ分子系統学生まれた。これらを実現することになったものとして情報処理能力におけるコンピュータ発達がある。 また、特に単細胞生物分野における発展大きい。古細菌それまでに知られた生物すべてと対置すべき全く新しいであることが認められたまた、原生生物分類発達は、当初はホイッタカーによる五界説などをもたらしたが、それ以降発展はもはや界の分類そのもの危うくするいたっている。しかしながら、これらによってこれまでの分類学が描けなかった生物世界全体系統をも明らかにしそうな発展が行われつつある。また、これらの方法により既成分類体系見直し迫られている群は多く多くの分野混乱生じている。落ち着くにはしばらくかかりそうである。

※この「分類学」の解説は、「生物学史」の解説の一部です。
「分類学」を含む「生物学史」の記事については、「生物学史」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/05 04:40 UTC 版)

卵化石」の記事における「分類学」の解説

卵化石はveterovataと呼ばれるパラタクソノミ(parataxonomy)システムに沿って分類されている。生物系統学分類体系に、oofamilies、oogenera、oospecies(総称してootaxaと知られている)の3つの大きなカテゴリーがある。 oogeneraとoofamiliesの名前は慣習的に石の卵」を意味する語根 「oolithus」が含まれているが、いつもこの規則に従っているとは限らない。それらは、以下のいくつかの基本的なタイプ分かれている:Testudoid、Geckoid、Crocodiloid、Dinosauroid-spherulitic、Dinosauroid-prismatic、OrnithidVeterovataは、常に産卵した動物の分類反映するのではないことに留すべきである

※この「分類学」の解説は、「卵化石」の解説の一部です。
「分類学」を含む「卵化石」の記事については、「卵化石」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 10:13 UTC 版)

ユメゴンドウ」の記事における「分類学」の解説

ユメゴンドウ初めての記録は、1874年John Grayよるものである。1950年代までは、ユメゴンドウ大英博物館が所有している2個の頭蓋骨標本として知られているだけであった1954年日本の鯨類学Yamada Munesatoは、1952年本州出身漁師捕らえたユメゴンドウを『珍しイルカ』(rare porpoise) として報告している。Yamadaその中で頭蓋骨大英博物館あるもの特徴一致するが、身体的な特徴シャチに似ており、「小さシャチ」(LesserあるいはPygmy Killer Whaleと呼ぶことを提案している。 学名のattenuataはラテン語先細り意味しており、ユメゴンドウ体型頭部から尾びれにかけて徐々に小さくなっている様子現している。 和名のユメ(夢)とは、Grayによる1874年報告の後、1世紀近くも再び発見されることがなく、その珍しさ表現したものである

※この「分類学」の解説は、「ユメゴンドウ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ユメゴンドウ」の記事については、「ユメゴンドウ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 08:34 UTC 版)

キツネタケ」の記事における「分類学」の解説

最初にこのキノコ記述見られるのはチロル人のジョヴァンニ・アントニオ・スコポリ1772年ハラタケ属分類しAgaricus laccatusとして記したものであると言われており、1884年にモーデカイ・キュヴィット・クックが現在の学名をつけた。laccatusはラテン語で「光り輝く」を意味する形容詞語源となっている。古い文献にはカヤタケ属に分類されてClitocybe laccataとされていることもある。チャールズ・ホートン・ペックの記述した変種var. pallidifoliaは北アメリカ一般的に見られる変種である。 世界中で見られる種である。この種他の襞のあるキノコキシメジ科関係がある考えられていたが、最近ヒドナンギウム科に分類されるようになった形態変異あることから deceiver (欺くもの)という英名をつけられた。その他にも Lacklustre laccaria(つやのないキツネタケ)等とも称されサポテカ人キツネタケ属の他の種含めベシア・ラディ・ビイニイ(Beshia ladhi biinii)と呼ぶ

※この「分類学」の解説は、「キツネタケ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「キツネタケ」の記事については、「キツネタケ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 17:10 UTC 版)

ディプロドクス上科」の記事における「分類学」の解説

下の分類Emanuel Tschopp と Octavio Mateus とロジャー・ベンソンによる2015年研究に従うディプロドクス上科ハプロカントサウルス ディプロドクス形類レッバキサウルス科 Flagellicaudataディクラエオサウルス科 ディプロドクス科アンフィコエリアス アパトサウルス亜科 ディプロドクス亜科 2015年標本レベル系統解析と種レベル系統解析が行われた。以下のクラドグラムに示す。 ディプロドクス上科ハプロカントサウルス ディプロドクス形類 レッバキサウルス科   ザパラサウルス   リメイサウルス亜科Cathartesaura anaerobica   Limaysaurus tessonei ニジェールサウルス亜科ニジェールサウルス   デマンダサウルス Flagellicaudata ディクラエオサウルス科ディスロコサウルス       スウワッセアディストロファエウス     ブラキトラケロパン     アマルガサウルスディクラエオサウルス ディプロドクス科アンフィコエリアスアパトサウルス亜科   ?Apatosaurinae gen. et sp. nov.       Apatosaurus ajaxApatosaurus louisae     Brontosaurus excelsus     Brontosaurus yahnahpin   Brontosaurus parvus ディプロドクス亜科   ?Diplodocinae gen. et sp. nov.     トルニエリア       Supersaurus lourinhanensis   Supersaurus vivianae     レインクパル     ガレアモプス       Diplodocus carnegiei   Diplodocus hallorum     カアテドクスバロサウルス

※この「分類学」の解説は、「ディプロドクス上科」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ディプロドクス上科」の記事については、「ディプロドクス上科」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/16 21:08 UTC 版)

ムラサキフウセンタケ」の記事における「分類学」の解説

ムラサキフウセンタケスウェーデン菌類学の父と呼ばれるエリーアス・フリースと分類学の父と呼ばれるカール・フォン・リンネによって分類命名された。種小名の violaceus は「紫色の~」という意味で、濃紫色の傘の色に因み英語圏ではViolet Webcapの名でも知られている。 本種はフウセンタケ属のタイプ種である。しかしデヴィッド・アロラ(David Aroraによれば少なくとも1000以上はあると思われる本属他種と本種とでは、色やシスチジア特徴大きく異なっており、両者は別属として分けることも可能であるとする。もしこの見解支持され場合国際植物命名規約の上からは、本種は属のタイプ種であることから従来どおり本属残され残りの種が新たな属に分類し直されることになる。しかしオーストリア菌類学者マインハード・モーザー(Meinhard Moser)は、本種と他の1種の計2種のみを承名亜属であるフウセンタケ亜属 Cortinarius (Cortinarius) に分類しており、他の種別の亜属として扱っており、両者はすでに区別されている

※この「分類学」の解説は、「ムラサキフウセンタケ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ムラサキフウセンタケ」の記事については、「ムラサキフウセンタケ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 03:18 UTC 版)

ジャン=バティスト・ラマルク」の記事における「分類学」の解説

彼の研究の重要な成果一つは明らかに無脊椎動物分類体系である。また、彼が進化考え得たのもこの研究であるとされる無脊椎動物については、ほとんど手付かず状況であったらしい。リンネ体系では無脊椎動物門は昆虫類蠕虫類に分けられいただけであった1797年発表した体系ではこれを5綱に分け1801年の「無脊椎動物体系」では7綱とした。『動物哲学』ではさらに10綱とし、これは現在の体系にかなり近づいている。また、彼はこれらを体制の高度さの順に配置し進化考えをそこに見せている。

※この「分類学」の解説は、「ジャン=バティスト・ラマルク」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ジャン=バティスト・ラマルク」の記事については、「ジャン=バティスト・ラマルク」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 00:43 UTC 版)

オオバウマノスズクサ」の記事における「分類学」の解説

本項目の大部分は、(渡邉・東馬、大井・東馬 2016)、(馬 1989)によるものである。) ケンペルは(Kaempfer 1712)( 日本語タイトル廻国奇観として知られる)において、「Sam kakuso」としてオオバウマノスズクサ紹介している。本種は(Kaempfer 1791) の図版t49タイプとして、Linne (1805)に記載され、和名として廻国奇観紹介された「Sam kakuso」が採用されている。 中国では基本変種のA. kaempferi f. kaempferiの他に下の3変種認められる。 A. kaempferi f. heterophylla:花茎卵型または円形を抱く長さ5-15mmの小苞片がある。陝西省甘粛省南部四川省西部湖北省西部。 A. kaempferi f. thibetica:が琴または倒卵状の長い円形をなす。四川省叙永県康定市)、重慶市南川区雲南省中部以北。 A. kaempferi f. mirabilis:細長く披針型。四川省雷波県)。 ただし、(馬 1989)は、本種を中国のものは別種とし、(Ohi-Toma et al. 2014)(渡邉・東馬、大井・東馬 2016)は本種を日本固有種として扱っている。 (大井 1953)はが三裂する点をウマノスズクサとホソバウマノスズクサ(現アリマウマノスズクサ)の相違点とし、これ以降図鑑等ではおおむねこの見解に従っている。 本種の近縁種に関する分類混乱する理由は、本属分類には花の特徴重要であるにもかかわらず自然状態において開花個体見出すことが少な地域がある上に、たとえ花が付いていても腊葉標本では花の立体的な構造色などの情報失われることによるそのため、葉の形態注目して種と分類群認識してきた経緯があるが、本種(及びアリマウマノスズクサなどの近縁種)は葉の形態変異多様であることも混乱理由である。

※この「分類学」の解説は、「オオバウマノスズクサ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「オオバウマノスズクサ」の記事については、「オオバウマノスズクサ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 00:11 UTC 版)

オウム」の記事における「分類学」の解説

他の鳥類       ミヤマオウム科(英語版)Strigopidae       インコ科Psittacidae     タイハクオウムCacatua (Cacatua) albaオオバタンCacatua (Cacatua) moluccensis   ルリメタイハクオウムCacatua (Cacatua) ophthalmica   コバタンCacatua (Cacatua) sulphureaキバタンCacatua (Cacatua) galerita       アカビタイムジオウムCacatua (Licmetis) sanguinea     ヒメテンジクバタンCacatua (Licmetis) pastinator     テンジクバタンCacatua (Licmetis) tenuirostris     ソロモンオウムCacatua (Licmetis) ducorpsii     シロビタイムジオウムCacatua (Licmetis) goffiniana     フィリピンオウムCacatua (Licmetis) haematuropygia       クルマサカオウムLophocroa leadbeateri     モモイロインコEolophus roseicapilla     アカサカオウムCallocephalon fimbriatum     ヤシオウムProbosciger aterrimus     ボーダンクロオウムCalyptorhynchus (Zanda) baudinii   ニシオジロクロオウムCalyptorhynchus (Zanda) latirostris   キイロオクロオウムCalyptorhynchus (Zanda) funereus     アカオクロオウムCalyptorhynchus (Calyptorhynchus) banksii   テリクロオウムCalyptorhynchus (Calyptorhynchus) lathami       オカメインコNymphicus hollandicus           オウム科系統発生と種相互の関係(亜種記載されていない) 現在のオウム科を、最初にインコ科Psittacidae亜科(Cacatuinae)として分類したのは、1840年英国自然学者ジョージ・ロバート・グレイである。このとき、Cacatua 属は初めて属として記載された。このグループさまざまな専門家たちによって代わる代わる、科と考えられたり亜科であると考えられてきた。アメリカの鳥類学者ジェイムズ・リー・ピーターズ(英語版)は1937年著書Check-list of Birds of the Worldにおいて、また1990年には、オウム目専門家であるジョセフ・フォーショウ(英語版)が1973年にこれらをオウム科として分類していたにも関わらずシブリーモンローもまたオウム亜科としての位置づけ維持したその後分子分岐学研究によって、オリジナルのインコ祖先からの最も初期の分岐ニュージーランドインコであるミヤマオウム科(英語版)であり、これに続いて現在では明確にグループないし単系統群分類されているオウム科分岐し、これ以外のインコ南半球への適応放散によりパラキートコンゴウインコヒインコボタンインコ、そしてその他のインコといったさまざまなインコ科の種へと多様化していったことが示されている。 オウムの種の相互の関係は、現在でも完全に解明されはおらず、また現時点でデータはこの科を亜科分割することを支持していない。とりわけアカサカオウム英語版)、(Callocephalon fimbriatum)とオカメインコ位置づけ厄介な問題となっている。オーストラリア農夫にしてアマチュア鳥類学者であるジョン・コートニーは1996年に、これら2種鳥の雛が餌をせがむときに頭を振る様子他のオウムとは異なり、むしろインコの種に似ていることを観察している。1999年アメリカ研究者であるデイビッド・M・ブラウンキャサリン・A・トフトミトコンドリア DNA塩基配列比較から、この二つの種が白色オウムよりも、むしろクロオウム(Calyptorhynchus 属)により密接な関係あること発見した。このことはオーストラリア鳥類学者リチャード・ショッデによる、Cacatuinae 亜科設けてここにアカサカオウム白色オウムとともに分類するという提案対照的である。また、研究者Dwi Astuti によるオウムDNAにおけるβ-フィブリノゲン遺伝子断片分析でも、同様にアカサカオウムをここ(Calyptorhynchus 属の近縁)に分類している。 Eolophus 属、Lophocroa 属および Cacatua 属 は明確で議論の余地の無いグループないし単系統群形成する。この単系統群属する種は白変種であり、また性的二型性を示すことはない。Eolophus 属(モモイロインコ)をこのほかの属の Basal(初期の分岐)とすることで、さらにまた、Lophochroa 属とCacatua 属を互いに直近の関係(姉妹クレード)とすることで、この単系統群内での関係は確立したものとなっている。Cacatua 属はさらにLicmetis 亜属(一般に corella として知られているアカビタイムジオウムなど)とCacatua 亜属(いわゆる白色オウム、"white cockatoo")へと分割される紛らわしいことに、この"white cockatoo"という語は属全体(Cacatua 属) のみならず、この単系統群全体を指す名称として使われている。 残りの6種は羽毛大部分が黒である。これらのうち、ヤシオウムそれ自身単独のProbosciger 属を構成しており、オウム科の最も初期の分岐系統を引いている。Calyptorhynchus 属の5種のオウム一般にクロオウムとして知られており これらは二つ亜属 - Calyptorhynchus 亜属とZanda 亜属 - に分割される前者グループ性的二色性であり、雌は特徴的な縞模様羽毛をもつ。さらに、2種は、ひな鳥が餌をせがむときの鳴き声違いによっても特徴づけられる。 オウム化石記録は、一般にインコのそれに比べるとかなり限られており、オーストラリアのリバースレイ(英語版)の初期中新世(1600~2300万年前)の堆積から発見された、わずか一種類真のオウム祖先(Cacatua 属、おそらくはLicmetis 亜属オウム推測される)の化石知られているだけである。断片的ではあるが、この遺物はヒメテンジクバタン(英語版)やモモイロインコよく似ているまた、メラネシアニューカレドニアニューアイルランドでは、Cacatua 亜属(白色オウム)の種の骨の半化石見つかっているが、これらは初期のヒト進出によって絶滅したもののようである。オウム進化と系統発生に関してこれらの化石から分かることはかなり限られてはいる。しかし、リバースレイの化石によって亜科分岐について、何らかの仮説的な年代決定出来るのではないか期待されている。

※この「分類学」の解説は、「オウム」の解説の一部です。
「分類学」を含む「オウム」の記事については、「オウム」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 06:14 UTC 版)

スジイルカ」の記事における「分類学」の解説

スジイルカスジイルカ属属する5種のうちの一つである。発見1833年Franz Meyenよる。種小名のcoeruleoalbaは特徴的な横腹青と白帯状模様由来する

※この「分類学」の解説は、「スジイルカ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「スジイルカ」の記事については、「スジイルカ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 03:37 UTC 版)

メセンブリオルニス」の記事における「分類学」の解説

Mesembriornis incertus と Mesembriornis milneedwardsi の2種が現在認められている。しかしながらメセンブリオルニス疑問名にして本属をヘルモシオルニスとし、フォルスラコス科新たな分類体系提唱する研究者もいる。メセンブリオルニスは約1000 - 260万年前にあたる新第三紀中新世後期から鮮新世前期にかけてアルゼンチン西部および北西部パンパ生息した北アメリカ大陸生息した巨大なティタニス・ワレリとともに最後まで生息したフォルスラコス科の属である。

※この「分類学」の解説は、「メセンブリオルニス」の解説の一部です。
「分類学」を含む「メセンブリオルニス」の記事については、「メセンブリオルニス」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 05:09 UTC 版)

テリジノサウルス上科」の記事における「分類学」の解説

バルスボルドとペルル獣脚亜目の上科の一つとしてセグノサウリアを命名した董枝明はさらに進んで独自の分類階級セグノサウルス目を提唱した。この名は、セグノサウルス獣脚類内の特殊なグループである事が分かって以来棄却されている。クラークらは2004年セグノサウルス目をテリジノサウルス上科シノニム見なしたテリジノサウルス上科1954年にマレーエフによって、巨大で風変わりな獣脚類テリジノサウルスのみを内包するものとして設立された。テリジノサウルス上科系統発生研究におけるセグノサウリアという古い名称に代わって用いられるようになり、これらの動物古竜脚類近縁種であるという今では信じられていない考えの関係から、二つグループを含む系統学的定義が与えられた。 以下の属の一覧2010年のザンノに基づく。 テリジノサウリアエシャノサウルス? (チレサウルス近縁可能性あり) ファルカリウス マルタラプトル ジャンチャンゴサウルス (Pu et al., 2013) テリジノサウルス上科ベイピアオサウルス エニグモサウルス エルリアンサウルス ネイモンゴサウルス スジョウサウルス アラシャサウルス テリジノサウルス

※この「分類学」の解説は、「テリジノサウルス上科」の解説の一部です。
「分類学」を含む「テリジノサウルス上科」の記事については、「テリジノサウルス上科」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/11 06:27 UTC 版)

マーレーコッド」の記事における「分類学」の解説

当初コッド類にはただ1つの種であるマーレーコッドだけが認められキュヴィエによりGrystes macquariensis という学名与えられていた。種小名のmacquariensis はホロタイプ捕らえられニューサウスウェールズ州マッコーリー川(Macquarie)にちなんものである1929年になってホイットリーにより、初期のオーストラリア魚類研究者の姓である「マカロック」(McCulloch)にちなんだMaccullochella という新し属名与えられ、Maccullochella macquariensis となった1970年代になって、トラウトコッドが別種であると認められた際に標本詳しく再調査したところ、最初のマーレーコッド」のホロタイプ標本実際にはトラウトコッドに属すものであることが判明した学名命名規則に従いM. macquariensis という学名はトラウトコッドのものとなり、マーレーコッドにはそれまで変種をさしていたpeelii が昇格して種名となったM. peeliiという新しい学名が与えられたこの種小名peelii はホロタイプ捕らえられピール川(Peel River)にちなんものであるその後、イースタンフレッシュウォーターコッド(M. ikei)とマリーリバーコッド (Mary River cod) (M. peelii mariensis)の2種コッド認められたこのうちマリーリバーコッドはマーレーコッド学名をM. peelii peeliiと変えさせる原因となった最近の研究ではマリーリバーコッドが実際はイースタンフレッシュウォーターコッドの亜種である可能性示唆している。それが認められた場合、マリーリバーコッドの学名はM. ikei mariensisとなる可能性がある

※この「分類学」の解説は、「マーレーコッド」の解説の一部です。
「分類学」を含む「マーレーコッド」の記事については、「マーレーコッド」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 10:10 UTC 版)

ビロードモウズイカ」の記事における「分類学」の解説

植物学命名法則ってビロードモウズイカは、カール・フォン・リンネにより、1753年刊行された彼の著書Species Plantarum初め命名記載された。 この種小名"thapsus"は、テオプラストスにより、タプソス("θαψοζ")として、初め使われた。この名は(しばしば古代チュニジア都市タプスス同一視されがちだが)、現在のシチリア島シラクサ付近にあった古代ギリシア植民地タプソスの名前であり、テオプラテスは、この地方から産出する不明な薬草に対して、この名を使っていた。 もっと後の19世紀になって初めて発生した習慣である基準標本は、当時は規定されていなかった。選定基準標本従来標本中から選ばれた基準標本)が指定されたときは、唯一のビロードモウズイカ標本として、リンネ植物標本集標本242.1が割り当てられた。この種最初からモウズイカ属基準種指定されていた。ヨーロッパ分布するビロードモウズイカ表現型かなりの多様性呈しそれゆえ何年にも渡ってこの植物多くのシノニム付けられることになったアメリカ導入され個体群多様性は、それよりずっと少ない。 モウズイカ属の分類学は、Arthur Huber-Morath の仕事別として1930年代におけるSvante Samuel Murbeckによる一連のモノグラフ 以来大きな改編はない。Arthur Huber-Morath はイランからトルコにかけて植生におけるこの属をまとめる上で多くの中間型記載するために非公式の分類群使った。しかし、Huber-Morathの分類群は分学的なものではなかったので、Murbeckのモノグラフ一般的に利用できる最新のものである。なぜならば現在のところ分子遺伝子データをこの属に対して幅広く適用すべく探索した研究がないためである。Murbeckの分類において、ビロードモウズイカクロモウズイカ(V. nigrum) , V. lychnitis、V. sinuatumなどの種と並んで、Bothrospermae節のFasciculata亜節もしくは命名選択に応じてモウズイカモウズイカ亜節)に配置されている。

※この「分類学」の解説は、「ビロードモウズイカ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ビロードモウズイカ」の記事については、「ビロードモウズイカ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 05:00 UTC 版)

P型小惑星」の記事における「分類学」の解説

小惑星の分類初期のシステムは、1975年にデイヴィッド・トーレンの博士論文基礎として確立された。これは、110個の小惑星の観測基づくものであったC型小惑星S型小惑星分類当てはまらないスペクトルを持つものの雑多な分類として、U型小惑星という分類用いられた。1976年中程度の値のアルベドを持つU型小惑星いくつかM型小惑星とされた。 1981年頃、M型小惑星区別できないスペクトルを持つが、M型小惑星基準満たない低いアルベドを持つ小惑星発見された。これらは当初X型小惑星とされたが、後にDM型、PM型とされ、P型小惑星として新しい分類とされることになった(Pは"pseudo-M"を表す)。

※この「分類学」の解説は、「P型小惑星」の解説の一部です。
「分類学」を含む「P型小惑星」の記事については、「P型小惑星」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 21:17 UTC 版)

メガネイルカ」の記事における「分類学」の解説

メガネイルカは、ブエノスアイレス近く海岸漂着した標本に基づき1912年、Lahilleにより新種として報告された。その後フエゴ島別の頭部標本発見され最初別の種であると考えられPhocoena dioptricaという仮の名前が付けられた。さらにその後フエゴ島見つかった頭部標本は、Lahilleの報告した新種同種であることが判明し結局、Lahilleの報告した新種イルカにはPhocoena dioptricaという学名付けられた。dioptricaという種小名は、メガネイルカ特徴ある眼周囲の二重の輪を意味するラテン語由来する

※この「分類学」の解説は、「メガネイルカ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「メガネイルカ」の記事については、「メガネイルカ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 15:51 UTC 版)

タイパン属」の記事における「分類学」の解説

タイパンという一般名は、オーストラリアクイーンズランド州ヨーク岬半島中心部に住むウィック・ムンカン・ アボリジニ人々使用した言葉にちなんで、人類学者ドナルド・トムソンによって造られた。属名ギリシア語のoxys(鋭い、針状)とouranosアーチ具体的に天のアーチ)に由来しKinghorn他のすべてのコブラ科からこの属を分け点として記述した口蓋アーチ上の針状の前突起を指す。 頻繁に引用される「シャープテール」の意味は、語源学的に形態学的にも正しくはない。 既知の3つの種は、タイパン (Oxyuranus scutellatus)、ナイリクタイパン(Oxyuranus microlepidotus)および2007年発見されOxyuranus tempalis。この内タイパンにはクイーンズランド州北東海岸に沿って見られる O. s. scutellatus とパプアニューギニア南海岸見られる O. s. canni の2つ亜種がある。 2016年遺伝子分析では、 斑点のある茶色ヘビタイパンへつながる系統初期の派生種であり、Oxyuranu stempalis は内陸および沿岸タイパン共通の祖先からの派生種であることが示された

※この「分類学」の解説は、「タイパン属」の解説の一部です。
「分類学」を含む「タイパン属」の記事については、「タイパン属」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 08:08 UTC 版)

ウスタケ」の記事における「分類学」の解説

ウスタケ1832年アメリカ菌学ルイス・デービッド・ド・シュウェイニツがCantherellus floccosusとして記載した。しかし1945年にはロルフ・シンガーによってラッパタケ属に再分類された。この種小名floccosusはラテン語綿毛意味し属名のgomphosは古代ギリシャ語の'γομφος'から来ており、これはプラグ大き楔形の釘を意味しているまた、1909年にはアールによってTurbinellus floccosusという名前が提案されている。

※この「分類学」の解説は、「ウスタケ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ウスタケ」の記事については、「ウスタケ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 15:24 UTC 版)

テラトルニスコンドル」の記事における「分類学」の解説

その一般的な前は「モンスター・バード」と呼ばれる。 Teratornis merriami これは、最もよく知られている種で主にラブレアタールピットから100を超える標本発見され75 cm(29.5 in)推定翼幅はおそらく3.5〜3.8メートル(11.5〜12.5 フィート)、約15の重量量った kg33 ポンド);現存コンドルよりも約3分の1大きくしたもの。それは約1万年前更新世終わりに絶滅 Teratornisウッドバーネンシス ラブレアタールピットの北で最初に発見されこの種標本は、1999年オレゴン州ウッドバーンのレギオンパークで発見上腕骨頭蓋一部くちばし胸骨、および脊椎骨から、4メートルを超える推定翼幅を示すことが知られ14 ftこの種発見は、約12,000年前更新世後期マンモスマストドン地上ナマケモノなどの大型動物遺体を含む地層発見されただけでなく、その場所での初期の人の居住証拠示される 別の種 "Teratornis" olsoniは、キューバ更新世から記録なされたが、その親和性完全に解決されていない。テテレンではないかしれないとみられる独自の属、オスカラヴィスにも エクアドル南西部でも未確認化石もあるが、これらの形態別として北米限定されていた。

※この「分類学」の解説は、「テラトルニスコンドル」の解説の一部です。
「分類学」を含む「テラトルニスコンドル」の記事については、「テラトルニスコンドル」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 10:07 UTC 版)

カワゴンドウ」の記事における「分類学」の解説

カワゴンドウは、1866年リチャード・オーウェンにより新種として報告された。カワゴンドウ属属す二つの種のうちの一つである。外観シロイルカに似ており、イッカク科あるいはシロイルカ科 (Delphinapteridae) に分類されることもあったが、現在ではマイルカ科分類されるのが一般的である。遺伝子学的にシャチに近いことがわかっている。 学名の brevirostris は、ラテン語の「短い口吻」に由来する。和名のカワ(河)は河口付近棲息することに由来する。別名のイラワジあるいは英名のIrrawaddy棲息地河川名由来する詳しくは生息域の節を参照)。 2005年遺伝子解析によって、北オーストラリア棲息する種類は、カワゴンドウとは異な別の種のオーストラリアカワゴンドウOrcaella heinsohni, Australian Snubfin Dolphinであることがわかった

※この「分類学」の解説は、「カワゴンドウ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「カワゴンドウ」の記事については、「カワゴンドウ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 03:09 UTC 版)

カルノサウルス類」の記事における「分類学」の解説

カルノサウルス類伝統的にすべての大型肉食恐竜入れておく集積場のような分類群とされてきたが、1980年代から1990年代にかけて解析結果この分類群には体のサイズ以外の共通する特徴が非常にわずかしかないことがわかったかつてのカルノサウルス類大部分はより原始的な獣脚類再分類された。また他方でティラノサウルス類のようにより鳥類近縁あるものコエルロサウルス類分類された。前者にはメガロサウルス科スピノサウルス科ケラトサウルス含まれる中にはラウイスクス類(Rauisuchia)のテラトサウルスのように恐竜でないとされたものもある。 カルノサウルス類下目)(Carnosauria)エレクトプス(Erectopus) フクイラプトル(FukuiraptorガソサウルスGasosaurus)? メガラプトルMegaraptor)? モノロフォサウルスMonolophosaurusシャモティラヌスSiamotyrannusアロサウルス類上科)(AllosauroideaベックレスピナクスBecklespinax)? アロサウルス類(科)( Allosauridaeカルカロドントサウルス類(科)( Carcharodontosauridaeシンラプトル類(科)( Sinraptoridae)

※この「分類学」の解説は、「カルノサウルス類」の解説の一部です。
「分類学」を含む「カルノサウルス類」の記事については、「カルノサウルス類」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 04:04 UTC 版)

ハラタケ」の記事における「分類学」の解説

種小名campestrisはラテン語で「野原」を意味するcampus由来する

※この「分類学」の解説は、「ハラタケ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ハラタケ」の記事については、「ハラタケ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 02:37 UTC 版)

オウム病クラミジア」の記事における「分類学」の解説

1960年代細菌であることが確認されたC. psittaciは、従来の科や属には分類されず、クラミジア科クラミジア属が新設されてそれに帰属され、1999年までこの種がこの科と属における唯一の帰属種とされていた1999年クラミジア属は2つの属、クラミジア属と新たに設けられたクラミドフィラ属に分割され、このときにC. psittaciはクラミドフィラ属に割り振られ、Chlamydophila psittaciに名称変更された。しかし、この分変更はのちに意義申し立てられ全ての微生物学者受け入れられたり採用されたりはしなかったため、クラミドフィラ属は廃された。C. psittaciを含む、クラミドフィラ属に割り振られた9種全て元のクラミジア属に戻った2013年クラミジア属に新種追加され2014年にはさらに2種追加された。 かつてC. psittaciみなされていた3つの菌株今日ではそれぞれクラミジアの別個の種、C. abortus、C. felis及びC. caviaeに分類されている。

※この「分類学」の解説は、「オウム病クラミジア」の解説の一部です。
「分類学」を含む「オウム病クラミジア」の記事については、「オウム病クラミジア」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 09:58 UTC 版)

マイルカ属」の記事における「分類学」の解説

マイルカ属属すイルカは、生息域によるサイズ体型体色差異大きく過去数十年間に20上もの種が提案されていたが、1990年代半ばまでは、マイルカ属属するのは通常マイルカ (Delphinus delphis) のみとされていた。しかし1960年代カリフォルニア州生物学者は、マイルカ属属するのは2種口吻の短い種と口吻長い種)であると結論付けた1990年代になり、遺伝子解析により裏付けられ現在ではマイルカDelphinus delphis、英名 Short-beaked Common Dolphin口吻の短いマイルカの意))ハセイルカDelphinus capensis、英名 Long-beaked Common Dolphin口吻長いマイルカの意))との2種分類されることが多い。 同じく遺伝子解析により、第三の種となる可能性のあるイルカ存在することがわかっている。このイルカネッタイマイルカDelphinus tropicalis、英名 Arabian Common Dolphinアラビアマイルカの意))とも呼ばれ紅海インド洋棲息し、特に細長い口吻特徴である。現時点では独立したではなくハセイルカの一亜種であって一部地域のみに棲息固有の特徴有しているものとされることが多い。

※この「分類学」の解説は、「マイルカ属」の解説の一部です。
「分類学」を含む「マイルカ属」の記事については、「マイルカ属」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 22:10 UTC 版)

ハンドウイルカ」の記事における「分類学」の解説

以前より多くの生物学者は、ハンドウイルカ複数の種から成り立っている可能性気付いていた。近年分子遺伝学進歩によって様々な新たな知見得られている。多くの研究者は、ハンドウイルカは以下の2種からなるという説に同意している。 ハンドウイルカ (Tursiops truncatus, Common Bottlenose Dolphin) ほぼ世界中温帯から熱帯海域棲息し、体色青みがかっていることもありくちばしから噴気孔にかけて濃い灰色の筋がある。 ミナミハンドウイルカ (Tursiops aduncus, Indo-Pacific Bottlenose Dolphin) インド洋中国の南、オーストラリアなどに棲息し、背は濃い灰色で、腹は白く灰色斑点を持つ。 ハンドウイルカ (T. truncatus) の亜種と考えられることもあるものとしては、以下が挙げられるPacific Bottlenose Dolphin(T. truncatus gillii あるいは T. gillii) 太平洋棲息し、眼から額にかけて黒い筋状模様を持つ。 Black Sea Bottlenose Dolphin (T. truncatus ponticus) 黒海棲息する。 古い資料ではハンドウイルカミナミハンドウイルカ区別されていないため、そういったデータ2つの種の構造上差異決定する観点からはあまり役に立たないそのため、IUCNレッドリストでは「情報不足」(DD:Data Deficient) に分類されている。 最近の遺伝子解析によると、ミナミハンドウイルカ (T. aduncus) はハンドウイルカ (T. truncatus) よりもスジイルカ属 (Stenella) のタイセイヨウマダライルカ (Stenella frontalis) に近いという報告もある。分類に関してはしばらくは流動的な状況続きそうである

※この「分類学」の解説は、「ハンドウイルカ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ハンドウイルカ」の記事については、「ハンドウイルカ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:01 UTC 版)

ヨーロッパシジュウカラ」の記事における「分類学」の解説

このシジュウカラは、1758年カール・リンネによって著書自然の体系10の中で現在の二名法による種名記載された。学名Parus majorラテン語の「シジュウカラ属(Parus)」と「大きい(maior)」に由来する17世紀フランシス・ウィラビイが既にこの名称を使っていた。 以前シジュウカラは、イギリスから日本までの東西範囲、南はインドネシア島々に至る範囲に及ぶとして扱われており、36亜種4つ主な種群に帰属する説明されていた。majorヨーロッパシジュウカラ)群はヨーロッパ全土およびアジア北アフリカ温帯にかけて13亜種がおり、minor日本のシジュウカラ)群はロシア南東部および日本から東南アジア北部にかけて9亜種がおり、cinereus(南アジアシジュウカラ)群はイランからインドネシアまでの南アジア全域11亜種発見された。3つのbokharensis亜種多くの場合別種のボハラシジュウカラ(Parus bokharensis)として扱われていた。この形態はかつて亜種全体に遺伝子流動を伴うチベット高原周辺の輪状種形成する考えられていたが、ミトコンドリアDNA配列調べたところ、4群が別々(単系統群であることが判明した2005年発表された研究では、major群がcinereus群やminor群とは異なりP. m. bokharensisと共に150万年前にこれら2群から枝分かれしたことが確認された。bokharensisとmajor群との枝分かれは約50万年前だと推定された。他にもこの研究major群とminor群が出会うアムール渓谷両者代表種による交雑種調べた交雑種稀で、両群には幾つかの生殖障壁があったことが示唆された。同研究は、東方にいる2群をクロシジュウカラ(Parus cinereus)と日本のシジュウカラ(Parus minor)という新種分割することを勧告し、ボハラシジュウカラはmajor群に一括りすることを勧告したこの分類には、例え国際鳥類学会議世界鳥類リスト (IOC World Bird List) など一部権威従っている。より伝統的な分類に従ってシジュウカラ属を扱う書籍 (Handbook of the Birds of the World) もあり、こちらはボハラシジュウカラを別種として扱いながらも日本のシジュウカラ南アジアのクロシジュウカラをヨーロッパシジュウカラ含めており、この動向批判出ていない。 ヨーロッパシジュウカラ指名亜種は、イベリア半島からアムール渓谷まで、そしてスカンジナビアから中東までにわたって最も広く分布している。他の亜種はより限定的な分布で、4種島々限定されており、他はかつての氷河期生き延びた局所群(レフュジアに代表されるP. m. major亜種である。こうした広い領域にわたる形態的均質な1亜種優位性は、指名亜種直近の氷河期後に急速に広い領域を再び生息域にしたことを示唆している。この仮説は、遺伝的ボトルネック効果とそれに続く個体群急拡大示唆する遺伝学的研究によって支持されている。 シジュウカラ科においてシジュウカラ属はかつてシジュウカラ種の大部分占めていたが、形態学的研究遺伝学的研究1998年にその大きな属の分裂もたらしたヨーロッパシジュウカラシジュウカラ属に留め置かれ、これはルリガラ属と共にシジュウカラ系統で「貯食しない」として知られる他の分岐群貯食行動する)。シジュウカラ属は現在も同科で最も大きいが、再び分割される可能性がある以前は亜種だと見なされていた、ヨーロッパシジュウカラに最も近しい(種外の)親種は、南アジアのハジロシジュウカラ (Machlolophus nuchalis) とキバラシジュウカラ (Parus monticolus) である。シジュウカラ属外部との交雑種極めて稀だが、アオガラヒガラほか恐らくハシブトガラ記録されている。

※この「分類学」の解説は、「ヨーロッパシジュウカラ」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ヨーロッパシジュウカラ」の記事については、「ヨーロッパシジュウカラ」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 01:51 UTC 版)

ティタノサウルス類」の記事における「分類学」の解説

ティタノサウルス類化石記録断片的ながらも広範に生息しており、平原に住む草食動物としては成功したグループである(現在までに知られている竜脚類多様性のおよそ1/3におよぶ)。頭骨およびほぼ完全な骨格発見されたのはごく最近になってであるが(ラペトサウルスを参照)、今までにおおよそ50種のティタノサウルス類発見されている。多くの種についてはあまりよく知られていないこれらの大部分は系統群理解進んだ結果再分類や属の改名なされる可能性があるティタノサウルス科(Titanosauridae)は部分的な大腿骨不完全な尾椎に基づき1877年リチャード・ライデッカーにより記載され情報乏しい属であるティタノサウルスにもとづくものである以来分布アルゼンチンヨーロッパマダガスカルインドラオスにわたり白亜紀6000万年の期間地層から発見され14種がティタノサウルスとされた。ティタノサウルス類分類生物地理学中心となる存在であるにもかかわらず全てのティタノサウルスの種の再評価結果これらには5つしか識別可能認識することが出来なかったタイプ種T. indicusは「時代遅れな形質に基づいている、つまり、かつて属を識別可能見られ特徴その後、広い分類群分布していることがわかったため、無効な名前である。その結果ティタノサウルス属名使用することは一般的に放棄されている。そのため、よく知られたティタノサウルス標本別の属に移され例えイシサウルスネウクエンサウルスNeuquensaurusとなっている。 研究者中にはセレノ, 2005どのように ) ティタノサウルスは科の名(例えティタノサウルス亜科(Titanosaurinae)、 ティタノサウルス科(Titanosauridae)ティタノサウルス上科( Titanosauroidea))基となるタイプ種としてはあまりにも情報乏しく他の属指定すべきである主張している。またWeishampelらも The Dinosauriaの第2版においてティタノサウルス科使用せず代わりにより小さな範囲ティタノサウルス類の科であるサルタサウルス科(Saltosauridae)やネメグトサウルス科(Nemegtosauridae)を使用している

※この「分類学」の解説は、「ティタノサウルス類」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ティタノサウルス類」の記事については、「ティタノサウルス類」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 04:58 UTC 版)

ババス」の記事における「分類学」の解説

アンドリュー・ヘンダーソンは、1995年著書The Palms of the Amazonの中で、A. speciosaとA. spectabilisを正当な種と考えたが、後者はA. speciosaの無型か、これとA. microcarpaとの雑種だと考えた2005年著書World Checklist of Palmsで、Rafäel GovaertsJohn Dransfieldは、A. spectabilisasを正当なタクソン認めたが、1999年著書Taxonomic Treatment of Palm Subtribe Attaleinaeで、Sidney F Glassman疑問名とした。Attalea vitrivirは、Michael Balickらにより独立した種とされ、GlassmanGovaertsDransfield賛同したが、HendersonはA. speciosa一部であるとした。Glassmanは、この複合種の4つめの種として、A. brejinhoensisを記述しGovaertsDransfieldはこれを認めた

※この「分類学」の解説は、「ババス」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ババス」の記事については、「ババス」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 10:21 UTC 版)

ノドサウルス科」の記事における「分類学」の解説

ノドサウルス科1890年オスニエル・チャールズ・マーシュにより作られノドサウルスに基づいている。後述分類断りが無い限りThompson et al., 2011拠るノドサウルス科 ?アレトペルタAletopelta (北アメリカ西部カリフォルニア州) アニマンタルクスAnimantarx (北アメリカ西部ユタ州) アノプロサウルスAnoplosaurus (ヨーロッパ北西部イングランド) アンタルクトペルタAntarctopelta (南極半島北西部ジェイムズ・ロス島) エドモントニアEdmontonia (北アメリカ西部アルバータ州) グリプトドントペルタGlyptodontopelta (北アメリカ西部ニューメキシコ州) ハンガロサウルスHungarosaurus (ヨーロッパ中南部ハンガリー ) ヒラエオサウルスHylaeosaurus (イングランド南部サセックス州ミモオラペルタMymoorapelta (北アメリカ中部コロラド州) ニオブララサウルスNiobrarasaurus (北アメリカ西部カンザス州) ノドサウルスNodosaurus (北アメリカ西部ワイオミング州およびカンザス州) パノプロサウルスPanoplosaurus (北アメリカ西部モンタナ州およびアルバータ州 パウパウサウルスPawpawsaurus (北アメリカ西部テキサス州) プロパノプロサウルスPropanoplosaurus (北アメリカ東部メリーランド州) サウロペルタSauropelta (北アメリカ西部ワイオミング州およびモンタナ州) シルヴィサウルスSilvisaurus (北アメリカ西部カンザス州) ステゴペルタStegopelta (北アメリカ西部ワイオミング州) ストルティオサウルスStruthiosaurus (ヨーロッパ中南部) タタンカケファルスTatankacephalus (北アメリカ西部モンタナ州) テクサセテスTexasetes (北アメリカ西部テキサス州 チェジアンゴサウルスZhejiangosaurus (中国東部浙江省) エウロペルタEuropelta (スペイン東部アラゴン州テルエル県) ポラカントゥス亜科PolacanthinaeガルゴイレオサウルスGargoyleosaurus (北アメリカ西部ワイオミング州) ガストニアGastonia (北アメリカ西部ユタ州) ホプリトサウルスHoplitosaurus (北アメリカ中部サウスダコタ州) ペロロプリテスPeloroplites (北アメリカ西部ユタ州) ポラカントゥスPolacanthus (イングランド南部ワイト島およびサセックス州) ノドサウルス科疑問名numen dubiumアカントフォリスAcanthopholis (ヨーロッパ西部イギリス) パラエオスキンクスPalaeoscincus

※この「分類学」の解説は、「ノドサウルス科」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ノドサウルス科」の記事については、「ノドサウルス科」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 18:20 UTC 版)

ウェクシルム」の記事における「分類学」の解説

型花: 上弁をウェクシルムと呼ぶことがあるウェクシルム属: 腹足綱新生腹足上目の、カタツムリに近い巻貝分類一つ

※この「分類学」の解説は、「ウェクシルム」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ウェクシルム」の記事については、「ウェクシルム」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 15:46 UTC 版)

普通海綿綱」の記事における「分類学」の解説

普通海綿分類学は活発な研究領域であり、学ぶべきものがまだ多くある。しかしながら基本的な概略作ることはできる。普通海綿綱基礎クレード分岐群)は同骨海綿亜綱 (Homoscleromorpha) である。同骨海綿亜綱は、普通海綿綱残りよりも石灰海綿綱 (Calcarea) により似ている幼生有していることによって特徴付けられる。同骨海綿亜綱以外の普通海綿は、四放海綿亜綱 (Tetractinomorpha) と角質海綿亜綱 (Ceractinomorpha) の2つ主要な群に分かれる。これら2つの群は、独特の幼生型やスポンジン存在といった共通の系統を示す特徴共有している。現在、2つの群はそれぞれにのみ生じ微小骨片タイプによって特徴付けられている。それぞれの群の化石カンブリア紀から知られており、普通海綿主要なクレード初期放散示唆している化石普通海綿多く分類されるイシカイメン目 (Liithistida) は、四放海綿亜綱角質海綿亜綱属するものと間違いなく系的である。 ミトコンドリアゲノム分子的研究から、普通海綿綱には5つ主要なクレード存在することが示唆されている。 同骨海綿亜綱 Homoscleromorpha: 同骨海綿目 Homosclerophorida 角質海綿類 Keratosa: 樹状角質海綿目 Dendroceratida、網角海綿目 Dictyoceratida、ヴェルティシリティダ目 Verticillitida Myxospongiae: コンドロシダ目 Chondrosida、ハリサルカ目 Halisarcida、ヴェロングラ目 Verongida 単骨海綿目 Haplosclerida(海洋種) 残り普通海綿: 海綿目 Agelasida、有星海綿目 Astrophorida、硬海綿目 Hadromerida、磯海綿目 Halichondrida、多骨海綿目 Poecilosclerida、螺旋海綿目 Spirophorida、単骨海綿目(淡水種分岐順序は、 ( Homoscleromorpha, ( Keratosa, Myxospongiae )( Haplosclerida [海洋種], 残り普通海綿) )あるように見える

※この「分類学」の解説は、「普通海綿綱」の解説の一部です。
「分類学」を含む「普通海綿綱」の記事については、「普通海綿綱」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/23 07:53 UTC 版)

sensu」の記事における「分類学」の解説

分類学用語としては、ある分類群タクソン名の適用範囲学説によって異なる場合に、区別するために使われる

※この「分類学」の解説は、「sensu」の解説の一部です。
「分類学」を含む「sensu」の記事については、「sensu」の概要を参照ください。


分類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/16 03:28 UTC 版)

ウスイロイルカ属」の記事における「分類学」の解説

ウスイロイルカ属属す種の分類複雑であり、専門家の間でも論争になっている。最も多い場合で、以下の5種に分類されるS. chinensisシナウスイロイルカ。英名はPacific Humpback DolphinIndo-Pacific Humpback DolpinあるいはHumpback DolphinS. plumbea (ウスイロイルカ。英名はIndian Humpback DolphinあるいはPlumbeous Humpback DolphinS. teuszii (アフリカウスイロイルカ。英名はAtlantic Humpback DolphinS. lentiginosa S. borneensis 1990年代半ばまでは、多くの専門家シナウスイロイルカIndo-Pacific Humpback Dolpin)とアフリカウスイロイルカAtlantic Humpback Dolphin)の2種であると考えていた。(例えば[3], [4], [5]) しかし、1998年Riceによって発表された系統的な分類法[1]では、シナウスイロイルカIndo-Pacific Humpback Dolpin)がシナウスイロイルカPacific Humpback DolphinS. chinensis)とウスイロイルカIndian Humpback DolphinS. plumbea)に分けられアフリカウスイロイルカAtlantic Humpback DolphinS. teuszii)と合わせ、計3種分類された。 シナウスイロイルカウスイロイルカ境界インドネシアスマトラ島としたが、交雑不可避であろうと考えられている。 更に、オーストラリア研究者であるGraham Rossは、「しかしながら最近の形態学的研究からは、部分的に遺伝子解析によっても裏付けられているのだが、S. chinensis呼ばれるべき単一の種(ただし変化しやすい)から成っていると言えると言っている。[2] 中国では、シナウスイロイルカは「中国シロイルカ」(中華白海豚Chinese White Dolphin)と呼ばれており、香港ではドルフィンウォッチングなども行われている。

※この「分類学」の解説は、「ウスイロイルカ属」の解説の一部です。
「分類学」を含む「ウスイロイルカ属」の記事については、「ウスイロイルカ属」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「分類学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

分類学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 07:30 UTC 版)

名詞

ぶんるいがく

  1. 生物分類研究する学問生物学一分野
  2. 比喩対象理解するのに、まず、その対象の集団カテゴライズする態度

翻訳


「分類学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



分類学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「分類学」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



分類学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの生物学史 (改訂履歴)、イグチ目 (改訂履歴)、キンシャチ (改訂履歴)、剣竜類 (改訂履歴)、コマッコウ (改訂履歴)、オガワコマッコウ (改訂履歴)、シロオオハラタケ (改訂履歴)、真菌学 (改訂履歴)、クロノボリリュウ (改訂履歴)、ラカンドニア・スキスマティカ (改訂履歴)、六界 (改訂履歴)、卵化石 (改訂履歴)、ユメゴンドウ (改訂履歴)、キツネタケ (改訂履歴)、ディプロドクス上科 (改訂履歴)、ムラサキフウセンタケ (改訂履歴)、ジャン=バティスト・ラマルク (改訂履歴)、オオバウマノスズクサ (改訂履歴)、オウム (改訂履歴)、スジイルカ (改訂履歴)、メセンブリオルニス (改訂履歴)、テリジノサウルス上科 (改訂履歴)、マーレーコッド (改訂履歴)、ビロードモウズイカ (改訂履歴)、P型小惑星 (改訂履歴)、メガネイルカ (改訂履歴)、タイパン属 (改訂履歴)、ウスタケ (改訂履歴)、テラトルニスコンドル (改訂履歴)、カワゴンドウ (改訂履歴)、カルノサウルス類 (改訂履歴)、ハラタケ (改訂履歴)、オウム病クラミジア (改訂履歴)、マイルカ属 (改訂履歴)、ハンドウイルカ (改訂履歴)、ヨーロッパシジュウカラ (改訂履歴)、ティタノサウルス類 (改訂履歴)、ババス (改訂履歴)、ノドサウルス科 (改訂履歴)、ウェクシルム (改訂履歴)、普通海綿綱 (改訂履歴)、sensu (改訂履歴)、ウスイロイルカ属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの分類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS