真核生物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 生物 > 真核生物の意味・解説 

しんかく‐せいぶつ【真核生物】


真核生物

英訳・(英)同義/類義語:eucaryote, eukaryote

染色体内部に持つをもつ真核生物の細胞細胞からなる生物持たない生物原核生物といい、細菌、らんがこれに相当する進化的に原核生物より後出現したと考えられる
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  異温動物  異質倍数体  異質四倍体  真核生物  真正細菌  睡眠病原虫  硫黄細菌

真核生物 [Eucaryote(s)]

 原核生物対応する用語で、動物界植物界および原生生物界構成する全ての生物をいう。原生生物界には原生動物(原虫)、真菌単細胞粘菌(変形菌)が属している。ただし、最近真菌の中の担子菌類子嚢菌類接合菌類不完全菌類地衣類(藻類菌類共生体)をまとめて菌界とする説提唱されている。これらの原生生物からヒトを含む哺乳類までの細胞全て真核細胞であって基本的にそれらの細胞構造機能同じである
真核細胞中心に核膜包まれをもち、その中複数個染色体存在する染色体ヒストンなどの塩基性タンパク質結合した二重らせん(2本鎖)DNAである。核内には核小体(仁)もみられることがある一般に有糸分裂増殖するが、藻類原虫真菌粘菌のように胞子または鞭毛をもった遊走子栄養細胞自体発芽増殖する場合もある。
細胞質内に複雑に分化した系の小器官存在する呼吸代謝を行うミトコンドリア光合成を行う葉緑体タンパク質合成するリボゾーム多数存在する小胞体種々の加水分解酵素含んで高分子物質消化するリソゾームムコ多糖などを合成するゴルジ体などは重要な系の小器官である。細胞質は薄い細胞質膜包まれているが、高等植物単細胞藻類および真菌細胞には細胞質膜外側に厚い細胞壁がある。しかし、高等動物原生動物の細胞には細胞壁はない。

真核生物(しんかくせいぶつ)

DNA核膜包まれている高等微生物をいう。カビ酵母は真核生物である。

真核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 16:39 UTC 版)

真核生物(しんかくせいぶつ、: Eukaryota: Eukaryote)は、動物植物菌類原生生物など、身体を構成する細胞の中に細胞核と呼ばれる細胞小器官を有する生物である。


注釈

  1. ^ Adl et.al.2019では真正紅藻綱の直下は「亜綱」になっているが、ここだけ「Hildenbrandiophycidae」(ベニマダラ亜綱)ではなく「Hildenbrandiaceae」(ベニマダラ)になっている。

出典

  1. ^ Woese, C. R. (2002-06-25). “On the evolution of cells” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 99 (13): 8742–8747. doi:10.1073/pnas.132266999. ISSN 0027-8424. PMC 124369. PMID 12077305. http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.132266999. 
  2. ^ a b #矢島(2020) p.72.
  3. ^ Zaremba-Niedzwiedzka, Katarzyna; Caceres, Eva F.; Saw, Jimmy H.; Bäckström, Disa; Juzokaite, Lina; Vancaester, Emmelien; Seitz, Kiley W.; Anantharaman, Karthik et al. (2017-01). “Asgard archaea illuminate the origin of eukaryotic cellular complexity” (英語). Nature 541 (7637): 353–358. doi:10.1038/nature21031. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/nature21031. 
  4. ^ Spang, Anja; Saw, Jimmy H.; Jørgensen, Steffen L.; Zaremba-Niedzwiedzka, Katarzyna; Martijn, Joran; Lind, Anders E.; van Eijk, Roel; Schleper, Christa et al. (2015-05). “Complex archaea that bridge the gap between prokaryotes and eukaryotes” (英語). Nature 521 (7551): 173–179. doi:10.1038/nature14447. ISSN 0028-0836. PMC 4444528. PMID 25945739. http://www.nature.com/articles/nature14447. 
  5. ^ Liu, Yang; Makarova, Kira S.; Huang, Wen-Cong; Wolf, Yuri I.; Nikolskaya, Anastasia N.; Zhang, Xinxu; Cai, Mingwei; Zhang, Cui-Jing et al. (2021-05-27). “Expanded diversity of Asgard archaea and their relationships with eukaryotes” (英語). Nature 593 (7860): 553–557. doi:10.1038/s41586-021-03494-3. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/s41586-021-03494-3. 
  6. ^ Brueckner, Julia; Martin, William F (2020-04-01). Pisani, Davide. ed. “Bacterial Genes Outnumber Archaeal Genes in Eukaryotic Genomes” (英語). Genome Biology and Evolution 12 (4): 282–292. doi:10.1093/gbe/evaa047. ISSN 1759-6653. PMC 7151554. PMID 32142116. https://academic.oup.com/gbe/article/12/4/282/5788535. 
  7. ^ Sagan, Lynn (1967-03). “On the origin of mitosing cells” (英語). Journal of Theoretical Biology 14 (3): 225–IN6. doi:10.1016/0022-5193(67)90079-3. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/0022519367900793. 
  8. ^ Martin, William; Müller, Miklós (1998-03). “The hydrogen hypothesis for the first eukaryote” (英語). Nature 392 (6671): 37–41. doi:10.1038/32096. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/32096. 
  9. ^ Spang, Anja; Stairs, Courtney W.; Dombrowski, Nina; Eme, Laura; Lombard, Jonathan; Caceres, Eva F.; Greening, Chris; Baker, Brett J. et al. (2019-07). “Proposal of the reverse flow model for the origin of the eukaryotic cell based on comparative analyses of Asgard archaeal metabolism” (英語). Nature Microbiology 4 (7): 1138–1148. doi:10.1038/s41564-019-0406-9. ISSN 2058-5276. http://www.nature.com/articles/s41564-019-0406-9. 
  10. ^ Imachi, Hiroyuki; Nobu, Masaru K.; Nakahara, Nozomi; Morono, Yuki; Ogawara, Miyuki; Takaki, Yoshihiro; Takano, Yoshinori; Uematsu, Katsuyuki et al. (2020-01-23). “Isolation of an archaeon at the prokaryote–eukaryote interface” (英語). Nature 577 (7791): 519–525. doi:10.1038/s41586-019-1916-6. ISSN 0028-0836. PMC 7015854. PMID 31942073. http://www.nature.com/articles/s41586-019-1916-6. 
  11. ^ López-García, Purificación; Moreira, David (2020-05). “The Syntrophy hypothesis for the origin of eukaryotes revisited” (英語). Nature Microbiology 5 (5): 655–667. doi:10.1038/s41564-020-0710-4. ISSN 2058-5276. http://www.nature.com/articles/s41564-020-0710-4. 
  12. ^ Moreira, David; López-García, Purificación (1998-11). “Symbiosis Between Methanogenic Archaea and δ-Proteobacteria as the Origin of Eukaryotes: The Syntrophic Hypothesis” (英語). Journal of Molecular Evolution 47 (5): 517–530. doi:10.1007/PL00006408. ISSN 0022-2844. http://link.springer.com/10.1007/PL00006408. 
  13. ^ Fuerst, John A.; Sagulenko, Evgeny (2011-06). “Beyond the bacterium: planctomycetes challenge our concepts of microbial structure and function” (英語). Nature Reviews Microbiology 9 (6): 403–413. doi:10.1038/nrmicro2578. ISSN 1740-1526. http://www.nature.com/articles/nrmicro2578. 
  14. ^ Roger, Andrew J.; Muñoz-Gómez, Sergio A.; Kamikawa, Ryoma (2017-11). “The Origin and Diversification of Mitochondria”. Current Biology 27 (21): R1177–R1192. doi:10.1016/j.cub.2017.09.015. ISSN 0960-9822. https://doi.org/10.1016/j.cub.2017.09.015. 
  15. ^ Hoshino, Yosuke; Gaucher, Eric A. (2021-06-22). “Evolution of bacterial steroid biosynthesis and its impact on eukaryogenesis” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 118 (25). doi:10.1073/pnas.2101276118. ISSN 0027-8424. PMC 8237579. PMID 34131078. https://www.pnas.org/content/118/25/e2101276118. 
  16. ^ a b c Knoll, A.h; Javaux, E.j; Hewitt, D; Cohen, P (2006-06-29). “Eukaryotic organisms in Proterozoic oceans”. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences 361 (1470): 1023–1038. doi:10.1098/rstb.2006.1843. PMC 1578724. PMID 16754612. https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rstb.2006.1843. 
  17. ^ Müller, Miklós; Mentel, Marek; van Hellemond, Jaap J.; Henze, Katrin; Woehle, Christian; Gould, Sven B.; Yu, Re-Young; van der Giezen, Mark et al. (2012-06). “Biochemistry and Evolution of Anaerobic Energy Metabolism in Eukaryotes” (英語). Microbiology and Molecular Biology Reviews 76 (2): 444–495. doi:10.1128/MMBR.05024-11. ISSN 1092-2172. PMC 3372258. PMID 22688819. https://journals.asm.org/doi/10.1128/MMBR.05024-11. 
  18. ^ Martin, William F.; Tielens, Aloysius G. M.; Mentel, Marek (2020-12-07). Mitochondria and Anaerobic Energy Metabolism in Eukaryotes: Biochemistry and Evolution. De Gruyter. doi:10.1515/9783110612417. ISBN 978-3-11-061241-7. https://www.degruyter.com/document/doi/10.1515/9783110612417/html 
  19. ^ Catling, David C.; Zahnle, Kevin J. (2020-02). “The Archean atmosphere” (英語). Science Advances 6 (9): eaax1420. doi:10.1126/sciadv.aax1420. ISSN 2375-2548. PMC 7043912. PMID 32133393. https://advances.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/sciadv.aax1420. 
  20. ^ Brocks, J. J. (1999-08-13). “Archean Molecular Fossils and the Early Rise of Eukaryotes”. Science 285 (5430): 1033–1036. doi:10.1126/science.285.5430.1033. https://www.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/science.285.5430.1033. 
  21. ^ Waldbauer, Jacob R.; Sherman, Laura S.; Sumner, Dawn Y.; Summons, Roger E. (2009-03). “Late Archean molecular fossils from the Transvaal Supergroup record the antiquity of microbial diversity and aerobiosis” (英語). Precambrian Research 169 (1-4): 28–47. doi:10.1016/j.precamres.2008.10.011. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0301926808002507. 
  22. ^ Brocks, Jochen J; Buick, Roger; Summons, Roger E; Logan, Graham A (2003-11). “A reconstruction of Archean biological diversity based on molecular fossils from the 2.78 to 2.45 billion-year-old Mount Bruce Supergroup, Hamersley Basin, Western Australia” (英語). Geochimica et Cosmochimica Acta 67 (22): 4321–4335. doi:10.1016/S0016-7037(03)00209-6. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0016703703002096. 
  23. ^ French, Katherine L.; Hallmann, Christian; Hope, Janet M.; Schoon, Petra L.; Zumberge, J. Alex; Hoshino, Yosuke; Peters, Carl A.; George, Simon C. et al. (2015-05-12). “Reappraisal of hydrocarbon biomarkers in Archean rocks”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (19): 5915–5920. doi:10.1073/pnas.1419563112. PMC 4434754. PMID 25918387. https://www.pnas.org/content/112/19/5915. 
  24. ^ Rasmussen, Birger; Fletcher, Ian R.; Brocks, Jochen J.; Kilburn, Matt R. (2008-10). “Reassessing the first appearance of eukaryotes and cyanobacteria” (英語). Nature 455 (7216): 1101–1104. doi:10.1038/nature07381. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/nature07381. 
  25. ^ Hoshino, Yosuke; Poshibaeva, Aleksandra; Meredith, William; Snape, Colin; Poshibaev, Vladimir; Versteegh, Gerard J. M.; Kuznetsov, Nikolay; Leider, Arne et al. (2017-09). “Cryogenian evolution of stigmasteroid biosynthesis” (英語). Science Advances 3 (9): e1700887. doi:10.1126/sciadv.1700887. ISSN 2375-2548. PMC 5606710. PMID 28948220. https://advances.sciencemag.org/lookup/doi/10.1126/sciadv.1700887. 
  26. ^ Brocks, Jochen J.; Jarrett, Amber J. M.; Sirantoine, Eva; Hallmann, Christian; Hoshino, Yosuke; Liyanage, Tharika (2017-08). “The rise of algae in Cryogenian oceans and the emergence of animals” (英語). Nature 548 (7669): 578–581. doi:10.1038/nature23457. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/nature23457. 
  27. ^ Albani, Abderrazak El; Bengtson, Stefan; Canfield, Donald E.; Bekker, Andrey; Macchiarelli, Roberto; Mazurier, Arnaud; Hammarlund, Emma U.; Boulvais, Philippe et al. (2010-07). “Large colonial organisms with coordinated growth in oxygenated environments 2.1 Gyr ago” (英語). Nature 466 (7302): 100–104. doi:10.1038/nature09166. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/nature09166. 
  28. ^ Strassert, Jürgen F. H.; Irisarri, Iker; Williams, Tom A.; Burki, Fabien (2021-03-25). “A molecular timescale for eukaryote evolution with implications for the origin of red algal-derived plastids” (英語). Nature Communications 12 (1): 1879. doi:10.1038/s41467-021-22044-z. ISSN 2041-1723. PMC 7994803. PMID 33767194. https://www.nature.com/articles/s41467-021-22044-z. 
  29. ^ Parfrey, L. W.; Lahr, D. J. G.; Knoll, A. H.; Katz, L. A. (2011-08-16). “Estimating the timing of early eukaryotic diversification with multigene molecular clocks” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 108 (33): 13624–13629. doi:10.1073/pnas.1110633108. ISSN 0027-8424. PMC 3158185. PMID 21810989. http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1110633108. 
  30. ^ Eme, L.; Sharpe, S. C.; Brown, M. W.; Roger, A. J. (2014-08-01). “On the Age of Eukaryotes: Evaluating Evidence from Fossils and Molecular Clocks” (英語). Cold Spring Harbor Perspectives in Biology 6 (8): a016139–a016139. doi:10.1101/cshperspect.a016139. ISSN 1943-0264. PMC 4107988. PMID 25085908. http://cshperspectives.cshlp.org/lookup/doi/10.1101/cshperspect.a016139. 
  31. ^ #Adl(2005)
  32. ^ #Adl(2012)
  33. ^ a b c #Adl(2019)
  34. ^ #矢島(2020)
  35. ^ Burki, Fabien; Roger, Andrew J.; Brown, Matthew W.; Simpson, Alastair G.B. (2020-01). “The New Tree of Eukaryotes” (英語). Trends in Ecology & Evolution 35 (1): 43–55. doi:10.1016/j.tree.2019.08.008. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0169534719302575. 
  36. ^ #矢島(2020) p.74.
  37. ^ a b Sapp, J. (2005). “The Prokaryote-Eukaryote Dichotomy: Meanings and Mythology”. Microbiol. Mol. Biol. Rev. 69 (2): 292-305. doi:10.1128/mmbr.69.2.292-305.2005. 
  38. ^ a b c Katscher, F. (2004). “The History of the Terms Prokaryotes and Eukaryotes”. Protist 155: 257-263. doi:10.1078/143446104774199637. 
  39. ^ Chatton, E. (1925). “Pansporella perplexa, amoebien à spores protégées parasite de daphnies”. Ann. Sci. Nat. Zool. 8: 5–84. https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k55415433/f8.item. 
  40. ^ Lwoff, A. (1932). Recherches Biochimiques sur la Nutrition des Protozoaires. Le Pouvoir de Synthèse.. Masson 
  41. ^ Copeland, H. (1938). The kingdoms of organisms. 13. pp. 383-420. doi:10.1086/394568. 
  42. ^ Stanier & van Niel (1962). “The concept of a bacterium”. Arch. Mikrobiol. 42: 17–35. doi:10.1007/BF00425185. 
  43. ^ a b #矢嶋(2020) p.76.
  44. ^ 動菌類 Mycetozoa”. 法政大学. 2021年8月12日閲覧。
  45. ^ フラベリナ亜目”. 法政大学原生生物情報サーバ. 2021年8月6日閲覧。
  46. ^ ラブディオフリス目”. 法政大学. 2021年8月6日閲覧。
  47. ^ a b c 日本産海藻リスト 紅藻類”. 2021年8月7日閲覧。
  48. ^ a b c d e f 不等毛植物類”. 日本分類学会連合. 2021年8月7日閲覧。
  49. ^ Perkinsus olseni(パーキンサス・オルセナイ)”. 東京大学. 2021年8月6日閲覧。
  50. ^ コルポネマ属 Colponema”. 法政大学原生生物情報サーバ. 2021年8月6日閲覧。
  51. ^ レタリア門”. 2021年8月6日閲覧。
  52. ^ a b c #矢島(2020) p74.



真核生物


真核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 14:45 UTC 版)

脊椎動物では、2つ異なアイソザイム細胞質型ミトコンドリア型)が存在している。ヒトでは、細胞質型ミトコンドリア型酵素アミノ酸同一性は60.6%にすぎないHMG-CoAは、昆虫植物菌類など他の真核生物にも存在している。

※この「真核生物」の解説は、「ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ」の解説の一部です。» 「ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ」の概要を見る


真核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 17:37 UTC 版)

身体構成する細胞中に細胞核呼ばれる細胞小器官有する生物である。動物植物菌類原生生物などを含む。

※この「真核生物」の解説は、「ドメイン (分類学)」の解説の一部です。» 「ドメイン (分類学)」の概要を見る


真核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 15:57 UTC 版)

真核生物における非相同組換え主要な機構は非末端相同結合(NHEJ)であり、相同性持たない2つDNA鎖が遺伝子修復機構によって連結される二本切断認識に伴って、鎖の修復可能となるようタンパク質複合体2つの鎖を十分に近接させた状態に維持する続いてDNA末端の正しくないヌクレオチド損傷したヌクレオチド除去され修復されるその後DNA鎖どうしがライゲーションされ、1本DNA鎖となる。この過程は真核生物細胞広くみられ、修復機構として作用する傾向があるが、非相同組換え生じた場合には変異引き起こされる場合がある。真核生物は原核生物よりもはるかに大きなDNA断片を持つため、非相同組換え大きな染色体異常形をとることが多い。非相同末端結合は、染色体への挿入変異欠失変異、ある染色体断片から別の染色体断片への転座生み出す非相同組換え引き起こす可能性があるこうした真核生物の染色体の大規模な変化は、遺伝的な有利さよりもむしろ個体有害な影響与え傾向がある

※この「真核生物」の解説は、「非相同組換え」の解説の一部です。» 「非相同組換え」の概要を見る


真核生物

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

真核生物

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:56 UTC 版)

名詞

真核生物 しんかくせいぶつ

  1. をもつ生物動物植物菌類原生生物を含む。

関連語

翻訳


「真核生物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



真核生物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

真核生物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真核生物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2022 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真核生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの一本鎖プラス鎖RNAウイルス (改訂履歴)、ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ (改訂履歴)、ドメイン (分類学) (改訂履歴)、非相同組換え (改訂履歴)、コリプレッサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真核生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS