共生とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 生物学 > 共生の意味・解説 

きょう‐せい【共生/共×棲】

[名](スル)

共に同じ所で生活すること。

異種生物が、相互に作用し合う状態で生活すること。相利共生片利共生があり、寄生も含めることがある


共生

本来,生物学用語で共存する生物種間の相互作用に関する概念です。両者ともに,あるいは一方のみが利益をうける関係をさし,アリアブラムシの関係がよく知られています。 
こうした関係を人間環境との関係にあてはめ人間生態系一部であり,人間多大恵み与え生存基盤でもある環境保全していく重要な責務があるとの基本的認識に基づき,快適な環境保全創造していくために,環境ふれあうことによって環境対する的確な認識を育み,環境配慮た行動を行い環境からの恵みを適切に守り育てていくことが重要である。という考えが「人と環境の共生する社会」づくりの根底となっています。

共生 (きょうせい)

 異なった種類生物密接な関係で一緒に生活している現象。共生者の生活上の利益・不利益有無に基準を置いて、共生を相利共生片利共生寄生三つ大きく区分する。

共生

英訳・(英)同義/類義語:symbioses, symbiosis

菌類藻類サンゴ藻類マメ科植物根粒菌動物腸内細菌など、相互に栄養源などを補足しながら複数生物種共存して生活する状態。一方片方細胞内に入り込む場合もある。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  免疫抑制  免疫記憶  全割  共生  共生関係  共進化  内分泌

きょうせい 【共生】

ともいき」とも。近代浄土宗学僧椎尾弁匡大正時代創唱した新仏教運動仏教根本義一殺多生のようなものにあるのではなく、相依り相助けること(相依相関)にこそあるのだとして、すべてのものが互いに助け合って生きること教えすべてのものの命を大切にすることを説く。→ 椎尾弁匡

ともいき 【共生】

→ 共生

共生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 01:36 UTC 版)

共生(きょうせい、SymbiosisあるいはCommensal)とは、複数種の生物が相互関係を持ちながら同所的に生活する現象。共に生きること。


  1. ^ Frank, A.B. (1877). “Über die biologischen Verkältnisse des Thallus einiger Krustflechten” (German). Beiträge zur Biologie der Pflanzen 2: 123–200. https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=mdp.39015001236531&view=1up&seq=153.  From p. 195: "Nach den erweiterten Kenntnissen, die wir in den letzten Jahren über das Zusammenleben zweier verschiedenartiger Wesen gewonnen haben, ist es ein dringendes Bedürfniss, die einzelnen von einander abweichenden Formen dieser Verhältnisse mit besonderen Bezeichnungen to belegen, da man fast für alle bisher den Ausdruck Parasitsmus gebrauchte. Wir müssen sämmtliche Fälle, wo überhaupt ein Auf- oder Ineinanderwohnen zweier verschiedener Species stattfindet, unter einen weitesten Begriff bringen, welcher die Rolle, die beide Wesen dabei spielen, noch nicht berücksichtigt, also auf das blosse Zusammenleben begründet ist, und wofür sich die Bezeichnung Symbiotismus empfehlen dürfte." (日本語訳:近年、2つの異なる生物の共存についての知識が拡大したため、これらの個々の関係に具体的な呼称を与える必要性が急務となっています。 私たちは、2つの異なる種の一方が他方の種の上に住んでいようと、あるいは他方の種の中に住んでいようと、 その場合の各役割の違いを考慮しなくてよい、最も広い概念の下にすべての事例を当てはめなければなりません。(すなわち、単なる共存に基づいている) そのためにsymbiotismus(すなわち、共生)という呼称が提案されるかもしれません。)
  2. ^ 『科学史研究』第48巻 Archived 2013年5月14日, at the Wayback Machine.
  3. ^ SATOYAMAイニシアティブ 環境省
  4. ^ 「共生の思想」(徳間書店、1987年)、「共生の思想 増補改訂」(徳間書店、1991年)、「新・共生の思想」(徳間書店、1996年)


「共生」の続きの解説一覧



共生と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共生」の関連用語

共生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS