内生生物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 内生生物の意味・解説 

内生生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/02 14:08 UTC 版)

内生生物(ないせいせいぶつ、: endobiont)あるいは内部共生体(ないぶきょうせいたい、: endosymbiont)とは、他の生物の体内もしくは細胞内で生息する生物のことである[1]。彼らの共生の生態を内部共生あるいは内共生endosymbiosis)と呼ぶ。例としては、植物の根粒に生息する窒素固定細菌(根粒菌)、造礁サンゴシャコガイ類と共生する褐虫藻、著しくアミノ酸組成の偏る維管束液のみを食物とするアブラムシカイガラムシセミビタミンB群をごくわずかしか含まない哺乳類などの血液のみを食物とするシラミなどの昆虫の摂取栄養素を補正し、栄養摂取のおよそ10-15%を賄う細胞内小器官様細菌などである。


  1. ^ Margulis, Lynn; Chapman, Michael J. (2009). Kingdoms & domains an illustrated guide to the phyla of life on Earth (4th ed.). Amsterdam: Academic Press/Elsevier. p. 493. ISBN 978-0-08-092014-6. https://books.google.de/books?id=9IWaqAOGyt4C&pg=PA493 2016年8月2日閲覧。. 
  2. ^ Mereschkowsky, Konstantin (1910). “Theorie der zwei Plasmaarten als Grundlage der Symbiogenesis, einer neuen Lehre von der Ent‐stehung der Organismen.”. Biol Centralbl. 30: 353‐367. 
  3. ^ Mereschkowsky C (1905). “Über Natur und Ursprung der Chromatophoren im Pflanzenreiche”. Biol Centralbl 25: 593–604. 
  4. ^ Tree of Life Eukaryotes
  5. ^ Inoue, K (2007). “The chloroplast outer envelope membrane: the edge of light and excitement”. Journal of Integrative Plant Biology 49 (8): 1100–1111. doi:10.1111/j.1672-9072.2007.00543.x. 
  6. ^ Baker AC (November 2003). “FLEXIBILITY AND SPECIFICITY IN CORAL-ALGAL SYMBIOSIS: Diversity, Ecology, and Biogeography of Symbiodinium”. Annual Review of Ecology, Evolution, and Systematics 34: 661–89. doi:10.1146/annurev.ecolsys.34.011802.132417. http://arjournals.annualreviews.org/doi/abs/10.1146%2Fannurev.ecolsys.34.011802.132417. 
  7. ^ Douglas, A E (1998). “Nutritional interactions in insect-microbial symbioses: Aphids and their symbiotic bacteria Buchnera”. Annual Review of Entomology 43: 17–38. doi:10.1146/annurev.ento.43.1.17. ISSN 0066-4170. PMID 15012383. 
  8. ^ S. Aksoy, A. A. Pourhosseini, A. Chow (February 1995). “Mycetome endosymbionts of tsetse flies constitute a distinct lineage related to Enterobacteriaceae”. Insect Molecular Biology 4 (1): 15-22. doi:10.1111/j.1365-2583.1995.tb00003.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2583.1995.tb00003.x/abstract. 
  9. ^ Susan C. Welburn, I. Maudlin & D. S. Ellis (1987). “In vitro cultivation of rickettsia-like-organisms from Glossina spp”. Annals of Tropical Medicine & Parasitology 81 (3): 331-335. 
  10. ^ The Viruses That Make Us: A Role For Endogenous Retrovirus In The Evolution Of Placental Species (by Luis P. Villarreal)
  11. ^ Villarreal LP (October 2001). “Persisting Viruses Could Play Role in Driving Host Evolution”. ASM News (American Society for Microbiology). オリジナルの8 May 2009時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090508113235/http://newsarchive.asm.org:80/oct01/feature1.asp. 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内生生物」の関連用語

内生生物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内生生物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内生生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS