家畜とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 家畜 > 家畜の意味・解説 

か‐ちく【家畜】

読み方:かちく

人間の生活に役立たせる目的で飼育される動物

「家畜」に似た言葉

家畜

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村北村透谷
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名明治文学

収載図書島崎藤村短編集 第1巻 緑葉集旧主人
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4

収載図書中央公論文芸欄明治
出版社中央公論新社
刊行年月2006.10
シリーズ名中公文庫


家畜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/13 01:34 UTC 版)

家畜(かちく、: domesticated animal)とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生動物であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良したものをいう[1]哺乳類鳥類爬虫類両生類魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にある[注 1]


注釈

  1. ^ 出典資料[1]では、爬虫類と両生類を挙げず、無脊椎動物ではなくこれに属する「昆虫類カイコミツバチなど)」を挙げているが、これを挙げておいて先述のグループを挙げないのは理に合わないため、記述を調整した。爬虫類・両生類・無脊椎動物の家畜としてどのようなものを代表として挙げることができるかは、「代表的な家畜」節を参照のこと。

出典

  1. ^ a b c d 平凡社百科事典マイペディア』. “家畜”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “家畜”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  3. ^ 小学館『デジタル大辞泉』、ほか. “用畜”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  4. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』、ほか. “役畜”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、ほか. “家禽”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  6. ^ 環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室 (1987年10月9日). “産業動物の飼養及び保管に関する基準”. 環境省. 2020年1月1日閲覧。
  7. ^ domesticated animal”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年1月1日閲覧。
  8. ^ ”. 漢字ペディア. 公益財団法人 日本漢字能力検定協会. 2020年1月1日閲覧。
  9. ^ FAOSTAT”. FAO. 2022年11月7日閲覧。
  10. ^ 小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “家畜”. コトバンク. 2020年1月1日閲覧。
  11. ^ 動物好きな研究者の夢 - 40年の研究からペットギツネが誕生 株式会社ユニサービス。EURASIA View, Vol.31, 2004 Juneに掲載
  12. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ ロシアNOW Archived 2015年9月12日, at the Wayback Machine.
  13. ^ 不自然な“進化”~今 動物に何が!?~ 地球ドラマチック、NHK、2014年。[リンク切れ]
  14. ^ エヴァン・ラトリフ (2011年3月). “特集:野生動物 ペットへの道”. ナショナルジオグラフィック. 2019年8月8日閲覧。
  15. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」 株式会社プログレスシステム
  16. ^ a b ドナルドソン & キムリッカ 2016, pp. 162–163.
  17. ^ 松井 2005, p. 181.
  18. ^ Life in ancient Rome 著者: Stanford Mc Krause
  19. ^ FAO STAT”. 20211225閲覧。
  20. ^ 国連食糧農業機関(FAO) (2006). LIVESTOCK'S LONG SHADOW Part VIII (Report). pp. 270. http://www.fao.org/3/a0701e/a0701e00.htm. 
  21. ^ 国連食糧農業機関(FAO) (2020). FOOD SECURITY AND NUTRITION IN THE WORLD (Report). pp. 105. http://www.fao.org/publications/sofi/2020/en/. 
  22. ^ GRAIN”. GRAIN (2017年11月). 2019年8月9日閲覧。
  23. ^ Scientists call for renewed Paris pledges to transform agriculture”. 20191219閲覧。
  24. ^ Livestock’s long shadow, FAO, 2006.
  25. ^ 国連食糧農業機関(FAO) (2006). LIVESTOCK'S LONG SHADOW Part VIII (Report). pp. 272. http://www.fao.org/3/a0701e/a0701e00.htm. 
  26. ^ SRCCL Report download page — IPCC”. 2019年8月11日閲覧。
  27. ^ IPCC (2022-02). Climate Change 2022: Impacts, Adaptation and Vulnerability (Report). pp. 54. https://report.ipcc.ch/ar6wg2/pdf/IPCC_AR6_WGII_FinalDraft_Chapter05.pdf. 
  28. ^ Climate Change 2022: Mitigation of Climate Change”. 20220410閲覧。
  29. ^ IPCC (2022-04). Climate Change 2022: Mitigation of Climate Change (Report). pp. 88-89. https://report.ipcc.ch/ar6wg3/pdf/IPCC_AR6_WGIII_FinalDraft_TechnicalSummary.pdf. 
  30. ^ IPCC: Plant-based and cultivated meat can play a critical role in halving global emissions by 2030”. 20220410閲覧。
  31. ^ a b c Julie Cappiello (2019年1月14日). “Dairy Milk Results in Three Times More Greenhouse Gas Emissions Than Vegan Milk”. Mercy For Animals. 2019年8月9日閲覧。
  32. ^ Damian Carrington, "Avoiding meat and dairy is ‘single biggest way’ to reduce your impact on Earth", The Guardian, 2018-5-31.
  33. ^ Galey, Patrick (2018年10月11日). “気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言 研究”. AFPBB News (AFP). http://www.afpbb.com/articles/-/3192970 2018年10月11日閲覧。 
  34. ^ 肉を半分に減らさないと地球に「破滅的被害」」ナショナルジオグラフィック、2019年1月5日。
  35. ^ U.S. could feed 800 million people with grain that livestock eat, Cornell ecologist advises animal scientists コーネル大学、1997年。
  36. ^ a b Rich nations could see ‘double climate dividend’ by switching to plant-based foods”. 20220116閲覧。
  37. ^ Your Questions About Food and Climate Change, Answered, New York Times, April 30, 2019.
  38. ^ Food Carbon Footprint Index 2018 nu3.
  39. ^ 国際連合食糧農業機関(FAO); 国際農林業協働協会 (2016). 世界食料農業白書 2016年報告 (Report). pp. 38. http://www.fao.org/3/i6030ja/I6030JA.pdf. 
  40. ^ 20 meat and dairy firms emit more greenhouse gas than Germany, Britain or France”. Guardian News. 20210909閲覧。
  41. ^ Improved climate action on food systems can deliver 20 percent of global emissions reductions needed by 2050”. 国連環境計画(UNEP). 2021年10月9日閲覧。
  42. ^ ipcc (2021-02-08). SPECIAL REPORT: SPECIAL REPORT ON CLIMATE CHANGE AND LAND -CH05 Food Security- (Report). https://www.ipcc.ch/srccl/chapter/chapter-5/. 
  43. ^ 肉食は地球環境への脅威、食生活改善が必要=カナダ研究 -”. ロイター (2010年10月5日). 2019年8月9日閲覧。
  44. ^ ベジタリアンは、地球温暖化を抑止できる:研究結果”. WIRED.jp (2016年3月29日). 2019年8月9日閲覧。
  45. ^ Emissions impossible How big meat and dairy are heating up the planet IATP
  46. ^ 気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言 研究”. AFPBB News. 20210821閲覧。
  47. ^ Global Warming of 1.5 ºC (Report). IPCC. https://www.ipcc.ch/sr15/ 2019年8月9日閲覧。.  Chapter4参照
  48. ^ The National Food Strategy Independent Review”. National Food Strategy. 2021年7月17日閲覧。
  49. ^ Intensified Meat Production in Response to Climate Change Would Bring Short-Term Rewards, Long-Term Risks”. 20221110閲覧。
  50. ^ 肉食の増加と地球温暖化がもたらす感染症の脅威 次のパンデミックはすぐそこに(3)”. 20221005閲覧。
  51. ^ IPBES Workshop on Biodiversity and Pandemics”. Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Ecosystem Services (IPBES). 2021年7月17日閲覧。
  52. ^ Water footprint of crop and animal products: a comparison”. Water footprint Network. 2019年8月10日閲覧。
  53. ^ 『畜産学入門』文永堂出版、20120630、154頁。 
  54. ^ Livestock Information,Sector Analysis and Policy Branch Animal Production and Health Division”. Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2020年4月20日閲覧。
  55. ^ 『畜産学入門』文永堂出版、20120630、28頁。 
  56. ^ How a Tesco chicken deal may have helped pollute one of the UK’s favourite rivers”. 20220810閲覧。
  57. ^ ‘Like a giant sewage plant’: how Germany’s ‘pig belt’ got too big”. 20220810閲覧。
  58. ^ Chicken farms may explain decline of the River Wye, tests suggest”. 20221011閲覧。
  59. ^ a b Phosphorous reduction trials indicate production efficiencies in layer diets”. 20221112閲覧。
  60. ^ a b c d e Coller FAIRR Protein Producer Index 2021 Executive Summary”. 20220115閲覧。
  61. ^ 家畜排せつ物の発生と管理の状況”. 農林水産省. 20220115閲覧。
  62. ^ Javier Mateo-Sagasta , Sara Marjani Zadeh, Hugh Turra (2017) (PDF). Water pollution from agriculture: a global review - Executive summary (Report). FAO. http://www.fao.org/3/a-i7754e.pdf 2019年8月10日閲覧。.  「農業からの水質汚染」
  63. ^ 浅井鉄夫「資料2 抗菌性物質の使用と薬剤耐性菌をめぐる状況畜産分野における薬剤耐性菌対策に関する意見交換会、2014年2月17日。
  64. ^ Gwynne Lyons (2014年). “Pharmaceuticals in the Environment:A Growing Threat to Our Tap Water and Wildlife (PDF)”. CHEM Trust. 2019年8月9日閲覧。 「環境内の医薬品:水道水と野生生物への脅威」
  65. ^ Review: Nutritional ecology of heavy metals”. 20220115閲覧。
  66. ^ Guide to Farming Ammonia Reduction Grant Scheme”. 20220115閲覧。
  67. ^ Netherlands proposes radical plans to cut livestock numbers by almost a third”. Guardian News. 20210913閲覧。
  68. ^ 気候危機:選択を迫られるオランダの畜産業者 改革投資か廃業か?”. 20220113閲覧。
  69. ^ City state Holland – why it matters for pig producers”. 20220921閲覧。
  70. ^ Trudeau pushes ahead on fertilizer reduction as provinces and farmers cry foul”. 20220810閲覧。
  71. ^ Livestock and climate change: impact of livestock on climate and mitigation strategies”. 20220115閲覧。
  72. ^ Animal Health Report”. FAIRR. 20220113閲覧。
  73. ^ Antibiotic Resistance-Campylobacter (Campylobacteriosis)”. 20220130閲覧。
  74. ^ 栃内 2009, p. 65.
  75. ^ The Food We Eat Is Contributing to the Rise of Superbugs, Report Suggests”. 20220130閲覧。
  76. ^ EUの新しい動物医薬品規制と輸入食品への影響”. 20220113閲覧。
  77. ^ 薬効かない菌、鶏肉の半数から検出 厚労省研究班”. 日本経済新聞 (2018年3月31日). 2019年8月10日閲覧。



家畜

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 11:33 UTC 版)

名詞

(かちく)

  1. 人間が、食料皮革等の材料又は労働力その他の能力利用することを目的として飼育し、繁殖全面的に管理する動物のこと。鳥類の場合は特に家禽と呼ぶ
  2. 比喩語義1のように主体性がなく他人に管理されてばかり人間のこと。

発音(?)

か↗ちく

関連語

翻訳


「家畜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家畜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家畜」の関連用語

家畜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家畜のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家畜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家畜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS